役所 広司 映画。 うなぎ (映画)

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁 : 作品情報

役所 広司 映画

映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日 土 に公開。 監督は是枝裕和。 キャストには、是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治が弁護士役に。 そして殺人犯は、日本を代表する俳優・役所広司が演じる。 さらに、物語の鍵を握る少女で被害者の娘に広瀬すず、重盛の事務所に所属する若手弁護士に、そのほか市川実日子や橋爪功など、日本映画界を代表する名優が脇を彩る。 次々と変容していく事実に翻弄される弁護士 ストーリーは、勝利にこだわる弁護士・重盛 福山 が、やむをえず、30年前にも殺人の前科がある三隅 役所 の弁護を担当するところから始まる。 三隅は、解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されていた。 犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。 はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。 三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか? 本当に彼が殺したのか? 重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく。 是枝監督は本作品の開発にあたり、入念な準備を行っており、弁護士や検事たちへの取材に加え、実際に作品の設定通りに弁護側、検事側、裁判官、犯人、証人役に分かれて模擬裁判を行っている。 さらに、そこで出てきた各立場からのリアルな反応や行動、言葉などの要素を脚本に取り込み、本物さながらの緊張感が伝わる脚本にしあげている。 また、『三度目の殺人』への制作にあたって、次のようにコメント。 「福山さんにオファーをするにあたり、近年描いてきたホームドラマに一度区切りをつけ、かねてより挑戦したいと考えていた法廷劇を選びました。 そして福山さんに対峙する殺人犯役を、監督としてはある種の覚悟が必要な俳優である役所さんにお願いしました。 弁護にあたり真実を知る必要はないと考えていた主人公が、犯人と交流していくうちに事件の真実を知りたいと思うに至る過程を描く心理劇です。 役所さんの胸を借りるかたちで、福山さんをいじめ、揺さぶっていきたいと思います。 福山雅治の衣装はジョルジオ アルマーニ なお、今作で福山雅治が着用する衣装は、 Giorgio Armani が提供した。 2ボタンのドスーツや、タイ、のコート、ニットなどのバリエーションが登場する。 人物に接近したクローズアップによる撮影も多く、細部までこだわり抜くジョルジオ アルマーニの本領を見て取ることができるだろう。 日本アカデミー賞最優秀作品賞など6冠達成 「第41回日本アカデミー賞」では、最優秀作品賞を受賞。 その他、是枝裕和監督は最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀編集賞を獲得し、役所広司、広瀬すずもそれぞれ最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞を受賞した。 主要6部門で最優秀賞を受賞した他、音楽賞、撮影賞、照明賞、録音賞では優秀賞を受賞。 授賞式において、是枝裕和監督、役所広司はジョルジオ アルマーニのを着用した。 概要 『三度目の殺人』 公開日:2017年9月9日 土 全国ロードショー 監督:是枝裕和 出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功 製作:フジテレビョン アミューズ アミューズ アミューズ アミューズ ギャガ 配給:東宝 ギャガ C 2017 フジテレビョン アミューズ ギャガ.

次の

最後の忠臣蔵 (映画)

役所 広司 映画

概要 [ ] の後日譚を描き、もされた、『』の池宮彰一郎のを映画化した作品である。 のローカル・プロダクション本格的第1弾として製作。 監督は杉田成道。 主演は役所広司、佐藤浩市。 『サムライ・シネマキャンペーン』と題し、『』『』『』『』と併せて、2010年公開の時代劇映画5作共同のキャンペーンも行われた。 2010年11月23日には両国で公式ツアー『催行決定!! 映画『最後の忠臣蔵』公式ツアー〜赤穂義士の引揚げルートを歩く〜通常非公開の「大石良雄ほか16人切腹の跡」特別公開』を開催。 2010年12月11日以降、他で公開記念特番『〈本物の感動〉に日本中が涙する『最後の忠臣蔵』』が放送。 また12月15日には映画公開記念特番としてで『『最後の忠臣蔵』演出ノートより〜桜庭ななみと杉田監督の3ヶ月〜』を放送した。 キャッチコピーは「生き尽くす。 その使命を、その大切な人を、守るために。 他全国309スクリーンで公開され、2010年6月18,19日初日2日間で興収9608万500円、動員は8万6838人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった。 また、初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位になるなど高く評価されている。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2015年2月)() から16年。 赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門は大石内蔵助から「事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよ」との命を受け、ようやく最後の遺族を探し出したことで浪士の十七回忌法要が行なわれる京へと向かう。 その道すがら、寺坂はかつての盟友・瀬尾孫左衛門と再会する。 討ち入り直前に逃亡した瀬尾だが、実は彼にもある目的があった。 キャスト [ ]• (大石家の用人、討ち入り前夜に逃亡) -• (四十七士の生き残り) -• - (特別出演)• 可音(大石の隠し子) -• 可音(幼少) -• 茶屋修一郎(四郎次郎の息子) -• 茅野きわ(の妻) -• (赤穂旧家臣) -• 進藤長保(内蔵助の又従兄弟) -• (天下の豪商) -• ゆう(元夕霧太夫) -• 松明 -• 月岡治右衛門 -• 他 -. スタッフ [ ]• 原作 - 『』(刊)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 -• 撮影監督 -• 美術監督 -• 美術 -• 照明 - 宮西孝明• 録音 - 中路豊隆• 整音 - 瀬川徹夫• 音響効果 -• 編集 - 長田千鶴子• 衣装デザイナー -• 装飾 - 中込秀志• スクリプター - 中田秀子• 殺陣 -• 題字 -• パブリシティ -• 現像 -• 製作総指揮 - ウィリアム・アイアトン• スーパーバイザー - 、• 製作者 - 、服部洋、椎名保、酒井彰、名越康晃、、喜多埜裕明、川崎代治、大橋善光• 企画 - 鍋島壽夫• プロデューサー - 野村敏哉、岡田渉、• 製作 - 「最後の忠臣蔵」製作委員会(、、、、、、、、)• 製作協力 -• 製作プロダクション - 角川映画• 配給 - ワーナー・ブラザース映画 ソフト化 [ ] 2011年6月15日発売。 発売元は。 ディスク1:本編Blu-ray• 映像特典• 特報・劇場予告編・TVスポット集• キャスト(メニュー)• ディスク2:本編DVD• 映像特典:本編Blu-rayと同様• ディスク3:特典DVD• 桜庭ななみと杉田監督の3ヶ月〜映画「最後の忠臣蔵」演出ノートより〜• 桜庭ななみが可音になるまで• に日本中が涙する 最後の忠臣蔵• 2010年6月17日 完成報告記者会見• 2010年10月14日 ハリウッドプレミア試写会• 2010年11月21日 赤穂市特別試写会• 2010年11月24日 完成披露試写会• 2010年12月18日 初日舞台挨拶• 杉田成道、桜庭ななみインタビュー• 役所広司、佐藤浩市インタビュー• 封入特典• 解説ブックレット• 特製アウターケース付き• 【初回限定生産】最後の忠臣蔵 特別版(DVD1枚組)• 最後の忠臣蔵 通常版(DVD1枚組)• しかし、英語版タイトルに対して他の映画会社から異議が申請されたために延期された。 ワーナーは当初英語タイトルに『THE LAST RONIN』を予定していたが、による映画題名のタイトル・クリアランス審査で英ハリウッド映画会社が異議があがり、日米同時公開にあわせるため『SAIGO NO CHUSHINGURA』に変更して再審議を申し出たものの、今度は日本の映画会社から異議が申し出があり、これ以上の審査通過のためだけの安易な変更は良しとせず、12月17日に公開延期を決定した。 ワーナーは異議を取り下げ、2011年7月12日にアメリカ公開された。 脚注 [ ].

次の

松坂桃李、茶髪でヨコハマ映画祭に登場し会場騒然。役所広司から「ぐれたかな?」

役所 広司 映画

『孤狼の血』で第40回ヨコハマ映画祭の授賞式に登壇した松坂桃李と役所広司 第40回ヨコハマ映画祭の授賞式が、2月3日に関内ホールで開催され、役所広司、東出昌大、松坂桃李ら豪華ゲスト陣が舞台挨拶に登壇。 2年連続の助演男優賞を受賞した松坂桃李が茶髪で登場すると、観客がどよめく。 松坂がスピーチ後、松坂に直接プレゼントを手渡ししようと、半数近くの観客が立ち上がって長蛇の列を作り、会場は騒然となった。 昨年は『彼女がその名を知らない鳥たち』 17 で、今年は『孤狼の血』 18 で助演男優賞に輝いた松坂は「まさか2年連続でいただけるとは。 全部、白石 和彌 監督が絡んでる。 白石監督じゃないとここに来れないんじゃないかと」とおちゃめに言うと会場から笑いが起きる。 続いて『孤狼の血』について「仕事をしていくうえでかけがえのない作品で、僕のなかでは核となる、今後を支えてくれる作品だといまでも思っております」と、思い入れの強さを口にした。 また、主演の役所広司について「役所さんがいなかったら、日岡 松坂桃李が演じた役 はできなかったなと」と心から感謝した。 続いて、『孤狼の血』で史上初の3度目となる主演男優賞を受賞した役所が登場すると、松坂の下へ駆け寄って握手し会場の中央へ招くと、また黄色い歓声が上がった。 役所は映画ファンによる投票で決まるヨコハマ映画祭の賞について「我々映画を作っている人にとっては特別な賞です。 上映が終わって、またご褒美をいただくのは本当に励みになります」と感謝した。 また、松坂の茶髪の髪を見て「本当にくそまじめな日岡でしたが、今回、ぐれたかなと」とツッこむと会場は大爆笑。 松坂は「もうすぐ舞台が始まりますので、その仕様でございます」と恐縮した。 役所は「松坂くんがこの映画を支えてくれたと思います」と松坂を称えた。 すでに『孤狼の血』パート2の話が噂されているが、役所は「僕 の役 は死んじゃいましたから」と苦笑い。 松坂も「白石監督がどうやって 役所を 出すのかと」と頭をかしげた。

次の