まる なか 水産。 三重県鳥羽市の浦村牡蠣 マルナカ水産

三重県鳥羽市の浦村牡蠣 マルナカ水産

まる なか 水産

営業のご案内 開業以来まる20年、多くのお客様と共にアットホームなお店となっています。 もともとログハウス(喫茶店)だったところを改造した店舗。 あったかく、アットホームなお店です。 ご宴会も承ります。 お座敷(28名様くらいまで) 慶応大学湘南キャンパスより歩いて5分。 学生さんはもちろん教授はじめ学校関係者の方々も数多くご来店されます。 ボリューム満点、リーズナブルな価格設定で、若いお客様が多いのも特徴です。 ご協力をお願いいたします。 彩りにイクラを。 刻んだ大根、カイワレ、柚子とともにいただきます。 まぐろのホホ肉をユッケ風の丼ぶりにしました。 まるでお肉のような食感で温泉卵、きゅうり、ねぎ、海草とともにいただきます。 エビもお選びいただけるようになりました。 (エビ・サーモン・ホタテ・ちりめんじゃこ) いままでの大エビフライ定食が、大海老フライが2本になり、 パワーアップした「大海老定食」としてリニューアルしました。 エビフライ1本、アジフライ、白身魚フライが 各1枚入ったフライセットです。 本まぐろ唐揚3個ついています。 その一部(現在はご提供していません)をご紹介いたします。

次の

寺泊中央水産 まるなか

まる なか 水産

三陸・山田の小さな水産加工場 まるき水産の名は、佐々木の「き」と、「丸(まる)」が由縁。 昭和49年(1974年)、先代社長である、私の父・佐々木健一郎によって岩手県山田町で帆立を中心とした地元水産物の卸業として創業しました。 しかし、2008年、父が急病で他界。 当時、私は水産業とは無縁の仕事に就いておりましたが、それを退職し、2代目として家業を引き継ぎました。 家業の状況も水産業の知識も全くなく悪戦苦闘するなか、2011年の東日本大震災により被災。 社屋は山田湾の防波堤の外にありながら奇跡的に半壊にとどまりましたが、生産設備、商品レシピなど、すべてを流失してしまいました。 それでも、半年後、半壊した社屋の2階で事業を再開。 原料が不足するなか、未利用素材に着目し「漁師の生ふりかけ」を開発・発売しました。 まるき水産 初代 佐々木健一郎• 昭和58年 先代が川崎市長より賜った感謝状• 11の津波到達時間で止まったままの時計(左) 三陸・山田、自慢の特産品を作りたい。 時折、「たくさん商品開発をしてらっしゃいますが、社長さんはお料理が好きでお上手なんでしょうね」と聞かれることがあります。 イエイエ、とんでもないです。 海辺の町に長年暮らしながら魚よりは野菜が大好で「料理好き」でも、ましてや「料理上手」などとは恥ずかしくて何とお返事してよいやら…。 そんな時、私は決まって「山田町の特産品を作りたいからです。 良質な海の幸を原料とする加工品を全国へ発信し広めたいから、試行錯誤し続けているんです」と答えるようにしています。 人口16,000人程の小さな町の小さな会社で出来る事は? 大きな販路先を持たず、事業経験も少ない女性社長の私に出来る事は? 数々の悩みは尽きませんが、私は、小さい規模だからこそ、お客様のご希望にきめ細やかにお応え出来ると考えています。 2018年、春。 もっと、お一人お一人と直にふれあいたいから、ネットショップ機能を併せ持ったホームページにリニューアルしました。 まだまだ商品数も少なく大量生産も出来ませんが、原材料やチョッとした応用レシピも掲載しておりますので、皆さまにお目を通して頂ければ幸いです。 これからも、まるき水産を宜しくお願い致します。

次の

清幸丸水産 マグロ加工 草刈新太郎

まる なか 水産

周辺のお店• 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の