あわて 床屋。 ボニージャックス あわて床屋 歌詞

あわて床屋

あわて 床屋

あわて床屋 春は早うから川辺の葦(あし)に、蟹が店だし、床屋でござる。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 小蟹(こがに)ぶつぶつ石鹸(しゃぼん)を溶かし、親爺自慢で鋏を鳴らす。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 そこへ兎がお客にござる。 どうぞ急いで髪刈っておくれ。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 兎ァ気がせく、蟹ァ慌てるし、早く早くと客ァ詰め込むし。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 邪魔なお耳はぴょこぴょこするし、そこで慌ててチョンと切りおとす。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 兎ァ怒るし、蟹ァ耻(はじ)ょかくし、為方なくなく穴へと逃げる。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 為方なくなく穴へと逃げる。 チョッキン、チョッキン、チョッキンナ。 この「チョッキン、チョッキン、チョッキンナ」というのが火垂るの墓でせっちゃんがうたってたところです。 節子が清田さんと海に行ったときにカニを見つけて、ダブルチョキで横に揺れながら「チョッキン、チョッキン、チョッキンナ」と言いながらカニと一緒になって歩いて行くシーン。 火垂るの墓の中では少しほのぼのとしたシーンなのかと思いきや、カニを追いかけた先に藁のようなものをかけられて横たわる人。 その下にのぞく黒い足。 「泳いだらお腹減るやん」という言葉が響くシーンです。 その後の母親との回想シーン。 「チョッキン、チョッキン、チョッキンナ」から思い出してしまった火垂るの墓は切なくて、ちょっと苦しくなってしまいました。 火垂るの墓を思い出してしまうと切なくなったり苦しくなったりしてしまいますが、あわて床屋は北原白秋のブラックユーモアにあふれる詩だったのかも。 「あわて床屋」はブラックユーモアだったのかも 北原白秋の詩集はたくさん出ていると思いますが、私が読んだ詩集は上田信道さんという児童文学などを研究している方が共編した詩集でした。 解説もあるのでおもしろく拝見させていただきましたが、そこには「こんなエピソードがある」と書かれていました。 小田原時代の白秋が、なじみの床屋で少しばかりカミソリで耳たぶを傷つけられた。 しばらくして、白秋が床屋にやってくると、店主にこの童謡を差し出して見せたというのだ。 ブラック。 というと語弊があるのかもしれませんが・・・、いや、ブラックだろう!! 耳を傷つけられたからこの詩ができたのか元々この詩があったのかは書かれていませんが、私が床屋だったら「あの人ブラックだわ!」となります。 他人事だからこそ面白いエピソードである。 に違いない。 北原白秋はナンセンス? この詩集の中で上田さんはこんなことも書いています。 ウサギの耳を切るのは残酷だ、という理由からこの童謡をきらう人がごくまれにある。 童謡に限らず、日本の子どもむけの文学を読むおとなたちは、ナンセンスやユーモアを容易に受け入れようとしない妙な《きまじめさ》があるようだ。 私はそうだ。 ユーモアを好むのに、ときにまじめにその内容を考え込んでしまうことはあります。 北原白秋の詩は「言葉遊び」。 そこに意味はなくても良いのかもしれません。 ナンセンスで良いのかも。 子どもの頃は、意味が分からないけどリズムが良いものを口ずさみませんでした?寿限無とかもそうですよね。 おどるポンポコリンとかね。 リズムが良くて歌っちゃいますよね。 エジソンはえらいのにお腹が減っちゃうんですよ! 私が好きなのはやはりリズムです。 北原白秋の詩はとにかくリズムが良い。 意味はないかもしれないけど(多少あるんでしょうが)、意味を考えないでも口にするとちょっとテンションが上がる。 そんなのが心地いい。 あれ?そう言えば、宮沢賢治もそうかもな。 どっどどどどうど。 そう思ったら宮沢賢治も読みたくなってしまった。 今年の夏休みは純文学に浸ろうかな。 と思わせる詩集でした。

次の

北原白秋『あわて床屋』が切なくなるもナンセンスでブラックユーモアだった|ビバ!ミア・びぃた

あわて 床屋

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年7月) あわて床屋は作詞、作曲の日本の。 発表年は。 内容はのと、客であるウサギのユーモラスなやりとりが面白おかしく描かれており、達にとって親しみのもてる内容。 戦前からレコードが複数発売されており時代を越えて歌われている童謡である。 戦前のSPレコードの例:作詞:北原白秋詩、作曲:山田耕筰、唄:宮下禮子、ピアノ:山田耕筰、リーガルレコード、品番:65630-A。 1961年4月は、みんなのうたが初めて放送された月である。 60年代のものは大部分の映像、音声が失われているが、この曲の映像、音声は現存していて化されている。 編曲はが担当し、歌は、映像は製作による。 『みんなのうた』での放送後、視聴者からの楽譜の希望が多かった曲の一つである。 それから5年後の4月・5月にリメイク版が放送、歌手はボニージャックスのままだが、編曲は、映像は製作によるアニメーションに代わった。 双方とも長期に渡り再放送されなかったが、第1作が2003年6・7月に地上波の『』で再放送され、その後・同年・に、衛星第2テレビの『なつかしのみんなのうた』で再放送された。 一方のリメイク版は映像、音声ともに見つかっておらず現在も再放送されて無い。 脚注 [ ].

次の

北原白秋『あわて床屋』が切なくなるもナンセンスでブラックユーモアだった|ビバ!ミア・びぃた

あわて 床屋

怖い意味が隠されていそうな歌詞の童謡 なんか一度通ると、二度とは帰ってこられない門(あるいは関所?)を思わせる内容の歌詞です。 意味としては、七五三の神社のお参り(七つのお祝いだから女の子か?)して札を納めにいくときのことのようなのですが、なぜ、帰りは怖いのか、ということになります。 口減らしのために、子供を殺してしまうことを歌った歌だという説も。。。 色々と謎の多い歌詞ですが、「鶴と亀と滑った」は流産を連想させますし、「後ろの正面だあれ?」は幽霊や妖怪的なものを感じさせます。 また、罪人が首を切られ、その首が後ろの正面を向いたという説も。。。 「かごめかごめ」の遊びは、大勢で一人を取り囲んでぐるぐる回りますが、これは、どこかに閉じ込められている人のことを連想させ、遊女のことを歌った歌という説もあります。 小学校の先生の解説 では、お姉さんはお嫁に行ったのではなく、人身売買でどこかに売られていってしまったということでした。 しかし実際は、赤とんぼの歌は、作詞者の三木露風の個人的な体験に基づいているようで、家を出て行ってしまった母親と、昔、桑の実をつみに行ったことや、母親の代わりにめんどうを見ていてくれた姐(おそらく実の姉ではない)が、十五で嫁にいってしまったことなどが歌われています。 なお、「赤とんぼ=ゼロ戦」説もあります。 人身売買の歌という話もありますが、単に、遊びで友達を交換する遊び歌という気がします。 「勝って」や「負けて」の歌詞が、「買って」や「値引き」の意味にとれなくはありません。 「花いちもんめ」は、一匁の重さ分の紅の花という意味で、それなりに高価になるそうです。 歌詞を7文字づつに区切って一番右を縦に読むと 「とが無くて死す」と読めることから、無実の罪で死刑になった人が暗号の意味でよんだ歌であるという 都市伝説があります。 幼女の手毬が大名行列に飛び込んでしまい、手打ちにあってしまったのでしょうか??不思議な歌詞から妄想が膨らむということではダントツの曲です。 メダカ=水子という説や川に沈められた人柱の歌などの説がありますが。。。 北原白秋の作詞ですが、「金魚」「曼珠沙華」など、けっこう怖い内容の歌詞も書いています。 少し変わった人だったのかもしれません。 この曲では、「ずぶぬれで、柳のねかたで泣いている」という内容の歌詞が人々の想像をかきたてるようです。 なぜ花嫁が一人で雨の中、傘をさしてお嫁にいくのかの意味がよくわかりません。 一説によると、花嫁は死んでしまった娘のことで天国に一人で旅だつ様子を描いているというものがあります。 東北の娘が人身売買されることを歌った歌だという説もあります。 作詞者にその意図はなかったと思いますが、空が真っ赤になるという歌詞は、戦争や災害を連想させるようです。 怖い歌詞ということではありませんが、歌詞の内容が差別にあたるのでは、という問題があるそうです。 残酷な歌詞の童謡 後半の歌詞で「おもしろい、おもしろい、のこらず鬼を攻めふせて、ぶんどりものをえんやらや」というのがでてきます。 正義の味方というより、単なる泥棒なのでは。。。。 歌詞の最後が、「驚きまどう鬼どもを、ひとり残さず斬りころし、酒顛童子の首をとり、めでたく都に帰りけり」となっています。 何か歴史上の残酷な出来事にもとづいた話っぽい匂いがします。 歌詞は、てるてる坊主に、明日が天気になるようにお願いする内容ですが、もし天気にならなければ首を切ってしまうぞ、という童謡らしからぬ部分も。。。 「はさみでちょんぎるぞ」というのが歌詞の中に入ってます。 「それをりょうしが、てっぽうでうってさ、にてさ、やいてさ、たべてさ」というタヌキにとっては残酷な内容の歌詞です。 針を千本も飲んだら、死んでしまいます。。。 猫を袋に押し込んで蹴りまわすなど、動物虐待ではないでしょうか? 残酷というほどではないですが、少し可哀そうかも。。。 むちを振り回すなど、学校の先生が厳しすぎます。。。 歌を忘れてしまったカナリヤを、捨てたり、埋めたり、むちでぶったりと、けっこう残酷な歌詞です。 作詞者の西條八十は、家が破産してしまったために大学での研究や詩人になることをあきらめてしまったことと、歌を忘れたカナリヤとを関連付けていたようです。 難解な方言のため、歌詞の内容を全部理解できませんでしたが、タイトル自体が既に怖いです。 泣きやまなければ耳をきってしまうぞ、と子供を脅かす歌らしいのですが。。。 もともとの童話がそういう話ですが、恩を仇で返す的な話です。 何も悪いことをしていなくても、楽な生活をしているだけでバチが当たるという教訓なのでしょうか? あわて床屋 蟹の床屋が誤って兎の耳を切り落としてしまうという歌詞です。 最後のほうに熊をハメる落とし穴をつくるという内容の歌詞がでてきます。 けっきょく熊は穴をのぞいただけで逃げていくのですが。。。 悲しい逸話がある童謡 女の子が異人さんにつれられて行ってしまう話ですが、作詞者が見聞きした実話をベースにしているという説があります。 事情があって、アメリカ人の宣教師にもらわれた「きみ」という女の子が歌のモデルのようです。 さらわれたわけではないのですが、最終的には、この宣教師とも離れ離れになってしまったようです。 作詞者が幼くして死んでしまった子供のことを思って作ったという説があります。 作詞者の野口雨情の演奏旅行中に2歳で亡くなった次女のことを歌っているという説が有力です。 (流産説もありますが、作詞者の野口雨情は男性です。 ) 余談ですが、「しゃぼん玉」と「赤とんぼ」の出だしのメロディは、そっくりです。 逸話というより都市伝説ですが、さっちゃんは死んでしまった女の子の歌という話があります。 詳しくは左のリンク先のページでご覧ください。 作詞者が死んでしまった子供のことを思って作ったという説があります。 カラスは通常は不吉な鳥ですが、この歌ではそのイメージはありません。 7つの子が7歳の子なのか、7羽の子なのかについては、「たくさん」という意味で使っていたことをうかがわせる文章が残っているようです。 また、カラスは炭坑労働者を意味しているという説もあります。 作詞は海野厚という人ですが、柱のきずが去年のものではなく、おととしのものであることが問題です。 病弱だった作詞者は、5月5日に静岡の実家に帰れない年があり、それで弟の成長をはかる柱のきずが1年分、抜けてしまったということです。 作詞者は結局、若くしてお亡くなりになってしまったそうです。 作詞者のサトウ・ハチローが離婚したあと、引き取った二人の女の子を思って書いた歌詞という話があります。 「うれしいひなまつり」と言っているわりに、曲調も暗いです。。。 なぜかメキシコでは別の歌詞がつけられ、「悲しきみなしご」というタイトルで知られているようです。 からたちの花 作曲者の山田耕筰の活版工場でのつらい思い出を北原白秋が詩にしたものです。 不思議な歌詞の童謡・歌詞に謎がある童謡 無限ループに陥ってしまうという、ある意味、怖い歌詞かもしれません。 2名が会話する感じで歌詞が進んでいきますが、会話の主が不明です。 会話は人間の母親と子供の間なのか、象の母子の間なのか。 また、歌詞に関して、鼻が長いという身体的な特徴を否定的なものとしてとらえ、さらにそれが遺伝によるものであるということから、それを母親が子供に受け入れるように促しているという解釈があります。 かなりこじつけているようにも思えますが。。。。 と同じく、歌詞が母子の会話のようになっています。 「七つの子」が七羽なのか、七歳なのか、意見が分かれるところです。 真偽は分かりませんが、子供の死亡率が高かった頃に、7歳まで無事に生きてこられた、という意味がこめられているという説があります。

次の