海外挙式 挙式 披露宴。 結婚式(挙式)と披露宴は別日でもOK!費用やご祝儀などの注意点

海外挙式の後は国内披露宴・1.5次会でもお祝いされちゃおう

海外挙式 挙式 披露宴

もくじ• 挙式と披露宴を別日に行うのはアリ? ゼクシイ結婚トレンド調査2018調べによると、 「挙式と披露宴は同じ日だった」と回答したカップルが 95%。 多くの方が、 挙式と披露宴は同じ日に開催しています。 しかし、 別日に開催することはもちろんOK! ホテルや結婚式場でも、挙式だけのプランはもちろん、披露宴や1. 5次会、食事会だけのプランも用意しています。 それだけ需要があるということでもあり、別々に予約することには何も問題がありません。 では、挙式と披露宴を別日にした理由にはどのような事情があったのでしょうか。 新郎新婦が披露宴を別日にした理由 1)海外挙式だったため帰国後パーティーを開催 海外挙式を検討している方のほとんどは、国内披露宴を同じ日に開催することが叶いません。 そのため、 帰国後に国内での披露宴として別日に予定していることがほとんどでしょう。 海外挙式でなくても、沖縄での結婚式など 国内リゾートウェディングを予定している場合も、同じことがいえます。 海外挙式や国内リゾート婚のあと別日で、披露宴とまで形式ばったスタイルではなくても、 結婚お披露目パーティーとしてカジュアルに開催されることが多いですね。 2)地元で挙式、その後今住んでるところで披露宴 新郎新婦が現在住んでいる場所と地元が遠い場合、 地元で結婚式を開催し、今 住んでいる地域でお披露目パーティーを開催することもあります。 地元で開催する結婚式後には身内のみを招待し、披露宴にはお披露目会として、少人数で食事会を予定される方も多いですね。 3)親族だけで挙式を済ませ、友人を招いて1. 5次会やを開催 希望している挙式スタイルが神社での神前式である場合など、 挙式は親族のみで行い、 後日友人を中心に披露宴に招待し、お披露目パーティーを開催する方もいらっしゃいます。 お披露目パーティーは、1. 5次会・二次会などのように、カジュアルさを意識しレストランなどを貸し切るスタイルも。 披露宴のようにご祝儀制にするのではなく、 会費制を取り入れることで、ラフに開催できるというメリットもあります。 結婚式と披露宴を別日にした場合、費用は高い?安い? 結婚式と披露宴を別日で行う場合、単純に衣装やヘアメイク、フラワーアレンジなども 2回必要になります。 そのため挙式と披露宴を同日に開催するよりも、 少し割高になってしまうこともあります。 しかし、海外ウェディングでは 衣装を購入(買い取る)ことも珍しくありませんね。 自分自身のドレスやタキシードを使用するのであれば、 衣装代は追加で発生しないため、予算が変わらないということもあります。 また結婚披露パーティーを 会費制にすれば、新郎新婦の負担を少なくできる場合も。 別日にするときはゲストはどう分ける?両方きてもらうのはアリ? 挙式も披露宴もご参加いただきたいところですが、 ゲストにも負担がかかることも事実です。 結婚式へ参加するためには、ゲストドレスなどの服装の用意やヘアセット、会場までの交通費などは最低限必要です。 2回お招きするということは、2回分支度に時間や費用を費やしていただくことになりますから、 可能であれば挙式・披露宴どちらかにご参加いただくことが良いかと思います。 招待ゲストの分け方 卒花嫁さまの多くは、 挙式には親族をメインに、 お披露目パーティーにはご友人や職場の方をメインにゲストを招待わけされています。 しかし、とても親しい友人は挙式にもご参加いただきたい場合もあれば、いとこや兄弟・姉妹をお披露目パーティーにも参加して欲しい場合もあるでしょう。 ゲストわけはある程度のラインとして考え、必ずしもきっちり分けてしまわなくても良いと思います。 挙式と披露宴を別日に開催する場合、注意すべきこと 挙式の後に披露宴で、1日で結婚式を行うのが一般的。 別日に行ってももちろんOKですが、準備には1日で行うときとは別に注意が必要です。 別日の場合、ご祝儀ってどうなるの? 挙式と披露宴を別日で開催するからといって、 ご祝儀を2回頂戴するわけにはいきません。 お金の話を事前に伝えることは難しい事もあるかもしれませんが、両方にご参加いただく方がいる場合は、「ご祝儀はどちらか片方でかまいません」と明確に伝えて起きましょう。 ゲストとしても「ご祝儀2回渡すの?」という疑問を抱くこともありますから、ゲストの不安を減らすためにも、 事前に伝えておくことは大切です。 また遠方のゲストが両方に出席される場合、お車代も「どちらか片方でお気持ちを用意する」と伝えておく方こともおすすめです。 お金のことはとてもデリケートな内容のため、招待状に記すのではなく、電話やメールなどを通じてお伝えするほうが良いかと思います。 引出物やプチギフトはどうするの? プチギフトは挙式と披露宴で両方用意してもOKですが、 引出物は披露宴の開催時に用意すればOK。 挙式当日であっても、別日であっても親族を対象にした少人数での食事会を開催する場合は、その際に引出物を準備しておくといいですね。 食事会なども開催しない場合、ご祝儀を頂戴した方へ後日、内祝いとして品物を送る気遣いも必要です。 披露宴を別日で開催するときのおすすめ演出 1)挙式の風景を紹介する 何よりおすすめできる演出方法が「挙式時の風景を紹介すること」です。 受付などゲストの待合スペースに、 挙式時の写真をたくさん掲載したり、 アルバムを用意したりするだけでもゲスト同士の会話に華が咲きます。 披露宴では、 挙式の風景をムービーで上映すると挙式の風景がゲストにも伝わり、思い出深い演出になるでしょう。 2)お土産をプチギフトにする 海外やリゾートウェディングのあとに開催する披露パーティーであれば、挙式を行った場所で購入したお菓子などをプチギフトとしてゲストに渡すこともおすすめです。 個別にお土産を用意する手間も省けますし、ゲストにもいつもとは違う風を感じていただけますよ! まとめ• 挙式と披露宴を別日に開催することもOK• 別日に開催する方は、海外挙式やリゾートウェディングを済ませたあとの国内披露宴が多い• 同じゲストを両方に招待するときは十分な注意と配慮が必要• 単純に2回の結婚式を開催することになるので、予算が余計にかかることもある• 挙式時の風景を披露宴にも取り入れて、当日の風景を共有できる演出を検討することがおすすめ 結婚式と披露宴の開催を別日で検討することについてをまとめました。 別日にすることで、 結婚式の幸せな空間を2回楽しめるというメリットもあれば、 準備が大変というデメリットもあります。 どのようなスタイルが自分たちにマッチしているか、十分に検討し、準備をすすめていってくださいね! この記事を書いた人 M. K 元ウェディングプランナーのライターです。 2012年に自分自身も卒花し、それからはウェディング情報を発信しています。

次の

海外挙式・披露宴なし。どう思われますが?

海外挙式 挙式 披露宴

結婚式を挙げると 長期で有給休暇も取りやすいため、 普段はなかなか行けない海外旅行も ハネムーンとしてなら行ける! と考えるカップルは多いもの。 あくまで平均なので、 渡航先や日程、招待する人数によって 費用も大幅に変わりそうですね。 そして 挙式とハネムーンを リーズナブルに叶えることができる。 早速見比べてみましょう! 1.披露宴スタイル 海外挙式には招待できないと考えられる、 勤め先の会社関係者、友達、親族など 普段お世話になっている沢山の方々に お披露目をしたいと考えるおふたりに おすすめしたい披露宴スタイル。 国内で結婚式を挙げる場合には、 この披露宴形式が 多くのカップルに選ばれています。 お招きするゲストには着席により フルコースの料理やドリンク、 お土産に引出物が用意され、 司会の進行にあわせて様々な演出を行います。 5次会スタイル 披露宴スタイルほど フォーマルな雰囲気ではないけれど 二次会ほどカジュアルにはしたくない。 と考えるならこの1. 5次会スタイルが いいかもしれません。 費用は抑えつつ、おもてなしにおけるサービスや 結婚式の雰囲気は維持できることから、 招待するゲストは披露宴スタイルと ほぼ変わりません。 会社関係者は同僚などに絞られることが 多いようですが、 おふたりの希望にあわせて 普段お世話になっている上司や先輩を お招きすることも可能です。 その際には料理のグレードをUPするなど おもてなしの面を少し工夫すると 安心かもしれません! 1. 5次会スタイルはある程度 フォーマルな雰囲気であることから ご祝儀制、会費制どちらを採用しても 問題ないでしょう。 ただし費用を抑えてのお披露目を と考えるのであれば会費制がおすすめ。 おふたりだけでなく ゲストにとっても 持ち出し金がご祝儀の半分程度になるため、 気軽にパーティを楽しむことが できるかもしれません。 二次会スタイルではカフェやレストランなど、 催す場所もカジュアルな雰囲気で 行われることが一般的です。 という場合に選ばれるのが この食事会スタイルです。 挙式には招待できなかった親族や、 一部親しい友人などごく少人数を お招きする場合におすすめです。 ホテルや式場の個室、料亭の一室などで行われ 装飾や演出は控えめに行われることが多いそう。 参加したゲスト全員からのお祝いの言葉や 挙式の様子がわかる写真やムービーの上映など 終始和やかな雰囲気での お披露目の場となりそうです。 実際に挙式のみで考えていたカップルも 両親の希望により食事会を行ったことで 家族や友達への感謝の気持ちや大切さを 実感できた! と食事会を開いてよかったと思うようです。 食事会スタイルは親族を中心に招待することから ご祝儀制の採用が一般的です。 海外挙式帰国後のパーティの費用はどれくらい必要? ここまで4つのパーティスタイルを ご紹介しましたが、 それぞれゲストからのお祝いを どの形式でいただく場合が多いかも あわせてご説明しましたね! ですが、ご祝儀制と会費制どちらの形式で お披露目の場を行うかによって かかる費用にかなり差が出てくるようです。 その為、着席によるコース料理や ドリンクの提供はもちろん、 引出物や送賓グッズなどの 手土産を準備することで おもてなし面を充実させる必要が出てきます。 会社関係者や親族など、 目上の方をお招きするなら ご祝儀制の採用が望ましい形となりそうですね。 招待する人数や演出をどの程度するかによって かかる費用にかなり差はありますが、 200~250万円程度の費用が かかることが予想されます。 5次会ならば1~1. 5万円、 二次会なら5千円~1万円程度を 設定金額とする場合が多いようです。 いずれにしても費用は 披露宴スタイルの半分以下が目安。 引出物はなしとすることが一般的で、 料理やドリンクは着席もしくは 立食のビュッフェスタイルで 提供されることが考えられますよね! また催す場所によっては会場使用料なども 大きくかかる費用の項目として 考える必要があります。 おふたりのこだわりによって 費用に差はありますが 目安としてはゲストからの会費を差し引いて おふたりが負担する金額は 50~100万円程度になると 考えておきましょう。 ですが、海外挙式では数日間の滞在が 必要になってくる場合が多いため、 渡航先や日程が決まった段階で 早めに 事前連絡を入れておくと安心です。 また、招待状には お車代について 明記 しておく必要があります。 新郎新婦が全額負担、一部負担の場合、 もしくはゲストに全額負担してもらう場合など 様々なパターンが考えられますよね。 こちらも招待状へ明記すると同時に 事前連絡の際にあわせて伝えておきましょう! 他には海外挙式ならではの項目として ドレスコードを設定する場合もあります。 海外挙式と国内披露宴は 時期をずらして催す場合が多いため、 タイミングをみて発送すると良さそうですね。 国内披露宴の招待状は、 通常行われる結婚式の招待状で選ばれるような フォーマルな形式で送ることが多いようです。 既に挙式を海外で済ませているということ、 そして、渡航先の雰囲気を披露宴のテーマにし 当日ゲストに楽しんでもらう予定であることを 文面を加えることも。 レンタルドレスとセルドレス、 価格に幅はありますが帰国後の披露宴でも ドレスの費用がかかることを考えると 一度の購入金額で済ませてしまった方が リーズナブルですよね。 また、レンタルドレスは気に入ったドレスが 既に他の予約で埋まっていたり、 サイズが合わなかったりと、 価格以外の問題で選ばなかったという声も。 かなり期間があくように 思われるかもしれませんが 挙式の際に撮影した写真やムービーなど データが納品されるまでに 1ヶ月前後かかります。 披露宴スタイル• 5次会スタイル• 二次会スタイル• 食事会のみのスタイル またパーティスタイルにあわせて ご祝儀制、会費制どちらを選ぶかで かかる費用に差が出ることもご紹介しました! 招待状は挙式、披露宴ともに それぞれの日程の2~3ヶ月前に 発送する と覚えておきましょう。

次の

海外挙式後の国内披露宴!おすすめのパーティスタイルを一挙ご紹介!

海外挙式 挙式 披露宴

海外挙式後の国内披露宴はなぜ人気?カップルの気持ち3選 海外挙式に憧れはあっても、同時に「お金がすごくかかってしまいそう…」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?カップルがどのような気持ちで、海外挙式を行い、その後国内で披露宴を行うのかを見ていきましょう。 トータルの結婚費用を安く済ませたい! 海外で挙式をして、その後国内で披露宴をすることで、実はトータルの結婚費用が安く済む場合があるんです。 ここでは挙式、披露宴、そして新婚旅行の3つを「結婚費用」と定義しましょう。 「海外で挙式をするなんて、結婚費用がすごく高くなるんじゃないか?」 と思われがちですが、実は違います。 新婚旅行で海外に行きたい場合は、結婚費用を抑えるためには、海外挙式と新婚旅行を兼ねるのがコツなんです! そうすれば、国内で挙式と披露宴を行い、その後新婚旅行で海外へ出発するよりも、トータルの結婚費用が安くすることも可能になります。 海外挙式でプライベートな式にしたい! 本当に大切な人だけを呼んだこじんまりとした挙式にしたいな~、という人が増えていることも、海外挙式が人気である理由の1つです。 最近はカップルの2人きり、あるいは親族のみを招待してプライベートな挙式を行うカップルが増えていると耳にします。 「厳かな式は少人数で行いたい」「参列者の前で誓いのキスをするのが恥ずかしい」などと思っているカップルにも海外挙式は人気です。 また、参列者がいなかったり、親族だけだったりするなら、挙式の自由度がかなり高くなります。 挙式の場所を選ばなくていいことから、雰囲気や景色の良い海外が選ばれるのです。 さらに、チャペルによっては挙式の進行をアレンジすることもできるでしょう。 このように、プライベートやこだわりを詰め込みたいカップルにとって、海外挙式はうってつけなのです! みんなで楽しめる披露宴は、国内でやりたい! チャペルでの結婚の誓いを少人数で終わらせても、やはり結婚の報告はしたい。 友人や同僚と、楽しく幸せな時間を共有したい。 そのように思うカップルは多くいます。 そんなカップルの気持ちを叶えてくれるのが、国内での披露宴なんです!披露宴なら晴れ姿をお披露目することができますし、チャペルとは違ってみんなでワイワイ賑やかに楽しむことができます。 国内披露宴のおすすめスタイル 海外ですでに挙式を済ませているカップルは、フォーマルな披露宴よりも、少しカジュアルな1. 5次会や2次会を選択することが多いんです!それぞれどのようなカップルにぴったりのスタイルなのか、見ていきましょう。 ちょっとフォーマルな雰囲気も!1. 5次会スタイル 「1. 5次会」とはあまり聴き慣れない人も多いかもしれません。 5次会は一般的な披露宴よりはカジュアル、そして2次会よりはフォーマルな雰囲気の披露パーティのことです。 イメージとしては、みんなで楽しみつつも、結婚報告や晴れ姿をお披露目する機会と捉えるカップルに向いているスタイルです。 披露宴と2次会の中間に位置しているので、定義ははっきりとはありません。 そのため、1. 5次会を行う際には、以下の内容を決めた上でゲストを招待しましょう。 開催場所…レストランで行う場合が多いです。 その他、カフェなどで開催するカップルもいます。 招待の方法…招待状郵送、メール、ウェブのいずれにするかを決めましょう。 会費制/ご祝儀制…会費制を選択するカップルが多いです。 会費制なら招待時に金額を明記します。 みんなで楽しむ!カジュアルな2次会スタイル 2次会は馴染みのある言葉ですね。 「挙式はしっかりと海外で済ませたから国内では楽しむことに重点をおきたい!」と考えるカップルには2次会がぴったり! カジュアルなスタイルで、楽しみながら結婚の幸せを報告しましょう。 納得のいく海外挙式・国内披露宴を! 今回は海外挙式後に国内披露宴を行うカップルの気持ちを3つご紹介しました。 新婚旅行も兼ねるなら、海外挙式と国内披露宴の組み合わせは、意外にもお安い費用で済みます。 海外が好きな人、挙式をプライベートなものにしたい人は、ぜひ海外挙式を検討してみてください! 海外でしっかりと挙式を済ませているので、帰国後の国内披露宴はカジュアルなスタイルがおすすめです!挙式も披露宴も、納得のいくスタイルを見つけてくださいね。

次の