ホモと見る。 ホモと見るアニメとは (ホモトミルアニメとは) [単語記事]

ホモと見るラストがハートフルなOP集.ohage [ニコニコあっぷる]

ホモと見る

概説 [ ] かつて同性愛は違法または異端視されるこことが多かったが、近年は普遍的な人権として尊重されるべきだという風潮が欧米などにおいては見られている。 2006年、カナダで開催されたLGBTの競技大会「」の第1回大会の場で宣言された「」、2006年に採択され2007年にで承認された「」、2008年に国連に提出された「」などは、同性愛者やLGBTなど性的少数者の権利を高らかに謳い、差別の撤廃を求めている。 2011年12月にはに合わせてジュネーブの欧州国連本部でアメリカの国務長官が演説し、「同性愛者の権利は人権であり、人権は同性愛者の権利だ」と述べた。 ゲイという単語は、男性だけでなく女性の同性愛者も含んだ「同性愛者一般」という意味で用いられることもあり、さらに一般を指すこともある。 しかし近年は性的少数者一般を指す頭字語として、やが推奨されている(詳しくは下節参照)。 関連する用語 [ ] ホモセクシュアル [ ] ホモセクシュアルとは、同性愛者のことである。 男性が男性に対して、女性が女性に対して性的指向を持っていることを同性愛といい、同性愛的指向を持った人を同性愛者、英語でホモセクシュアルという。 語源は「同じ」という意味のギリシャ語起源の接頭辞「 homo-」に性を意味する英単語「 sexual」を付属したもの。 日本ではこの言葉の本来の意味が十分に認知されておらず、男性同性愛者をホモセクシュアル、女性同性愛者をレズビアンと呼んできた歴史があり、男性同性愛者(ゲイ)の意味で用いられることが今も多い。 それゆえにホモセクシュアルが男性同性者のみを指す言葉であるとの誤解も存在するが、実際は同性愛者全般を指す言葉である。 ゲイ [ ] 詳細は「」を参照 男性同性愛者のことを特にゲイと呼ぶ。 クィアなどの言葉が侮蔑的な意味を持つというので、英語圏の男性同性愛者らが自分たちを肯定的に再定義するために、「陽気な」「派手な」などの意味を持つ英単語の「gay」を使い始めた。 ただホモやクィアほどでないにせよ、この言葉には差別的な意味の内包される場合があり、しばしばそうした使い方をされる。 広義には性別を問わず同性愛者全てを含むが、日本語社会では単にゲイという場合は、後述のレズビアンと区別し、男性同性愛者のみを指すことがほとんどである。 ただし、アメリカ合衆国などの英語圏ではゲイは男性同性愛者を指す場合が多いものの、レズビアンも含め全同性愛者を指す場合もある。 この単語(名詞)の英語の文献における初出は、オックスフォード英語辞典によれば1935年である。 ヴィクトリア朝のイギリスでは、売春婦・男娼が「 gay(ゲイ)」と呼ばれていた(これは彼らが「 gaily」、つまり「派手に」「華やかに」着飾っていたからである)。 それが語源となり男性の同性愛者を指して用いられるようになった。 90年代以降、海外ではが一般認識として広まり、「ゲイ」を男性同性愛者を差す言葉という認識が世界的にも標準化されつつある。 レズビアン [ ] 詳細は「」を参照 同性愛者のことをレズビアンと呼ぶ。 日本では「 レズ」という略語がよく用いられるが、歴史的に含まれてしまった侮蔑的ニュアンスを嫌い、フランス語の「 bien(ビアン)」が「素敵」を意味することから、意図的に「 ビアン」と略す者もいる。 はのに因む。 時代にこの島に住んでいた詩人のが、少女の教育を担っていたと考えられる宗教的女性結社の指導者で、女神への讃歌や官能的なのを多数作り、古代において恋愛詩の閨秀詩人として著名だったためである。 サッポーは1度男性と結婚し1女を儲けているが、彼女が女性に宛てた恋愛詩は男性へのそれより多い。 男色・断袖 [ ] 男性の同性愛のこと。 どちらも由来の言葉で、同士のの場合はとも言う。 断袖(だんしゅう)は、紀元前の中国皇帝が同衾したを起こさぬよう、董賢の頭の下にあった自分の衣の片袖を切ったという故事から男色の別称となった。 同性愛の定義 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年3月) 、は 次のように同性愛を定義する。 同性愛は性的指向の一種で、先天的に同性(男性、女性)間に、性的・愛情的・ロマンチックな魅力の経験の持続的なパターンを意味する。 これは性的行動だけでなく、パートナー共有の目標と価値、相互支援、持続的な努力、非セクシャル物理的な愛情を含む。 そして同性愛者らが共有するコミュニティメンバーシップと同性愛を表現する行動と魅力を根幹とする社会的アイデンティティを意味する。 性的指向(異性愛、同性愛、両性愛)は 非常に初期の幼児期の時期に決定される。 同性愛感情を経験した人 [ ] 同性愛感情を有している、もしくは有していた人のことを同性愛者と定義する考え方もある。 同性愛に抑圧的な文化においては、調査の回答者が同性愛感情の経験を隠そうとする可能性も高い。 この意味での同性愛者の割合は実は安定しており、それを公にする人の割合が異なるだけではないかという指摘もある。 唯一確実だと見なされていることは、この定義のもとで、同性愛者が人口の100パーセントを占める文化や、0パーセントの文化は知られていないということである。 同性愛感情の素因を持っている人 [ ] 「生育環境が同性愛感情を育む要因を持っており、よい出会いに恵まれたならば、異性愛感情を抱いた可能性がある人」を同性愛者と定義する考え方がある。 言い換えるなら、「生物学的にどうしても異性愛感情を抱き得ないというわけではない人」である。 の考えによれば全ての人間はこの意味での同性愛者である。 ただし、フロイト自身はこの意味で同性愛者という言葉を使ったことはない。 より穏当な意見の人々からも、同性愛に抑圧的でない文化においては同性愛感情を経験したことがある人が多く見られることから、この意味での同性愛者の割合は極めて高いと見積もられている。 ただし、この定義における「同性愛者(ホモセクシャル)」は「異性愛者(ヘテロセクシャル)」と背反な概念ではないため、その大部分は「両性愛者(バイセクシャル)」とみなすこともできる。 「両性愛者」を除く狭い意味での「同性愛者」、すなわち「生物学的にどうしても同性以外に恋愛感情を抱き得ない人」はより少ない。 厳密なパーセンテージについては諸説あるが、人口の10パーセントを超えるとする報告は最近では見られない。 同性間の性行為を経験した人 [ ] 同性間の性行為、すなわち同性同士での性的な接触を取り上げて、その経験の有無によって同性愛であるか否かを区別しようとする考え方もある。 ただし、この場合日本語においては同性「愛」となっているので言語上の問題がある。 また、異性愛者に関しては、性行為がなくても異性愛者と呼ぶことを(異性愛者とも呼ばないほど自然に)受け入れるのに対し、同性愛者を性行為の経験の有無によって定義するのは非対称であり、整合性はないといえ、同性愛をもっぱら性行為のみに限定しようとする多数派意識の反映という指摘もある。 この定義を、感情経験といった主観的なものに比べてな優れた尺度であると考える人もいる。 しかし、幾つかの点で問題もある。 同性間の性交行為は文化・制度的に強く規制されることも多く、感情という内面的なものに比べて文化・制度が影響しやすい• 同性間の性行為に及ぶに必要とされるパートナーは、人口密度の低い地域では全く見つけられない可能性がある。 そのため、同性愛の生物学的な側面を検討する上ではこの定義は役に立たないと考える人もいる。 また、同性愛感情が無くても同性間の性交行為をすることは可能であるので、このことが統計的なズレをもたらしている可能性もあると指摘される。 単なる興味本位や、制度的な強制、、、刑務所や寄宿舎などで異性と接する機会がない場合など、そのような事態は実際に知られている(参考:)。 いわゆる同性の画像・映像に性欲を抱く人、同性の身体やその一部に性欲を抱く人のことである。 多くの場合、(同性に対して 恋愛感情を持つ)同性愛者から見ると、「これは同性愛には含めない」と考える人が多く、(同性には一切性欲を感じない)異性愛者から見ると、「これは同性愛の一種である」と考える人が多いようである。 前者の人から見た場合、これらの人は単に性欲を感じているだけであり、実際に同性に対して恋愛感情がある訳ではなく、単純に生理的な欲求の対象としていると感じられるため、実質的な同性愛ではないとしている事が多い。 なんとなれば、恋愛感情という極めて個人的で繊細な主観を以って選択的に対象へ臨む行動様式、つまり「ほれた、すき」を抜きにしており、たとえば異性愛者がいちいち雑誌の異性グラビア頁に恋愛しないのと同等である、といえよう。 逆に後者の人から見た場合、これらの人は多かれ少なかれ、異性ではない同性に性的な感情を抱いていると感じられるため、同性愛の一種とみなしている事が多い。 同性愛者とは常に必ず同性を、なんらかの感情、対象として視野においている、という前提の固定観念に基いている。 治療対象からの除外 [ ] の疾病分類「-10」、「」では、同性愛は「異常」「倒錯」「精神疾患」とはみなさず、の対象から外されている。 そして同性愛などのについて、矯正するのは間違いである。 「自我異和的同性愛」とは、自らの性的指向で悩み、それを変えたいという持続的願望を持つ場合の診断名である(同性愛者であることを自ら肯定できている場合は病気ではない)。 またWHOのICD国際疾病分類の第9版「ICD-9」(1975年)では「性的逸脱及び障害」の項の1つに「同性愛」という分類名が挙げられていたが、1979年には「精神障害と考えられるべきか否かにかかわらず、同性愛をここに分類」との注釈がついた。 そして1990年採択の「ICD-10」では「同性愛」の分類名は廃止され、「自我異和的性的定位」という分類名が用いられたが、「性的指向自体は、障害と考えられるべきではない。 」と注釈がついた。 これにより、同性愛自体は精神障害とされなくなった。 1993年、WHOは再び「同性愛は、いかなる意味でも治療の対象にならない」と宣言した。 日本のは、1994年にWHOの見解を踏襲し、も1995年にWHOなどの見解を尊重すると表明し、「同性愛は、いかなる意味でも治療の対象とはならない」と宣言している。 も1994年に、指導書の「性非行」の項目から同性愛を削除した。 このように、現在は同性愛そのものは疾患とはされない。 ただ同性愛である事によってされたり、との適合性から思い悩み、などの精神障害を発症するケースがある(も参照)。 その場合は、同性愛者を差別する社会病理に根ざした鬱病として捉えられる。 同性愛者は異性装をするのか [ ] 同性愛者は(、)をする人がいる。 一般的には、性同一性障害(持って生まれた身体に違和感があり、異性になりたい人。 例:)、異性装をする同性愛者(異性装はするが身体は元の性でいたい同性愛者。 例:)、異性装をする異性愛者、そして同性愛者の違いが分からないという人が多く、やMtF-GIDや女装家とゲイを混同している場合、ゲイの多くが女装をしているように見えてしまうことがある。 しかし、実際には大部分の同性愛者はをしない。 異性装をするのは異性装癖がある極少数の同性愛者だけであり、中でも性同一性障害の人の日本での推定人口は約4. 6万人で、日本の総人口の約0. 038%(約2800人に1人) [ ]、同性愛者(人口の7. 6%、20人に1人)全体の約0. 77%しかいない。 また異性装者の全てが同性愛者とは限らず、異性愛者や両性愛者もいる。 同性愛者と異性の関係 [ ] 特にレズビアンに対し、ではないかという誤解が見受けられる [ ]。 『ゲイ 新しき隣人たち』(モートン・ハント著、窪田高明訳、河出書房新社)では、男性同性愛者の場合、約半数はいずれかの時点で女性との性交を経験しており、女性に関心も性的感情も過去に1度も抱いたことのないゲイ男性は、全体の4分の1としている。 同性愛カップルには男役と女役がいるのか [ ] のQ Magazineは、「ゲイ男性はタチ(Top)とネコ(Bottom)に分かれる」、「は片方が女性的な役割でもう一方が男性的役割である」といった異性愛社会の通念や慣習をに当てはめる考えは、彼らの実態に則していないとしている。 それでも敢えてその無意味な性役割の概念を同性愛者に適用していうならば、そのような状態に近いカップルと、そうでないカップルが存在するということになる。 アクセプタンスとカミングアウト [ ] 自分が同性愛者と自覚しはじめた初期段階において、少なからずの者が自己嫌悪や自己否定の感情に苛まれることがあるとされる。 はゲイやレズビアンであることを受け容れ、自己承認すること。 カミングアウトの一つ前の段階で、セクシュアル・アイデンティティを自己肯定するための大切な過程とされる。 一方のカミングアウトは自らが同性愛者であることを確認した上で、それを自分や周囲に隠さず素直に生きることを指す。 カナダのモントリオール大学系のラ・フォンテーヌ病院のチームは、カミングアウトした同性愛者は、それをしていない同性愛者よりもストレスが少なく、異性愛者よりもリラックスしていることがあるとする研究結果を発表した。 同性愛者と健康 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年4月) 同性愛に対する文化・宗教の態度は様々である。 文化・宗教で同性愛に言及する場合、そのほとんどは男性同性愛への言及であり、女性同性愛についての記述は非常に限られている。 宗教における同性愛 [ ] 同性愛に対する宗教上の解釈も人や宗派によりさまざまであるが、同性愛をさほどタブー視しないに比べ、概ね欧米の伝統的な文化では同性愛は否定的に評価されている。 同性愛を表向き禁止している文化・宗教は幾つか存在し、例えば、の中の少なからぬ宗派は同性愛を禁じている。 欧米の否定的評価は、この宗教的倫理によるものである。 [ — ] の中でも比較的保守的な宗派においては、『』で不倫や刺青を入れること、豚肉を食べること等と並んで男性間の性行為を死刑と定めている(20章13節)ことなどを根拠に同性愛を禁じている場合が多い。 そのため教会ではヨーロッパにおいて中世・近世を経て近代に至るまで、同性愛者に対する厳しい迫害が行われ、多数の者が処刑された。 現代では、同性愛は異性愛と同様に神の意思に従った自然な存在であると考える進歩的な宗派もある。 同性間の性的行為についても、容認している教派と許されないとする教派に分かれる。 また、も教義上は同性愛については否定的な見解を示している信者が少なくない。 『』の7章80節~81節と26章162節~166節には、預言者(では)が男性に性欲を抱く人々を非難する記述がある。 これを受けて教国では同性愛が犯罪として処罰の対象となり、現在でもやのように同性愛者を死刑に処する国や地域も存在する。 その一方、前近代イスラームにおいて同性間性行為が許容された地域があり、同性間性行為を謡った詩なども多く詠まれている。 現代では同性愛差別に反対しているムスリムも存在する。 同性愛者やトランスジェンダーのムスリムの団体「」がある。 においては、『』ので不倫をした者が落ちる地獄、女性の口を使ってみだらな行為をした者が落ちる地獄などと並んで、多苦悩処という男色者が落ちる地獄があると設定されている。 の『浄土論』、著『』でもこの多苦悩処について言及されている。 においては、やのように性の垣根を越えたような神格が登場するものの、地上世界における同性愛には否定的で法典類では罰金が定められている。 ただし『』などではからの追放といった厳罰を定めている。 今日の日本で、一般に向けて強制的に行使すれば、や行為等のとなるような宗教上の禁止事項に実質的な意味はまったくない [ ]が、禁止や罪となる理由が「に書かれているから」といったものである以上、これにより聖典の信頼性が問われる [ ]ことはやむを得ないところがある。 現時点では、聖典の作成者、及び作成経緯などを含め、その成立については、各宗派の信者からの推定のみに留まっており、諸説に実証があるというわけではない [ ]。 すなわち、「神」が判断したのではなく、「神」の判断と思い込んだ考え方の異なる複数の人間の判断である可能性が聖典には常に横たわっている。 「神」と呼ばれる存在の解釈ひとつをとっても、あらゆる宗派や教義によって多少異なっており、一貫しているわけではない(参考:)。 制度化された同性愛 [ ] 歴史的には、中世から近世初期にかけての日本の武士や、・のように、男性間の同性愛行為が制度化されていたり、公然と行われた文化も存在する。 古代ギリシアでは、制度化されていたを同性愛として含めると、同性愛は単なる恋愛・性愛のバリエーションの1つだったともいえる [ ]。 異性愛との区別自体が無く、同性と肉体関係を持っても同性愛者という概念自体が存在しなかったという [ ]。 当時のギリシアにおける自由民成人男性の性対象は女性、少年、奴隷、外国人のうちどれを選んでもよく、むしろ生涯で片方の性にしか性欲が湧かないことは通常ではないとされていたという [ ]。 但し、制度少年愛における同性愛的関係は、概ね成人男性と思春期前後の少年のあいだで結ばれるもので、これらが集団の結束を強固にする目的があったり、何らかの意味で現代的な同性愛とは異なるものだと指摘する見方 [ ]もある。 周辺時代に登場する主な史説に、(大王)のとの同性愛関係やのによるとの関係などがある。 ではサンビアなどメラネシアの幾つかの社会で通過儀礼の一環として男性同士のや肛交が定められているという。 但し、これは同性どうしの行為という意味では一般的であるが、これが社会的な義務観念であることから、「性愛」ないし「愛情」をともなう同性愛の行為であるとは必ずしもいえない。 同性愛に関する法と政治 [ ] 輪で示した地域は通常ケースバイケースの適用がされている法律や地域ではない場合に地元の裁判所が結婚を容認したり認めなかったり死刑判決を下した場合がある地域。 1 このカテゴリに入っている一部の地域では現在他の種類のパートナーシップも存在するとされている。 2 過去3年間、もしくは ()により法的な逮捕はない。 世界においては、同性愛自体が合法であると、違法である国家が存在する。 同性愛が合法である地域の中には、同性結婚を認めている地域(や、、、など)や、婚姻とは別の形で、パートナーシップ制度や内縁関係を認めている国家(、など) がある。 一方で違法でなくても、同性カップルに関する認知制度が無く、同性カップル自体は社会制度上認められていない 地域 (やなど)も多く存在する。 但し日本では養子縁組を結べば、対等なカップルではなく親子関係になるものの、婚姻者とほぼ同等の権利が認められる。 は、1996年に制定した新憲法で人種差別の禁止と同時に、にも言及し、同性愛と異性愛について一切の差別を行わないことを宣言している。 など国家では、同性愛は違法である場合が多い(イスラム教徒が多数を占める国家であっても、やなどを採る国家は、社会的認知制度は無いものの合法)。 違法である国家においては、のように軽犯罪に分類される国家はほとんど無く、多くの国家で重罪とみなされ、場合によっては終身刑が適用されうる国家(など)、さらには死刑が適用されうる国家(、サウジアラビアなど)もある。 2008年12月に、において「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」旨の声明が出された。 日本はこれに賛同している。 なお賛同した66ヶ国中アジア圏で賛同した国家は日本のみで、先進諸国のなかでもアメリカ合衆国は賛同しなかった。 ただしアメリカ合衆国は、後にオバマ政権に移行したこともあり、賛同する方針に転換している。 加えて、以前は重罪であった国家でも、合法化へと進んでいる国家も存在する。 は以前は重罪 終身刑が適用されうる であった。 これはの時に作られた法律であったが、2008年には国連が非違法化すべきであると提案し 、2009年7月にインドの高等裁判所が、同性愛は違法ではないという判決を出した。 詳しくは ()を参照。 日本では、1872(明治5)年に発令された「鶏姦律条例」および1873(明治6)年に発令された「改定律例」では男性同士の肛門性交(鶏姦)が犯罪とされた(後者の第266条では懲役刑)。 しかし、1880(明治13)年に制定(施行は1882年1月1日)された旧刑法には、この規定はなくなった。 それ以来日本の法において、同性愛は違法とされておらず、現在は性的指向による差別をなくす呼びかけを行っている。 一方で、を認める法律は存在しない。 また同性愛者の数も相対的には少ない。 ゆえに、同性愛者同士のコミュニケーションは時・場所が異性愛者同士のそれと比べると、ウェブサイトの同性愛者専用の掲示板や、同性愛者を客層とするバーなど狭い範囲に限られている。 但し、異性愛社会の中では時・場所が限られているからといって、特にゲイ男性同士の場合、出会いが少ないことは意味しない。 『話を聞かない男と地図を読めない女』の著者であるは、「生涯で数千人の男性と性行為をするゲイも珍しくない」と書いている。 またも30代だった時に雑誌の対談で「2000人の男性と付き合ってきた」(「面白半分」1974年5月臨時増刊号)と述べ 、元ゲイ雑誌編集者のブルボンヌも「男性経験は1千人切りした」といっている。 しかし、異性愛者の中にも異性とのSEXの経験人数が多い人はおり、例えばは「100人斬りはしている」「風俗を入れると2000人」と言っており 、宍戸錠は女性との経験人数は1331人だと発言しており 、は「これまで5000人の女性とSEXした」と発言している。 その為、一般的に異性愛者と比較して同性愛者の経験人数が多いとも言えない。 日本では、1980年代半ばまでは同性愛者同士のコミュニケーションはの出会い投稿欄やバー、発展場などに限られていたが、1980年代後半にやが普及したことで様変わりした。 90年代半ば以降はインターネットの急激な普及と出会い系サイトの登場で、同性愛者同士の出会いは更に容易になった。 (参照:) 近年では、自己に誇りを持とうとするための運動として、のようなイベントや、インターネット上でのコミュニケーション、同性愛者への意識(参考:)撤廃などを訴える運動が行われている。 が発達することによって、かつて少数派として孤独になりがちだった同性愛者は、世界中の同性愛者と繋がることができる環境になった。 の作家で、同性愛者であるは「インターネットができる前は大いなる孤独があった。 今は連帯がある」と語り、インターネットを始めとするテクノロジーの発達が、同性愛者の生活を変えたと指摘している。 異性愛者の同性愛の受容 [ ] 同性愛者に対する異性愛者の受容といった観点においての心理学的なアプローチでは、男性同性愛者と女性同性愛者に対して、女性異性愛者は双方の受容傾向に差は見られなかったが、男性異性愛者については男性同性愛者に対してのみ受容の傾向が有意に低いという実験結果が複数の実験で出ている。 これについては、男性と女性の「性の対象」としてのに慣れているかいないか、言い換えれば、女性は水着のグラビアなどを筆頭に性的な対象としての視線に晒されることが多くある程度耐性がついているが、男性にはそれがついておらず自身が性の対象になる可能性のある男性同性愛者に対して拒絶感があるからではないかという推察もある。 ちなみに、カミングアウトされた経験がある(つまり友人といった他人から自身は同性愛者であると告げられたことがある)人は、全体的に受容傾向が強いとする実験結果が出ている。 ポルノ等における同性愛者 [ ] ポルノ雑誌やポルノ媒体などにおける男性同性愛や、レズものにおける女性同性愛などに対しては、性的観点を重視し過ぎている、娯楽的観点に偏重しているとして不快に感じる人 [ ]もいる。 また男性同性愛者の性を商品化している 、男性同性愛者を異性愛社会に隷属させるためのステレオタイプに押し込めている 、などの批判もある。 は「異性愛女性が自分より弱い立場の存在(ゲイ)にステレオタイプを押し付けることが『差別』なのだ」といっている。 同性愛にまつわる事件 [ ] アメリカ• ドイツ• (府中青年の家事件) - 現在同施設は閉鎖。 原因 [ ] 同性愛になる原因として、以下で触れる脳の機能説や環境ホルモン説のほか、妊娠中の母親のストレス説、或いは育て方が影響するとする環境説などがある [ ]。 脳の機能説 [ ] 同性愛など人間の性的な傾向は、自律神経をつかさどる脳の機能に規定されている可能性が有力であり、研究がなされている。 有名なものとしてはスウェーデンの研究がある。 環境ホルモン説 [ ] 説はやいわゆる、また的テクスト等によく登場する説であり、界・界等の大勢の評価を得ている説ではないが、概ね以後に開発・使用された人工的なが人間および動物の同性愛化に影響を与えているという説である(現時点においては、少なくともいわゆるの人体への影響は極小のものであると考えられており、この点に関して、本説はに近い説であるという見解が有力である。 の項目参照)。 本説がもしも事実であれば、一般販売されている汚染・汚染された食品、や、等の工業品などを通じて、同性愛傾向を備える可能性が高くなるということになるが、これにはの持つ力の強さに応じて個人差が出るという。 つまり、この裏づけには人の遺伝子の免疫力への影響度そのものの検証データが必要となってくる。 しかし、現在までのところこうしたことに関する信頼性の高い確実なデータが提示されているわけではない。 また現状として現代社会においても、それらの製品によって、何ら影響を受けた形跡のない異性愛者がほとんどであることからも、この説の信憑性は現段階でかなり低いものとなっている。 動物の同性愛 [ ]• 『同性愛の基礎知識』(、、1996年)• 『同性愛者として生きる』(伊藤悟 他、、1998年)• 『同性愛がわかる本』(伊藤悟、明石書店、2000年)• 『同性愛って何?』(伊藤悟、、2003年)• 『江戸の性愛術』(、)• 『カミングアウト・レターズ』(、、エディタス、2007年)• 『同性愛入門[ゲイ編]』(伏見憲明、、2003年)• 『現代ロックの基礎知識』(、、、1999年)• 『ボクの彼氏はどこにいる?』(、、2002年)• 『戦後日本女装・同性愛研究 中央大学社会科学研究所研究叢書』(、出版部、2006年)• 『ゲイ パリ 現代フランス同性愛事情』(、、2006年)• 『もうひとつの青春 同性愛者たち』(、、2006年)• 『バニラセックス』(、、2008年)• 『アレクサンドロスの征服と神話 興亡の世界史 』 、、2007年• 『医療・看護スタッフのためのLGBTIサポートブック』 他編、、2007年• 『NHK「ハートをつなごう」LGBT BOOK』 NHK「ハートをつなごう」制作班編、、2010年 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ホモセクシャリティとも表記。 ホモセクシャルとも表記。 同性カップルに関する認知制度が無いこととは、具体的には異性同士の婚姻者に認められているのと同等の権利がなく、パートナー死亡時にその遺産相続権もないこと。 国連「性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める」声明に賛同した66ヶ国中アジア圏で賛同した国は日本のみで、先進諸国の中でもアメリカは賛同しなかった( 出典 [ ]• アメリカ大使館「世界人権デーを記念するクリントン国務長官の講演」(2011年12月6日)。 , 2006)• 「共生のための障害の哲学」 第11回研究会・シンポジウム「『性同一性障害』の行方」より。 Diaz-Machado, Edgar. 2011年12月1日閲覧。 : acceptance• 2013年1月29日英医学誌「サイコソマティック・メディシン」。 著 『武士道とエロス』 〈新書〉、2000年、151-152頁• (Chapter2:9-3)• 2013年7月1日. 2013年7月1日閲覧。 伊藤文学のひとりごと(2010年9月29日)「美輪明宏さんの男と寝た数は?」より。 2013年6月5日NHK「探検バクモン」新宿2丁目。 2010年1月25日、日本テレビ「しゃべくり007」での発言より。 ACSF Investigators 1992. AIDS and sexual behaviour in France. Nature, 360, 407—409. Billy, J. , Tanfer, K. , Grady, W. 1993. The sexual behavior of men in the United States. Family Planning Perspectives, 25, 52—60. Binson, D. , Michaels, S. , Stall, R. , Coates, T. 1995. Prevalence and social distribution of men who have sex with men: United States and its urban centers. Journal of Sex Research, 32, 245—254. Bogaert, A. 2004. The prevalence of male homosexuality: The effect of fraternal birth order and variation in family size. Journal of Theoretical Biology, 230, 33—37. Bogaert argues that: "The prevalence of male homosexuality is debated. , Marmor, 1980; Voeller, 1990. Some recent data provided support for this estimate Bagley and Tremblay, 1998 , but most recent large national samples suggest that the prevalence of male homosexuality in modern western societies, including the United States, is lower than this early estimate e. , 1994. It is of note, however, that homosexuality is defined in different ways in these studies. For example, some use same-sex behavior and not same-sex attraction as the operational definition of homosexuality e. , Billy et al. , 1993 ; many sex researchers e. , Bailey et al. , 2000; Bogaert, 2003; Money, 1988; Zucker and Bradley, 1995 now emphasize attraction over overt behavior in conceptualizing sexual orientation. " p. 33 Also: "... Thus, even if accurately measured in one country at one time, the rate of male homosexuality is subject to change and is not generalizable over time or across societies. " p. Fay, R. , Turner, C. , Klassen, A. 1989. Prevalence and patterns of same-gender sexual contact among men. Science, 243, 338—348. Johnson, A. , Wadsworth, J. , Wellings, K. , Bradshaw, S. 1992. Sexual lifestyles and HIV risk. Nature, 360, 410—412. Laumann, E. , Gagnon, J. , Michael, R. 1994. The social organization of sexuality: Sexual practices in the United States. Chicago: University of Chicago Press. Sell, R. , Wells, J. 1995. The prevalence of homosexual behavior in the United States, the United Kingdom and France: Results of national population-based samples. Archives of Sexual Behavior, 24, 235—248. Wellings, K. , Field, J. , Johnson, A. 1994. Sexual behavior in Britain: The national survey of sexual attitudes and lifestyles. London, UK: Penguin Books. 2010年2月24日, at the. 関連項目 [ ]• - -• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - (2009年5月21日アーカイブ分)•

次の

ホモと見るキッズアニメ(建前)OP集.subetekowasunda [ニコニコあっぷる]

ホモと見る

とは、 でさせることによって既存のを面くして楽う、というである。 概要 以下が手口である。 「要素」は非常に曖昧なもので、 明確な基準が存在していないので判断するのが難しい。 これについては下の項をご覧もらいたい。 また、理不尽なで関係のない にをつけていたが初期のにはあるのもである。 一方でをしないことがに繋がる、というようなも存在している。 といったも頃までは続いていたが、ではこのには「」「」「名場面」以上の意味合いは存在していない。 前史 古代淫夢・原始淫夢 このがのようにを席巻するようになったのは、現のようなものではなく確かな的が存在する。 当初はホモと学ぶシリーズというが存在しなかった為、となんらかの共通点を見出せるにですることは「」や「」と呼ばれていた。 当然ながら元のに直接していた。 を受けた際のやなどでの対応でとになることも多かった。 そのようにで自ら暴れまわっておいて、相手が被ったや惨禍をして「」「」と 他人事のように呼ぶようになった。 ホモ凸の例 確認されている限り最古の界への。 好きな集団に似たようなな定句が大量に書き込まれ続けるという前代未聞の事態に対応に苦慮していたようだ。 の最中にされたV。 そのの急 展開は衝撃を与えた。 関連の。 や曲といった実態のない対と違い、生身の一般へのという的な構図だったが、が嫌悪されるのがだった当時の情勢下ではしいその寛容な姿勢から、として崇められるようになった。 や飲料に剤を混入させるなどの共通点があったことからと呼ばれるようになった。 を連想させる何らかの要素があるというだけでやの対となることもあった。 (あるやの顔がに似ている、新人のがの役名と同じである、その同様に体臭がながいる、など) 原始にとっては純然たる向けの作品よりかは、較的、率が高かったやや関連のが好物だったようで、を装ってのに下卑たのを見せる事を愉悦としていた。 嫌がっている様、対応に苦慮している様を見て「たまらねぇぜ」と喜んだり、に寛容なには「」と呼んで慕う者も現れた。 要素があるもの、こじつけられるものを探してはを繰り返すという を繰り返すうちに、は悪辣なの集団である、と看做されるようになった。 関連するの記事などでも、でしているというだけで厳しくされるようになった。 が殺到した記事はので 焼けになるのが恒例になっていった。 と聞いて、この、原始とでも呼ぶべき時代の悪しきを前提に話す者も未だに多い。 この時代のは自体の面さそのものからと化した純正のであった為、あくまで的なで、した先のを楽しんでいた。 した結果、相手がをしようがしようが知ったことではなく、のだった。 底してですることにもこだわりがあった。 しかしが増加すると、必然的によりもで先にを知る、ではなく自体の面さからに入ってくる、という以外の流れでに入ってくる者も増えるようになった。 のやのなどでの中に要素を介在させたが増えていくと、それらが上位に留まり、以間のにが映る機会も増した為である。 最初からを見て、に覚め、あくまで的な面さだけをめていたのとは違い、やなどそういったな入り口からに入ってきた者は、必ずのではなく、同様の観やを持っていたり、あくまでは他の同様、ただのの1つとして捉えていた。 同じの間でも普段は特に意識されることのないこの差や出自の違いが、後に問題として表面化することになった。 淫夢民と淫夢原理主義者の登場 ホモと学ぶシリーズの醸成 やがて を自称する良識なども現れ「元ののや者に迷惑になるから直接するのはやめよう」という潮が発生した。 今まで好き放題暴れまわることに悦びを感じていた にそんなを説いても当然ながら「なんでそんな配慮をする必要があるんですか()」「ひと気にせずにしよう」といった反発も強かった。 しかし関係なにをつけてもとして即されたり、もやされとにかく自体をしのに対し、 が自らしたは関連のをしている事により安定して再生やを得られ続ける為、次第にの新着欄はそういったで埋め尽くされるようになっていった。 理しての対を広げずとも、に次から次へとされるを見ているだけででれ合う事ができる為、いつしか従来のをする者もいなくなった。 また同様の理屈での記事でもというように別に記事を作ってそこにするようになった。 に使われているのは上述の前史を徴するものと言える。 その後、膨大な数の生が生産され、からしにおける最大級のとなった。 生が増えるにつれ、劇場など内にもやがするようになり、そういった以外のものに対しては当初から拒絶反応が出ていたことがわかる。 今となっては他のない細なことで争っている。 上述の前史におけるは、あくまでというを使用してをする愉しみであり、劇場やなどの物に題材のものの割合が増えるのは、のにとっては、逆にがされているに等しい状況だった。 において、そのようにと直接関係がないものが混じる潮に対して と呼ばれる勢も出現するようになり、の欄や記事などで同士でしく対立することもあった。 (詳しくはを参照。 ) 「に以外の出すな」 「そもそも劇場だのだのは寒。 は以外認めない」「でも作品以外認めない、は邪」「とは通り最初のだけ、それ以外は認めない」 といったようにも多様化した結果、「」という統一集団としてのように対外的にし暴れまわっていた時代は昔の話で、ついには「原理義者」の線引きさえとなった。 や劇場でさえ以外のやのが登場したりにされている状況下で、をしただけの関係なにも同様にや題材のものが増えるのは必然だった。 そもそも「淫夢」って何だよ 哲学 もが納得する起としては、 達が『BABY ~the I ~』に出ていたのが発覚し、の などで にしていたのが最初の「 」の始まりである。 これだけならよくある の一つだったのだが、 あたりから、飽きたらず、六尺 を筆頭に を にする方向へ していった。 これが一番最初の で、 「 」の定義を広げる大きな原因となった。 が世に広く知れ渡るようになると、必然的に以外からに入ってくる者が増するようになった。 「淫夢」を取り巻く情勢の変化 で他のにまで手を伸ばしたは、多数の「」を手に入れる。 が増える、が増える、のも・・・だったが、などでが世に普及しすぎた結果、文化であったはで扱われるようになるまで認知された。 「」「」「」などは一般にまで広く浸透した例である。 などの番組でも当たり前のようにやが登場するようになり、そのような直接のがあるものに対しては「」「くっさ」という、逆転現のような状態になっている。 やからに入ってきた者が、に染まりやに変化する、自らを作ったりで楽う楽しませようと努するのとは対照的に、 ホモと学ぶシリーズから入ってきた者にとっては、とは通り「でいちばん賑わっている場所」「なにをしてもOKで一番再生してもらえる、してもらえる場所」でしかなかった。 関係なで溢れかえるのが知る限りのの姿だった。 やがなんなのかさえ知らない者達は、もはや「」でもなければ「」でさえなかった。 を使って何かを作ろうという自体が存在せず、は、自分の見せたいをしてみんなでとにする場所でしかなかった。 現在 はでされるは、ホモと見るシリーズ、ホモと学ぶシリーズ、、ただのなどが大半となっている。 へのもによるものよりもののほうが優勢である。 つまり単なる発見を免れてされるのを回避する手段の一つとなっている節がかなりある。 それらのをしている、特にや同じからまるごとしているだけのには学において・既存のものを探す、調べるという基礎的なや知識さえない為、と大同小異の編集や、まったく同じが学として2度3度あるいはそれ以上もされるたび上位になるという、もはや病的・的とも言うべきような状態になっている。 関連動画 関連コミュニティ 関連項目•

次の

ホモと見るキッズアニメ(建前)OP集.subetekowasunda [ニコニコあっぷる]

ホモと見る

関連動画• 再生回数:5772 コメント:14 マイリス:20• 再生回数:32166 コメント:244 マイリス:10• 再生回数:13499 コメント:65 マイリス:9• 再生回数:28831 コメント:137 マイリス:10• 再生回数:11619 コメント:34 マイリス:19• 再生回数:2264 コメント:8 マイリス:4• 再生回数:15220 コメント:80 マイリス:81• 再生回数:14128 コメント:537 マイリス:25• 再生回数:4626 コメント:21 マイリス:1• 再生回数:24403 コメント:149 マイリス:4• 再生回数:4941 コメント:110 マイリス:3• 再生回数:12 コメント:1 マイリス:1 タグ がついた人気の動画•

次の