はるか 遅延。 はるか(特急)とは (ハルカとは) [単語記事]

はるか(特急)とは (ハルカとは) [単語記事]

はるか 遅延

天王寺から関西空港へ向かう際にも特急はるかを利用しましたw この時、みどりの発売機を利用してみました。 今回私は、指定席の方を選択しました。 次に、在来線の指定席を選択します。 現在の駅から、どこに向かうのか選択します。 降りる駅を選択します。 そうすると、 現在の駅から発車する時間帯が表示されます。 グリーン車があることが分かりましたが、わずか30分ほどの乗車時間なので、普通車を選択しましたw 最後に、これでいいのか確認します。 これで切符が発券されるのですが、とても簡単でした!w 次からは、 わざわざみどりの窓口で並ぶ必要はなさそうです。 逆に、関西空港へ向かうケースであれば、事前に購入しておくのもいいでしょう。 特急はるかをよく利用するのであれば、切符を買わずに、特急はるかに乗り込む手段もあるみたいですね。 まとめ これまで、南海線の快速を利用してきましたが、その移動時間がとても苦痛でしたw なぜなら、 座席に座れないことが多々あったからです。 その分、特急はるかでゆっくり座りながら移動できる時間はとても快適に感じましたw 次回は、南海線の特急にも挑戦してみたいと思いました。

次の

遅延証明書:JR東日本

はるか 遅延

説明 Find Delay ブロックは、ある信号とその信号が遅延して歪んだ可能性のある信号との間の遅延を検出します。 これは、伝送済み信号と受信信号を比較してビット誤り率を検出するのに便利ですが、受信信号の遅延はわかりません。 このブロックは列ベクトルまたは行列の入力信号を受け入れます。 行列入力の場合、このブロックは行ベクトルを出力し、行列の各チャネルの遅延を個別に検出します。 信号遅延の詳細は、のヘルプを参照してください。 sRef 入力端子は元の信号を受信し、 sDel 入力端子は遅延した信号を受信します。 この 2 つの入力信号は次元とサンプル時間が同じでなければなりません。 delay というラベルの出力端子がサンプル単位で遅延を出力します。 [Include "change signal" output port] を選択した場合、 chg というラベルの出力端子が表示されます。 chg 出力端子は前のサンプルで計算されたサンプルから変更がある場合 1 を出力し、変更がない場合 0 を出力します。 delay 出力端子は double 型の信号を出力し、 chg 出力端子は boolean 型の信号を出力します。 このブロックの [Correlation window length] パラメーターで、ブロックが相互相関の計算に使用する信号のサンプル数を指定します。 遅延出力は、 [Correlation window length] よりも小さい非負整数です。 [Correlation window length] が増えるにつれて、計算された遅延の信頼性も向上します。 ただし、遅延計算の処理時間も増えます。 Find Delay ブロックで指定された数のサンプルの同じ遅延値を計算した後、遅延の更新を停止することができます。 これは、 [Disable recurring updates] を選択し、 [Number of constant delay outputs to disable updates] フィールドに正の整数を入力して行います。 たとえば、 [Number of constant delay outputs to disable updates] を 20 に設定した場合、ブロックは同じ値を 20 回連続して計算した後、遅延の再計算と更新を停止します。 更新の繰り返しを無効にすると、目標の定常遅延に達した後、シミュレーションの実行が高速化されます。 [Correlation window length] を十分に大きく設定して、計算された値がその都度、一定の値で安定するようにします。 このようにすれば、オプションの chg 出力端子からの値が一定の値 0 で安定します。 計算された遅延が一定でない場合は、 [Correlation window length] を増やしてください。 [Correlation window length] を増やした値がシミュレーション時間を超える場合は、それに応じて、シミュレーション時間も延ばしてください。 2 つの信号間の相互相関が広い場合は、 [Correlation window length] 値が予期される遅延よりもはるかに大きくなるか、アルゴリズムで誤った値に安定させられる可能性があります。 たとえば、CPM 信号が広範囲の自己相関の場合、この遅延した信号には広範囲の相互相関があります。 この場合、 [Correlation window length] 値を予想される遅延値よりも大幅に大きくしてください。 この場合、信号線を 2 つの入力端子につながるように切り替えてください。 Correlation window length ブロックが 2 つの信号の相互相関を計算するために使用するサンプルの数。 Include "change signal" output port このオプションを選択した場合、ブロックは現在計算された遅延が前に計算された遅延と異なる場合、インパルスを出力する追加の出力端子をもちます。 Disable recurring updates このオプションを選択すると、ブロックが同じ遅延値を指定されたサンプル数計算した後、遅延の計算を停止します。 Number of constant delay outputs to disable updates 更新を終了するまでにブロックが同じ遅延を計算しなければならない回数を指定する正の整数。 このフィールドは、 [Disable recurring updates] を選択した場合にのみ表示されます。

次の

関空特急はるかに乗って関西空港へ!

はるか 遅延

説明 Find Delay ブロックは、ある信号とその信号が遅延して歪んだ可能性のある信号との間の遅延を検出します。 これは、伝送済み信号と受信信号を比較してビット誤り率を検出するのに便利ですが、受信信号の遅延はわかりません。 このブロックは列ベクトルまたは行列の入力信号を受け入れます。 行列入力の場合、このブロックは行ベクトルを出力し、行列の各チャネルの遅延を個別に検出します。 信号遅延の詳細は、のヘルプを参照してください。 sRef 入力端子は元の信号を受信し、 sDel 入力端子は遅延した信号を受信します。 この 2 つの入力信号は次元とサンプル時間が同じでなければなりません。 delay というラベルの出力端子がサンプル単位で遅延を出力します。 [Include "change signal" output port] を選択した場合、 chg というラベルの出力端子が表示されます。 chg 出力端子は前のサンプルで計算されたサンプルから変更がある場合 1 を出力し、変更がない場合 0 を出力します。 delay 出力端子は double 型の信号を出力し、 chg 出力端子は boolean 型の信号を出力します。 このブロックの [Correlation window length] パラメーターで、ブロックが相互相関の計算に使用する信号のサンプル数を指定します。 遅延出力は、 [Correlation window length] よりも小さい非負整数です。 [Correlation window length] が増えるにつれて、計算された遅延の信頼性も向上します。 ただし、遅延計算の処理時間も増えます。 Find Delay ブロックで指定された数のサンプルの同じ遅延値を計算した後、遅延の更新を停止することができます。 これは、 [Disable recurring updates] を選択し、 [Number of constant delay outputs to disable updates] フィールドに正の整数を入力して行います。 たとえば、 [Number of constant delay outputs to disable updates] を 20 に設定した場合、ブロックは同じ値を 20 回連続して計算した後、遅延の再計算と更新を停止します。 更新の繰り返しを無効にすると、目標の定常遅延に達した後、シミュレーションの実行が高速化されます。 [Correlation window length] を十分に大きく設定して、計算された値がその都度、一定の値で安定するようにします。 このようにすれば、オプションの chg 出力端子からの値が一定の値 0 で安定します。 計算された遅延が一定でない場合は、 [Correlation window length] を増やしてください。 [Correlation window length] を増やした値がシミュレーション時間を超える場合は、それに応じて、シミュレーション時間も延ばしてください。 2 つの信号間の相互相関が広い場合は、 [Correlation window length] 値が予期される遅延よりもはるかに大きくなるか、アルゴリズムで誤った値に安定させられる可能性があります。 たとえば、CPM 信号が広範囲の自己相関の場合、この遅延した信号には広範囲の相互相関があります。 この場合、 [Correlation window length] 値を予想される遅延値よりも大幅に大きくしてください。 この場合、信号線を 2 つの入力端子につながるように切り替えてください。 Correlation window length ブロックが 2 つの信号の相互相関を計算するために使用するサンプルの数。 Include "change signal" output port このオプションを選択した場合、ブロックは現在計算された遅延が前に計算された遅延と異なる場合、インパルスを出力する追加の出力端子をもちます。 Disable recurring updates このオプションを選択すると、ブロックが同じ遅延値を指定されたサンプル数計算した後、遅延の計算を停止します。 Number of constant delay outputs to disable updates 更新を終了するまでにブロックが同じ遅延を計算しなければならない回数を指定する正の整数。 このフィールドは、 [Disable recurring updates] を選択した場合にのみ表示されます。

次の