死体 爆発。 死体爆発

炎術スキル

死体 爆発

クジラの爆発とその理由 この「クジラの爆発」とは、死亡したクジラが海岸等に打ち上げられると、 その死体が腐敗して死体内部にメタンガスが充満して破裂してしまうことを指しています。 自然爆破や解体処理の為、刃物で刺した瞬間に爆発等と言う事もあるようです。 これは全ての動物に起こり得る事象ではありますが、クジラの場合にはその 巨体故爆発の威力がすさまじく危険性も高いので話題に上ってしまうようですね。 勿論、クジラの死体処理の為、人為的に爆発処理を行うこともあります。 何故メタンガスが動物の死体内に溜まるのか。 何故、死体内にメタンガスが溜まってしまうのか、これは動物が死ぬと体内の バクテリアが腐敗の過程でメタンガスを作り出していきます。 このガスの逃げ場がないと 体内で圧力を増しどんどんと膨らんで行きます。 そして限界まで来ると破裂してしまうのです。 前述もしておりますが、クジラの場合にはその体が非常に大きいので、体内に溜まるガスの量も非常に多くなり爆発の危険性が高くなってしまうのです。 打ち上げられたクジラの爆発事例 実際に、このクジラの爆発は過去に何度か起こっていて、ニュース等でも取り上げられています。 その主だったものをご紹介しておきましょう。 オレゴンでの爆発事例 最初にご紹介するのは アメリカオレゴン州での爆発事例です。 1970年11月、 オレゴン州フローレンス付近の海岸に一頭のクジラの死体が打ち上げられました。 打ち上げられたのは、体長が14メートル体重が8トンに及ぶコククジラ(マッコウクジラとの説もあり)で、当初は解体処理の為ダイナマイトを使った爆破処理が行われました。 このダイナマイト爆破が引き金となり、続いて体内のメタンガスも爆破を起こしました。 この爆破はすさまじく 遠く離れた地域へもクジラの部位が飛んでいき、自動車等が破壊されてしまうという甚大な被害が出たようです。 このことは、クジラの海岸での爆破処理に一石を投じ、以降は海での爆破など対応が苦慮されています。 台湾での爆発事例 前述のオレゴン州の爆発から30余年、2004年1月 台湾でもこの打ち上げられたクジラの爆発が起こっています。 この時打ち上げられたのは体長17メートル、体重50トンのマッコウクジラで処理の為の輸送中に内部のメタンガスが爆発してしまいました。 研究のため大学に運んだが、大学では対応できないと違う場所(野生動物保護区)に 運ぶ際にこの惨事が起こってしまったようです。 輸送中という事で 街中(台南市中心街)で爆発が起こってしまい、その威力はすさまじく被害は住宅に店舗、車、人と甚大なものとなってしまったようです。 この時は、人的な要因では無く 完全なる自然爆発です。 フェロー諸島での爆発事例 台湾の事例から10年程経った2013年11月には、 フェロー諸島でもこのクジラの爆発事故が起こっています。 この時はマッコウクジラ(詳細は不明)ですが、この打ち上げられたクジラを生物学者が解体していると、 突如内臓が噴き出すと言う事が起こりました。 この時は、爆発と言うよりは内臓の噴出と言う感じで 大事に至ることはありませんでした。 クジラ爆発の威力と本当の恐怖! クジラの巨大な体に溜まったメタンガスの爆発の威力はすさまじく、飛び散った肉片は死体から遠く離れたところまで届きます。 また、これにより近くにある 店舗や車などの損壊と言う甚大な被害が出ています。 しかし、本当に恐怖となるのは、その際に発する異臭の方なんです。 この爆発が起こると言う事は、メタンガスがパンパンな状態にまで充満していたことになります。 つまり、その死体の腐敗の進行もかなり進んでいることになります。 そうなると、爆発で 内臓やら血肉と共に中に溜まっていた悪臭異臭が一気に噴き出してしまいます。 その臭いたるや、筆舌に尽くしがたいとしか形容出来ないかも知れません。 この臭いにより体調を崩す人間が続出しても何ら不思議ではありませんし、死体に発生した 細菌やウィルスなども一緒に散らばるので、 感染症などの危険性もあります。 日本でもクジラの死体の打ち上げはある。 絶対に近づいてはダメ! この事は決して対岸の火事ではありません。 日本においてもクジラの死体の打ち上げは 過去に何件もあるのです。 日本の場合には、 マニュアルに則りその処理が行われるようですが、実際には予算やサンプル利用の指示などなかなか迅速には事が運ばないようですね。 基本的には処理場においての処理となるのですが、難しい場合には埋めて処理をしたりその場で焼却処理をしてしまうこともあるようです。 もし、お近くの海でクジラの死体が打ち上があったとしても、 絶対に興味本位などで近付いたりしては行けません! クジラの死にまつわる話 クジラは生き物です何時かは必ず死が訪れます。 ですので、このようにクジラの死体が打ち上げられることは決して珍しいことではありません。 しかし、まだ息のあるクジラの座礁も多くあります。 これらは 地震等の自然災害により電磁波の混迷が起こりクジラのソナー能力に異常をきたしてしまう場合や、 人間(潜水艦や大型船舶など)がその異常の原因を作ってしまう場合もあるようです。 そうなると、ただ単に「打ち上げられたクジラの死体は危険だ!」等とは言っていてはいけないのかも知れませんね。 まとめ 今回、打ち上げられたクジラの死体による恐ろしい爆発について色々とご説明して参りました。 あまりなじみの薄いレアケースではあるものの、実際に爆発が起こってしまったら甚大な被害が及ぶ大惨事になる可能性があるようですね。 クジラは シャチ位しか天敵となるものもいないので、食されるという事が少なくこのような事になってしまうのかも知れません。 余談ですが、たまに UMAの死体が漂着等と報じられることがありますが、 鑑定するとクジラだったという事が多々あるようです。 感慨深いですが、クジラにおいては死んで地球に帰るという死に際の美学と言うものもなかなか複雑なのかも知れませんね。

次の

炎術スキル

死体 爆発

スポンサーリンク 過去にあったクジラの爆発事例 ・1970年、オレゴン州の沿岸にマッコウクジラの死体が漂着 ダイナマイトで爆破して解体しようとするが、想定以上の大爆発が発生した。 ダイナマイトで爆破という発想がなんともアメリカっぽいですね。 このときの事件を聞いた人たちは、「さすがに荒唐無稽な話だ」と考えたようで、一種の都市伝説の一つとしてまことしやかにささやかれている程度のものだったそうです。 ・2004年、中国台湾にて、体長17メートル、体重50トンの腐敗したマッコウクジラが漂着。 解剖のため、トラックに載せ台南市の中心街を輸送中に爆発した。 市街地の中で爆発したという、世にも恐ろしい事例です・・・。 この例ではダイナマイトなどの火器の使用は行っていません。 トラックでの運送中の揺れなどが、爆発の起因になっているのでしょうか・・・? クジラの体に、小さな衝撃でも爆発するニトログリセリンのようなものが詰まっていたのでしょうか。 ・2013年、フェロー諸島にて、漂着したマッコウクジラの死体を解体すべく、作業員が腹部に刃物を挿入した際、クジラの腹部が爆発を起こした。 この事例では、完全に人間が巻き込まれています。 やはり、外部からの刺激が爆発の原因になっている可能性が高そうですね。 刃物をさした方は、無事なのでしょうか?一体どれくらいの威力があるのでしょうか? 実は、この爆発事例に関しては、YouTubeに動画が存在していますので、気になる方は見てみてください。 そもそも、なぜクジラの死体が爆発するのか? 実は爆発の最大の原因は、「 メタンガス」です。 生物が死んだ場合、体内のバクテリアの作用で腐敗が進み、それにともないメタンガスが発生します。 そしてクジラの体内に閉じ込められ、行き場をなくしたメタンガスが体内で圧力を増してゆき、巨大な爆発を発生させてしまっていたのです! 物理的な衝撃だけではない!クジラ爆発のその威力とは!? スポンサーリンク その巨体からくりだされる爆発は凄まじく、 爆発で飛んだ肉片によって自動車の屋根が潰れるほどです。 しかし、本当に恐ろしいのはその強烈な「 悪臭」にあります!腐敗した血や内臓などは、たとえ小さな動物でさえ、強烈な腐敗臭を放ちます。 わたしも、多くの動物を自宅で飼育しており、否が応でも動物の死と直面する機会が多いですが、出張などで気づくのが遅くなったときなどその臭いをかぐことがあります。 「 乾く直前のイカのような臭い」と例えられることも多いですが、なんとも説明できない、動物の死体特有の不快な臭いです。 一度、服やモノにつけば、その臭いはなかなかとれません。 生きとし生けるものすべてに「死」を生々しく伝えるためにあるかのような、非常に不快な臭いとしか、私には説明する言葉が見つかりませんでした。 クジラが爆発することによって、その臭いが一気に放たれます。 発生源である血や内臓がそのまま飛び散るので、近隣の人々にとっては、まさに地獄絵図となるわけです。 さらに、腐敗した食品を食べるとお腹を壊すことから分かる通り、動物の腐敗した死体というのは、さまざまな雑菌やウィルスの温床となっています。 それが爆発によって飛散するわけですので、当然感染症などの危険性も非常に高く、大変危険なのです! 爆発だけではない!クジラの死体による恐るべき脅威・・! 上記のように、漂着したクジラの死体は、まるで いつ爆発するか分からない不発弾のようなものです。 近隣住民からすると、恐ろしくてたまったものではありません。 日本でも、クジラの死体が海岸に漂着した事例が何件も存在します。 それぞれの自治体は、その不発弾顔負けの巨大な物体を、慎重にかつ迅速に処理しなければなりません!!怖すぎる! しかし、近隣住民の願いとは裏腹に、 処理が迅速に行われることはほとんどないのです・・・。 マッコウクジラは、大きいもので50トン以上の重さになります。 これを廃棄処理場に運搬し、処理を行うのに、数百万円かかるとのこと。 その金額を負担するために、都道府県や国に補助金を申請したり、骨格標本をつくるために研究機関から処理方法に細かい指示があったり、そんなこんなで、処理開始に時間がかかればかかるほど、内部のメタンガスによりクジラの死体は爆発の可能性が高まってきます・・・ そしてその危険度の増した死体の処理を慎重におこなうために、さらに処理に費用がかかったり・・・ そのため、漂着したクジラの死体は、対応が決まらず何日も海岸におきざりにされることもあるようです。 おそろしい話ですね・・・ あなたの街にクジラが漂着したら!?近年の漂着クジラの処理方法 ここまでさんざん、クジラ爆発の脅威についてお話してきました。 毎年、世界各地でクジラの漂着は多数報告されています。 しかし、実は実際に爆発した事例はほとんどありません。 一体どのようにしてクジラの死体を処理しているのでしょうか? 実は、日本には「漂着クジラの処理方法マニュアル」が存在します。 基本的には処理場に運搬するようになっていますが、 運搬が難しい場合は、土を掘って埋めてまったり、その場で焼却することもあるようです。 素人考えでは、「海の生き物だし海に運べばよいのでは??」と考えてしまいますが、 クジラの死体は、その血の臭いから、サメを呼び寄せる性質があり、むやみに近隣の海に流すとサメがビーチなどに集まって非常に危険な場合があるそうで、海にながす場合はかなり沖合のほうまで運搬する必要があり、費用が増すそうです。 ニュージーランドでは、600頭以上のクジラが、一斉に打ち上げられたことがあります。 その際は、爆発をさけるために、死んでしまったクジラから腐敗が始まるまえに、刃物で穴をあけて爆発を回避したそうです。 そのときに処理作業をおこなったボランティア団体は、生きているクジラを海岸に運ぶ作業を行っていたそうですが、それでも助けられなかった多数のクジラに穴をあける作業を行う姿は、想像しただけでもいたたまれない作業になったことだろうと思います・・・。 なにかと世間をお騒がせするクジラの死体達 クジラの死体が漂着すること自体は、決して少ないことではないようですが、生きたクジラが座礁したり、死体が漂着するのには、地球規模での原因があることが多く、さまざまな研究がされています。 たとえば、ニュージーランドのクジラが大量に座礁した事例などは、 その直前に巨大な地震が発生しており、それにともなう電磁波の影響でクジラの精密なソナー能力が混乱してしまいおこったものだと考えられています。 その他にも、 潜水艦や大型船舶が出すソナーがクジラに影響を与えているとも言われており、人間が原因での事例も多数あるようで、一人の人間として考えさせられる部分もおおいです。 ちなみに、ネットニュースなどで「謎の未確認生物の死体が海岸に漂着!ネッシーかはたまたシーサーペントか!?」などという記事をたまに見ますが、そのほとんどが、DNA鑑定すると腐敗したクジラの死体であるようです。 総括 広大な海で生活するクジラ。 それが陸で爆発するというのは、我々人間でいうと、近年問題視されている孤独死に近いもののように感じます。 爆発というインパクトに埋もれてしまいそうですが、記事にまとめるなかで、どこか切ない気持ちにさせられてしまいました。 もし自分がクジラだったら・・・・ 爆発して死ぬのだけは勘弁願いたいですね。

次の

「死体をポップコーンみたいに爆発させるのがめちゃくちゃ楽しい」と話す「Diablo」開発者インタビュー

死体 爆発

民家の庭で車が爆発し、運転手が死亡 よく愛知県は「車の運転マナーが悪い」と言われます。 実際、都道府県別の交通事故死亡者数では、一昨年まで16年連続で全国ワーストを記録していました。 そのイメージ通り、事故物件に関しても、愛知県は車絡みのものが多く存在しています。 名古屋駅から車で30分ほどの場所にある住宅街には、5年ほど前に火事で人が亡くなった事故物件があります。 しかし、これもただの火事ではありません。 深夜、民家の庭に車が飛び込んできて、爆発・炎上。 燃えさかる車内で、ドライバーの男性が亡くなってしまったという事故物件です。 幸い、家の住人は無事でした。 しかし、この一件を振り返るとき、「たまたま運転の荒いドライバーが家に突っ込んできただけ。 こんなことは二度と起きないだろう」とは、とても言えない一面があるのです。

次の