パワーポイント フッター 編集 できない。 デジタル:[パワポ]編集できない文字を消すにはどうする? 「スライドマスター」機能をマスターせよ!(GetNavi web)

PowerPoint プレゼンテーションを開くときにフッターを編集できない

パワーポイント フッター 編集 できない

PowerPointでは、同じ文書内の1枚1枚を、「ページ」ではなく「 スライド」と言います。 なので、各スライドが何枚目なのかを示す番号のことも、「ページ番号」ではなく「 スライド番号」と呼びます。 こういったスライド番号や日付はもちろん、会社名などのお好みの文字を全スライドに入れたい時には、[ ヘッダーとフッター]という機能を使います。 ちなみに[ヘッダーとフッター]は、基本的には「 全スライドに表示したい文字を入れる」機能ですが、全スライドではなく、文書内のこのスライドにだけ設定する、ということもできます。 どちらにしても基本操作は同じです。 今回は下の図のような文字がスライドに表示されるよう、設定していくことにしましょう。 まず、スライドにヘッダーやフッターを設定する時には、の、どちらかの状態で操作していきます。 どちらを選ぶかは完全にお好みで。 どっちでもOKです。 まずはで操作する場合。 「このスライドにだけ設定したい!」という場合には、画面左側のスライドの一覧で設定したいスライドをクリックで選択し、そのスライドを表示しておきます。 全スライドに設定したい場合には、どのスライドが表示されていてもOKです。 で操作する場合で、「このスライドにだけ設定したい!」という場合には、やはりスライド一覧の中から設定したいスライドをクリックで選択しておきます。 全スライドに設定したい場合には、どのスライドが選択されていてもOKです。 [挿入]タブ、 [テキスト]グループの[ヘッダーとフッター]をクリックすると、 ヘッダーとフッターを設定するためのダイアログボックスが表示されます。 このダイアログボックスの[スライド]タブで設定していきます。 それでは下記で、このダイアログボックスの各設定について、詳しく見ていきましょう! 日付と時刻 日付や時刻を入れたい場合には、[日付と時刻]にチェックを付けると、[自動更新]か[固定]のどちらかが選択できるようになります。 [自動更新]は、文書を開くなどの、節目となる様々な操作のタイミングで、その時点の日付や時刻に自動的に更新されます。 でも、「西暦じゃなくて和暦タイプの日付がいいなぁという場合には、 【PowerPoint 2013】 [カレンダーの種類]が「グレゴリオ暦」だと西暦が表示されるので、 【PowerPoint 2010・2007】 [カレンダーの種類]を「西暦」ではなく、 [カレンダーの種類]を「和暦」にすると、一覧から和暦の日付が選択できるようになります。 [固定]を選択した場合には、入力した日時が更新されることはなく、いつでもそのまま表示されます。 [固定]を選択すると、その下の欄にとりあえずの日付が表示されますが、これを自分で好みの日付に入力し直します。 スライド番号 冒頭でもご紹介しましたが、PowerPointではスライドに付ける番号のことを、「ページ番号」ではなく「 スライド番号」と呼びます。 好みの文字を設定したい 会社名や部署名、自分の名前などの、好みの文字を設定したい場合には、 [フッター]にチェックを付け、その下の欄に、好みの文字を入力します。 この時、「[ヘッダー]という欄は無いのか?」と思う方もいらっしゃると思うのですが、PowerPointでは、WordやExcelのヘッダー/フッターに関する考え方とは違います。 これについては後でご説明しますので、とりあえず、「好みの文字を入れたい場合には[フッター]欄に入力」と覚えてください。 最後に悩む「どっちのボタンを押せばいい?」 ここまででダイアログボックスの設定をしてきたわけですが、最後の最後で悩むのが、[適用]と[すべてに適用]、どちらのボタンを押せばいいのか?ということ。 【PowerPoint 2013】 これらのボタンはダイアログボックスの一番下にあります。 【PowerPoint 2010・2007】 これらのボタンはダイアログボックス右上にあります。 [ヘッダーとフッター]は、基本的には「 全スライドに表示したい文字を入れる」機能ですが、全スライドではなく、文書内のこのスライドにだけ設定する、ということもできます。 なので、「文書内のこのスライドにだけ設定したい」という方は、一番最初に設定したいスライドを選択してから、このダイアログボックスを表示しています。 というわけで、「文書内のこのスライドにだけ設定したい」という場合に[適用]ボタンをクリックすれば、選択しておいたスライドにだけ、ダイアログボックスで設定した文字が表示されます。 それに対し、[すべてに適用]ボタンをクリックすれば、文書内の全スライドに、ダイアログボックスで設定した文字が表示されます。 また、「全スライドに設定したいことはしたいんだけど、このような表紙となるスライドだけには、例外としてヘッダーとフッターを設定したくないんだよね〜」という場合には、 [タイトルスライドに表示しない]にチェックを付けた上で、[すべてに適用]ボタンをクリックすれば、表紙用のになっているスライドだけには、ヘッダーとフッターが設定されません。 ただし、[タイトルスライドに表示しない]にチェックを付けた場合のスライド番号の設定には、もうひと工夫が必要です。 詳しくは「」をご覧ください。 これで、ダイアログボックスで設定した文字を、スライドに表示させることができました! PowerPointにヘッダーは無いのか? Officeでは、文書の上部と下部を、人間の体にたとえた名付け方をしています。 文書の上部に表示させる文字を、「頭」を意味する「head」から「ヘッダー」と呼び、文書の下部に表示させる文字を、「足」を意味する「foot」から「フッター」と呼んでいます。 WordでもExcelでも、文書には「ヘッダー領域」と「フッター領域」というものがあり、Word・Excelそれぞれに、この領域を個別に設定できるようになっています。 ところがPowerPointでは、[ヘッダーとフッター]ボタンをクリックすると、 [ヘッダーとフッター]ダイアログボックスには、[フッター]欄はあるものの、[ヘッダー]欄はありません。 そして尚且つ、[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスで設定したものは、スライド番号であろうと、好みの文字であろうと、すべてスライドの「足元」である、スライドの下部に表示されます。 (スライドのによっては、スライドの上部や右端などに表示される場合もあります。 ) 実はPowerPointの場合、WordやExcelのような厳密な「ヘッダー領域」「フッター領域」という場所は無く、[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスで設定したものは、 とりあえずの場所に表示されます。 そして、[ヘッダーとフッター]機能で表示させた文字を、「スライドの上部に表示させたい」、「スライドの下部にあることはあるけど、スライドの右下ではなく左下の方がいい」などのように位置を変えたい場合には、 「スライドマスタ」という機能を使って、位置を整えます。 また、[ヘッダーとフッター]機能で表示させた文字の、「色やフォントサイズなどが気に食わない!」という場合も、 「スライドマスタ」という機能を使って、書式を整えます。

次の

PowerPoint 2013 ヘッダーとフッターの挿入

パワーポイント フッター 編集 できない

「Excelページ設定」シリーズ(この記事は第2回です)• ヘッダー、フッター、ページ番号を編集または削除する方法• 目次 問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。 ぜひご覧ください。 1.ヘッダー・フッターのメリットとデメリット 問題 ヘッダーまたはフッターを入れることのメリットとデメリットを述べなさい。 解説 ヘッダーやフッターを入れるとすべてのページに共通の文字列を入れることができます。 ページが分かれていても1つの連続した文書であることがわかり、他の文書と混ざったときも元に戻すことができます。 ヘッダーやフッターを統一することによって1つの文書であることを表すため、共通でないものは入れてはいけません。 ヘッダーやフッターを入れると、1ページあたりのボディーの面積が減ります。 そのため、ページ数が増えることがあります。 2.ヘッダーの挿入 問題 ヘッダー左側に「会議資料」と入れなさい。 また、フォントを16ptにしなさい。 解説 ページレイアウトのページ設定の画面を開きます。 ヘッダー・フッターのタブにします。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 会議資料と入力します。 OKを押すと会議資料と表示されます。 この画面ではヘッダー・ボディー・フッターに分けて考えます。 編集するにはそれぞれの編集のボタンを押します。 もう一度、ヘッダーの編集のボタンを押します。 会議資料を選択します。 フォントのボタンを押します。 16ポイントにします。 16ポイントになりました。 3.ページ番号と日付の挿入 問題 さらに、フッター中央にページ番号を、右側に日付を挿入しなさい。 解説 今度はフッターの編集のボタンを押します。 フッター中央にカーソルを置きます。 ページ番号のボタンを押します。 ページ番号が入ります。 このようなボタンをヘッダー、フッターの「 組み込み要素」といいます。 右側にカーソルを置きます。 日付のボタンを押します。 この日付は文書を作成した日ではなく、印刷した日付です。 *補足* ページ番号は「1」から始まりますが、この開始番号は「ページ設定」の「 先頭ページ番号」で変えることができます。 通常は「自動」になっていますが半角数字を入力することによってその番号からページ番号が始まります。 4.ヘッダー・フッターの削除 問題 ヘッダー・フッターを削除しなさい。 解説 フッターやヘッダーを削除するときは、指定しないにします。 直接、文字を削除してもよいです。 解説 ページ設定の画面を出します。 ヘッダー・フッターのタブにします。 フッターの編集のボタンを押します。 中央に会議資料、スペースを入力します。 ページ番号のボタンを押します。 スラッシュを入力します。 総ページ数のボタンを押します。 これで完成です。 ページを消します。 会議資料を入力します。 6.ヘッダーに画像を入れる 問題 ヘッダー右側に画像を挿入しなさい。 解説 任意の場所に画像を保存しておきます。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 右側にカーソルを置きます。 図の挿入のボタンを押します。 ファイルから、画像の保存場所を探して挿入します。 印刷するとすべてのページにロゴが入ります。 ヘッダーを大きくするとボディーの部分が狭くなります。 ヘッダーやフッターに使用する画像は、できるだけ横長の小さいものにします。 7.ページレイアウトビュー 問題 Excelの挿入タブの中には、ヘッダーとフッターのボタンがあります。 この画面でフッター中央にページ番号を挿入しなさい。 解説 ヘッダーやフッターを挿入するには、通常、ページ設定の画面を使います。 この方法のほかに、挿入タブの、ヘッダーとフッターのボタンを押すという方法があります。 このような画面を「 ページレイアウトビュー( PageLayoutView)」といいます。 ビュー( View)とは画面表示の見え方のことです。 フッターに移動します。 中央をクリックします。 ページ番号のボタンを押します。 これで完成です。 ページレイアウトビューにすると、挿入したヘッダーやフッターを見ることができます。 8.標準ビューでヘッダー・フッター領域を非表示にする 問題 標準のビューに戻しなさい。 解説 表示タブでページレイアウトビューになっていることを確認します。 これを標準にします。 一般に、ヘッダーやフッターが見えない状態を「 標準ビュー( NormalView)」といいます。 標準ビューはヘッダーやフッターの非表示です。 標準ビューにしてもヘッダーやフッターが消えるわけではありません。 隠れるだけです。 右下のボタンを使ってビューを切り替えることもできます。 縦長の表の場合、ページが変わるごとに途切れるのは見にくいです。 通常は、 標準ビューにしておきます。 9.ヘッダー・フッターに&を使う 問題 ヘッダー左側に半角で「Q&A」と入れなさい。 解説 ページレイアウトのページ設定の画面を開きます。 ヘッダー・フッターのタブにします。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 全角で「Q&A」と入力します。 この場合は問題なく入ります。 「QSheet1」になります。 ヘッダー・フッターの編集の画面で、日付やページ番号を入れると、&から始まる記号で表示されます。 これを組み込み要素といいます。 これでQ&Aになります。 &を2つにすると「&」を表示することができます。 ヘッダー・フッターの時に、半角の&を使用するには 必ず&を2つにします。 解説は以上です。 10.動画版はこちら(無料) この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 4-3、4-3-2、4-3-3 の3本のYoutube動画を書き起こしたものです。

次の

ページ番号(スライド番号)や会社名をヘッダー/フッターに【PowerPoint・パワーポイント】

パワーポイント フッター 編集 できない

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint 2019 PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2007 PowerPoint スライド ショーを実行するときに添付されるノート ページを作成して印刷することができます。 印刷されたノート ページの半分にはスライド サムネイル、残りの半分には発表者のノートが表示されます。 ノート ページにページ番号、フッター、ヘッダー、または日付を追加する• [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスが表示されます。 [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで、[ ノートと配布資料] タブを選択します。 印刷されたノート ページに表示する項目のチェック ボックスをオンにします。 次に、ノートの各ページの上部または下部に表示するテキストを入力します。 既定では、[ ページ番号] がオンになります。 印刷されたノート ページに表示しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。 [ 日付と時刻] には、以下の日付スタンプの書式設定オプションがあります。 目的 操作 プレゼンテーションが開かれるたびに更新される日付と時刻を追加します。 [ 自動的に更新する] を選択します。 次に、目的の日付や時刻の形式を選択します。 固定の日付と時刻を追加する [ 固定] をクリックして、日付と時刻を入力します。 [ プレビュー] 画像には、オンになっている項目が表示されます。 [プレビュー] 画像の四隅に 4 つの狭い四角形が表示されます。 太字の四角形は、印刷されたノートで項目がオンになっていることを示します。 この例では、ヘッダーとページ番号がオンになっています。 [ すべてに適用] を選択します。 リボンの [ ビュー] タブで、[ ノート ページ] を選択して変更の効果を確認します。 ファイル名とファイル パス PowerPoint では、ファイル名やパス名の自動挿入はサポートされていません。 代わりに、上記の手順に従って、指定されたテキスト ボックスにファイルまたはパスを入力します。 ノートにロゴやその他の画像を追加する ノートのページに画像を追加するには、次のようにしてノート マスターを編集します。 ツールバーのリボンで、[ 表示] タブ、[ ノート マスター] の順に選択します。 リボンの [ 挿入] タブで、[ 挿入]、[ 画像] の順に選択します。 目的の画像を探して選択し、[ 挿入] を選択します。 ページの中央に画像が挿入されます。 画像を目的の場所にドラッグして、必要に応じて画像のサイズを変更します。 その他の書式設定のオプションを表示するには、[ 図ツール] の [書式] タブをクリックします。 ノートからヘッダーとフッターの情報を削除する• 任意のスライドを選択します。 [ 挿入]、[ ヘッダーとフッター] の順にクリックします。 [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで [ ノートと配布資料] タブをクリックし、ヘッダーまたはフッターから削除するオプションのチェック ボックスをオフにします。 [ すべてに適用] を選択します。 リボンの [ ビュー] タブで、[ ノート ページ] を選択して変更の効果を確認します。 これらの変更は、スライド自体のヘッダーやフッターには影響しません。 印刷されたノート ページにのみ影響します。 関連項目.

次の