ロシア語 勉強。 ロシア語は結局、何から勉強を始めればよいのか。よくいただく質問です。

独学でロシア語勉強をする人が、絶対やってはいけないこと。

ロシア語 勉強

初心者にはどの本が最適なのか ロシア語をはじめて学ぼうとする人にどの教科書をおすすめしたらいいか。 そういう観点で自宅にある学習書をあらためて読み返してみたり、本屋や図書館に行って自分が持っていない入門書で何か良さそうなものはないかと探してみることにした。 ちなみに私はロシア語に初めて触れてから15年以上経過したが、長期間学習を中断したりした影響で、入門者レベルの時間が非常に長かった。 最近は割と集中して勉強しているので文法などは理解しているつもりだが、覚えるのに苦労した部分がいくつもあった。 そういった自分の経験を踏まえて、現在入手できそうな入門書を紹介したい。 入門書比較 ややマイナー(?)言語であるロシア語の入門書は数が限られてはいるが、選択の余地がないという程のレベルではない。 独学という観点からみれば恵まれている言語だろう。 単語やリスニングなどに特化した書籍もあるが、ここでははじめて学習する人が総合的に学べる(ように見えるだけのものもある)書籍に限定して紹介する。 また、ロシア語は発音がやや難しいので、今回はCDが付いている教材のみを対象とした。 構成はニューエクスプレスシリーズと同様に全20課、10の練習問題がついている。 私は「CDエクスプレス ロシア語」の時に購入して、すべてやり遂げた。 別の学習書を使っている人でも、基礎的な文法の復習として役に立つだろう。 もちろん初心者でも問題ない。 ただし、今はニューエクスプレスが出ているのでわざわざこちらを先に購入する必要もない気がする。 個人的には復習・確認のための練習用テキストとして使うことをおすすめする。 全50課で、各課にある短いテキストから文法を学んでいくという構成。 練習問題も十分な量があり、単語集や文法表も巻末に詳しく載っているので、一冊でかなり高いレベルに到達できるのが特長だ。 50課の後にも簡単な読み物がついているので、「このくらいのテキストが読めるようになる」という目標ができていいのではないか。 私自身も、主にこの本でロシア語を学習し、ロシア語能力検定試験3級に合格することができた。 今でも困ったときはこの本で文法を確認することも多い、私にとってとても便利な本である。 いろいろな学習書を買うよりもこれ一冊を徹底的にやれば相当な力がつくはずだ。 個人的な思い入れがあるのも事実だが、総合的に学習したい人には最もおすすめできる一冊だ。 全43課あるが、どの課でも短い例文が豊富に書かれていて、どれもすぐに会話で使えそうなものだ。 文法と実践的なフレーズがバランスよく学べるのがこの本の特長だろう。 全部暗唱してしまえば、自然と単語も文法も覚えてしまうだろうから、巻末の付録は少なめでいい、という考え方なのだろうか。 結局どれを選べばいいのか 10冊の入門書を見てみたが、はじめの一冊をどの入門書にするかは学習者の意欲に応じて選ぶべきだろう。 以上はあくまで個人的な意見なので、実際に書店や図書館で実物を見て購入することをおすすめする。 また、今回紹介したのは私の行動範囲内で実物を確認できた「ロシア語の入門書」っぽいものだけで、他にも販売されている入門書があるかもしれない。 ちなみに「」()という書籍もあったが、2冊に分冊されていて、両方買うと結構高いので紹介しなかった。 語学は目的意識によって上達度合いが違ってくるのでテキスト選びは非常に重要だ。 この記事がみなさんの学習の参考になればと願っている。 【2018年9月5日追記】 この記事を書いた後に、書店で別の本を見つけた。 それがこの「カラー版 CD付 ロシア語が面白いほど身に着く本」だ。 「入門の入門シリーズ」というだけあってあまり深いところまでは学ぶことができないが、非常に見やすい構成になっていて、かつ安価(税抜1,500円)なので、ロシア語を「さわり」だけやりたい本当の初心者にはおすすめできそうだ。

次の

ロシア語の発音や文法は簡単?勉強方法を調査!使える会話表現も紹介!

ロシア語 勉強

このサイトは基本的な会話表現から開始して、最後には辞書を引きながらであればある程度の購読も出来るような力を無理をしないで身につけることが出来るようにという願いをこめて作りました。 つまりは 初心者もしくはロシア語を勉強したことがあるけれども一度挫折したことがあるという人に向けて書かれたサイトです。 そして 目指す力は英語に例えれば最低でも中学3年の教科書レベルの内容をロシア語で読み、書き、話す力です。 仕事で英語を使ったことのある人なら経験上感じておられると思いますが、業務に関係のある専門語彙を除けば、会話に使うほとんど全ての表現は中学生の時代に勉強した内容ですね。 つまり中学3年生の教科書レベルを読み、書き、話すというのはそのレベルで実用的なロシア語を身につけてもらうことを目標としているということなのです。 「中学3年」と聞いて、「何だ簡単じゃないか」とは思わないで下さいね。 これが出来るということはものすごいことなのです。 日本で英語を学習し始めるのは、今は小学校からですが、我々の頃は中学校1年生からでしたね。 スペルの読み方も分からない生徒に対して先生が根気良く指導して、3年間で仕事にも使えるレベルの英語の単語、文法、発音を教えてもらってきたわけです。 つまり通常のペースでは3年かかります。 このサイトでは約1ヶ月でマスターすることを目指しているのですが、そのために私が使うことにした秘薬は英語や日本語の常識です。 我々大人は、初めて外国語というものに触れた中学1年生と比べると、いろいろな社会経験の中で様々な言葉、常識を身につけています。 英語という外国語の文法的な基礎知識もそのような常識の中に含まれます。 大人が学習するときにはこれを使わない手はないのです。 ロシア語の文法構造はインド・ヨーロッパ系語族として、英語、フランス語、ドイツ語などと共通する規則を沢山含んでいます。 英語の分詞構文そっくりの構文はロシア語にも存在しますし、関係代名詞や関係副詞だってあります。 過去形の表現とか進行形にあたる相の表現というものもあります。 このような類似点は本文の中でも英語との比較を引用しながら、要領よく説明していきます。 英語で覚えた知識が使えるわけですから、手間が省けますね。 しかしロシア語は英語とは異なる世界を沢山もっています。 例えば名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞という三つの「文法性」が存在すること、形容詞がそれに応じて変化します。 また発音的には、英語のような「高低アクセント」ではなく、「強弱アクセント」がロシア語では使われていて、ウダレーニエという「強く長く発音する母音の位置」をきちんと覚えなければなりません。 そしてキリル文字という独特の文字を使うというのも一つの特徴ですね。 文法的な細かなことはこれから順に説明していきますが、これ以外にも面白い特徴がいくつかあります。 細かなところまで全部書くのは無意味ですから、大きなところだけを紹介すると次のような特徴です。 1.動詞の時制には、過去形、現在形、未来形があるが、過去形は主語の数や性別に応じて変化するという形容詞的な特徴を持っているのに対して、現在形は人称と数によって変化するという特徴を持っている。 未来形は助動詞を使う点で英語に似ているが、助動詞は、現在形と同じく人称と数によって変化する。 完了を意味する場合には英語のように助動詞「have」を使った表現ではなく、完了形を意味する動詞である「完了体」を使い、そいうでないときには「未完了体」という動詞を使う。 2.名詞は複数形変化と格変化をする。 格は主なものが6つ、それ以外は痕跡として残る程度である。 3.形容詞には長語尾形と短語尾形があり、短語尾形は名詞を修飾する用法(限定用法)には使うことはなく、主格補語(主語とBe動詞でつなげるような用法)としては両方とも使える。 4.Be動詞に相当する単語はあるが省略されているのが普通である。 難しい言葉が出てきましたが、 要は「動詞」や「名詞」の活用にポイントがありそうだという気がすれば今は十分です。 英語とは異なるこれらの事項については順に説明するので心配しないで下さい。 覚え方はありますから。 さてこのような特徴はロシア語が属しているスラブ語派東スラブ語群の特徴です。 ロシア連邦の公用語であり、旧ソ連を構成していたベラルーシ、カザフスタン、キルギスの各共和国の公用語、そして国連の公用語となっており、ロシア語を話す人の数は2億8000万人と言われています。 意外と人数が少ないと思う方は旧ソ連の広大さを世界地図で確かめて下さい。 通じる地域の大きさがロシア語を勉強することの魅力の一つなのです。 そしてもう一つの魅力がスラブ語系の他の言語を勉強するときにロシア語の知識が大いに役立つということです。 ロシア語と非常に近い仲間である「東スラブ語群」にはウクライナ語、ベラルーシ語が含まれていますが、これらの地域は当然にロシア語も通じます。 そして彼らの言葉を聞いてもロシア語の知識があればある程度理解可能です。 ちょっとだけ離れた仲間が「西スラブ語群」ですが、この仲間にはポーランド語、チェコ語、スロバキア語などが含まれています。 私は大学院時代に「ポーランド政治」の授業を受講したことがありましたが、そのときに資料として教官から配られた「ガゼータ」というポーランド語の新聞の切り抜きは、キリル文字ではなく、ローマ字表記でしたが、発音してみるとロシア語で意味がある程度理解できたのを覚えています。 そして「南スラブ語群」という一群があって、ブルガリア語、マケドニア語、セル戊・クロアチア語などが含まれます。 先ほど説明した名詞の格変化、形容詞の格変化という面倒なものがなくなっていますから、例えばブルガリア語は「活用のないロシア語」と呼ぶ人もいます。 どの言葉も我々日本人にはなじみの薄い言葉ですね。 日本人にとってヨーロッパの言葉と言えば、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語がポピュラーで、旧ソビエト連邦やその衛星国の言葉はどうしても情報が少なかったのです。 しかしロシア語を勉強することで、これらの地域についての理解も一挙に深まります。 ロシア語を勉強することで皆さんの中の「ヨーロッパ」の地図が二倍の広さになる。 そんな気がしてきませんか?• サブコンテンツ サイドバー.

次の

ロシア語入門講座 はじめてのロシア語文法

ロシア語 勉強

俺は日々ロシア語の独学を進めている中で、どのくらいの 学習量をこなせばロシア語の中級者程度に達することができるのか、そしてロシア語の 難易度がとても気になったので調べることにした。 僕は高校生の時から1. インターネット上では嘘の情報が散見される〜ロシア語の習得は楽な道のりではない ロシア語を含めた言語の学習はとても根気が必要なものである。 事実、インターネット上にはそのような質問に対する答えが乗っている。 一般的には、ロシア語を含む外国語の習得には6か月から10年ほどかかるといわれているようだ。 しかし、ほとんどの人が外国語を簡単に早く習得したいと考えているためインターネット上には1日から2週間程度でロシア語を習得することが可能だという情報が掲載されていることがある。 このビデオを見ている人はこのような情報を鵜呑みにしていることはないと思うが、まあやってみるのも悪くはないと思う。 しかし、このビデオでは実際には外国語を習得するのにどのくらいの期間にわたり学習し続けることが必要なのかを検証する。 ロシア語の習得の難易度 米国国務省機関である外務職員局が英語話者による様々な言語の学習時間を測定した結果が報告されている。 その研究では、ロシア語を含めた様々な言語が習得難易度によって5つにグループ分けられている。 ロシア語の難易度はレベル4に分類されている。 上記の表によれば、レベル4にはロシア語意外にもペルシャ語やトルコ語、ヘブライ語などの言語があげられているが、これらの言語もロシア語同じように習得するのが 難しいとされているようだ。 私達の言語である日本語はさらに上のレベル5である。 上記の 難易度は英語話者のデータをもとに作成されたものであり日本語ではないことを留意したい。 ロシア語を習得するために必要な学習時間 -およそ1100時間の学習が必要 上記の画像を見てもらえればわかるが、ロシア語が含まれているグループ4の言語はおおよそ習得までに 1100時間の学習が必要なようである。 しかし、この表を見ただけでは 1100時間の学習でどれほどのロシア語が身につくのかを理解するのは難しい。 そのため、今度は 1100時間の学習でどれほどのロシア語が身につくのかを紹介する。 ロシア語の習熟度には5段階のレベルがある。 一般的に 1100時間の学習ではレベル3に到達できるといわれているようだ。 このレベル3に差し掛かると、自信をもってロシア語を理解できると他言することもできるようだ。 もっと言えば、レベル3ではロシア語で次のようなことができるようになるらしい。 会話に参加することができる。 つまずきなく会話ができる。 他人が何を言っているのかを理解できる。 十分な語彙力を持つ。 文法のミスがなくなる。 発音が不自然。 つまり、ロシア語に限った話ではあるが完璧ではないが中級者ほどのレベルに 1100時間ほどの学習で到達することができるようだ。 ただし、この 1100時間というのは 平均学習時間のため 個人差があることは忘れないでほしい。 5年 のロシア語 独学で脱初学者くらい ちなみに僕の場合はでロシア語がゼロからA2からB1の間くらいまで上達させることができた! とりあえず、1年以上はロシア語の勉強を継続してみよう! もっといえば、1. 長文そして乱文という二重苦だが少しでもロシア語に興味が出てきて勉強をしてみたいと思うっている方の役に立てば本当に嬉しいですっ! ロシア語は難しい.. 特に文法!だからこそ語彙力を鍛えることに力を注ごう! ロシア語は難しい…文法がね…だからこそ語彙力の増強に力を入れるべきだと思うんです というのが僕の意見 知っている単語を増やせば、文法に多少の間違いがあったとしても、コミュニケーションをとることが可能です。 いくらロシア語といっても文法が多少間違っていても意思疎通はできるんやで なんかロシア語むずいとかいっている奴は文法に縛られすぎちゃうかっ! しかし、文法完璧!だけど単語を知らない… そんなんじゃ全くコミュニケーションがとれないんやろっ! だから語彙大事やでっ! あと、文法を理解してもロシア語を使えるようにはならんやろな! 単語知ってればどうにかなるんやで! 少なくともワイは今住んでいるモスクワで文法完璧じゃないけど単語を覚えるまくってロシア人と普通にコミュニケーション取れて問題なく生活できている…しかも、ロシア人彼女できた 恋人ができるぐらいだからコミュニケーションは十分に取れているんやろ 自分で言うな いうてな 結局外国人なんだからそんな文法できなくたっていいじゃないかー というスタンスなのかな? ロシア人に文法に関しては指摘されない 僕の文法かなり間違っているという自覚があるのに こういう感じだから… 文法にこだわりたい奴はこだわればいいと思うけど、お前はロシア語の翻訳者にでもなりたいんかっ?って突っ込んでしまうわっ!!!.

次の