人参 ナムル。 人参とちくわのナムル

レンジで簡単。人気のつくりおき常備菜。やみつきにんじんナムル

人参 ナムル

Contents• 人参ナムルとそのアレンジ 副菜を作る時間がないときでも、人参を使った常備菜があれば、食卓の彩りと栄養価がグーンとアップ。 ・材料(作りやすい分量) 人参 1本 すりゴマ 大さじ1 ゴマ油 小さじ1 塩 一つまみ (あれば青ネギ少々) 用意するもの スライサー(100均で入手できます。 ) ・作り方 1人参はヘタを落としスライサーで千切りにする。 (包丁で千切りにしてもよい。 ) 2人参をレンジで加熱する。 (600Wで2~3分) 3青ネギは小口切りにする。 4人参、青ネギ、調味料とすりゴマをあわせる。 また、ゴマやゴマ油に含まれるビタミンEにも抗酸化作用があります。 ・調理Point スライサーを使えば千切りもあっという間。 あとはレンジ加熱して和えるだけ。 《注意点》 スライサーを使うときにはあまり小さくなるまでスライスして怪我しないようくれぐれもご注意ください。 残った部分は割り切って他の料理に使いましょう。 例えば 人参 + ポン酢 + ゴマ油 + めんつゆ + カレー粉 + ドレッシング(オリーブオイル、酢、砂糖、塩、こしょう) + パルメザンチーズ など。 さらに、ツナ缶や、炒りたらこ、ナッツやレーズンなどを加えれば栄養価やおいしさもアップします。 ぜひ、いろいろ試して毎日の食卓に人参を登場させてください。

次の

人参ナムルとそのアレンジ【栄養士の健康応援レシピ】健康栄養支援センター

人参 ナムル

Contents• 人参ナムルとそのアレンジ 副菜を作る時間がないときでも、人参を使った常備菜があれば、食卓の彩りと栄養価がグーンとアップ。 ・材料(作りやすい分量) 人参 1本 すりゴマ 大さじ1 ゴマ油 小さじ1 塩 一つまみ (あれば青ネギ少々) 用意するもの スライサー(100均で入手できます。 ) ・作り方 1人参はヘタを落としスライサーで千切りにする。 (包丁で千切りにしてもよい。 ) 2人参をレンジで加熱する。 (600Wで2~3分) 3青ネギは小口切りにする。 4人参、青ネギ、調味料とすりゴマをあわせる。 また、ゴマやゴマ油に含まれるビタミンEにも抗酸化作用があります。 ・調理Point スライサーを使えば千切りもあっという間。 あとはレンジ加熱して和えるだけ。 《注意点》 スライサーを使うときにはあまり小さくなるまでスライスして怪我しないようくれぐれもご注意ください。 残った部分は割り切って他の料理に使いましょう。 例えば 人参 + ポン酢 + ゴマ油 + めんつゆ + カレー粉 + ドレッシング(オリーブオイル、酢、砂糖、塩、こしょう) + パルメザンチーズ など。 さらに、ツナ缶や、炒りたらこ、ナッツやレーズンなどを加えれば栄養価やおいしさもアップします。 ぜひ、いろいろ試して毎日の食卓に人参を登場させてください。

次の

【ビビンバ丼】人参のナムル【簡単写真付きレシピ・作り方】

人参 ナムル

目 次• 人参のナムル ビビンバの色取りとして、あるととてつもなく華やかなになる人参のナムル。 今が旬な訳ではありませんが、ほぼ年中スーパーなどで出回っている人参だからこそ、ビビンバを作る際には加えて欲しい一品です。 鍋に水と塩を入れて火にかけます。 人参を洗って皮を剥き、矢印の方向に切って細めに切っていき、ザルに入れます。 お湯が沸いたら、ザルのまま入れ、15秒位塩ゆでします。 柔らかくなったら水に入れ冷やします。 人参のナムルのポイント コツ1 人参 人参そのものは固いので、長めにゆでる印象がありますが、切った人参は柔らかくなるのが早い(15秒位)です。 少し取って柔らかくなっているか確かめるのをオススメします。 コツ2 大きめのボール ビビンバの食材(もやし,小松菜など)を同時進行で塩ゆでしていく場合は大きめのボールを用意し、ザルの外側で冷やすととても楽になります。 各ナムルやビビンバの作り方は下記のリンクからもご覧ください。 の作り方 の作り方 の作り方 の作り方 の作り方 の作り方 の作り方.

次の