年金 手帳 の 再 発行。 年金未払い、年金手帳の再発行について

年金手帳の再発行に必要なものやどこでできるのか時間はどれくらいかかるのか解説

年金 手帳 の 再 発行

また、 印鑑は基礎年金番号がわからない場合に調べてもらうために必要となりますので、もしマイナンバーや基礎年金番号をが確認できるものがない場合は持参しておきましょう。 年金事務所に行ってから書くのでも間に合います。 ただ、事前にダウンロードして一部だけでも記入しておくと手続きはスムーズになります。 年金事務所の窓口に直接行く場合は、基本的に「A. 被保険者」の部分と「B. もちろん、「B. 申請内容」のその他の部分も分かるなら書いた方が良いのですが、窓口で職員に聞いてから書いた方が正確です! なお、氏名を自署する場合には印鑑は不要です。 年金機構のHPでは更に詳しい記入例も載っているので、全部埋めたい方はそちらも参照して下さい。 しかし、日本年金機構に問い合わせたところ、以下のような答えが返ってきました。 「再発行した年金手帳は後日郵送が原則で、即日再発行するというルールはない」 「即日再発行をしているケースもあるようだが、できるかどうかは状況を見て窓口の担当者が判断する」 実情ではほとんどの場合即日で再発行してもらえるようですが、日本年金機構が定める規定の中では「即日の再発行はしない」となっているので、 即日で再発行ができなかったとしても文句は言えないということになります。 ただ、繰り返しますが、 実際は大抵の場合は可能ですので、あまり心配はいらないでしょう。 原則的な年金手帳の再発行手続き【被保険者別の申請先と申請方法】 ここまで、年金手帳を"即日"で再発行する方法について見てきました。 しかし、先ほども見たように"即日"での再発行は実務的には頻繁に行われるものの、日本年金機構が定める原則的な再交付手続きのやり方ではありません。 そこで、以下で原則的な年金手帳の再発行手続きのやり方について見ていきます。 自分がどの被保険者種別に該当するか分からない方は下記記事を参照して下さいね。 参考: まずは被保険者別の申請先を確認しておきましょう。 なお、以下の表は年金機構のHP及び機構への電話確認を元に作成しています。 被保険者種別 届出先 第1号被保険者 または任意加入被保険者 住所地の市区町村役場(最寄りの年金事務所でも可能な場合あり。 また郵送の場合は事務センターでも可) 第2号被保険者 勤務する会社経由、または会社の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可) 第3号被保険者 参考元: 日本年金機構に確認したところ、第2号・第3号被保険者に関しては (配偶者の)勤務先経由で申請するのが原則だそうです。 つまり、会社員の方や、会社員に扶養される奥さんなどは、会社に頼めば全部代わりにやってもらえるということですね!まずは会社の人事総務部などに相談してみましょう。 第1号被保険者の方や勤務先に頼まずに自分で手続きする方の場合は、以下の3つの方法から好きな方法を選んで手続きを行います。 郵送の場合は、「年金手帳再交付申請書」を作成して、最寄りの年金事務所()もしくは事務センター()へ送付して下さい。 は非常に煩雑で、初めての人はかなり戸惑います。 なので、郵送にした方が無難です。 この記事でもやり方は省略させて頂きます。 年金手帳が再発行されるまでの期間まとめ さて、ここで一度、再発行にかかる期間を被保険者・申請方法別にまとめておこうと思います。 被保険者種別 申請方法 再発行までの期間 第1号被保険者 市町村役場の窓口 数週間~1ヶ月 即日対応の自治体もあるそうです) 第2号被保険者 勤務先経由 約1ヶ月 第3号被保険者 配偶者の勤務先経由 約1ヶ月 全員 年金事務所の窓口 ・即日(条件による) ・約1週間(後日郵送してもらう場合) 郵送 約1ヶ月 電子申請 約1ヶ月 基本的に、 窓口で即日再発行してもらう以外は約1ヶ月ほどかかってしまうと思って良いでしょう。 早めに欲しいなら、とにかく年金事務所の窓口に行くしかありませんね。 まとめ~紛失したらすぐに再発行依頼をかけておこう! 2018年からはマイナンバーと年金情報のヒモ付が行われています。 これにより、"年金手帳や基礎年金番号"の役割は低下していく事が予想されますが、現時点では就職時・転職時に求められる事も多いですし、年金受給の際にも必要になることがあります。 本文で見てきたように、年金手帳は様々な方法で再発行が可能ですから、紛失した事を確認したら有事に備えてなるべく早めに再交付してもらいましょうね。 参考:.

次の

年金手帳を紛失又はき損したとき|日本年金機構

年金 手帳 の 再 発行

まずは社会人の常識として、年金手帳の役割を把握しておきましょう。 そもそも、年金手帳を見たことはあるでしょうか?葉書サイズで現行の色は青となっています。 健康保険証のように普段使うものではありません。 「国民年金(厚生年金)の被保険者であることを証明する手帳」と規定されています。 要は、年金番号を証明するためのものです。 入社式の際の持ち物に年金手帳を求められるのも、この年金番号が必要となるからです。 学生であっても、20歳以上なら1冊交付されている 企業に入社するときに提出を求められる年金手帳は、20歳以上の成人には必ず国からひとりに1冊は交付されるようになっています。 そのため、20歳を超えていれば、学生でも基本的には手元にあるはずです。 場合によっては実家にあったり親が保管しているケースがあるので、入社前にできるだけ早めに確認しておく事をおすすめします。 仮に、どうしても年金手帳が見つからない!という際でも、再交付にはそれなりに時間がかかる事もあるので注意しましょう。 人によっては、「年金手帳なんてもらってない」なんて思っている人も少なくありません。 しかし、年金は20歳の時点で加入手続きが済んでおり、青色の年金手帳が手元に送付されているはず。 つまり、20歳の時点で住民票を置いていた住所に保管してあるはずなのです。 使い方がわからなかった当時ですから、きっと意識してなかったのかもしれませんね。 年金手帳の発行と保管は慎重に 年金番号の証明は日常で使う事はまずありません。 そのため、個人で管理する場合は自宅の引き出しの中などで管理しているでしょう。 入社の際に、会社に年金手帳を提出をしますが、その後は会社の金庫で保管されます。 年金手帳の発行は年金事務所で行いますが、申請は市町村役場でも可能です。 自宅保管で紛失また破損した場合は再発行ができます。 必要なら、入社前に早めに再発行しておきましょう。 入社時には「年金手帳」の提出が必須 就職が決まり入社式に招待されます。 その際、当日の持ち物としていくつかの提出書類を求められるでしょう。 その中のひとつに「年金手帳」があるかと思います。 さて、入社時に提出を求められる持ち物の「年金手帳」ですが、そもそも何のために提出するのでしょうか。 答えはごく簡単なもので、「健康保険」「厚生年金」などの加入に必要だからです。 被保険者としての資格を取得するために、入社の際に年金手帳の提出が求められるのです。 年金手帳は、後日、健康保険証と一緒に返却されるのが一般的です。 預けたまま返ってこないのは、会社が管理しているから 入社の際に預けて以降、年金手帳がしばらく返ってこない、という場合があります。 これは、返却するのを忘れているわけではなく、会社が年金手帳を預かってくれているのです。 理由は単純で、「年金手帳を無くす人が多いから」というものです。 年金手帳を紛失する人も少なくないため、入社時に提出してから退職するまで預かってくれる、ということですね。 年金手帳は、自分で保管するものが一般的ですが、企業によっては企業側で退職まで保管してくれるところがあるのです。 退職する際に「年金手帳を失くした!」なんてならないよう、企業に預けた場合はしっかりと覚えておくようにしましょう。 ちなみにこれは強制ではないので、年金手帳を返却してほしいのであれば、希望すればちゃんと返ってきますよ。 「年金手帳ない」という事態になるのはなぜ? いざ会社に年金手帳を提出する際に「年金手帳ない」と慌てる人が必ずいます。 20歳以上であれば、必ず交付されているはずなのに、どうして「年金手帳ない」という事態に陥るのでしょうか。 その主な理由を見てみましょう。 それだけ、年金手帳の管理が徹底されていないということですね。 入社前に「年金手帳がない!」と慌てないための第一歩は、しっかり管理する場所を把握しておく事です。 そうすれば「年金手帳がない…あ、そうだ。 あの棚にしまったんだ。 」と解決できるでしょう。 年金手帳は20歳になれば発行されるため、20歳以降に公務員になった場合は年金手帳を持っているかもしれませんが、20歳までに公務員になった場合は発行がされていない可能性があります。 その場合は「基礎年金番号通知書」を再発行し、転職先に提出しましょう。 「年金手帳持ってない」と思ったら… もしも「年金手帳持ってない…まずいな」と思ったら、以下の可能性を考えてみましょう。 ・実家に置いてある ・両親が管理してくれている ・引き出しの奥に埋もれている 「年金手帳持ってない」と悩む人の場合、こういった可能性が高いです。 どのケースも自分の意識の外で管理が行われているため「年金手帳持ってないよ!」となってしまうのです。 年金手帳持ってない=なくしたとか、年金手帳持ってない=盗まれたという風には断定できないので、まずは、身近なところから捜索を始めましょう。 持ってない人はどうすべき? 両親に確認しても年金手帳持ってない。 実家に帰ったけれども年金手帳がない。 引き出しをいくら探しても年金手帳ない。 そんなときは、手間がかかりますが、再発行をする必要があります。 一番いいのは再発行せずにきちんと管理しておく事ですが、やむを得ず「年金手帳がない」状況は生まれますから、再発行について見ましょう。 ない場合には再発行の手続きを! 実家にもない、親に聞いてもわからない。 そんな場合は、年金手帳を再交付しなくてはなりません。 その際に年金手帳の再交付を行う機関は、住民票を置いている「市役所(もしくは区役所)」です。 再交付の申請に手数料はかかりませんが、申請してから1週間以上経ってから自宅へ新しい年金手帳が送られてくるので、時間がかかってしまいます。 入社に間に合わない……なんて事態はなるべくなら避けたい事であるため、やはりなるべく早めに年金手帳の有無を確認しておくべきでしょう。 市区町村の国民年金窓口、もしくは社会保険事務所で手続き いくら探しても年金手帳が見つからない……という場合は、入社の2週間以上前までには再発行の手続きをしなくてはなりません。 入社当日の持ち物なのに「間に合わなかった」なんてことだけは避けたいですよね。 年金手帳の再交付をするには、市区町村の国民年金窓口、もしくは社会保険事務所で手続きをしましょう。 その際に必要な持ち物は、「年金番号」または「本人確認ができるもの」を用意しましょう。 運転免許証や健康保険証、住民票などですね。 また、年金手帳に関する問い合わせは、社会保険事務所などに直接した方が良いでしょう。 基本的には、国や市区町村へ申請するときのあらゆる書類と同じなのですが、 「身分証明書」 「認め印」 を用意して市役所・区役所等に申請手続きに行きましょう。 また、年金定期便や特別便など、関連する書類が手元にある場合には、それらも一緒に申請時に持参しておくことをおすすめします。 入社式の持ち物「年金手帳」を持っていない人は早めに手続きをしよう 「年金手帳持ってない」と焦っている人が、入社前にすべき再発行の方法について見てきましたがいかがでしたか?入社の際に提出を求められる持ち物の中に「年金手帳」があります。 年金手帳は、学生であろうが基本的には20歳の時点で交付されているはずなので、もし「年金手帳ない」と思った人でも、成人さえしていれば必ず持っているはずです。 会社の一員として年金手帳の提出は必須となっているので、入社時の持ち物として、事前にしっかりと確認し、用意しておくようにしましょう。 年金手帳がない、持ってない人は再発行が必要ですが、年金手帳の再交付は2週間程度時間がかかってしまうことがあるので、できるだけ早めに準備しておくのが大切です。

次の

年金手帳の再発行に必要なものやどこでできるのか時間はどれくらいかかるのか解説

年金 手帳 の 再 発行

「年金手帳」とは? 「年金手帳」は公的年金に加入すると交付される手帳 「年金手帳」とは国民年金や厚生年金などの公的年金に加入すると交付される手帳です。 年金手帳には、基礎年金番号や年金に加入したときの日付など個人の年金に関する秘録が記されています。 年金手帳は年金についての一切を管理する日本年金機構により発行されて、日本に住む20歳から60歳未満の人は一人一冊ずつ所持します。 年金手帳を紛失した場合の対処法 年金手帳がなくてもマイナンバーカードで代用 年金関係の手続きを行う場合に年金手帳がなくて慌ててしまいますが、現在では年金手帳がなくても事務手続きを行うことができます。 平成30年3月5日よりマイナンバーがあれば、公的年金の手続きに必要な基礎年金番号者照会できるようになりました。 そのため、年金手帳がなくても手続きが行えます。 しかし年金手帳を紛失したままでいいというわけではありませんので、もしも年金手帳が見つからない場合には年金手帳の再発行手続きを行いましょう。 「年金手帳」の再発行をできる場所とは 市役所では国民年金のみに加入している方が手続きを行う 年金手帳の再発行手続きは市役所または年金事務所でできるのですが、加入している年金によって申請場所が違います。 市役所では、国民年金にだけ加入している人は申請できます。 国民年金第1号被保険者と呼ばる方が対象で、主に自営業者や、農業や漁業に関わっている方、フリーターや学生、無職の方が該当します。 厚生年金加入者は会社か年金事務所で申請が行える 第2号被保険者と呼ばれる厚生年金加入者の場合は、勤務している会社を通して再発行手続きが行えますし勤務地が管轄の年金事務所でも申請ができます。 年金事務所は、年金に関しての質問や手続きなどの業務を請け負っている事務局です。 厚生年金加入者の扶養に入っている人(第3号被保険者)は、会社を通して年金手帳の再発行手続きを行うことができずに年金事務所でのみ手続きを行えます。 この場合の年金事務所はどこでもいいというわけでなく、配偶者の勤務地を管轄する年金事務所でしか手続きは行えません。 年金手帳の再発行手続きの方法と受け取るまでの時間 年金手帳の再発行手続きに必要なもの 年金手帳の再発行手続きに必要な書類は、年金手帳再交付申請書です。 日本年金機構のホームページからダウンロードするか、年金事務局等に行き受け取ります。 申請書には基礎年金番号を書く欄がありますので、基礎年金番号は国民年金保険料の口座振替額通知書や、納付書または領収書などで確認しましょう。 また窓口であればマイナンバーを伝えると基礎年金番号を照会してもらうこともできます。 他に必要な書類として、厚生年金加入者は勤務先の住所がわかる書類です。 また年金事務所の窓口で申請をする場合には、個人を確認するマイナンバーカードや運転免許所なども必要です。 再発行手続きは郵送や電子申請も可能 年金手帳の再交付申請書を申請先である役所や年金事務所に郵送で送って申請することもできれば、「e-Gov」(イーガブ)を通して電子申請を行うこともできます。 e-Govの電子申請アプリケーションをインストールして、電子証明書を取得すれば電子申請の準備が整います。 あとは指示に従いながら、e-Govのサイトで再発行手続きを行います。 委任状があれば代理人でもできる 年金事務所の窓口でなら、代理人でも人気ん手帳の再発行手続きは行えます。 ただしその代理人とは、社会保険労務士かその代理人、法定代理人、または申請者が務める事業主かその代理人のみです。 代理人申請に必要な書類は次の通りです。 代理人本人が確認できる書類• 委任状• 再交付を受ける本人の認印• 再交付を受ける本人の基礎年金番号またはマイナンバーカード 委任状は日本年金機構のHPからダウンロードするか、特に形式が決まっていないので、次のことが書かれていれば委任状として認められます。 委任年月日(委任状を作成した日付)• 代理人の氏名と住所• 代理人の申請を依頼する本人との関係• 本人の基礎年金番号• 本人の生年月日・性別・住所・電話番号• 委任内容 再発行手続きの料金は無料 年金手帳の再発行手続きにかかる費用はありません。 すべて無料で手続きを済ませられて、年金手帳も発送してもらえます。 年金手帳の再発行にかかる時間はほぼ1ヶ月 年金手帳の再発行手続きを終えると郵送で年金手帳は送られてきますが、受け取るまでの期間はほぼ1ヵ月です。 市役所で手続きした場合には1週間ほどで届けられる場合もありますが、約1ヶ月かかることもあります。 即日に年金手帳を受け取りたい場合には、年金事務所の窓口で申請をすると申請をした日に年金手帳を受けることもできますので、緊急の場合は担当の年金事務所に問い合わせてみましょう。 まとめ 「年金手帳」とは公的年金に加入すると交付される手帳で、日本に住む20歳から60歳未満の人は一冊ずつ持っています。 もしも紛失してしまったり使える状態でなくなってしまった場合には、再発行手続きをすれば新しい年金手帳が無料で交付されます。 なお、年金手帳に関しては次の記事でまとめてありますので参照ください。

次の