パズドラ最強パーティー。 【パズドラ】テンプレパーティ一覧|検索機能付き

【パズドラ】テンプレパーティの一覧【7/21更新】|ゲームエイト

パズドラ最強パーティー

キャラ 評価 【SSランク】 ・全パラ1. 5倍+半減でとにかく硬い ・耐久がかなり高い上に火力も出せる ・と組むのが無難 ・も編成しておきたい 【Sランク】 ・耐久も火力も十分 ・倍率はコンボだけで出せるのが良い ・が相方として優秀 ・やでは結構きつい 【Sランク】 ・HP2倍+攻撃18の高スペック ・水と闇で臨機応変に火力を出せる ・相方が無難 ・無効貫通時の火力がとにかくヤバい 【ランク外】 ・HP50%以上半減は意外に強い ・レベルだと50%を割ることも ・レムゥダンテに勝る点が少ない 【ランク外】 ・相方が使いやすい ・倍率と固定ダメ発動に火が9個必要… ・耐久力は若干不安 【ランク外】 ・全パラ1. 5倍+半減で硬い ・水火同時攻撃でお手軽半減 ・攻撃倍率がやや物足りない ・が化けたら輝くかも… 【ランク外】 ・全パラ補正で高ステータス ・欠損のケアが必要不可欠 ・と組むのが良い 【ランク外】 ・HP半減だがダメージ激減持ち ・常に激減を貼る意識が必要 ・闇ドロップが欠損したら負け ざっくり解説 中の人A オールマイトは持ち前の耐久力を活かして、も安定して攻略できる性能をしています。 火力を出したい時は自身のエンハンスで対処できるのもかなり強いです。 中の人B デクは使いやすいですが、現環境だと木属性のサブ候補がやや弱いのが痛かったです。 実装時は過剰な耐久力だったバレンタインイデアルが適正リーダーとなったため再評価しました。 今後も新キャラ次第で日の目を浴びるキャラが増えてきそうです。 修羅の幻界ではミッキーフレンズの強みをあまり活かせないため、一旦この順位になりました。 単色リーダーとは使い勝手が違うので、プレイヤーによって好みが出そうな気はします。 列界や修羅に適正のあるバレンタインイデアルの存在も大きいです。 中の人B 全体的にバランスが取れている環境ですが、将来性を込みにするといちばん微妙なのが木属性かなと…。 最強リーダーの歴史と現環境 最近の強力リーダー移り変わり キャラ 令和 (現環境) 平成 (少し前) 昭和 (かなり前) 江戸 多色リーダー環境 やなどの登場により、多色パーティが苦手としていた追加攻撃やダメージ無効貫通を克服。 元々多色向きキャラの中にはハイスペックなものが多かったのもあり、一気に最前線へと躍り出た。 従来の傾向だと、インフレによって 強すぎる通常盤面リーダーが出てくるので今後の展望に期待しておこう。 変身リーダーが台頭とは何だったのか…と思わなくもないが、や、など変身スキルで超絶パワーを発揮するリーダーが流行に。 編成難易度が高い分、性能が他のキャラよりも優秀になっている。 強いパーティを組もうとすると最レアのコラボキャラが必要不可欠になり、リーダーの性能を測りづらいためランキングからは除外している。 よくある質問とその回答 最強ランキングに関してのよくある質問や指摘についての回答をまとめました。 しかし運用する上で気づかない点もあると思いますので、その際はコメント欄やTwitterなどで教えてもらえると嬉しいです…。 例えば特定のダンジョンがクリアできなくても、他の項目で絶対的で突出した項目があれば最強キャラになり得ます。 最強ランキングへの意見はどうすれば? コメント欄に書いていただければ基本的に全部読んでいるので、それを参考にして再評価することもあります。 また、GameWithパズドラ公式Twitterやお問い合わせなどでも貴重なご意見を募集しているので、お気軽にご意見ください。 パズドラの関連記事 新キャラ評価/テンプレ ヒロアカコラボ.

次の

【パズドラ】無課金で楽しむLeoの最強パーティーとか所有モンスター色々

パズドラ最強パーティー

<スポンサードリンク> 四神サクヤのテンプレや使い道について考えてみたいと思います。 パズルは欠損が多くやや安定しませんが、無課金でもサブが揃えやすいうえに、絶地獄級も攻略できる優れもの。 対応力もあってめちゃくちゃ優秀なキャラなんですが、使い道やテンプレなどについて考えてみました。 究極進化した聖煌天の麒麟・サクヤのスキルやステータスがこちら。 99(必要な経験値:4,000,000) 神タイプ 体力タイプ HP3,528 攻撃1,370 回復384 スキル 四神乱舞 ターン数:15(10) 敵のHPを20%減らす リーダースキル 四源の舞 火、水、木、光で同時攻撃する時、攻撃力が5倍になる 覚醒スキル 光ドロップ強化 強化された光ドロップが出ることがある お邪魔耐性 お邪魔攻撃を無効化することがある 暗闇耐性 暗闇攻撃を無効化することがある 封印耐性 スキル封印を無効化することがある 光ドロップ強化 強化された光ドロップが出ることがある スキルブースト チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる 操作時間延長 ドロップ操作時間が少し延びる(1つにつき0. 5秒延長) ちなみに麒麟の盤面欠損率は、68%となっているようです。 テンプレパーティーについて 無課金テンプレ 無課金テンプレだとこの辺が一番手に入れやすくバランスもいいかと。 これだけでもほとんどの降臨超地獄級をクリアできる強さと対応力があります。 真無限回廊やヘララッシュも攻略できる万能なパーティー構成。 その他おすすめキャラ。 他にはたまドラぷりんをエンハンス役にするのもおすすめ。 その他おすすめキャラ。 イザナギをパズドラベアに変えれば、封印態勢100%にすることも可能。 またドロイドラゴンがいれば、お邪魔と暗闇を100%はじきます。 光枠・・・光染めした方が火力の出る麒麟パにおいて、最も重要で悩むところ。 ただ使えるキャラは豊富なので、手に入れにくいことはなさそうです。 無課金でも手に入りつつ、ガチャ限並の相性の良さのあるモンスターです。 テンプレの第一人者と言っても過言ではないですね。 ヴァーチェとどっち入れるか迷いますが、回復もできるこちらの方が便利でしょう。 神染めするならヴァルキリーよりも優先させる価値あり。 ターン数はやや重いですが、火属性も補強でき、麒麟と相性ばっちりなキャラです。 ヘラウルズ戦では1ターン余裕を作り出すお役立ちモンスターです。 場面によっては役立ちますが、スキル上げはかなり大変。 ヴァーチェやアポロンと組み合わせると、麒麟向け盤面を作ることができます。 麒麟は属性強化でなく、2wayの方が嬉しいですね。 ボスをワンパンしたい時には、組み込んでおくといいでしょう。 光染めでエキドナ使いたくない時は入れるといいかと。 周回などサクヤがメンドイときは、こいつをリーダーにする使い道も。 何気に神エンハンスもあるので、パーティーには組み込みやすいかも。 火枠・・・普段はエキドナ1体いれば十分、場面によっては他キャラにチェンジもありかなと。 欠損も多く、整地も必要な麒麟には優先させたい存在。 体力タイプなので、体力染めした時にも相性がいいです。 サタンを入れるとその時点でお邪魔と暗闇が60%無効になります。 水枠・・・主に副属性で補う事が多いですが、いない場合はこれらのキャラを使うといいかと。 無課金には重宝しますが、四神乱舞のある麒麟ではそこまで優先度はないかも。 ただし降臨の難易度が高く、スキルマにするのが難しい。 水枠がいるなら普通にエキドナの方がいいでしょう。 難しい水枠を補強出来、スキブもある結構おすすめなキャラ。 木枠・・・ヴァルキリーで補う事が多いですが、壁が必要な場合は優先して入れたいキャラも。 ヘララッシュではヘラの先制を受けるのに役立ちます。 スキブが欲しいなら、攻撃タイプの究極進化でもいいかも。 回復なしダンジョンなどでは重宝します。 無課金でもパーティーが組みやすく、キャラ次第では絶地獄をクリアできる最強パーティーも組める麒麟は、パズドラ最強といってもいいかもしれません。 回復力や対応力もあるので、総合力では1~2位を争うリーダーと言ってもいいと思います。 麒麟だけで、あらゆるダンジョンをノーコンできるというのは強みですよね。 伝説の航路: 天元の黒龍: 聖獣達の楽園: ゼウス降臨: 女神降臨: 大泥棒参上: ヘラ・イース降臨: サタン降臨: ゼウス・ディオス降臨: ヘラ・ウルズ降臨: アテナ降臨: タケミナカタ降臨: ベルゼブブ降臨: 金曜ダンジョン: イザナミ降臨: 木曜ダンジョン: ヘラクレス降臨: 火曜ダンジョン: ヘラ・ベオーク降臨: サンダルフォン降臨: ヘラソエル降臨: ワダツミ降臨: ゼウスヴァルカン降臨: ノア降臨: トト&ソティス降臨: 伝説の山道: メフィスト降臨: カネツグ降臨: ゼウスマーキュリー降臨: コシュまる降臨: 趙雲降臨: グリモワール降臨: メジェドラ降臨: ディアゴルドス降臨: ソニアグラン降臨: ゼウス&ヘラ降臨: かぐや姫降臨: スフィンクス降臨: アーミル降臨: 周瑜参上:.

次の

【パズドラ】最強リーダーキャラランキング|ヒロアカコラボの評価決定

パズドラ最強パーティー

前のブログでアクセスが多かった記事に 「パズドラ」関連の記事がありました。 ボクはプロゲーマーではないですが、色々書いているうちにいくつかのお話が結構アクセスを稼いでいました。 ブログが消滅した流れで記事も全部消えてしまったのですが、まだほぼ毎日プレイしているので今のボクが使っているパーティーとか持っているパーティーとか紹介してみようと思います。 ちなみに今はランク438でございます Leo的最強パーティー パズドラの最強モンスターランキングは日々移り変わりますが、無課金プレイヤーのボクにはそれら全ては手に入りません。 そんなボクが現在メインで使っているモンスターは、 「星刻の時龍契士・ミル」と 「転生ラー」です。 本当は光に寄せる方が強いんだと思いますが、サブが揃わない都合で火に寄せたこんな感じのパーティーです。 共に8ターンでスキルが発動できる 「灼龍の熾天使・ウリエル」と 「義烈の武皇神・ヤマトタケル」が闇ドロップをハートに変えてくれるのでミルのハート十字形成用に入れています。 「裁爪の橙龍契士・サリア」が10ターン、 「追憶の時女神・ウルド」が9ターンでドロップを全変換してくれるので少しターンがかかりますがハート欠損とお邪魔ドロップなどの対策も含めて入れています。 最初は難しいと感じていましたが最近では十字形成も慣れてきてこれまで攻略できなかったダンジョンも攻略できるようになってきました。 チーム2: 転生ラーパ 最近落ち目だったラー様が 「転生」しました。 基本的に「覚醒ラー」時代からパーティー構成は変えていません。 大手パズドラ系サイトではテンプレとして 「滅翼の龍帝王・シェリアス=ルーツ」入りのパーティーも見かけますが、ボクは持っていないのでこんな感じです。 スキル発動時に攻撃力が上がる「転生ラー」のリーダースキルなのでスキル発動が3ターンと短い 「覚醒イシス」や4ターンの 「神書の管理者・メタトロン」を入れています。 敵全体を毒にする」 「神脅の毒蛇・ヨルムンガンド」のスキルを継承しているためドロップ欠損対策要員はフレンド分含め4体いる形です。 長く使って来たラー様がパワーアップしてくれたので今はチーム2になってしまいましたがまだまだダンジョンによっては使わせていただいております。 チーム3: ミルパ(光寄せ) クポーーーーー! ということで再びミルパですが、サブ不足ながら光寄せバージョンをチーム3に据えています。 スキルマなら3ターンで発動するハート生成の 「モーグリ」を入れていますが、 「功徳の金猿神・孫悟空」x 2体、 「残光の破壊龍・アポカリプス」、そして 「覚醒大喬&小喬」というのが理想のテンプレミルパになるのに対し、ボクは孫悟空1体しか持っていないので間に合わせで揃えたやや貧弱な光寄せミルパになってしまっています。 光メインが有利なダンジョンの時にだけ使っています。 チーム4: 火イルムパ 火イルムこと、 「魔究の狂幻魔・イルム」をリーダーとした火イルムパも可能性を感じるパーティーとしてチーム4に設定していますが、サブが育っていません…。 「風魔小太郎」を進化させて、スキルを上げて、 「アマテラスオオカミ」も合わせて297にしなくては!!…まあ、イルムもあと29プラタマが足りませんが! 「人世の妖幻魔・イルム」をサブに何体か入れる構成も闘技場1向けに紹介されているところもあるのでイルムを何体か持てる人はそういう構成もありなんだと思います。 今後に期待なパーティーですね。 現在所有モンスター これが現在 所有モンスタートップ25です。 最近プラタマがたくさんもらえるのでなんだかんだでプラタマMAXが19体おります。 おそらくそんな遠くない未来に「火イルム」もMAX化すると思うので20体となかなか多くなって来ています。 実はボクはサブアカウントも持っていて、そちらのランクは240ちょっとですが、そちらはガチャ運が良くて現環境で最強とも思われる 「爆叫の魔伯爵・ロノウェ」があって、メインアカウントでも欲しいなーって思う今一番欲しているモンスターです。 ゴッドフェスでロノウェをゲットできた時のために297合成用モンスターを持っているのでもしロノウェが出たらすぐにもう一体増える予定です。 まとめ パズドラをプレイし始めて4年弱。 基本熱しやすく冷めやすい性格のボクがこんな期間遊び続けているゲームは珍しいと思っています。 これからこのブログで「パズドラ」ネタを書くかはわかりませんが、ブログを彩る一部になるなら書いてみるかも知れません。 今回のまとめは、• 4年弱遊び続けている「パズドラ」• 今のメインモンスターは人気の「ミル」だがサブ不足• 今欲しいモンスターは「ロノウェ」• 297モンスターがもうすぐ20体 こんなところでしょうか。 また「ロノウェ」が取れた時にでも「パズドラ」ネタを書こうかなと思います。 Category• Archive Archive Access Log• 750Views for this post:• 574311Total PV:• 366Today's PV:• 231Today's Visitor:• 2Currently Online: Comment 名無し : 返信ありがとう もう少し面白い話をします。 日本は大和民... 今はQ3のク... 私は東京も大阪も大好きです。 大阪の人はウザい...

次の