アブダクション 意味。 演繹法と帰納法の違いとは?図解と具体例でわかりやすく解説

アブダクションとは

アブダクション 意味

個々の学問における 専門的な議論から、日常生活における 一般的な議論にまで広く用いられている 論理的推論のあり方は、大きく分けると、 帰納 ( induction 、インダクション)と 演繹( deduction 、ディダクション)、そして、 類推( analogy 、アナロジー)と 仮説形成( abduction 、アブダクション) という全部で 四つの種類に分類することができると考えられることになります。 こうした人間の思考において用いられている 四つの論理的推論のあり方には、 具体的にどのような意味の違いがあり、 それぞれの推論においては 具体的にどのような形で論理展開が進められていくと考えられることになるのでしょうか? スポンサーリンク 論理的推論の四つの分類と帰納・演繹・類推・仮説形成の意味の違い 詳しくは、 「」の記事で書いたように、 まず、 演繹と 帰納という二つの推論の形式においては、 演繹においては、前提となる 一般的な理論や普遍的な概念からの 必然的な論理展開によって、 個別的な概念や具体的な事実を導き出す推論が進められていくのに対して、 帰納においては、実験や観察によって得られた 実証的事実や経験的事実の集積に基づいて、 個別的な事例や具体的な事実の方から 一般的な理論や普遍的な法則を見つけ出そうとする推論が進められていくことになります。 それに対して、 「」の記事で書いたように、 次の 仮説形成と呼ばれる推論の働きにおいては、 帰納的推論の場合と同様に、 実証的事実や経験的事実の集積に基づいて推論が進められていくものの、 仮説形成においては、実証的事実や経験的事実を成り立たせている 原因や仮定へとさかのぼっていく形で推論が進められていくことによって、そうした 事実を合理的に説明するための 仮定となる理論が導き出されるという点に、帰納的推論との推論の方向性の違いが見いだされることになります。 そして、最後に、詳しくは、 「」の記事で考察したように、 類推と呼ばれる推論の働きにおいては、 個々の概念同士の間で成立する 類似性に基づいて、 具体的なイメージを伴った推論がより 自由な形で展開されると考えられることになります。 それでは、 こうした 帰納・演繹・類推・仮説形成と呼ばれる 四つの論理的推論においては、それぞれ 具体的にどのような形で論理展開が進められていくと考えられることになるのでしょうか? スポンサーリンク 帰納・演繹・類推・仮説形成における具体的な推論の展開 例えば、 「太陽が東から昇り西へと沈む」という現象が、 帰納・演繹・類推・仮説形成という上記の 四つの論理的推論においてどのように説明されることになるのか?という議論について考えてみるとするならば、それは以下のようになります。 まず、実験や観察によって得られた 実際に太陽が東から昇って西へと沈んでいくという経験やデータに基づいて、 そうした 経験的事実や実証的事実の集積から直接的に 「太陽は常に東から昇り西へと沈む」という 普遍的な結論を導き出そうとするならば、 それは、 個別的な事例や具体的な事実の側から 一般的な理論や普遍的な法則を見つけ出す 帰納的推論に基づく議論であると考えられることになります。 それに対して、 そうした 実証的事実や経験的事実の集積から、東から昇り西へと沈むという太陽の運行が観測される 原因や理由へと考察が進み、 こうした太陽の運行を 合理的に説明するための 天動説や地動説といった前提となる 仮説理論を導き出すことができるとするならば、 それは、実証的事実や経験的事実に基づいて、そうした 事実を合理的に説明するための 仮定となる理論を導き出す 仮説形成という推論にあたると考えられることになります。 そして、例えば、 子供が目の前でくるくると回って遊んでいる際に、 本当は自分の身体のほうが回転しているだけなのに、回っている 当人の側からは、世界の方がぐるぐると回っているように見えることから、 それと同様に、 太陽と地球の関係においても、自分たちがいる 地球の方が太陽の周りを回っていることことによって、 地球の側からは、太陽の方が地球の周りをまわっているように見えるといった考え方が 連想されることがあるように、 地動説といった仮説理論が形成されていく際に必要となる 新しい理論のもととなる着想自体は、 こうした 類推や連想と呼ばれる推論の働きによってもたらされることになると考えられることになります。 そして、最後に、 こうした 類推によって得られた 新しい着想と、その着想に基づく 仮説形成によって、 地動説といった 新しい理論が完成されることになると、 今度は、こうした 地動説といった普遍的な理論に基づいて、その理論からの 必然的な論理展開による 演繹的推論によって、 改めて 「太陽が東から昇り西へと沈む」という現象が、より 必然性の高められた論理的推論によって論証されることなると考えられることになるのです。 ・・・ 以上のように、 帰納(インダクション)と 演繹(ディダクション)、 類推(アナロジー)と 仮説形成(アブダクション)とは、一言でいうと、 演繹が 一般的な理論や普遍的な概念からの 必然的な論理展開によって、 個別的な概念や具体的な事実を導き出す 必然的な推論であるのに対して、 帰納は、 個別的な事例や具体的な事実の集積から直接的に 一般的な理論や普遍的な法則を見つけ出そうとする確実性の度合いの低い 蓋然的な推論であり、 仮説形成では、 実証的事実や経験的事実の集積に基づいて、そうした 事実を 合理的に説明するための 仮定となる理論が導き出され、 類推においては、 個々の概念同士の間で成立する 類似性に基づいて、 具体的なイメージを伴った推論がより 自由な形で展開されるという点に、 上記の 四つの論理的推論における 推論のあり方の具体的な違いがあると考えられることなります。 そして、 こうした 帰納と 演繹、 類推と 仮説形成という 四つの論理的推論のそれぞれの長所が生かされていく形で、互いに 適切な形で組み合わされていくことによって、 学問における理論体系や、 日常生活における一般的な議論において、より 説得力のある必然性の高い理論や主張が形成されていくことになると考えられることになるのです。 ・・・ 初回記事: 前回記事: 「 」のカテゴリーへ.

次の

アブダクション (ウエイトトレーニング)

アブダクション 意味

具体的動作 [ ] シーテッド・アブダクション・マシン [ ]• マシンのシートに座り、膝の外側にパッドがくるように調節する。 両脚が閉じた姿勢からスタートする。 息を吐きながら大腿を開く。 が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。 スタンディング・アブダクション・マシン [ ]• マシンの正面に立ち、膝の外側にパッドがくるように調節する。 両脚が交差した姿勢からスタートする。 息を吐きながら片脚を上げていく。 が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。 スタンディング・ケーブル・アブダクション [ ]• ロープーリーにアンクルストラップをセットし、足首に巻く。 マシンに対して横を向いて立つ。 両脚が交差した姿勢からスタートする。 息を吐きながら片脚を上げていく。 が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。

次の

帰納法・演繹法・アブダクションの3つの推論過程の違い|論理的思考(ロジカルシンキング)|ferret

アブダクション 意味

のちにアパゴーゲーはアブダクション(abduction)と英訳された。 は(deduction)、(induction)に対する第三の方法としてアブダクションの語を用いた。 結果や結論を説明するための仮説を形成することを言うこともある。 やの分野でも定義づけされた言葉として使われている。 アブダクションの意味や思考法は、演繹法や帰納法ともまた異なるものであり、失敗の原因を探ったり、計画を立案したり、暗黙的な仮説を形成したりすることにも応用できる。 例えば、の論理的な誤りを探し出し直すという過程では、アブダクティヴな解釈と推論が行われており、一般的な立証論理の手法と通じるものがある。 アブダクションは、関連する証拠を(真である場合に)最もよく説明する仮説を選択する推論法である。 アブダクションは観察された事実の集合から出発し、それらの事実についての最も尤もらしい、ないしは最良の説明へと推論する。 アブダクションという用語はまた、たんに観察結果や結論を説明する仮説が発生することを意味するためにもときおり使われる。 だが哲学やコンピュータ研究においては、前者の定義がより一般的である。 などではと呼ばれている。 妥当な演繹は、仮定が真であれば結論も真であることを保証する。 帰納は、推論した規則が真であることを保証しない。 帰納が仮定と結論から規則を推論するのに対し、アブダクションは結論と規則から仮定を推論する。 アブダクションは、推論した仮定が真であることを保証しない。 アブダクションそれ自体としては、形式的には論理学でいうに等しい。 このようにアブダクティヴな推論はそこで提起される原因が疑わしいので、「 Post hoc ergo propter hoc 」という時間の前後関係を因果関係と混同した虚偽の論法に似ている。 「最良の」説明を表現する一要素を選択する基準には、単純性、より蓋然的であること、ないしはその説明の説明力が含まれる。 TV番組 [ ]• 「」『NHK高校講座 ロンリのちから』(、2015年5月放送) 脚注 [ ]• アリストテレス「第2巻、第25章 還元[帰着]法」『分析論前書』1、訳、岩波書店〈アリストテレス全集〉、1971年。 関連文献 [ ]• 赤井清晃「アリストテレス『分析論前書』B25におけるアパゴーゲーについて」『シンポジオン』第44巻、1999年。 アリストテレス「第2巻、第25章 還元[帰着]法」『分析論前書』1、井上忠訳、岩波書店〈アリストテレス全集〉、1971年。 「第四章 探究の本性とその方法」『パースのプラグマティズム』勁草書房、1985年。 伊藤邦武「アブダクション」『岩波哲学・思想事典』、1998年。 「創造の機構 科学的発見の方法論的考察」『理想』第506巻、、1975年。 「5 パースの「アブダクション」と可謬主義」『現代アメリカ思想』、2001年。 「アブダクションの理論」『上山春平著作集』1、、1996年。 戸田山和久「第2章、2 ここで演繹と帰納について復習しよう」、「第2章、3 科学方法論としての仮説演繹法」『科学哲学の冒険』日本放送出版協会、2005年。 「第3章、4 仮説の設定:最善の説明のためのアブダクション」『科学の哲学』、2004年。 3 発見の論理」『科学の哲学』放送大学教育振興会、2004年。 「アブダクション」『記号学大事典』、2002年。 「第四章、四 論証の三分法」、「第四章、五 アブダクション」『パースの記号学』勁草書房、1981年。 米盛裕二「2-10 アブダクション」『人工知能学事典』、2005年。 米盛裕二『アブダクション 仮説と発見の論理』勁草書房、2007年。 関連項目 [ ].

次の