ナップ 賃貸 保証。 賃貸保証会社で大調査!!入居審査がゆるい会社ランキング!(*各社一覧表付き!!)

ナップ賃貸保証株式会社熊本支店 [ 熊本市東区 ]

ナップ 賃貸 保証

賃貸保証会社へ加入する際に発生する 『 保証委託料』 これは、賃貸保証会社が契約者を保証するにあたってもらう金銭になります。 逆を言えば、保証加入する人が賃貸保証会社へ負担しなければならない金額です。 「 この保証委託料をもらって賃貸保証会社は経営として成り立っていると言っても過言ではありません!」 しかし、 保証委託料は原則、お部屋を契約する入居者が支払う事になります。 今では若干ながら賃貸人である物件オーナーが保証委託料を全額負担するなんて事が増えつつあるものの、まだまだ入居者負担が圧倒的に多いです。 いや、むしろ85%以上は入居者負担です、、、。 しかし! 気に入ったお部屋に住むにはそのお部屋が賃貸保証会社加入条件である以上、保証会社へ加入しなければそもそも契約もしてくれませんし、住めません。 そして、仕方なく賃貸保証会社へ保証委託料を支払う事になったとしても、保証加入を指定された賃貸保証会社によって料金が変わります。 今回は、 賃貸保証会社の各社料金プラン一覧表を作成してみました。 あまりの料金の差にびっくりしないよう 笑、今後の参考にしてもらえれば幸いです。 全保連 一部の地域は除く• 近畿保証• あたりが候補に上がります。 これ以下の保証委託料金額は今の所は思いあたりません。 もしかしたら地場でひっそりとやっている賃貸保証会社では「もっと安い所もあるかも?」ですが、、、。 しかし、通常ではとても審査に通せれるレベルの方ではない方に対して 「審査を通してあげるから保証委託料を多く頂戴ね!」と言う賃貸保証会社も実は存在します。 その代表格は『 フォーシーズ』 誰でもと言って良い位、審査が通ります。 その為、様々な不動産賃貸業者さんにもかなり愛されてます! だって審査を通してくれるから。 但し、他の賃貸保証会社はこのような事をしていない為、ある意味助かる存在かも知れません。 保証委託料が他社よりも高くついたとしても、審査に通してくれるのは場合によっては非常に助かりますしね! 現在では、賃貸保証会社の審査に通らなければ住めない賃貸物件は多く存在します。 「 保証委託料は高くなる事もあるが、必ず審査を通してくれる存在。 」 賃貸保証会社の審査を受ける時に、自分自身の内容に自信がない方はこの「フォーシーズ」をご利用される価値はありますね! 保証委託料の値下げ交渉は可能か? 賃貸物件に住む際には、何かと初期費用がかかります。 敷金、礼金、前家賃、引っ越し費用etc 賃貸保証会社へ支払う保証委託料もその中の一つです。 『出来れば費用は安いに越した事はありません!』 しかし、そもそもこの「保証委託料は値下げ交渉が出来る余地があるのか?」気になる所だと思います。 不動産賃貸業者に支払う仲介手数料だって、値下げ交渉ができなくもないご時世ですからね。 しかし結論、値下げ交渉は基本的には無理です。 賃貸保証会社の保証委託料は下がりませんし、不動産賃貸業者ではどうする事も出来ません! 事例1 賃貸人と折半で保証委託料を負担する交渉をする。 事例2 不動産会社が賃貸保証会社から受け取るキックバック(手数料)分を減額してもらう。 まずは【 事例1】からご説明しますと、賃貸保証会社に加入して得をするのは賃貸人(物件オーナー)です。 しかし、保証委託料は入居者負担となる中で、 賃貸人と半々で発生する保証委託料を支払いませんか?と交渉してみる事です。 すべての物件で通用する事ではありませんが、例えば「何とか入居してもらいたい!」と考えている賃貸人さんであれば、賃貸保証会社への保証委託料を半分支払った所でなんら痛くもありません。 それよりも入居してもらった方が家賃が毎月発生する分、断然お得です。 このように考える賃貸人(物件オーナー)も現にいらっしゃいますので、嫌らしくならない程度で、お部屋を紹介してもらった不動産会社へ相談・交渉してみるのも手ですよ!! 次に【 事例2】のパターンですが、これは賃貸保証会社各社は、代理店となっている不動産会社に利用してもらった代行手数料で何パーセントかを保証会社から不動産会社へキックバックしています。 意外にこの代行手数料もしくは事務手数料を不動産会社は自社の大事な収益にしている事が多いです。 しかし中には、「 別に手数料なんていらない!とにかく保証会社に加入してもらえれば!!」なんて業者もあります。 不動産会社も本来の収益は「 仲介手数料」をお客様からもらうのがメインですからね! 賃貸保証会社も取引業者である不動産会社が手数料を受け取らないなら、その分初回の保証委託料を下げますよ!なんて事をしてくれます。 保証料金にバラつきがあるのは、連帯保証人が無しと有りで金額が変わったりするためです。 商品プランの内容で保証委託料金額が変動します。 あくまでも基準値で見ていただいた方が良いと思います。

次の

賃貸保証会社の料金一覧表!保証料が一番安い所を比較して得をする!!

ナップ 賃貸 保証

株式会社ナップは、マンションやアパートを借りたい入居者にとって、数多くのメリットをもたらし、快適に暮らせるよう手助けをしてくれる家賃保証会社です。 万が一の際の家賃立替保証がついて、保証人は要りません。 家族や知人などに、わざわざ保証人を頼むまなくてもいいのです。 さらに、何かしらの事情があり家賃の支払いが遅延してしまったときは、ナップが入居者に代わり未払分の家賃を立て替えます。 そのため、家主からの信用も損なわれません。 申し込みする時に無職であっても、就職が内定している方であれば単独でも申し込み可能です。 また、外国人の場合、公的証書 在留カード等 があれば申し込み可能となります。 永住権を持っていない方は、永住権もしくは日本国籍をもっている連帯保証人が必要です。 入居者向けの保証プランは2種類あります。 家賃保証会社ナップの審査基準については非公開となっており、審査の可否の理由というのは明らかにされていません。 多くの家賃保証会社は、LICCと呼ばれる全国賃貸保証業協会に加盟しています。 この協会に加盟すると、家賃保証会社の間で入居者の情報を共有できるようになるため、審査基準がある程度統一されます。 しかし、ナップはLICCに加盟せず、独自の審査基準を持つのです。 そのため、他の保証会社で審査に通過しなくても、ナップでは審査に通ったということもあり得るのです。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 アーカイブ• 100•

次の

オーナー様へ

ナップ 賃貸 保証

賃貸の家賃保証会社とは?という疑問に答えます!保証会社の加入は必須か、保証会社利用料の相場はいくらか、加入時の審査についても解説します!主な保証会社の一覧や、保証会社を利用するメリットとデメリットも合わせてご紹介します! 賃貸の家賃保証会社とは? 賃貸の家賃保証会社とは、親族などの代わりに連帯保証人になるサービスを提供している会社のことです。 「賃貸保証会社」や、単に「保証会社」と呼ばれることも多いです。 賃貸物件を借りる際は家族や親戚に連帯保証人になってもらう必要がありますが、家賃保証会社があれば連帯保証人を立てる必要が無くなります。 ただし、年々「保証会社も連帯保証人も両方必要」という条件のお部屋が増えています。 入居者の高齢化に伴って、連帯保証人だけでは大家さんが不安に感じるケースが増えているためです。 保証会社が保証してくれる内容詳細 保証会社は主に以下のような債務の未払いが発生した場合に、大家さんに対しての支払いを保証します。 保証した費用は、入居者が保証会社に支払う必要があります。 保証会社によって、保証の範囲が異なります。 また、保証の上限額や条件があるので、保証会社の商品は利用する保証会社に確認してください。 保証会社の利用は必須? 物件情報に「保証会社利用必須」と書かれている場合は、保証会社の利用が必須なので、初期費用に保証会社の利用料が上乗せされます。 ただし「保証会社利用可」という表記もあるので、以下の項目で表記ごとに詳しく解説します。 「保証会社利用必須」と書かれている場合 「保証会社利用必須」と書かれているなら利用は必須で、大抵の場合、連帯保証人を立てる必要がありません。 ただし、中には家賃滞納のリスクを避けるために「保証会社も連帯保証人も両方必要」としている物件もあります。 「保証会社利用可」と書かれている場合 物件情報の「保証会社利用可」という記載は「連帯保証人でも保証会社でも良い」という意味です。 そのため、連帯保証人を用意できれば、 保証会社を利用する必要がありません。 ちなみに、関西は関東と比べて連帯保証人必須の物件が非常に多く、連帯保証人の代わりに保証会社を使うことは難しいです。 保証会社の利用料は家賃0. 2~1ヶ月分 保証会社に加入時にかかる利用料は、家賃0. 2~1ヶ月分が相場です。 物件情報には「賃貸保証会社利用料」や「保証料」と記載されています。 また、加入時だけでなく、1年か2年ごとに更新料として1万円前後が必要になります。 更新料については物件情報に記載されていないこともありますが、不動産屋に確認すれば教えてくれます。 加入時の利用料が安いプランの保証会社だと、月額利用料として賃料の数%がかかりますが、更新料が不要になる場合が多いようです。 なかには、学生が利用する場合や、連帯保証人を立てることで利用料が安くなる保証会社もあります。 申し込む前に、割引制度がないか確認すると良いでしょう。 保証会社への加入には審査が必要 保証会社を利用するには、物件の入居審査とは別に保証会社の審査に通る必要があります。 物件の入居審査に通っても、保証会社の審査に落ちると入居できません。 保証会社の審査では、主に以下の項目が審査されます。 しかし、十分な収入があっても、フリーターや派遣社員のように雇用形態が不安定だったり、水商売などの業種の場合は通りにくくなります。 また、勤続年数が短いと転職を繰り返し、安定した収入を得られないと判断されます。 未成年者の場合、親の同意の有無や親が連帯保証人になれるかなどが審査されます。 保証会社によっては、収入に関してだけでなく、過去に家賃を滞納していないか、クレジットカードやローンの返済に滞りはないかなども確認されます。 審査の難易度は保証会社の種類によって違う 保証会社には大きく分けて「信販系」「LICC系」「独立系」の3種類があり、審査の厳しさが以下のように変わります。 信販系 最も審査の難易度が高い LICC系 過去に家賃滞納していると落ちやすい 独立系 最も審査の難易度が低い 以下の項目で、それぞれの保証会社の審査の特徴について詳しく解説します。 保証会社の一覧と審査の特徴 3種類の保証会社ごとの一覧と審査の特徴を解説します。 入居者の状況によっては避けたほうが良い保証会社もあるので、参考にしてください。 信販系とは クレジットカード会社のグループ企業が運営している保証会社を「信販系」と呼びます。 信販系の保証会社は、クレジットカードやローンの履歴といったいわゆる「信用情報」を閲覧して、審査の判断材料にします。 「信用情報」はクレジットカード会社のあいだで共有されるので、他企業でのカード事故も審査に影響します。 過去にカード事故を起こしていたり、多重債務になっている、自己破産の経験がある人は信販系の保証会社を使う物件は避けましょう。 ・アーク株式会社 ・株式会社アルファー ・エルズサポート株式会社 ・株式会社近畿保証サービス ・興和アシスト株式会社 ・ジェイリース株式会社 ・全保連株式会社 ・賃住保証サービス株式会社 ・ニッポンインシュア株式会社 ・ホームネット株式会社 ・株式会社ランドインシュア ・ランドインシュア株式会社 ・株式会社リクルートフォレントインシュア ・株式会社レジデンシャルサービス 独立系とは 独自の基準で審査する保証会社を「独立系」と呼びます。 信販系やLICC系のように企業間で情報を共有していないので、 最も審査に通りやすいです。 以下が、主な独立系の保証会社です。 家賃の滞納やカード事故を起こしたことのある人は「独立系」の保証会社が利用できる物件を紹介してもらいましょう。 ・フォーシーズ株式会社 ・株式会社Casa カーサ ・日本セーフティー株式会社 ・日本賃貸保証株式会社 JID 特に、フォーシーズ株式会社は審査の通過率が98%なので、フリーターのような収入が安定していない人でも加入しやすいです。 保証会社を利用するメリットとデメリット 保証会社を使うことで、親や兄弟に連帯保証人を頼みづらい人、そもそも親族がいない人でも賃貸契約が結べるようになります。 一方、大家さんや管理会社にとっては、滞納のリスクを減らせるだけでなく、滞納された場合は専門会社に回収業務を代行してもらえるメリットがあります。 デメリットは、利用料がかかることと、保証会社によって滞納時の取り立てが強引な場合があることです。 2019年現在では保証会社を取り締まる法律や監督官庁がないので、早朝や深夜の訪問、玄関への貼り紙、大声での督促など取り立て時に被害を受けている人もいます。 業界組織を作るなど徐々に改善が進められていますが、いまだに強引に取り立てる保証会社はあります。 トラブルを避けるためにも、家賃滞納はすべきではありません。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の