エクセル ドロップダウンリスト 連動。 エクセルでドロップダウンリストを複数連動させ、1つ目を変えた時2つ目

Excel プルダウンリストから項目を選択して自動反映する方法

エクセル ドロップダウンリスト 連動

エクセルで複数のドロップダウンリストを連動させる方法 今回は上記でも買いたように都道府県と市町村のドロップダウンリストを作成し、選択した都道府県を元に市町村のドロップダウンリストの中身を変えるようにしてみます。 まずは、「都道府県」と「市町村」の選択肢となる項目をこのように書いていきます。 次に「都道府県」のドロップダウンリストの項目にしたい「東京都」、「北海道」を選択した状態で「名前の定義」をクリックします。 「名前」を「都道府県」にして「OK」を押します。 次に「都道府県」で「東京都」を選んだ場合に「市町村」の選択肢となる項目を作っていきます。 まずは、「東京都」の下にある「世田谷区」、「渋谷区」、「豊島区」を選んで先ほどと同じで「名前の定義」をクリックします。 「名前」を「東京都」にして「OK」を押します。 次に同じように「北海道」の下にある項目も「名前の定義」から「北海道」と入力して「OK」を押します。 続いて「都道府県」と「市町村」のドロップダウンリストを作ります。 まずは「都道府県」から。 「都道府県」の右側のセルを選択して「入力規則」をクリックします。 これで名前の定義で「都道府県」とした項目と紐付いてくれるので、ドロップダウンリストを見てみるとこのようになります。 次に市町村のドロップダウンリストです。 こちらも選択した状態で「入力規則」をクリックします。 「連動させるドロップダウンリストのセル」は今回は先程作った「都道府県」を選ぶドロップダウンリストになります。 「元の値はエラーと判断されます。 」と出ますが、「はい」を押します。 「市町村」のドロップダウンリストを見てみると何も選択肢が出ませんが、 「都道府県」のドロップダウンリストで「東京都」を選ぶとこのように「東京都」の市町村が選択肢として選ぶことができます。 まとめ 今回は、エクセルで複数のドロップダウンリストを連動させる方法をまとめていきました。 複数のドロップダウンリストの連動は使う場面があるので参考にしてみてください。

次の

Excel プルダウンリストから項目を選択して自動反映する方法

エクセル ドロップダウンリスト 連動

こういう場合、 多くのホームページで、 「名前定義とindirect関数」を組み合わせた方法が紹介されていますが、 今回は、それとは違う方法を紹介したいと思います。 エクセルで複数のプルダウンリストを連動させる なお、今回は、 話を簡単にするために、 小項目のプルダウンリストは、項目数を「固定」する (=余計な空白が出てくる可能性がある) という前提で話をしていきます。 今回は、 E列~M列までの合計9列分を、 小項目のプルダウンリストとして 表示させるようにしたいと思います。 大項目のプルダウンリストは適当に作る 大項目のプルダウンリストは、 D2セル~D5セルを使って表示させます。 これは、 がそのまま使えますので、 作り方は省略します。 結局、 match関数で大項目で選択された内容に応じて、 「どの行を表示するか」を取得することで、 小項目のプルダウンを動的に変化させているのです。 名前定義を使う方法との比較 小項目のプルダウンリストを表示する方法として、 「名前定義」を使う方法が一般的です。 その方法と比較すると、 今回の方法は、 関数の使い方が、やや複雑なのが欠点ですが、 次のようなメリットがあります。 名前定義をしないで済む 名前定義をすると、名前の管理が面倒なので、 使わないでいい場面なら使わないほうがいいです。 プルダウンリストへの大項目の追加が簡単 名前定義をする方法だと、 プルダウンリストに、大項目を追加した場合に、 名前定義のメンテナンスをしないといけません。 今回の方法であれば、そのような特別なメンテナンスは不要です。 私個人としては、 メリットがかなり大きいので、 名前定義を使うよりは、今回紹介した方法を使うことをおすすめします。

次の

Excel プルダウンリストから項目を選択して自動反映する方法

エクセル ドロップダウンリスト 連動

リストを作成したら、次に1段階のプルダウンリストを作成しましょう。 1段階のプルダウンリストを作成 1段階のプルダウンリストを作成します。 1.「A2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 入力値の種類 A :リスト 元の値 S :A社,B社,C社 2.入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。 3.「A2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。 コピーした行までプルダウンリストが作成されます。 リストを作成した範囲を選択してから、データの入力規則をクリックして、設定してもいいです。 2つ目のリストの範囲に名前をつける 2つ目の絞込み選択リストの範囲に、「名前の定義」で名前をつけていきましょう。 2.「名前の定義」をクリックします。 「新しい名前」ダイアログボックスに次のように入力しましょう。 または、「B2:D2」の範囲を選択してから「名前の定義」をクリックすると、自動で範囲が入力されます。 同様に、他2つの項目にも名前をつけていきましょう。 名前ボックスから名前をつける方法 数式バーの左にある「名前ボックス」に、直接「名前」を入力しても、名前を定義できます。 例えば、セル範囲「B2:D2」に「名前ボックス」から名前をつけてみましょう。 1.セル範囲「B2:D2」を選択します。 2.名前ボックスに「A社」と入力してEnterキーで確定します。 3.セル範囲「B2:D2」を選択すると名前ボックスに「A社」と表示されるのを確認しましょう。 こちらの記事もご覧ください。 「B2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 入力後「OK」で確定した時、次のようなメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。 「B2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。 コピーした行までプルダウンリストが作成されます。 リストを作成した範囲を選択してから、データの入力規則をクリックして、設定してもいいです。 3つ目のリストの範囲に名前をつける 3つ目の絞込み選択リストの範囲に、名前をつけていきましょう。 1段階目の項目名と2つ目の項目名を結合させた名前をつける 1.3つ目のリストの範囲に「リスト」シートから名前をつけていきます。 2.「名前の定義」をクリックします。 または、名前ボックスからセルの範囲を選択して、名前をつけていきます。 2つ目の絞込み選択リストの範囲に、「名前の定義」から名前をつけた要領と同じです。 次のように名前をつけていきましょう。 セル範囲「B3:B5」:「A社アメリカ」 「C3:C5」:「A社カナダ」 「D3:D5」:「A社イタリア」 セル範囲「F3:F5」:「B社メキシコ」 「G3:G5」:「B社アメリカ」 「H3:H5」:「B社インド」 セル範囲「J3:J5」:「C社カナダ」 「K3:K5」:「C社フィリピン」 「L3:L5」:「C社アメリカ」 名前は必ず、1段階目と連動する2つ目の項目名を結合させてつけましょう。 データの入力規則で3段階のプルダウンリストを作成 1.「C2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 3.「B2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。 コピーした行までプルダウンリストが作成されます。 4.以上で、3段階のリストを連動させるリストが完成しました!お疲れ様でした。 関数の説明 INDIRECT関数 指定した文字列が表す参照を返します。 INDIRECT関数の書式 INDIRECT 参照文字列, [参照形式] 参照文字列:セルの参照を表す文字列を指定します。 A3のセルはB3です。 B3を参照します。 「10」を返します。 B2は「1」です。 「3」を返します。 エクセル、3段階のリストを連動させる方法は他にもあります 3段階のリストを連動させる方法は、他にもあります。 2つ目のリスト項目に重複がない場合です。 セル範囲につける名前が違いってきます。 それによって「データの入力規則」に設定するINDIRECT関数の式も違ってきます。 ここで紹介した方法より簡略化できます。 2つ目のリスト項目に重複がない場合この方法をお試しください。 こちらの記事もご覧ください。

次の