ビットコイン 購入方法。 コインチェックでビットコインを買う方法(初心者向き)

仮想通貨・ビットコインの購入方法・買い方|初心者におすすめの取引所や投資方法を紹介

ビットコイン 購入方法

ゲインスカイは最低1000ドル以上の運用が必要です。 送金するときは多少の送金手数料なども発生するので1000ドルピッタリの送金ではなく、ある程度余裕を持った金額での送金をオススメします。 ドル円の相場については以下で確認できます。 お金の流れとしては、まずは日本円でビットコインを購入。 ビットコインをゲインスカイに送金してドルで運用となります。 送金はコインチェックやビットフライヤー、バイナンスなどの仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットサービスから送金することが出来ます。 ビットコインの購入方法や送金方法がわからない場合はもう少し下で解説しているので参考にしてください。 数時間~数日でアカウントに反映される ビットコインの送金手続きが終われば数時間から数日程度ですアカウントに反映されます。 増える分には問題有りませんが、減ってしまった場合は入金額が足りないなんてことにもなりかねません。 ゲインスカイにお金を移すためにビットコインを購入するのであればここまで説明した流れを一気に進めることをオススメします。 「とりあえず今日はビットコインを購入することろまでにしよう。 」とのんびりしているとビットコインの相場の変化によって想定よりも少ない入金額になってしまう可能性があります。 もちろん逆に増える場合もありますけどね。 ここで紹介しているのは仮想通貨の価値の変動で稼ぐことではなくてゲインスカイに入金することが目的です。 仮想通貨の相場に惑わされないためにも動き出したらすぐに行動を進めてくださいね。

次の

仮想通貨/ビットコイン投資の始め方|購入方法・買い方・やり方

ビットコイン 購入方法

ビットコインの購入方法について詳しく知りたいな… 上記のような疑問を解決すべく、今回の記事では「 ビットコインの購入方法(買い方)」について解説していきます! 本記事を見れば、初心者の方でもビットコインをかんたんに購入することができます! 2017年〜2018年の仮想通貨バブル期、ビットコインは一時「 1BTC=240万円前後」まで価格上昇を果たしました。 バブル期を過ぎた現在は価格も安定し、「 1BTC=40万円前後」で価格推移しています。 ビットコインは新しい決済手段として注目されており、 東京オリンピックが開催される2020年にかけて、また再び価格を大きく上げる可能性を秘めています! ビットコインを購入するなら、価格が安定して推移している今が非常にチャンスです! 結論、ビットコインは誰でも簡単に購入することができますので、本記事を熟読して仮想通貨を始めてみましょう!• ビットコインは、「 ブロックチェーン技術」を導入しており、 世界の決済システムを変える通貨として注目されている。 ビットコインを決済システムとして導入している店舗は日本で約260店舗、さらに海外には約4000台のビットコインATMが設置されており、需要が増加傾向にある。 ビットコインを購入するなら、価格が下がっている今が圧倒的チャンス。 ビットコインを扱う取引所はたくさんあるが、その中でも「 Coincheck」が圧倒的に良い。 Coincheckなら 売買手数料・入金手数料が無料で、セキュリティレベルも高い。 (コールドウォレット対応・マルチシグ導入・サイバー攻撃対応)• 取引画面・チャートが見やすく、 初心者でも迷うことなくビットコインを購入することが可能。 仮想通貨取引を行うなら、是非とも開設しておきたい取引所!• 「取引手数料」「日本円の入金手数料」が無料• 東証一部上場企業(マネックスグループ)の傘下に入っているので、信頼性抜群!• 何かと話題になった取引所だが、現在では金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可を受けており、セキュリティも抜群!• 取引画面・チャートが非常に見やすく、初心者から上級者まで幅広く利用されている。 仮想通貨トレードを行うなら、是非登録しておきたい取引所! 先に言ってしまうと、 ビットコインを購入する際に最もオススメな仮想通貨取引所は「Coincheck」になります。 コインチェックは、数々の金融サービスを手がけている「マネックスグループ」によって運営されている仮想通貨取引所。 得体の知れない会社が運営しているよりかは、「マネックスグループ」のような大企業の傘下にある取引所の方が安心ですね! さらにコインチェックなら、ビットコインを含めた9種類もの仮想通貨を、なんと「約500円」という少額から取引を行うことが可能なんです! さらに GMOコインは「取引手数料」「入金手数料」が無料ですので、取引コストをしっかり抑えてトレードすることが可能。 それに加えて「取引所形式」を採用しているので、ビットコインをトレードする場合は「スプレッド」が非常に狭く、手数料がかさむ心配がほとんどありません! 操作性にも非常に優れており、上記3つのステップでかんたんにビットコインを購入することが可能。 取引タイミングを逃してしまうことはほとんどありませんし、操作がかんたんなので初心者〜上級者の方にまで幅広く利用されています! 利便性が優れていることから、コインチャックの累計ダウンロード数は「200万」を突破しており、非常にたくさんの方がら利用されているのが分かるかと思います! 「ビットコイン買いたいけど、どの取引所を使えばいいのかわからない…」という方は、コインチェックを利用するのが最もオススメ! 登録は5分ほとで完了しますので、この機会にサクッと登録しておきましょう! 先ほども述べました通り、基本的には取引所(販売所)で購入するのが一番簡単です! ビットコインのマイニング(ブロック承認作業)をすれば、報酬としてビットコインを受け取ることができます。 ですが、ビットコインのマイニングには既に大手企業などが参入していますので、 個人でマイニングをするのは非常に難易度が高いです。 ビットコインATMでビットコインを購入する方法もありますが、日本にあるビットコインATMの数は「15台前後」となっており、ATMが設置している場所まで行くこと自体が非常に面倒です。 ですので、現段階では「仮想通貨取引所・販売所」を仲介してビットコインを購入する方法が、最も一般的でかんたんになっています! 「ビットコインを購入したいけど、どんな取引所で口座開設したらいいのかわからない…」 ビットコインを購入する際、また他の仮想通貨(アルトコイン)を取引する際も、取引所(販売所)はしっかりしたところを選びましょう! 仮想通貨取引所(販売所)を選ぶ際には意識すべきポイントが4つほどありますので、ご紹介します。 セキュリティの高さ ビットコインを購入する取引所を選ぶ際、一番重要となるのは「セキュリティの高さ」です。 仮想通貨取引所で口座開設する際、「手数料の安さ」なども重要ですが、セキュリティの高さはそれ以上に大切です。 2018年に入ってから仮想通貨取引所へのハッキングが相次いでおり、「coincheck コインチェック)」や「Zaif(ザイフ)」などもハッキングされてしまいました。 ハッキングの原因は、「顧客資産をホットウォレット(オンラインウォレット)で管理していたのが原因」と言われています。 言ってしまえば、 ハッキングが起きてしまったのは取引所・販売所のセキュリティレベルが低かったのが原因。 仮にビットコインを購入して利益が出たとしても、取引所がハッキングされて資産が奪われてしまったら元も子もありません。 ですので、取引所の選択基準として「セキュリティの高さ」は最重要ポイントです。 各種手数料の安さ セキュリティの次に重要なポイントは、「手数料の安さ」になります。 仮想通貨投資においては、主に以下の3つの手数料が必要になってきます。 出入金手数料• 取引手数料• 送金手数料• スプレッド 「出入金手数料」は、日本円を入金・出金する際に必要となる手数料で、「取引手数料」は仮想通貨を取引する度に必要になる手数料です。 先ほども述べました通り、 「取引手数料」と「スプレッド」は全く別物ですので注意しましょう。 国内取引所ですと、「取引手数料」「送金手数料」「出入金手数料」は無料な所が多いです。 スプレッドを抑えたい場合は、 販売所ではなく取引所がある業者を利用するようにしましょう。 取り扱い通貨の種類 ビットコインを購入するだけであれば、ほとんどの取引所・販売所で購入可能です。 しかし、ビットコインだけではなくアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)にも投資し、分散して資産を組むのがオススメですので、 なるべくアルトコインの取り扱いが多い取引所・販売所で口座開設しましょう! 国内取引所であれば、最低でも5種類くらいの通貨を取引しているところがオススメです。 使いやすさ(ユーザビリティ) 仮想通貨取引所を選ぶ際、「使いやすさ」も非常に重要なポイントになります。 なぜなら、利用している取引所が使いにくいと取引すること自体が億劫になってしまい、モチベーションが下がってしまうからです。 特に「仮想通貨投資」や「FX取引」などでは、テクニカルツールを用いてチャート分析を行うこともありますので、チャートが見づらいと非常に消耗します。 長期的に使用するとなるとなおさら重要になってきますので、 メインで利用する仮想通貨取引所は、なるべく使いやすくて操作性の良い所を使うようにしましょう! ビットコイン購入の際のオススメ取引所ランキング 続いて、ビットコインを購入する際の「オススメ仮想通貨取引所・販売所ランキング」についてご紹介していきます。 以下の5つのポイントを総合的に判断し、ランキングを付けていきます!• 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料!• セキュリティレベルが高い(マルチシグ・コールドウォレット・サイバー攻撃対策など)• 最大10倍のレバレッジ取引(仮想通貨FX)が可能• 仮想通貨FX専用アプリ「 ビットレ君」が使いやすい• 親会社に「東証一部上場企業」を持っているので、信頼性が高い。 キャンペーン中の今なら、口座開設するだけでビットコイン(20,000satoshi)もらえる! GMOコインは、 「セキュリティの高さ」「手数料の安さ」「使いやすさ」のどれを取っても非常に優れている販売所です! GMOコインはビットコインに限って「取引所形式」を採用しているので、「スプレッド」という手数料がほとんどかかりません! さらに、ビットコインを含む 5つの仮想通貨のレバレッジ取引にも対応しており、専用取引アプリである「ビットレ君」を用いると、よりテクニカルなチャート分析が可能です! 「難しいことはわからないけど、とりあえず安心して取引できる所がいい」という方とっては、最もおすすめできる取引所です。 キャンペーン期間中の今なら、口座開設するだけで20,000satoshi(ビットコイン)もらうことができるので非常におトクです! ビットコイン購入の際のオススメ取引所 第3位:DMM Bitcoin• 「取引手数料」「出入金手数料」「仮想通貨送付手数料」が無料!• 現物取引は3通貨ペア、 レバレッジ取引は14通貨ペアの取引が可能。 「パソコン版」と「スマホ版」の両方の取引ツールをリリースしているので、ブラウザからサクサク取引することができる。 キャンペーン中の今登録を行えば、無料で「1,000円」のキャッシュバックを受けることができる! DMM Bitcoinは、様々な事業を展開している 「DMMグループ」が運営・管理している仮想通貨取引所です! 主にレバレッジ取引(仮想通貨FX)に特化した取引所ですが、現物取引でビットコインを購入することも可能です! は、国内取引所の中で一番多い通貨ペアを誇っています! さらに、DMM Bitcoinも取引手数料が無料なので、スプレッド分の手数料しかかかりません。 現物取引とレバレッジ取引合わせて17通貨ペアの取引が可能になっており、取り扱い銘柄も豊富。 キャンペーン中の今登録を行えば、無料口座開設するだけで「1,000円」のキャッシュバックを受けることが可能です! 「 自分のお金を使わずに、もらった1000円でお試しトレードしたい!」という方には非常にオススメです! ビットコイン購入の際のオススメ取引所 第4位:bitbank(ビットバンク)• 日本発祥の仮想通貨「 モナコイン」の取引を行うことが可能。 2018年9月時点で 仮想通貨の取引量なんと「国内No. 1」を誇る!• 「取引専用アプリ」をリリースしているので、アプリからかんたんにトレードできる!• 「取引所形式」を用いているので、スプレッドが非常に狭い bitbankは、ビットバンク株式会社によって運営・管理されている取引所です。 なんとbitbankは、仮想通貨の取引量「国内No. 1」を誇っていまして、流動性抜群です! 国内発祥の「モナコイン」という少しユニークな仮想通貨も取り扱っています。 「取引所形式」を用いていることでスプレッドがほとんど必要なく、ビットコインの短期売買も手数料を気にせず取引することができます! 「 ビットコインの短期売買を積極的に行なっていきたい!」という方は、bitbankを利用するのがおすすめです! ビットコイン購入の際のオススメ取引所 第5位:BITPoint(ビットポイント)• 高度なセキュリティシステムを導入している(コールドウォレット・マルチシグ・顧客資産の分別管理)• 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料なので、無駄なコストがかからない。 FX取引でも用いられている取引ツール「 MT4」を採用しているので、より精密なチャート分析を行うことが可能。 最大25倍のレバレッジ取引をかけて取引を行うことが可能!• 「取引所形式」を用いているので、スプレッドが非常に狭い。 続いてご紹介するのが、取引手数料・出入金手数料無料で抜群のセキュリティを誇る「 BITPoint(ビットポイント)」です! 基本的に手数料は無料ですので、取引コストとしては「スプレッド」くらいしかかかりません。 また、FX取引などでも用いられている高性能取引プラットフォーム「 MT4」を採用していますので、より精密なテクニカル分析をすることができます! 最大25倍までのレバレッジ取引(仮想通貨FX)もできますので、利益を大きく狙いに行くことも可能です! ビットコイン購入だけでなく、他の仮想通貨を購入する際にもオススメな取引所ですよ! ビットコイン購入の際のオススメ取引所 第6位:フィスコ仮想通貨取引所• 運営会社(株式会社フィスコ)が JASDAQに上場している。 会社立ち上げから20年以上が経過しており、 信頼性が高い。 一般的なセキュリティ対策の他に、 アカウントロック機能を導入している。 「フィスココイン」などの独自トークンを多数取り扱っている。 続いてオススメする取引所は、フィスコ株式会社が運営する「」です。 大手仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」がハッキングされた際、フィスコはどの取引所よりもいち早く資金援助をし、最終的にはZaifを買収する形になりました。 フィスコによるZaif買収により、Zaifユーザーの大半がフィスコに移動したとも言われており、さらに規模が大きくなりました。 株式会社フィスコは、もともと金融情報を提供するサービスを行っており、その歴史は約20年と非常に長いです。 また、フィスコは一般的なセキュリティ対策の他に「 アカウントロック機能」というシステムも導入しています。 ログインパスワードを複数回打ち間違えると、自動的にアカウントがロックされる機能のこと 少々面倒臭い機能のように思えますが、セキュリティ対策という観点からすれば、非常に重要な機能です。 誤ってパスワードを忘れてしまった場合は、運営に問い合わせて解除することが可能です! さらに、 「フィスココイン」「カイカコイン」「ネクスコイン」などの独自トークンも取り扱っています。 「 長い歴史のある会社で、安心・安全の取引所を利用したい!」という方には、がオススメです! ビットコイン購入の際のオススメ取引所 第7位:bitFlyer(ビットフライヤー) bitFlyer(ビットフライヤー)は、株式会社bitFlyerが運営する国内の仮想通貨取引所です。 bitFlyerの社長である「 加納裕三」さんは、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めており、ブロックチェーンには非常に精通している取引所です! bitFlyer(ビットフライヤー)は新規口座開設を停止している bitFlyer(ビットフライヤー)は2018年6月22日、金融庁から「 業務改善命令」を受けました。 そのため 2018年11月現在、bitFlyer(ビットフライヤー)は新規口座開設を停止しています。 新規登録を停止している間は、「業務改善命令」で指摘を受けた項目の改善に務めているとのことです。 既に口座開設をしている方は、ビットフライヤーでビットコインを購入することが可能です。 しかし、口座開設していない方はビットフライヤーで取引することは不可能ですので、別の取引所・販売所を利用するようにしましょう! ビットコイン購入の際のオススメ取引所 第8位:Zaif(ザイフ) Zaif(ザイフ)は、テックビューロ社が運営していた仮想通貨取引所です。 取り扱いの少ない「モナーコイン(MONA)」なども扱っていて、 仮想通貨の積立ができる取引所です。 あのホリエモンこと「堀江貴文氏」が技術アドバイザーを務めたことでも有名です。 取扱いトークンが豊富で、面白いキャンペーンも定期的に開催しているので、口座を開設しておくだけでも損はないと思います!• maker手数料が無料• 「コイン積立制度」を導入している• ログインボーナスを受け取ることができる Zaif(ザイフ)が「株式会社フィスコ」に事業譲渡 2018年9月14日、Zaifに外部からの不正アクセスが確認され、「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ「モナコイン」の3種類の通貨が外部に流出しました。 Zaifの全体の被害総額は約70億円までにのぼったようです。 これにより、 Zaifが「株式会社フィスコ」に事業譲渡されることが正式に決定しました。 ですのでZaif(ザイフ)を利用するのではなく、できれば別の取引所を利用することをオススメします! ビットコイン(BTC)の購入手順 それでは、ビットコインの購入手順について解説していきます。 仮想通貨初心者の方がビットコインを購入する場合、以下のような手順に沿って進めていきます!• 仮想通貨取引所(販売所)で口座開設する• 取引所(販売所)に日本円を入金する• 入金した日本円でビットコインを購入する 上記のような3つのステップに沿って進めていきます! 「GMOコイン」の画像を用いて、ビットコインの購入手順について解説していきます! 初心者の方でも一つ一つ進めていけばかんたんにビットコインを購入することができますので、是非最後までお付き合いください。 仮想通貨取引所(販売所)での口座開設方法 まずは仮想通貨取引所(販売所)で口座開設する必要があります。 今回は「 GMOコイン」を用いて口座開設手順について説明していきますが、基本的にはどの取引所でも手順は同じです。 以下のような手順で、口座開設を進めていきます。 メールアドレスの登録• 本人情報の入力• 本人確認書類の提出• 口座開設完了のハガキを受け取る 本人確認書類の提出までは、必要書類が揃っていれば10分ほどで完了します! ただし、本人確認書類の提出が完了してからGMOコインの審査が完了するまでに1日〜2日間ほどの時間が必要になります。 まずは以下のリンクから「GMOコインの公式サイト」にアクセスし、「口座開設」のボタンをクリックしましょう! 上記のリンクをクリックし、内部の「口座開設」ボタンをクリックしますと、以下のような画面が出現します。 まずはメールアドレスを登録する必要があるので、入力したら「私はロボットではありません」にチェックを入れ、無料口座開設ボタンを押しましょう。 基本的に、ケータイのメールアドレスでもパソコンのメールアドレスでもOKです! 認証メールが送信されたら、入力したメールアドレスの受信箱をチェックします。 GMOコインから認証メールが届きますので、指定されたURLをクリックして再び登録画面へ飛びましょう。 続いて、GMOコインにログインするためのパスワードを設定します。 パスワードを入力して「設定する」ボタンを押しましょう。 パスワードを無くしてしまうとログインできなくなってしまいますので、紙などにメモを取っておくと良いですね! 続いて「個人情報の登録」という画面が表示されますので、氏名や住所、電話番号の入力を進めていきましょう! 間違いがないか確認でき次第、「確認画面へ」をクリックしましょう。 また、この画面で入力する個人情報は、アップロードする本人確認書類と同じ情報を記入するようにしましょう。 入力した情報と本人確認書類が合致しなかった場合、審査が通らない可能性がありますのでご注意下さい。 続いて、「 本人確認書類の提出」を行なっていきます。 本人確認書類の提出には、オンライン上で書類データをアップロードする方法と、本人確認完了のハガキが到着した時点で宅配業者に書類を提出する「受取時本人確認」の2種類が存在します。 書類の写真を撮ってアップロードした方が圧倒的に楽ですので、前者の「アップロード」を選択しましょう。 本人確認書類は、以下の7点から選択が可能です。 運転免許証• 個人番号カード• 健康保険証• 住民票のコピー• パスポート• 在留カード• 特別永住者証明書 本人確認書類の提出が完了したら、これで口座開設作業は完了になります! 本人確認書類の提出から1日〜2日で審査が完了し、GMOコインからハガキが自宅に届きます。 そのハガキに記載されている6桁の番号を入力し、口座開設完了になります! 仮想通貨取引所(販売所)への入金方法 口座開設が完了したら、次はGMOコインに日本円を入金していきます! まずはGMOコインの会員ホームの左側メニュー「日本円」をクリックしましょう。 でビットコインを購入するには、以下の方法で日本円を口座に振り込む必要があります。 銀行振込は入金の反映までに時間がかかりますので、即時入金をオススメします! 入金した日本円でビットコインを購入する方法 日本円の入金が完了したら、あとはビットコインを購入するのみです! 上記でも述べた通り、GMOコインには「販売所」と「取引所」の2種類が導入されています。 それぞれ、「取引所」は注文方法が複雑でスプレッドが狭く(手数料が安く)、「販売所」は注文方法がシンプルでスプレッドが広い(手数料が高い)という特徴があります。 「販売所」と「取引所」の両方におけるビットコインの購入方法をそれぞれ紹介しますので、自分に合った方で取引するようにしましょう! 「販売所」でのビットコインの購入方法 販売所では、以下の手順に従ってビットコインを購入していきます。 ホーム画面から「取引所」メニューの「現物取引」をクリックする• 右側の「売買区分」を「買」に合わせる• 購入したいビットコインの数量を入力する• ビットコインの希望購入価格を入力する• 「確認画面」をクリックして購入する 取引所では、 「ビットコインの購入価格」を指定することが可能です。 例えば、現在のビットコインが1BTC=42万円だとして、「40万円まで価格が下落したら購入したい」と考えているとします。 その場合、「注文レート」を40万円にして買い注文を出すことで、1BTC=40万円になった時点で取引を約定させることが可能です! 販売所と比べてスプレッドも非常に狭いので、長期的に仮想通貨投資をするなら、日頃から取引所を用いて仮想通貨売買をするよう心がけましょう! また、青枠内の「チャート」をクリックすることで、ビットコインのチャートを確認することが可能です! 1分足や5分足などの短期ローソク足から、日足・月足などの長期ローソク足も表示させることができますので、短期的・長期的なビットコインの値動きを確認することが可能です! さらに、上記のように「 移動平均線」「 RSI」「 ストキャスティクス」「 MACD」などのテクニカルツールを用いてチャート分析を行うことも可能です。 ですので、初心者だけではなく、中級者〜上級者もしっかりと分析を行うことができます! GMOコインは、仮想通貨取引所・販売所の両方を運営しているので、GMOコインの取引画面を用いて、両者の違いについて具体的に見ていきましょう! 上記の図は、GMOコインの「仮想通貨販売所」のキャプチャ画面です。 この場合、売却価格が「429,625円」、購入価格が「438,305円」となっているので、 両者の差額である「8680円」がスプレッドになり、手数料として持って行かれます。 対して、上記の図はGMOコインの「仮想通貨取引所」の同時刻のキャプチャ画面です。 中央上部の赤枠内の価格が「購入価格」、中央下部の赤枠内の価格が「売却価格」となっています。 この場合のスプレッドは「81円」となりまして、販売所と比較すると大幅にスプレッドが狭いことが分かりますね! 販売所のように業者から直接購入するわけではないので、取引所の方がスプレッドが割安になっています。 GMOコインの場合、「取引手数料」が無料でさらに取引所も導入しているので、スプレッドも抑えてビットコインを購入することが可能なんです! ビットコイン(BTC)を取り扱う取引所の手数料を比較 GMOコイン DMM Bitcoin bitbank フィスコ BITPoint 取引手数料 無料 無料 -0. 001BTC 0. taker手数料は0. 「GMOコイン」なら各種手数料がほとんど無料で、ビットコインのみですが「取引所形式」を採用していますので「スプレッド」がほとんどかかりません! 取引専用アプリである「ビットレ君」を使えばアプリからもトレードすることができますので、ビットコインの取引はやはり「 GMOコイン」が最もコストが低く、使いやすいです! ビットコイン(BTC)はいくらから買える?最低購入金額は? ビットコインって結構高そうだけど、いくらくらいから購入できるんだろう…? 結論から言いますと、ビットコインは数百円〜数千円という少額から始めることができます! ビットコインは、「1BTC=〇〇万円」というように表記されていますが、1BTCからしか購入できない訳ではありません。 0001BTC」というような少数単位から購入することが可能です! とはいえ、最低取引価格は取引所によっても異なりますので、それぞれの取引所の最低取引価格を確認してきましょう! GMOコイン 0. 0001BTC DMM Bitcoin 0. 001BTC BITPoint(ビットポイント) 0. 0001BTC フィスコ 0. 0001BTC ほとんどの取引所の最低購入価格は「0. 0001BTC」となっていまして、 日本円換算すると「45円」となります。 極端な話、45円からでもビットコイン投資を始めることが可能なんです! とはいえ、45円だと利益はほとんど出ませんから、数千円単位で初めて見るのが良いでしょう。 非常に少額から始めることができますので、株式投資のようにまとまった資金から始める必要がありませんので、投資初心者の方にもオススメです! ビットコインを購入するオススメなタイミング ビットコインだけではなく、投資においては「 安い時に買って高い時に売る」ことが非常に重要です。 つまり、 購入する時に重要なことは、「最も安いタイミングを予想し、そのタイミングで購入すること」です。 ビットコインの価格予想には、主に以下の2つの方法が有効的です。 テクニカル分析• ファンダメンタルズ分析 テクニカル分析とは、ビットコインのチャートを用いて、チャート上で色々なツールを使用して価格分析を行う事を言います。 チャートには、「人間心理が全て反映されている」と言われており、テクニカル分析は株式投資やFX(外国為替証拠金取引)などにもよく用いられる分析手法です。 一方でファンダメンタルズ分析とは、ニュースや社会事情を元に価格分析を行う事を指しています。 例えば、「イーサリアムのアップデートが延期されたことによって失望売りが広がるから、イーサリアムの価格は下落するだろう」というのも、ファンダメンタルズ分析の一つになります。 先ほども述べた通り 今(2018年12月時点)も、「ビットコインキャッシュの分裂」というファンダメンタル的な要因で、ビットコインの価格は下落しています。 他の通貨の影響で価格が下落している今こそ、 ビットコイン購入のチャンスです。 2017年末には1BTC=240万円前後で推移していたビットコイン価格も、今では1BTC=45万円前後になっており、 購入するなら今が圧倒的チャンスです。 ビットコイン購入後にすべきこと• ログインする際、IDとパスワードの他に6桁のワンタイムパスワードでも認証を行うこと IDとパスワードだけだと、セキュリティという観点からすると少々不安です。 二段階認証を設定することで、仮にIDとパスワードが流出した場合でも、不正ログインされるのを避けることが可能です! 二段階認証は必ず設定しておきましょう。 GMOコインにログインすると二段階認証の画面に移動します。 「二段階認証を設定する」をクリックして先に進みましょう。 二段階認証は「 Google Authenticator」という、ワンタイムパスワードを生成する専用アプリを利用して行います。 「アプリ(Google Authenticator)」をクリックしましょう。 アプリのダウンロードがまだの方は、先にダウンロードして下さい! 上記のようなQRコードが表示されますので、これをGoogle Authenticaterで読み取りましょう。 そうするとアプリ内にGMOコインのデータが認証されますので、二段階認証の登録完了です! GMOコインにログインする際は、ID・パスワードの他に、Google Authenticaterで生成されたワンタイムパスワードを入力してログインしましょう。 特に、ビットコインの場合は価格がまだ安定しておらず、ボラティリティ(値動きの幅)が大きいです。 そのため価格が下がると、 「価格が下がってきたからとりあえず売りたい…」 「とりあえず売って、まだ下がるだろうからその時に購入しなおそう…」 などと思ってしまいがちです。 自分も仮想通貨を初めて間もない頃は、この状況に陥りました。 しかし、 短期売買を繰り返すと手数料がたくさん取られてしまいますし、冷静な判断力を失ってしまいます。 何より、短期売買の値動きを完全に予測するのは、プロトレーダーの方でも難しいレベルです。 ですので、 根拠を持たずに短期売買を繰り返すのは避けるのが得策です。 ビットコインの需要が増えれば、長期的に見てビットコインの価格が上昇する可能性は高いです。 そこで意識するポイントは、「 ビットコインを複数の取引所・販売所に分散して管理する」ということです。 ビットコインを分散して管理するメリットは以下の通りです。 取引所・販売所がハッキングされた場合、リスク分散することができる• 複数の仮想通貨(アルトコイン)を取引することができる まず大きなメリットとしては、「 リスク分散できる」という点になります。 近年、仮想通貨取引所への不正アクセス(ハッキング)が相次いでおり、セキュリティ対策が急がれています。 仮に1つの取引所に全てのビットコインを預けていて、その取引所がハッキングされてしまった場合、保有している全てのビットコインを失ってしまう可能性があります。 それに対し、 複数の取引所に資産を分散管理している場合は、一気に資産を失う可能性は限りなく0に近いです。 また、ビットコインは仮想通貨取引所のほとんどで「 基軸通貨」として扱われています。 そのため、ビットコインを保有していれば様々なアルトコインを購入することが可能です。 仮想通貨取引所ごとに取り扱い通貨はそれぞれ異なりますので、 複数の取引所にビットコインを預けていれば、その分だけたくさんの種類のアルトコインを取引することができますよ! ビットコインを保管する「ウォレット」の種類 ビットコインを購入した後は、 安全な場所で保管する必要があります。 2018年に入ってから「Zaif(ザイフ)」や「coincheck(コインチェック)」などの国内取引所へのハッキング問題が多発しているので、セキュリティ対策はかなり重要です。 仮想通貨取引所・販売所に備え付けてあるウォレットに資産を預けていると、取引所自体がハッキングの被害にあった場合などにリスクが伴います。 ですので、 自分の保有する資産はなるべくインターネット環境から切り離されているウォレット(オフラインウォレット)で保管する事をオススメします。 ウォレットには無料で利用できるものから、有料で数千円〜数万円するものまでたくさんの種類が存在します。 まずは、仮想通貨のウォレットにはどのような種類があるのかを把握しましょう!• ハードウェアウォレット• ウェブウォレット(オンラインウォレット)• デスクトップウォレット• ペーパーウォレット• 無料のソフトウェアウォレットと比べると、お金がかかってしまいますが、 利便性・安全性の観点から総合的に判断すると、ハードウェアウォレットが一番オススメです! ハードウェアウォレットは完全にインターネットから切り離された「 オフライン環境」で管理することができるため、他のホットウォレットと比較すると非常に安全性が高いです。 さらに、ハードウェアウォレットは機器を接続するだけでウォレットにアクセスすることが可能ですので、デスクトップウォレットなどのように端末を常に持ち歩く必要もありません! ハードウェアウォレットですと、上記のように ビットコインの他、たくさんのアルトコインも保管することが可能です! 安全性と利便性が高い分、ハードウェアウォレットはコストが高いという弱点があります。 (約1万円)• (約1万3千円)• (約2万円) 最低でも1万円ほどの費用が必要になってくるため、コストパフォーマンス的にはあまり良くありません。 取引所・販売所で登録・口座開設してしまえば無料で使えますし、必要な時にログインしてすぐに使用することができますので、非常に便利です! インターネット環境があればアクセスすることは可能ですので、 PCでもスマホでもウォレットにアクセスすることが可能です! ただし、ウェブウォレットを利用する場合、ウォレットの運営元などでトラブルが発生した場合、資産が引き出せなくなることが考えられます。 特に取引所・販売所のウォレットの場合は、運営元がハッキングされてしまった場合のリスクが非常に大きいです。 実際に、2018年に入ってから国内仮想通貨取引所でもハッキング事件が多数発生しています。 少額な資産を預けるのであればまだしも、 多額の資産を保管する場合は「ウェブウォレット」は避けるのが得策です。 インストールした端末から操作すれば、ウォレット内で残高確認や送金・受金が可能になります! デスクトップウォレットは、PCを開けばすぐに起動することができますので、非常に利便性が高いです。 無料で利用することができるものも多く、ビットコインの場合ですと以下のようなデスクトップウォレットが有名です。 Bitcoin Core• Electrum• Copay ただしデスクトップウォレットにはデメリットもありまして、一つ目は「安全性」です。 デスクトップウォレットは一見オフラインにようにも見えますが、 インターネットに接続されている場合は当然オンラインウォレットでして、ハッキングのリスクが常に付きまといます。 PCがウイルスに感染した場合など、デスクトップウォレットにもリスクは付きまといます。 また、デスクトップウォレットはウォレット自体を端末内で管理しているので、PCにインストールした場合はそのPC以外からアクセスすることができず、外出先でスマホから確認することなどができないので不便です。 ペーパーウォレットは最強のウォレットと言われていまして、まずインターネット環境から切り離されているのでハッキングのリスクはほとんどありません。 ただしペーパーウォレットにもデメリットはありまして、それは「 インク・ペーパーの劣化」です。 紙媒体で保管しているものなので、インクで記された「ビットコインアドレス」や「秘密鍵」が読み取れなくなってしまえば、当然資産を引き出すことが不可能になってしまいます。 スマホを持っていればいつでもどこでもウォレットを操作することが可能ですので、使い勝手に関しては非常に良いです! モバイルウォレットもデスクトップウォレットと同様に無料で利用できるものが多く、コストをかけずに利用することが可能です。 ただしモバイルウォレット場合、 ビットコインやイーサリアムなどの有名通貨に対応しているものは多いですが、マイナーなアルトコインに対応しているものは少ないように思えます。 また、デスクトップウォレットと同様に端末に保存しているので、スマホを落としたり紛失したりして資産を失ってしまう可能性が高いです。 スマホがインターネット環境に接続されている場合はオンラインウォレットでして、ハッキングのリスクは常に付きまといますので、注意が必要です! ビットコインを購入するメリット ビットコインを購入するメリットについて知りたい! 上記のように思う方も多いでしょう。 従来の「中央集権型」のシステムから、ブロックチェーン技術を利用して「 非中央集権型」に移行することで、低コストかつ安全に決済を行うことが可能です。 ビットコインは新しい決済手段として注目されており、利用できる店舗・企業が今後も増加していく可能性があります。 ビットコインの需要が高まれば、もちろんビットコインの価格も上昇することが考えられます。 しかしビットコインの場合は、 数百円〜数千円くらいの資金で購入することが可能です。 さらに、株式投資などと違って仮想通貨は「発展途上」ですので、 これから価格が数倍〜数十倍にまで跳ね上がる可能性を秘めています。 ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼び、 ビットコインを保有していればほとんど全てのアルトコインと交換することが可能です。 また、アルトコインは国内よりも海外取引所の方が取り扱い通貨数が多いので、海外取引所で購入する方が多いです。 その際、 海外取引所には日本円を直接入金することが不可能ですので、ビットコインを国内取引所から送金する必要があります。 ですので、アルトコインを購入する際にはビットコインの購入が必須になります。 仕事や学校で平日忙しい方にとって、土日・祝日に取引できないのは勿体無いですよね。 ビットコインなら24時間、そして365日いつでも取引することができます。 ですので、自分のライフスタイルに合わせてトレードをすることが可能ですよ! ビットコインを購入するデメリット もちろん、ビットコインを購入する上でデメリットも存在します。 特にビットコインはまだ ボラティリティ(値動きの幅)が安定しておらず、価格の変動が激しいです。 ですので、リスクを抑えたい方は少額でビットコインを購入しましょう。 また、 仮想通貨FX(レバレッジ取引)はせず、現物取引で長期保有を心がけましょう。 その反面、 現段階ではビットコインの実需は非常に少ないです。 ビットコインを決済システムとして導入する店舗は年々増加してきていますが、日常生活で使用されるレベルまで普及するにはまだまだ時間がかかりそうです。 ビットコイの買い方・購入方法 まとめ 今回の記事では、「ビットコインの購入方法」について解説しました。 合計で6つの取引所・販売所でのビットコイン購入方法を解説しましたので、自分のトレードスタイルに合った取引所・販売所を利用するようにしましょう!• ですので、「 お試しでビットコインを購入してみたい!」という方にもオススメです! どうしても自分のお金を使いたくない方は、のキャンペーンで貰える1,000円を利用してビットコインを購入してみるのもオススメです。 仮想通貨バブル期には「1BTC=240万円」まで価格上昇をしたビットコインですが、今では「1BTC=40万円前後」まで値を下げています。 2020年の東京オリンピック時には外国人観光客の流入が予想され、ビットコインの需要増加も予想されています。 ですので、ビットコインを 購入するなら圧倒的に今がチャンス。 少額からでも購入可能ですので、この機会に是非ビットコインを保有してみましょう!.

次の

ビットコインは楽天銀行で購入できる?楽天銀行を使ってBTCを買う方法

ビットコイン 購入方法

ビットフライヤー bitFlyer に口座を開設したけど、ビットコインを買おうとした時に「板の見方が分からない」「取引が不成立になった」などで困ったことはありませんか? ビットコインの売買には、取引板や指値注文といった専門用語やチャートの意味を理解する必要があります。 この記事ではビットフライヤーでのビットコインの買い方・購入方法を画像を使って丁寧に詳しく紹介しています。 初心者の方はまずは、かんたんに購入できる「ビットコイン販売所」で購入しましょう。 また、より安くビットコインを購入したい方は「ビットコイン取引所」を利用することで、チャートを見ながら、ご自身の指定する価格でビットコインを購入することが可能です。 ビットフライヤー(bitFlyer)のビットコイン(BTC)の買い方、購入方法 ビットフライヤーでは、ビットコインを「 ビットコイン販売所」、「 ビットコイン取引所」、「 bitFlyer Lightning」の3箇所で購入することができます。 それぞれの違いを理解しておくと、ビットコインが買いやすくなります。 販売所、取引所、bitFlyer Lightningの違い 「ビットコイン販売所」「ビットコイン取引所」「bitFlyer Lightning」のそれぞれの違いは以下のようになっており、初心者におすすめなのが「ビットコイン販売所」、ある程度取引に慣れている人におすすめなのが、「bitFlyer Lightning」、「ビットコイン取引所」になります。 項目 難易度 手数料 ビットコイン販売所 簡単 高い ビットコイン取引所 普通 安い bitFlyer Lightning やや難しい 安い 販売所と取引所の違いについては、【】で説明してありますので、詳しい違いやそれぞれのメリット、デメリットなどを知りたい方は参考にしてください。 早速ビットコインのそれぞれの3パターンの購入方法について見ていきましょう。 ビットコイン販売所の場合 ビットコイン販売所は、ビットフライヤーからビットコインを購入する場所で、 初心者の方も簡単に取引をすることができるというメリットがあります。 ビットフライヤーのアカウントにログインして、「ビットコイン販売所」をクリックします。 すると以下のような画面に進みますので、「数量(BTC)」を入力して、「コインを買う」をクリックします。 ビットコイン取引所の場合 ビットコイン取引所は、ユーザー同士でビットコインを売買する場所のことで、自分で価格を決めてビットコインを購入することができる「 指値注文」をすることができます。 アカウントの左メニューの「ビットコイン取引所」をクリックします。 「取引履歴」、「売り注文」、「買い注文」の板が表示されている以下のような画面に進みます。 「数量(BTC)」、「価格(1BTCあたりの値段)」を入力して、「コインを買う」をクリックします。 ビットコイン取引所の操作もそれほど難しくありませんが、 値段を指定せずに注文する「成行注文」は、bitFlyer Lightningでしか行うことができませんので、注意が必要です。 bitFlyer Lightningの場合 アカウントの左メニューから、「bitFlyer Lightning」をクリックすると以下のような画面に進みます。 「数量」と「価格(1BTCあたりのレート)」を入力して、「買い」をクリックします。 なお 価格は手入力でなく、注文板に表示されているレートをクリックして自動入力することもできます。 また、指値注文の場合、指定したレートで取引してくれる相手が見つからないと、約定(売買が成立)しないため、相場とかけ離れた値段で注文すると、いつまでたっても約定しないケースもあります。 成行注文 成行注文をするためには、「成行」を選択し、「数量」を入力、「買い」をクリックします。 以下の画像では、3BTCを価格を指定しないで注文するケースになります。 成行注文には、売り手が見つかるまで契約が成立しない指値注文とは異なり、すぐに取引を成立させることができるというメリットがあります。 しかし、相場急変時には、「スリッページ」が発生し、 想定よりも不利な価格で約定してしまうリスクもありますので、注意が必要です。 ビットフライヤーはこれまで紹介したように、 3種類の方法でビットコインを購入することができる便利な取引所です。 まだ未登録の人は早めに登録しておきましょう。 bitFlyerの登録で分からないことがあったら【 】を参考にしてください。 ビットフライヤー(bitFlyer)のビットコイン(BTC)の手数料(スプレッド) ビットコイン販売所の場合 ビットコイン販売所の場合、実質的なビットコインの売買手数料はと呼ばれる「購入価格」と「売却価格」の差になります。 ビットコイン販売所の手数料は割高になっていますので、お得にビットコインを購入したい人は、ビットコイン取引所もしくはbitFlyer Lightningを利用するようにしましょう。 ビットコイン取引所、bitFlyer Lightningの場合 ビットコイン取引所、bitFlyer Lightningを利用した場合のビットコインの売買手数料は、0. ビットフライヤーのビットコイン BTC の買い方、購入方法まとめ ビットフライヤーのビットコインは、「ビットコイン販売所」「ビットコイン取引所」「bitFlyer Lightning」の3箇所で購入できます。 初心者向けの「ビットコイン販売所」は買いたい数量を指定するだけで購入できますが、指値注文や成行注文が出来ません。 「ビットコイン販売所」では、買いたい数量と価格を指定できる指値注文が可能です。 さらに高度な「bitFlyer Lightning」では、取引板やチャートの機能などより詳しい条件を使うことが出来ます。 それぞれの購入方法で手数料が違うため、ご自身にあった取引方法で購入しましょう。 ビットコインの取引所については、【】に詳しく書いてありますので、参考にしていただければと思います。

次の