踊れ たいやき くん。 およげ!たいやきくん

およげ!たいやきくん

踊れ たいやき くん

関係が面倒なので、歌詞はで。 といっても書く過程で書かざるをえない。 『』は自由を求めたたいやきくんが遭遇する現実と自己再認識の過程をドラマチックに描いた歌曲作品である。 毎日鉄板の上で焼かれるたいやきくんはおじさんと衝突して海に逃げ込み、自由とリスクにほだされる。 そして、空腹に負けて釣り針に飛びつき最後には釣り人に食べられてしまうというシナリオである。 一見するとなんでもないが、その背景に存在する意味深長なメッセージとストーリーが浮かび上がる。 「毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ」 「ある日僕は店のおじさんと喧嘩して海に逃げ込んだのさ」 機械的生産手段としての労働者である「たいやきくん」は日々の労働に嫌悪していた。 ある日彼は雇用者である「おじさん」と衝突し、それまでの労働生活を脱出して俗社会の「海」に逃げ込む。 「初めて泳いだ海の底 とっても気持ちがいいもんだ」 「お腹のアンコが重いけど海は広いぜ心が弾む」 「桃色珊瑚が手を振って僕の泳ぎを眺めていたよ」 ここで気がつくのが「初めて泳いだ海の底」という言葉である。 おそらく「たいやきくん」は本能的に、または知識として海に逃げ込める事を知っていたのだ。 しかも、海の「底」とわざわざあるので社会の暗部としてもとれる。 「桃色珊瑚が手を振って」とは、まるで風俗店のキャッチのようだ。 つまり、海全体を人間社会とした時に、海の底は日常生活では立ち入らない俗の領域を指し示しているのだ。 海の底に行ったことがなかった「たいやきくん」は、真面目な性格であったと思われる。 もうひとつ、「お腹のアンコが重い」という描写は、「たいやきくん」が抱える身体的異常、つまり職業病か持病のようなものを指し示しているように感じる。 労働者としての側面を考えるならば、前者が考察として適切ではないだろうか。 「毎日毎日楽しい事ばかり 難破船が僕の住処さ」 「時々サメに虐められるけど そんときゃそうさ逃げるのさ」 よく考えてみると「たいやきくん」は住所不定なのか? というか、海社会では住所という概念があるのだろうか……。 俗社会をうろついているのだから、住居も何もないだろうけれど、「難破船」という言葉はホームレスをイメージさせられる。 「サメ」とは元々そこを住処にしていた他のホームレスか、治安警察だろう。 社会の暗部に逃げるリスクが描写されている。 「一日泳げば腹ペコさ 目玉もクルクル回っちゃう」 「たまにはエビでも喰わなけりゃ塩水ばかりじゃふやけてしまう」 食の不安と欲求のことだろう。 「エビ」と聞くと贅沢なイメージがあるが、「海老で鯛を釣る」という格言から、「エビのようにたいした食料でなくてもいいから」という意識が感じ取れる。 「岩場の陰から喰い付けばそれは小さな釣り針だった」 「どんなにどんなにもがいても針が喉から取れないよ」 「釣り針」は誘惑と危険の象徴であり、「たいやきくん」は飛びついてしまうが、一度引っ掛かるとまったく取れないし逃げられない。 ここではおそらく犯罪の誘惑であり、もがいても取れないのは手錠だろう。 不思議な事に痛覚の描写が無い点も納得していただけるのでは。 「浜辺で見知らぬおじさんが僕を釣り上げびっくりしてた」 「おじさん唾を飲み込んで僕をうまそに食べたのさ」 よく分からないのが釣り人のおじさんである。 ただ釣りをしていたのであって、「たいやきくん」が目的だったのではない。 たまたま釣れたのが「たいやきくん」であり、そこで一般的な魚と「たいやきくん」の差を発見したことに驚いたのだ。 この釣り人のおじさんの存在が、ストーリーの組立をよく分からなくする。 ただ、「たいやきくん」が異常であることだけが分かる。 「やっぱり僕はタイヤキさ 少し焦げあるタイヤキさ」 本来「おじさん唾を~」の部分の前に入っている歌詞である。 釣り上げたおじさんのびっくりした様子から、自分がたいやきであることを自己再認識したのだろう。 最終的に食べられるところで歌は終わる。 もともとの労働生活から抜けだした者は、意図せずバッドエンドを迎えてしまうということなのだろうか。 そもそもバッドエンドだったのだろうか。 労働生活の方が幸せだったのだろうか。 ここまで考えると、レコード売り上げギネスというのもうなずけないか。 もちろん想像の範囲ではあるが、印象深い歌詞からストーリーをイメージできる『』が何らかの比喩を持たないということはないだろう。

次の

踊れ!たいやきくん 歌词 たいプリ ※ mobile.360heros.com

踊れ たいやき くん

およげ!たいやきくんはなぜ売れた? 「およげ!たいやきくん」が発売されたのは1975年。 今からもう40年以上も前のことです。 その曲が今でもオリコン歴代シングル売り上げ1位を維持し続けているってちょっと信じられないですよね。 現代ではCDも売れなくなったので もうこの記録を破られることはないでしょう。 でもなぜあんなに売れたのか疑問ですが、時代の背景やさまざまなことが重なった結果だったと言えるのではないでしょうか。 およげ!たいやきくんは子供番組で歌われた 「およげ! たいやきくん」は子供向けの番組「ひらけ!ポンキッキ」のオリジナルナンバーとして1975年に発表されました。 子どもが好きな曲調とわかりやすい言葉の詞でまたたくまに子どもたちの心に響いたのではないでしょうか。 歌の背景に流れるたい焼きの絵もかわいくインパクトが強かったと思います。 たい焼きといえば何かのイベントやスーパーなどの軒先で必ずと言っていいほど屋台で売られているのは今も変わらない。 当時も例外ではなくたい焼きは子供たちにとって大好きな食べ物であったはずです。 そのたい焼きが歌で登場するとなると子どもたちは興味深々! 当時子どもだった私も毎日鉄板で焼かれて嫌になった「たいやきくん」が店のおじさんとケンカして海に飛び込むという歌詞に意味もなく魅かれたのを覚えています。 そんなことから子どもの心をガッチリとつかんでしまう歌であったと言えるでしょう。 でもここまでヒットした要因は子どもにウケただけではなく 大人にも共感を得たからのようです。 およげ!たいやきくんの歌詞はサラリーマンの苦悩を歌っていた 「およげ!たいやきくん」は子供向けの歌と思いがちですが、実は歌詞をよくかみくだくと昭和時代のサラリーマンの気持ちを代弁している内容なのです。 毎日会社で必死に働いているけど、嫌になって他の世界に飛び出したというサラリーマンの苦悩が歌われています。 スポンサーリンク 子門真人の存在抜きには語れない! 「およげ!たいやきくん」を歌っているのは 子門真人さんですが、彼が歌っているということがこの曲がヒットした要因のひとつでありそうです。 2位が、ぴんから兄弟『女の路』からの1位が『およげ! 当時子門真人さんは仮面ライダーや円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ主題歌を多数手がけておられます。 子供番組やアニメ番組で多くのヒット曲を持つことから当時のアニソン界を引っ張る存在でもあった子門さん。 本来力強くてかっこいい歌い口調の子門さんが、倦怠感を表したようメロディーをうまく歌いあげているところがこの「およげ!たいやきくん」に見事にマッチしています。 そしてもじゃもじや頭にひげ、丸メガネという風貌も一度見たら忘れないといったようなインパクトの強さがありました。 そんなことからおよげ!たいやきくんの爆発的なヒットは 子門真人さんが歌ったということも大きな要因だと言えると思います。 まとめ 40年以上たっても記録を破られない「およげ!たいやきくん」。 あんなに売れたのは子どもにも大人にもウケる要素が詰まった曲だからということでしょう。 今でもたい焼き屋さんで流れていたりすると思わず口ずさんでしまいますよね! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

およげ!たいやきくん(子門真人) / コード譜 / ギター

踊れ たいやき くん

まさに現代風刺 およげ!たいやきくん なぜいきなり「およげ!たいやきくん」の話をするかというと、きっかけは渦中のSMAPです。 先日報じられたニュースで、「世界に一つだけの花」がシングル歴代ランキングの三位になったと。 で、それを150万枚以上も上回る「およげ!たいやきくん」はいったいどんな歌だったのかと。 改めて歌詞をじっくり読んでみたところ、なんとも世知辛い気持ちになりました。 過労死、 ブラック企業が話題の昨今、この歌詞を読むとつらい気持ちになるのは僕だけではないはずです。 なんとも現代のサラリーマンの気持ちを端的に表した歌詞であります。 ではどうぞ。 オリジナル およげ!たいやきくん まずは手始めにオリジナル版の歌詞を引用しようと思ったのですが、著作権侵害に当たる可能性があるらしい。 このSNS拡散時代にそんなこと言ってていいのか? とも思うのですが、しかたないのでリンクを貼っておきます。 ぜひ読んでみてください。 40年前のまま改変一切なしですが、これでもシンドイ人はいるでしょう。 およげ!たいやきくん 高田ひろお作詞・佐瀬寿一作曲/JASRAC 014-2586-2 当時はもしかしたら、 サラリーマンが新しい世界に飛び出すポジティブな面が共感を得たという側面もあったかもしれません。 しかし40年が経った今あらためて見直すと、なんとも端的に 現代の劣悪な就労環境を描いていて、 そこから抜け出せない大人の苦悩を見るようではありませんか。 なお、この40年で新しく生まれた言葉を付け加えると、さらに具体的になります。 ここからは現代語版を見てみましょう。 スポンサーリンク 現代版 およげ!たいやきくん ポンキッキ初出の1975年からなんと 40年以上が経っています。 その間、さまざまな新しい言葉がつくられました。 それらを加えて歌詞を改変した「現代版 およげ!たいやきくん」です。 ご査収ください。 現代版 およげ!たいやきくん まいにち まいにち ぼくは まんいんでんしゃの なかで おしつぶされて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは じょうしのおっさんと けんかして ブラックきぎょうを とびだしたのさ はじめて のんだ ひるからのビール とっても きもちが いいもんだ おなかの ぜいにくが メタボだけど せかいは ひろいぜ こころがはずむ ももいろ キャッチが てをこまねいて ぼくの さいふを さぐっていたよ まいにち まいにち たのしいことばかり ナンパするのが ぼくのしごとさ ときどき ボッタクリに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ いちにち こえをかければ はらぺこさ めだまも くるくる まわっちゃう たまには ぎゅうどんでも くわなけりゃ コンビニべんとう ばかりじゃ たおれてしまう ざっとうの なかから こえをかけられた それは ぶんなぐった じょうしだった どんなに どんなに もがいても ライザップできたえたじょうしのうでが くびねっこから はがせないよ オフィスで とくいがおの じょうしが ぼくを つるしあげ わらってた やっぱり ぼくは しゃちくサラリーマンさ すこし やんでる しゃちくサラリーマンさ じょうしが こえを はりあげて ぼくが こわれるまで はたらかせるのさ しんどすぎる。 せちがらい。 つらい。 しあわせってなんでしょう。 ドナドナド~ナ~ド~ナ~ はっ! 空耳か? 悲しいことに筆がどんどん進むので、より詳細に描いた小説版も書いてみようと思います! 小説 およげ!たいやきくん 主人公の「たいやきくん」の独白という形式で書いてみます。 たいやきの独白 ぼくは「たいやき」といいます。 錦糸町駅から徒歩圏内、18平方メートルの単身者向けマンションに住んでいます。 ウサギ小屋なんて揶揄されることもありますが、眠りに帰るだけの住居に広さは求めません。 どうせ家に着くと25:00です。 それよりも目下の問題は通勤電車。 総武線の錦糸町~両国間は混雑率200パーセント以上。 あらぬ疑いをかけられないように 両手をホールドアップして電車に乗る始末です。 まぁ、 僕は「たいやき」なので両手はないのですが。 それよりもお腹を押されてあんこが飛び出しそうです。 混雑率が200パーセントを超えると、具合が悪くなっても倒れることはできません。 といいますか、 動くことすらできないのです。 小柄な僕は尻尾が浮いてしまうことだってあります。 踏まれた尻尾からあんこが少し飛び出すこともあります。 そんなときは周りの目が冷たいです。 勤務地は新宿西都心にあります。 新宿センタービルを見上げる位置にある3階建ての雑居ビルです。 新宿駅で降車すると 死んだ目のサラリーマンの行軍を見ることができます。 もちろん僕もその一員です。 「たいやき」なので死んだ魚の眼ですけどね。 ピチピチ跳ねながら行軍に参加します。 ところあなたは 「ビル倒し」という言葉を知っていますか? ビルの最上階から一階まで、業種業態問わずすべての企業に「営業のごあいさつ」にいくという、これまた鬼の行軍です。 僕ももちろんやりました。 ズラリと並ぶオフィスのドアを見ると、たい焼き器に並べられて焼かれた苦しみを思い出します。 昨今、 ブラック企業という言葉があたりまえのように聞かれるようになりました。 僕の務める企業は、オフィス向けにたい焼き器を販売しています。 適材適所かと思ったのですが、自虐が過ぎました。 営業先で「お前も焼いてやろうか?」と脅されたことは数知れません。 新入社員には今年も「ビル倒し」が強制させられているようです。 飲み会では脱ぐことを強制されますし(薄皮一枚なのにやめてほしい)、ノルマを達成できなければお腹をギュッと押されますし(あんこが飛び出すのでやめてほしい)、 300時間の残業だってあたりまえです。 この「たいやき」、3年間我慢してきましたが、もう限界でした。 上司の机に辞表を叩きつけ、 ついでに目にあんこを投げつけて視界を奪い、ブラック企業を飛び出しました。 そこには、今まで体験したことのない自由な世界が広がっていました……。 (続く) 嘘です。 続きません。 あまりにも長文になりそうですのでここで締めます。 なんてったって、ここまでのストーリーで歌詞のはじめの4行しか消費していない! ぜんぶで28行もあるのに! ブラック企業を書くことに心がしんどすぎてこれ以上気力がわかないので、その後の「たいやき」の物語、ざっくりとだけ見ていきましょう。 不摂生でおなかに贅肉もついたけれど(薄皮が厚くなった)、社会規範を気にしない生活は楽しいことばかり。 ナンパにも挑戦して、ときには危ないひとのラ・マンに声を掛けてしまって追いかけられたりもするけれど、そんなときには逃げるだけ。 「ビル倒し」で鍛えた足腰があれば楽勝で逃げ切れる。 毎日遊び回ってナンパしてればお腹だって空いてくる。 たまには牛丼でも食べたい。 毎日コンビニ弁当だけじゃ体も壊してしまう(落ちぶれたもんだ……)。 でも、豪遊しすぎて貯金も尽きてきたな……楽しけりゃなんでもいいか。 どうにかなるさ。 今日もナンパにいそしんでいたら、雑踏の中から声を掛けられた。 それは かつてあんこを投げつけてやった上司だった。 超体育会系でライザップ通いの上司はたいやきの首根っこ(首ないですけど)を力任せにつかみ、かのブラック企業のオフィスに連行した。 たいやきは天井から釣られ、みんなの前で吊るし上げられた。 「お前のせいで億の損害が発生した! 死ぬまで不眠不休、もちろん無給で働いて責任を取れ!」と、ブラック企業らしいことをまくし立てられる。 「やっぱり僕は社畜サラリーマンから逃れることはできないんだ」と、たいやきは悟った。 しわしわになるまであんこを搾り取る。 冷たくなってもこき使う。 最後には食べられることもなく、ただ捨てられる運命なのかもしれない。 おしまい。 うぅ、つらい。 救えない。 書かなきゃよかった。 ドナドナド~ナ~ド~ナ~ 幻聴だ、これは幻聴なんだ…… 人生に裁量権を取り戻せ なんとも落ち込んだ気持ちになってしまいました。 結局のところ何が苦しいのかって、 人生の裁量権がない という状態です。 裁量権を取り戻すということは、自分の時間を取り戻すということで、時間の生産性を高めることですよね。 ちょうどタイムリーにこの2冊の本を読みました。

次の