綿流し編 解答。 「ひぐらしのなく頃に」、綿流し編と目明し編

【ひぐらしのなく頃に】アニメシリーズを見る順番&時系列まとめ

綿流し編 解答

砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた。 少女は百年かけて砂漠を探す。 砂漠でなく海かもしれないと少女は泣いた。 少女は百年かけて海底を探す。 海でなくて山かもしれないと少女は泣いた。 本当に落としたのか、疑うのにあと何年? ————————— 概要 サブタイトルは「~最愛の殺人鬼~」 2004年12月 コミックマーケット67にて、製作の同人ゲーム「」の解答編「」の第一話として発表された。 出題編を含めた本編全体では第五話にあたる。 この編より、出題編にて提示された謎の真相が徐々に明らかにされていく。 昭和58年からさかのぼること1年、昭和57年春頃からの雛見沢とその周辺が舞台となる。 本作は「綿流し編」の解答編となる物語であり、の視点で描かれる物語。 園崎詩音の視点で語られることで、「綿流し編」にて発生した事件の全貌が解き明かされていくが、「綿流し編」と「目明し編」は違う世界である。 園崎家の因習、双子の姉・との愛憎を軸に、出題編「」の裏事情が明かされる形で ストーリーが展開する。 物語中盤まではミステリー的要素が強いが、それ以降はほぼサスペンスとなっている。 なお、目明し編からは、「社会と人」、「罪と罰」などテーマ性が色濃くなる。 これはギリシャ悲劇の一つ、「王女メディア」を彷彿とさせるものがある。 この編で描かれる、とある「ケジメ」のシーンは、読者が思わず目をそむけてしまうほど痛々しい場面となった。 古語で「けぢめ」とは「区別をつける」という意味であり、仲の良かった双子が「ケジメ」を境に、「当主としての魅音」と「忌子としての詩音」で分かれていくことで、のちに詩音 真魅音 が惨劇を起こしていくという双子の悲しい運命が、この言葉には暗示されている。 「」全体の解答には至っていない。 、、、、コンシューマーゲーム化もされている。 メディアミックス作品 ドラマCD 「ひぐらしのなく頃に解 第一話 目明し編」 発売:HOBiRECORDS、販売:WAYUTA WACD-105 音楽CD6枚組。 コミック 「ひぐらしのなく頃に解 目明し編」 原作:竜騎士07、作画:方條ゆとり ガンガンウイングコミックス 版型:B6版 全4巻 1巻 978-4-7575-1928-2 2巻 978-4-7575-2059-2 3巻 978-4-7575-2189-6 4巻 978-4-7575-2308-1 アニメ TVアニメ「ひぐらしのなく頃に」 第1期 第16話「目明し編 其の壱 初恋」 第17話「目明し編 其の弐 ケジメ」 第18話「目明し編 其の参 鬼の血脈」 第19話「目明し編 其の四 仕返し」 第20話「目明し編 其の伍 冷たい手」 第21話「目明し編 其の六 断罪」 小説 「ひぐらしのなく頃に解 第一話~目明し編~」 著:竜騎士07、挿画:ともひ 講談社BOX版 版型:B6版 上下巻 全二巻 上巻 978-4-06-283664-7 下巻 978-4-06-283665-4 文庫版 版型:文庫 上下巻 全二巻 上巻 978-4-06-138918-2 下巻 978-4-06-138920-5 10月発売予定 コンシューマーゲーム アルケミストより発売された 「」第伍章 に、「目明し編」として、 「」第二巻 想 に、「目明し編」として収録。 2015年3月12日に加賀クリエイト 加賀電子 より発売予定の「ひぐらしのなく頃に粋」にも収録されることが決まっている。 関連イラスト.

次の

アニメ「ひぐらしのなく頃に」紹介します。|貝P|note

綿流し編 解答

ひぐらしのなく頃に作品は大きく分けて「出題編・解答編・番外編」の3つがあります。 解答編では、出題編で展開された謎に関しての答えが暗示されています。 なので解答編をみることでほとんどの謎の答えがわかる形になっております。 また、解答編では「誰も死なないエンディング」を目指して奮闘する圭一、梨花、レナ、詩音、沙都子、魅音を見ることができます。 ミステリー感があるシナリオもありますが、熱い展開が多いので、出題編と解答編とでは作品の雰囲気が全く異なります。 綿流し編のストーリーを詩音視点で語っている本作は、ひぐらしのなく頃にシリーズの中でも最も恐ろしく、最も悲しいストーリーです。 綿流し編が恋愛ドラマ感があったさっぱりとした雰囲気だったのに、目明し編はドロドロで色んな意味で痛い作品でした。 ただ、そんな目明し編は一番人気なような気がしてます。 笑 綿流し編では、魅音が主犯のようにとらえられていましたが見事な双子トリック。 実は魅音が詩音で、詩音が魅音でした。 うん、「どっちがどっちだよ」と言いたくなるのも分かります。 でも目明し編を見ると、どっちがどっちだか丸わかりでした。 沙都子の殺害方法が残虐すぎてトラウマになります。 詩音は、悟史 沙都子の兄 のことが好きでした。 しかし、悟史はオヤシロサマの祟りの被害者となり失踪します。 詩音は、オヤシロサマの祟りを実行していると考えられる園崎家の人間を殺害し、悟史の失踪に間接的にかかわった沙都子や梨花の殺害も行っています。 しかし、誰を殺害しても悟史につながるヒントは何一つとして得られなかったわけです。 そんな、どうしようもない詩音のラストに涙を流す人は少なくなかったと思います。 個人的に、中盤は終始グロテスクで目を閉じたくなるような展開がほとんどでした。 終盤ではむなしさにすごく泣けました。 屈指の泣きエピソードです。 詩音が沙都子と仲良くできなかった自分自身を悔やんでいることに涙がでます。 本シナリオで、綿流し編の謎はほとんど解決しますが、雛見沢村の謎に関する答えは何一つ得ることができませんでした。 罪滅し編 社畜に疲れたので、息抜きに画像貼るん。 『 ひぐらしのなく頃に 』 『 罪滅し編 』 ハロウィン近いし仮装占拠するくらいなら、仮装バトルすりゃあぁいぃ。 — ザ・ペーパー 弟者 モンスト1年経過 hiroshi36300 次の主人公は竜宮レナです。 本シナリオでは、竜宮レナの家庭に降りかかる不幸の種を取り除くために殺人を行ってしまう竜宮レナが疑心暗鬼に陥っていく過程を描いています。 本シナリオで竜宮レナは、沙都子の義父とその愛人をバラバラにしますが、その殺害を圭一達・友人に目撃されてしまいます。 しかし、圭一達はそんなレナを拒絶することしませんでした。 しかし、竜宮レナは誰も信用することができず疑心暗鬼のまま学校に爆弾を設置し、テロを実行します。 この、テロの展開が非常に熱い!ひぐらしのなく頃に、屈指の面白さです。 学校の屋根で、生死をかけた竜宮レナと前原圭一の戦いには、感動がとまりません。 すっごいどーでもいい話だけどさ、ひぐらしの罪滅し編の梨花ちゃまのこのシーンがかっこよすぎる。 彼女は、様々な「ひぐらしのなく頃に」の展開を知っているのですが昭和58年の綿流しの前後で必ず何者かに殺害されています。 梨花が言うには「罪滅し編」の展開は彼女にとってはじめてだった模様です。 そして、罪滅し編では、梨花と同様にほかの展開の記憶を保持する人間が登場し始めています。 皆殺し編 やっぱり皆殺し編が一番好き — 周平 konya1116 主人公がついに、古手梨花に移ります。 彼女がループしている「ひぐらしのなく頃に」の世界の中で、いままでに見なかったような新しい展開をみせているのが皆殺し編です。 皆殺し編では、詩音が圭一や魅音の通う学校に頻繁に登場しています。 また、ほかのメンバー 特に沙都子 とも仲良くしているので新鮮な展開となっています。 本シナリオでは、祟殺し編や憑落し編でみた沙都子の苦労の解決にあたっています。 沙都子の義父からの虐待をうける沙都子をどのように救うのか、詩音を含むメンバー全員で平和的解決策を探します。 本作では、雛見沢の壊滅の原因と梨花の殺害の主犯者が明らかになります。 村の診療所で働いている人々は、実は雛見沢で「雛見沢症候群」と言われる「疑心暗鬼・パニック・自殺」を引き起こす雛見沢特有の症候群の研究をしている人たちでした。 この研究を指揮していたのが「鷹野三四」という、雛見沢の祟りを面白おかしく展開していたミステリアスな女性です。 みよみよおおお!!お誕生日おめでとう!!!?? 自信の死体を偽装し、指示に従わない同僚を殺害したりしています。 これをオヤシロサマの祟りとして吹聴していたことが明らかとなります。 また皆殺し編では雛見沢の村人を学校に集めて毒ガスで全員殺害し、村の壊滅を演出しています。 火山ガスで壊滅したと言われていた雛見沢村は、高野三四率いる軍団によって人工的壊滅があったということです。 また、梨花の惨殺をおこなっていたのも彼女です。 梨花は、雛見沢症候群の発祥のトリガーとなる女王の立場として考えられていたのです・・・。 皆殺し編のヒントで、竜宮レナが残したハムスターの謎が解けます。 彼女は、「生きた」ハムスターを箱にいれて流したのですが途中でハムスターが死んでしまった模様です。 火山ガスで人々で人が死んでいるのに、ハムスターが生きているのはおかしいという竜宮レナの「ダイイングメッセージ」でした。 第390羽入目 ひぐらしのなく頃に解 第9話 皆殺し編 「交渉」原画 1枚のみ Bパート 児童相談所に圭一、入江と共に話し合いを行っているシーンから 大きめのB4サイズでアップから徐々にスクショのサイズになる演出でした。 大きい羽入は珍しいので展示してます。 黒梨花の記載有り — 羽入だらけHOTONDO hanyuColle また、皆殺し編では梨花と行動を共にするオヤシロサマ・羽入の存在が明らかになります。 彼女は、梨花が繰り返し殺害されている事実を共有しており梨花を見守っています。 いちおう、幽霊的なポジションで実体をもちません・・・。 梨花が殺害されるたびに、世界を巻き戻している原因も羽入にあるといわれています。 皆殺し編の世界では、梨花の友人たちがループされた世界の記憶を保持しており、梨花と共に惨劇が起きるのを回避していきます。 しかし、鷹野三四の圧倒的軍事力から逃げ切ることはできず。 全滅します。 むろん、村も壊滅してしまうのです。 皆殺し編では、文字通り皆殺しな現実が明らかになったわけです。 澪尽し編 ゲームオリジナルシナリオであり、最終話的なポジションのストーリーです。 澪尽し編では、再び梨花を主人公に「雛見沢村での惨劇」の回避のために圭一を主とした仲間達と奮闘する姿が描かれています。 本ストーリーでは、これまでに「ひぐらしのなく頃に」のストーリーに出てきた人物が全員登場し、惨劇の回避を手伝います。 皆殺し編の時点で、ひぐらしのなく頃にで起きた謎のほとんどの答えが出ているので、本シナリオはハッピーエンドを創るための、「お祭り的な展開」です。 なので、熱い見ごたえのあるやりとりや戦闘が楽しめます。 鷹野三四の軍事力を抑えるのに役立った沙都子のトラップが痛快だったりします。 ひぐらしのなく頃に粋プラチナ。 97th 「…本当に、長いお話だったのですよ」 総プレイ144時間。 原作シナリオはもちろん、個人的には外伝の澪尽し編・裏が最高でした。 羽入は鷹野三四をまもるために銃弾を受けて存在が消えるのです。 誰一人として欠けることのない世界を目指した羽入の決死の行動でした。 仲間達との絆の大切さ、また諦めない意志の強さをもった梨花たちは惨劇を回避します。 そして、平和な雛見沢の日常を取り戻しました。 驚きの展開ですよね。 羽入も梨花の仲間の一人として、惨劇を回避するために尽力します。 本シナリオでは、羽入は消滅することなく梨花と共に、昭和58年の夏を乗り越えることに成功します。 祭囃し編では、惨劇の演出者である鷹野三四の幼少期の壮絶な苦労と、大量殺人者として活躍するまでの流れが明らかになります。 わりと、トラウマになるストーリーで、耐性の無い人には辛すぎる話でした。 そして彼女は、戦争の被害者の一人だったことが明らかとなりました。 彼女も救われるべき人の一人だったんですよね・・・。 出題編のミステリー・サスペンスな雰囲気から一転して熱く・感動する大団円のエピソードになっております。 ひぐらしのなく頃に 出題・解決編の感想 ひぐらしのなく頃にでは人と人との関係性に関して学べることがいっぱいあったような作品だったと思いました。 疑心暗鬼で殺し合いにまで発展した彼らですが、友達のありかたとか信じられる存在の大切さだったり、いろいろと考えさせられます。 特に魅音は達観している存在でした。 彼女は仲間にいろいろな隠し事があった存在でしたが、そんな彼女が残した個人的名言があります。 園崎魅音 「言いたくないことを言わないで何が悪いわけ? 人には話したくないことや辛いこと、悲しいこと、失敗したことや思い出したくないことがたくさんある。 それを全部打ち明けないと仲間と呼べないんなら、私ゃそんな仲間はいらないね。 」 古手梨花 「・・・圭一。 打ち明けなくていいことと、打ち明けなくてはならないことは違いますのです。 罪は許しを得るために打ち明けなくてはならない。 でも、打ち明けて許された罪は、もう打ち明ける必要はないのですよ? 」 北条沙都子 「そうですわね。 ・・・だって圭一さんは、ちゃんとお巡りさんのところにいって、怒られてきたんでございましょう。 それで償いをして許してもらえたなら、それで圭一さんの罪はおしまいですわよ。 」 園崎魅音 「自首して、その結果を受け容れたなら、それで圭ちゃんのお勤めは終わりだよ。 もちろん、圭ちゃんが罪の十字架を背負い続けることはとても大切なこと。 二度と過ちを繰り返さないよう、常に胸に刻み続けるのは正しいことだよ。 ・・・でもね、それは圭ちゃんが自戒することであって、打ち明けなくちゃいけないことではない。 」 園崎魅音 「無菌室の試験管の中で育った人間でもない限り、人の人生は試行錯誤の繰り返しだと思う。 良いことも悪いことも、色々なことを繰り返して成長して、それで最後の最後に素晴らしい人間になれればいいんじゃない? いいことも悪いことも、全てとても大切な経験なんだと思う。 それは誰でも同じで、圭ちゃんだけじゃない、私にも沙都子にも梨花ちゃんにも。 いやいや、クラスの全員にも当てはまることなんだよ。 html そういう考え方があるんだなと、ちょっと安心しました。 「ひぐらしのなく頃に」の登場人物はみな、過ちや後悔を繰り返した存在です。 そんな彼らが口にする言葉に胸を打たれることは決して少なくなかったと思います。 惨劇だけが目立ちがちな本作ですが、素敵なメッセージがたくさん込められていたことを決して忘れません。 記憶を消して、一からプレイしたくなるくらい魅力がたくさん詰まった作品でした。

次の

「ひぐらしのなく頃に」、綿流し編と目明し編

綿流し編 解答

「解答編」としては第1話目。 概要 [ ] サブタイトルは「~最愛の殺人鬼~」 本作は「」の解答編となる物語であり、の視点で語られることで、「綿流し編」にて発生した事件の全貌が解き明かされていくが、「綿流し編」と「目明し編」は違う世界である。 物語は二部構成となっており、第一部では昭和57年を舞台に園崎詩音と北条悟史の物語が描かれ、第二部では昭和58年が舞台となる。 より核心的な「解答」の要素は展開上第二部に含まれるが、「ひぐらしのなく頃に」全体に関わる謎は明かされておらず、これに対する言及は次回の「」からになる。 しかし、この物語の結末が後の物語での黒幕との戦い方に間接的なヒントを与えている。 物語中盤までは的要素が強いが、それ以降はほぼとなっている。 なお、目明し編からは「社会と人」、「殺人の意味」などのテーマ性が色濃くなる。 そのテーマ性ゆえ、本エピソードには残虐性が非常に高いシーンが数多く登場する。 本作品中で描かれる、とある「ケジメ」をつけるシーンは、読者が思わず目をそむけてしまうほど痛々しい場面として有名。 PS2版「」に「第伍章・目明し編」として収録。 DS版「・第二巻」に収録。 なお、原作者は2006年9月号において、本作は非常に好評であったと述べている。 お疲れ様会 [ ] 解答編では唯一、本作のみ出題編4編に存在した「お疲れ様会」が用意されているが、この「お疲れ様会」が収録されているのは12月のコミックマーケット67で頒布された本作のみを収録したバージョンに限られており、8月以降にリリースされた「罪滅し編」以降の合本には未収録となっている。 当初は合本購入者を対象に公式サイト上で本作の「お疲れ様会」を追加するの配布が予定されていたが、諸事情により中止となった。 その後、この「お疲れ様会」はのコミックマーケット71より頒布が開始された「」に「 罰恋し編」(ばつこいしへん)に改題のうえで再録されている。 ストーリー [ ] 、園崎詩音は全寮制の聖ルチーア学園を抜け出し、生まれ故郷の雛見沢に帰ってきた。 園崎家にばれることを恐れ、興宮で魅音のふりをして生活することにした詩音は、魅音のクラスメイトの北条悟史と出会う。 魅音として悟史に接しているうちに、詩音は少しずつ悟史に惹かれていく。 綿流しの晩、悟史の叔母が殺され、その容疑者として悟史が疑われた。 悟史が警察に連行されるのを止めるため、詩音はとっさに自らの正体を明かし、嘘のアリバイを証言してしまった。 そのことはすぐに園崎家に伝わるが、詩音はあるケジメをうけることで何とか許された。 しかし、彼女を待っていたのは悟史が失踪したという事実だった。 詩音は園崎家の仕業と考えるが、魅音も同じケジメを受けていたことを知り、園崎家の仕業ではないと思い直す。 そして、詩音は自分の中の鬼と悟史への恋心を、心の奥底へと封印した。 それから一年後、魅音からある話を聞いたことで詩音の中の鬼が目を覚ました。 さらに5年目の綿流しの晩におきた事件により、詩音の中の鬼が暴走を始めた。 そして、悲しい復讐劇の幕があがった。 登場人物 [ ] 「」を参照• 以下の人物は個別項目を参照。 音楽 [ ] 「」からは劇中で使用される音楽はほぼ全面的に入れ替えられ、目明し編ではオープニングテーマとして「」、エンディングテーマとしてそのアレンジ曲「」が挿入されている。 漫画 [ ] 刊『』で8月号から4月号まで連載された。 作画・。 2007年2月27日初版発行• 2007年8月27日初版発行• 2008年1月22日初版発行• 2008年6月21日初版発行• 1・2巻と同時期に発売された「」や外伝「」などの同時購入特典で、ゲーム本編の未公開シーン集「」1・2巻が刊行されている。 3巻と「罪滅し編」3巻の同時購入特典で描き下ろし新作「れなぱん(鈴羅木かりん)・(方條ゆとり)」が刊行されている。 アニメ [ ] 第1期「ひぐらしのなく頃に」第16 - 21話。 第16話 目明し編 其の壱 初恋• 第17話 目明し編 其の弐 ケジメ• 第18話 目明し編 其の参 鬼の血脈• 第19話 目明し編 其の四 仕返し• 第20話 目明し編 其の伍 冷たい手• 第21話 目明し編 其の六 断罪 なお、残酷な描写は他のシリーズに比べても際立っており、拷問殺人シーンでは画面の7割以上が真っ暗に修正されるなどの配慮がとられた他(TV放映のみ)、ある人物が衝撃のあまりしてしまうシーンなど過激な描写も多い。 ドラマCD [ ] 発売:、販売:。 2007年6月27日発売 WACD-105• EDテーマ: you• 作詞:、作曲:、編曲:• 雪野五月が歌詞を担当したこのEDテーマの存在はドラマCDが発売されるまで秘密になっていた。 これは原作・アニメ・PS2など様々なメディアで何度も目明し編を体験しているであろうファンに驚きを与えたかったため(ドラマCD公式サイト製作日記より)。 のちにthanksも含めたマキシシングルCDが発売された。 また、『』でも目明し編のエンディングとして使用された。 余談だが『』にもボーカル付きyouが収録されており、そちらの方が発表は早い。 歌詞やアレンジも異なる。 アニメ版とのキャスティングの相違• 北条悟史:(ドラマCD)・(アニメ) 小説 [ ] 著者: イラスト:• ひぐらしのなく頃に解 第一話 〜目明し編〜(上)• ひぐらしのなく頃に解 第一話 〜目明し編〜(下)• ひぐらしのなく頃に解 第一話 〜目明し編〜(上)• ひぐらしのなく頃に解 第一話 〜目明し編〜(下) 関連項目 [ ]• - 別名「目明かし」。 外部リンク [ ]•

次の