ディビジョン 2 パーフェクト。 【ディビジョン2】オススメ武器タレント

【ディビジョン2】防具/ボディアーマー・タレント一覧

ディビジョン 2 パーフェクト

目次 エキゾチック武器の入手方法• エキゾチック防具については下記ページにまとめています。 エキゾチック武器とは エキゾチック武器は通常の武器と異なり、固有のタレントを有する武器です。 該当する武器はアイテムの枠がオレンジ色になっており、最もレア度が高いものとなっています。 なお、エキゾチック武器を入手すると射撃場に飾られるようになります。 装備できるのは1種類まで エキゾチック武器は3か所の武器装備枠のうち、1か所までしか 同時装備できません。 例えば、チャッターボックスとネメシスを同時に装備するということはできないので注意しましょう。 このルールはサイドアーム(ピストル)枠にも適用されるので、リバティーを装備している状態でメインにエキゾチック武器は装備できません。 エキゾチック武器の入手方法 エキゾチック武器はハード以上のミッションでボスからドロップするものと部品などを集めることで入手できるものなどが存在します。 エキゾチック武器のタレント効果については別ページにまとめているのでそちらをご覧ください。 他に入手方法がないとすれば、全エキゾチックの中で最も入手が難しい可能性もあります。 入手方法は 難易度チャレンジ以上でドロップとなっているようで、専用ミッションを進めたり素材を集める必要はなく、ひたすらチャレンジ周回するのが手っ取り早いです。 クレートはレイドクリア後、最後のエリアの奥にある輸送機の中に置かれています。 開けるためには「レイドの鍵」を 5つ使用するため、レイドを何周もする必要があります。 また、鍵は確定ではなく確率でドロップのようです。 ライフル ザ・ラベナス ライフルのエキゾチック「ザ・ラベナス」は、 第2弾レイド『オペレーション・アイアンホース』にて入手できます。 また、イーグルベアラー同様にディスカバリーレイドでは入手できない可能性が高いです。 エクスペディションは侵略ミッションのように週替わりでミッションが入れ替わる仕様になっており、 週に1ミッションしかプレイすることができません。 エクスペディションには全部で3ミッション用意されているため、最低でも 入手までに3週間かかります。 週替わりミッションを逃した場合は2週目の順番が変わる可能性もあるため、最大で5週間かかる可能性があります。 ネメシスの作成に必要な侵略ミッションに比べれば低めの難易度なので、毎週忘れずにクリアしておくようにしましょう。 マーシーレス ライフルのエキゾチック「マーシーレス」は ハイエナのミッションボスから確率でドロップします。 ミッションの難易度に指定はありませんが、難易度に応じてドロップ確率が上昇していきます。 グランドワシントンホテル• ジェファーソントレードセンター• 銀行本部• ディストリクトユニオンアリーナ マークスマンライフル マンティス マークスマンライフルのエキゾチック「マンティス」は、エキゾキャッシュや各種ミッションから 通常ドロップするようです。 なお、ワールドクラス5になると侵略ミッションが毎週ひとつになるため、入手まで最低3週間かかります。 サブマシンガン レディーデス サブマシンガンのエキゾチック「レディーデス」はニューヨークマップの オープンワールドで出現するネームドボスから確率でドロップします。 入手するにはニューヨークマップに行かなければならないため、 WONYの購入が必須になります。 デジタルコンテンツで入手できるエキゾチック 限定エディションの特典として付属されているデジタルコンテンツで入手できるエキゾチック武器もあります。 現時点では未発表ですが、いずれデジタルコンテンツ単体で購入することもできるかもしれません。 ララバイ(ショットガン) キャピトルディフェンダーパックに封入。 スイートドリームの下位互換武器。 ルースレス(ライフル) エリートエージェントパックに封入。 マーシーレスの下位互換武器。

次の

【ディビジョン2】TU8(パッチノート詳細)/WoNY(ウォーロードオブニューヨーク)

ディビジョン 2 パーフェクト

WoNY/ウォーロードオブニューヨークのキャンペーン概要 エージェントはアーロン・キーナーを討伐する為にニューヨークへ。 ニューヨークではキーナーを見つけ出す為に、彼の副官たちの活動を調査し、手がかりを探し出す必要がある。 又、ニューヨークで市民たちを守る活動を行っている新たな自警集団 『ピース・キーパーズ』の信頼も得なければならない。 拡張版『WoNY/ウォーロードオブニューヨーク』の舞台となるロウアー・マンハッタンはランダムなワールド・アクティビティが発生する独立した新しいオープンワールドとして、作られている。 前作経験者には馴染みある集団『ライカーズ』と『クリーナーズ』も登場する。 ロウアー・マンハッタンは4つの区画に分けられている。 各区画の名称は次の通り 『トゥー・ブリッジ』 『バッテリー・パーク』 『シビック・センター』 『ファイナンシャル・ディストリクト』 初めはWoNYから導入された新システム 『フォグ・オブ・ウォー』の効果により、マップの多くは隠されている。 レベル制限は設けていないので、エージェントは思うように、好きな順番で探索を進めていける。 5つのメイン・ミッションを通して、キーナーを追い詰めていく。 ・The Tombs ・Pathway Park ・Wall Street ・Stranded Tanker ・A Mystery Location(5つ目はエージェント自身で確かめて欲しい。 ) 8つのサイドミッションがあり、これらはストーリーと密接に関係しており、プレイする事で更に手がかりを得る事ができる。 (キーナーの作戦や彼の副官たちの情報など) ポリス・ヘッドクォーター ・Police Headquarters フュー・キャリー・トンネル ・Hugh Carey Tunnel ピア26 ・Pier 26 JTFシェルター ・JTF Shelter シティ・ホール ・City Hall ニューヨーク・フェデラル・リザーブ ・New York Federal Reserve キャッスル・クリントン ・Castle Clinton ドイヤーズ・ストリート ・Doyers Street ・レベル上限の引き上げ(30から40へ) ・新たな作戦基地『ヘイブン』 ヘイブンはポール・ローズをリーダーとした集団が暮らしている居住区である。 集団の内訳は過酷なロウワー・マンハッタンの状況を生き抜いてきた市民、元JTF、元警官たちである。 (元JTFと元警官は自警団『ピース・キーパーズ』としても活動している) そうそう、子犬もいる。 ニューヨークの敵集団について 前作『ディビジョン』に登場した『ライカーズ』と『クリーナーズ』 その彼らが再び戻ってくる。 彼らについての以前までの認識は改めてほしい。 何故なら、両者とも以前よりも優れたAIを持ち、よりその激しさと脅威を増しているからだ。 又、種類も増えている。 ブラックタスクの新型兵器は追加された新難易度『レジェンダリー』で出会う事ができるだろう。 彼らも種類が増えている。 0になる。 数値等も置き換わる。 防具の特性は以下のみになる ・武器ダメージ ・スキルティア(スキルクラス) ・アーマー ・武器ハンドリング ・クリティカルヒット率 ・クリティカルダメージ ・ヘッドショットダメージ ・スキルダメージ ・スキルリペア ・スキルヘイスト ・アーマー回復 ・状態異常耐性 ・体力 ・爆破耐性 ・全てのブランド・ボーナスについても変更される タレントについて ・バックパックタレント スキルダメージ関連のタレント ・コンバインド・アーム 敵を撃った時、スキルダメージが3秒間25%上昇する。 (パーフェクト:30%) ・エナジャイズ アーマーキットを使用した際、15秒間、スキルクラスを1上げる。 既にスキルクラスが6の場合、オーバーチャージを得る。 ・テック・サポート スキルで敵を殺した際、スキルダメージが20秒間、25%上昇する。 (パーフェクト:27秒間) ・カルキュレーテッド カバー中に敵を殺した際、スキルクールダウン10%を得る ・ショックアンドアーウィ 敵に状態異常を与えた際、スキルダメージとスキルリペアが20秒間、20%上昇する。 (パーフェクト:27秒) 回復とサポート関連のタレント ・セーフ・ガード アーマーが最大の時、スキルリペア100%を得る。 ・オーバークロック あなたが展開したスキルの範囲から7m圏内にいるあなたと味方は25%のリロード速度上昇と毎秒0. 2秒のスキルクールダウン減少を得る。 敵から10m圏内にいる場合、その効果は2倍になる。 クールダウンは10秒、PvPの場合、ボーナスアーマーの値は8%になる。 ・プロテクター あなたが展開しているシールドがダメージを受けた際、3秒間、あなたは5%のボーナスアーマーを、味方は15%のボーナスアーマーを得る。 クールダウンは3秒 武器DPS関連スキル ・ヴィジランス トータル・ウェポン・ダメージが25%増加する。 ダメージを受けた際はこの効果は4秒間無効になる。 (パーフェクト:3秒間) ・Versatile 違う武器種を持ち替えた場合、10秒間、トータル・ウェポン・ダメージが上昇する。 上昇率は敵からの距離と武器種によって変わる。 この効果は武器種によって、5秒に1回まで 敵から15m以内でショットガンとサブマシンガンを持ち替えた場合、35% 敵から25m以上離れて、ライフルとマークスマン・ライフルを持ち替えた場合、35% 敵より15mから25mの距離内でライト・マシンガンとアサルト・ライフルを持ち替えた場合、10% ・オポチュニスティック ショットガンかマークスマンライフルで敵を攻撃した際、その敵はあらゆる攻撃から受けるダメージ量が5秒間、10%増加する。 ・アンストッパブル・フォース 敵を倒した際、トータル・ウェポン・ダメージが15秒間、5%増加する。 この効果は最大5回までスタックする。 ・コンパニオン 味方から5m以内、又はスキルから5m圏内にいる時、トータル・ウェポン・ダメージが15%増加する。 ・コンポージャー カバーにいる間、トータル・ウェポン・ダメージが15%増加する。 ・コンカッション 敵にヘッドショットをした際、1. 5秒間トータル・ウェポン・ダメージが10%上昇する。 (マークスマン・ライフルの場合、5秒間) ヘッドショットで敵を倒した場合は10秒間、15%の上昇を得る。 ステータス効果関連のスキル ・クリーピングデス ステータス異常効果を受けた際、あなたから5m圏内の敵も同様の異常を受ける。 クールダウンは20秒間 ・ウィキッド 敵に状態異常を与えた際、トータル・ウェポン・ダメージが20秒間、18%上昇する。 (パーフェクト:27秒間) ・ガルヴァナイズ 敵に盲目、罠、混乱、ショックを与えた際、あなたとその敵から20m以内にいる味方に対して10秒間、40%のボーナスアーマーを与える。 PvPでは20% サステイン関連のスキル ・クラッチ あなたのアーマー値が15%を下回る時、クリティカルヒットで3%のアーマー値回復を得る。 キルした際にはあなたの武器コア特性に応じて、4~10秒間、最大100%のアーマー値回復を得る。 (パーフェクト:アーマー値が20%を下回る時) チェストタレント スキルDPS関連 ・タグチーム スキルでダメージを与えた最後の敵がマークされる。 その敵に武器ダメージを与えると、マークを消費してクールダウン中のスキル時間を4秒短縮する。 このスキルのクールダウンは4秒間 ・キネティック・モメンタム 敵と交戦中、アクティブ中、もしくはクールダウン中でないスキルはそれぞれスタックを産む。 スタック1つにつき、1%のトータル・スキル・ダメージ上昇と2%のトータル・スキル・リペア上昇を得る。 最大スタックは各スキルごとに15個。 スタックはスキルのクールダウンが開始された際に失う。 ・スキルド 敵をスキルで倒した際、25%の確率でスキルのクールダウンがリセットされる。 もしクールダウン中のスキルが無い場合、スキルのクールダウンが開始された際にすぐに使用可能になる支援効果を得る。 (効果は一回) ・スポッター パルス効果を与えた敵に対して与えるトータル・ウェポン・ダメージとスキル・ダメージが15%上昇する。 ・エクスプローシブ・デリヴァリー 投げ込みが必要なスキルを使用した際、そのスキルが着地してから1. 5秒後にスキルから5m圏内にいる敵に爆発ダメージを与える。 与えるダメージはそのスキルクラスのコンカッショングレネードの値になる(スキルクラスによって、25~100%の値になる) スキルごとに1回まで 発動するスキル:リモート・パルス、全てのタレット、全てのハイヴ、エクスプローシブ・シーカー、クラスター・シーカー、メンダー・シーカー、デコイ、全てのトラップスキル 回復とサポート関連のスキル ・エンパシック・リゾルブ 味方を回復した際、その味方は10秒間、3~15%のトータル・ウェポンとスキル・ダメージ上昇を得る。 自身を回復した際は1~7%の上昇。 効果の上昇量はスキルクラスの段階による ・オーバーウォッチ 10秒間、カバーを行った際、あなたとグループの味方は12%のトータル・ウェポンとスキル・ダメージの上昇を得る。 この効果はカバー中もしくはカバーからカバーに移動した際も続く。 (パーフェクト:8秒間) 防御と攻撃関連のスキル ・インティミデート ボーナスアーマーを得ている間、10m以内の敵に対して、35%のトータル・ウェポン・ダメージを得る。 (パーフェクト:40%) ・アンブレイカブル アーマーが0になった際、95%のアーマー回復を得る。 スキルのクールダウン時間は60秒、PvPでは50%、60秒に (パーフェクト:100%、55秒、PvPでは55%、55秒に)) ・ヴァンガード シールドを展開した際、5秒間シールドが無敵になり、グループの味方全てに20秒間、45%のボーナスアーマーを付与する。 スキルのクールダウン時間は25秒間、PvPでは20%に (パーフェクト:50%、PvPでは25%に) ・プロテクト・リロード リロード中に20%のボーナスアーマーを得る。 あなたのディフェンスコア特性に基づいて、0から18%のボーナスアーマーをグループの味方に与える。 (味方のリロード中) PvP時は15%、0~12% 武器DPS関連のスキル ・グラス・キャノン 全ての与ダメージが25%上昇し、被ダメージが50%上昇する。 (パーフェクト:30%、60%) ・ガンスリンガー 武器を持ち替えた際、5秒間トータル・ウェポン・ダメージが上昇する。 このスキルのアクティブ中に武器を持ち替えた際、この効果は5秒間失われる。 ・フォーカス 倍率8倍以上のスコープでエイムしている際、毎秒5%のトータル・ウェポン・ダメージの上昇を得る。 上限は50%まで (パーフェクト:6%、60%) ・ブレイスド カバー中、武器ハンドリングが45%上昇する。 (パーフェクト:50%) ・スパーク スキルで敵にダメージを与えた際、15秒間、トータル・ウェポン・ダメージが15%上昇する。 (パーフェクト:20秒間) ・オブリトレート クリティカルヒットを与えた際、5秒間、1%のトータル・ウェポン・ダメージの上昇を得る。 最大スタック数は15 Modの仕様について ・全てのModは新仕様に変更される ・ギアmodは1つの特性を持つ。 ・Modスロットはチェスト、バックパック、マスクに1つ付いている。 ・一般modは廃止。 ギアセット ・ギアセット効果は新仕様に変更 エキゾチックアイテム ・エキゾチックアイテムも新仕様に変更されている。 スキルについて ・全てのスキルは新仕様に再調整されている。 ・スキルパワーは廃止 ・スキルは各スキルクラスに自動的に調整される ・スキルmodの装備必要条件を廃止 戦利品について ・戦利品については全体的にドロップする量を減らした。 その代わり、難易度に見合ったアイテムの数値、質と量がドロップするよう調整した。 開発からのコメント:この調整によって、以前よりもアイテム収集に意義を見出せるだろう。 プレイヤーたちはより高難易度に挑戦して、望んだアイテム品質やそれ以上のものを得る事ができる筈。 店売りのアイテムについて ・クランベンダーとキャシーメンドーザの販売品については、最大値のものは販売しないようになった。 その代わり、他の店売り商品に比べて高品質(より最大値に近い)のものを販売するようにした。 クラフトについて ・クラフトアイテムは下限と上限の数値の値をとるようになった。 WoNY所持者でレベル30以上のプレイヤーの場合: クラフトベンチはプレイヤーのレベルに応じて、調整される。 クラフトベンチはニューヨークに到達した際、装備品質を合わせる為にリセットされ、レベル40に到達した時点で自動的に再上限に戻る。 ・エキゾチックアイテムに関しては上限値でクラフトされなくなり、ベンチの持つ基本数値よりも高い数値帯で抽選される。 ・エキゾチックアイテムの設計図についてはレベル30、ギアスコア515の時点で一時的に制限される。 ・その他の設計図については、レベル40までそのレベルに合わせて作成可能になる。 ・AUXバッテリーについては作成不可能になった。 廃止されたスキルパワーを増幅させる効果を持っていた為。 ・失われていた『カメレオン』の設計図が追加された。 NPCの挙動について ・プレイヤーには画面外からのグレネードについて警告表示されるように ・プレイヤーのスキル対象になった敵(エリート)はより賢い挙動をするように ・ネームドエネミーに対して与えるシグネチャーウェポンダメージは減少 ・クリーナーズの敵(ラッシャー)は以前よりも遅く(コニーアイランドを踏まえて) ・ブラックタスクのウォーハウンドが死亡した際の電波妨害の範囲半径を減少させた。 ・ブラックタスクはよりその敵集団の性格にふさわしいように調整 ・ラッシャータイプの敵をドローンオペレーターにリネーム ・新たに2つの敵種類を追加。 (元LMB兵) ラッシャー:アサルトライフルを使用して接近。 近接ではショットガンに持ち替える。 サポート:サポートステーションを展開して、近くの敵を回復する。 ・新たに2種のウォーハウンドを追加 ウォーハウンド・グレネーダー:ステーショナリーにいる間、グレネードを3つ投げて攻撃。 再度新しいポジションへと移動し、攻撃。 何度も、何度も、何度も。 ウォーハウンド・ミニガン:ミニガンを構えていない時は頻繁に動く。 プレイヤー人数に対して、体力が増加。 アーマーとダメージについても増加するように。 ・終わりなき成長 SHDレベル:レベル上限到達後の成長システム。 このレベルを上げる事でエージェントの能力を底上げできる。 ・新しい特性システムについて ビルドの多様性に焦点を当てた分かりやすい直感的なRPGシステム 神引きアイテムの復活と分かりやすいユーザーインターフェース(UI) スキルパワーはスキルクラスシステムとなり、今までよりも分かりやすくかつそれぞれのスキルの成長が感じられるように。 再調整について 再調整は大々的な仕様変更を行った。 プレイヤーは武器と防具から特性を抽出し、ストックできるようになる。 抽出は一度きりでストックした特性を再調整で使用する事ができる アチーブメントとコメンデーションについて WoNYで新しいアチーブメントとコメンデーションが追加された ハンターパズル 8人の新ハンターが追加された。 4人はニューヨーク、4人はワシントンD. Cにいる。 オペレーションダークアワーズについて レベル40のプレイヤーを対象に難易度ノーマルのレイドオペレーションダークアワーズを追加 シグネチャー・ウェポンについて 全てのシグネチャーウェポンピストルについてはレベル40が追加された。 ガンナーのミニガンは攻撃力を引き上げた。 テクニシャンのスキルパワー増加のタレントは一つになり、スキルクラスを引き上げる効果に変わった。 ダークゾーンについて ・全てのダークゾーンで新たに回収ポイントを追加した。 ・ダークゾーン経験値は対人(PvP)、装備品の回収、サプライ・ドロップの確保のみで得られるようにした。 ・ダークゾーン内の全てのアイテムは汚染されており、特性種や値は回収前でも判別できるようにした。 ・VOIP設定はデフォルトでオンに。 設定でチームのみやオフに変更可能。 ・ソーシャルメニューで100m圏内のプレイヤーを表示する機能を追加。 ・シグネチャーウェポンの弾薬はダークゾーンではドロップせず、既に装填されている弾薬については、チェックポイントに入った時に無くなるように。 ・グレイ・ローグステータスとローグの隠れ家ベンダーは廃止。 ダークゾーンゲートのベンダーは存続している。 ・死んだエージェントが確保していたアイテムの目印は廃止 ・非占拠ダークゾーンの回収時の音楽を追加 ・全てのダークゾーンの回収時間は90秒に ・マンハントで生存に成功した報酬は汚染されていないものに ・ダークゾーンのイントロミッションをより短く、分かりやすいようにした ・ローグ時、マンハント時に死んだ際のデスタイマーを15秒間に ・ダークゾーンで死亡した際、失うダークゾーン経験値を50%に変更 ・非ローグ時に死亡した際もダークゾーン経験値を失うように ・ダークゾーンのNPCを倒しても、ダークゾーン経験値は得られないように ・回収ポイントの付近に弾薬箱を追加した。 ・ダークゾーンのランドマークを制圧しても、ダークゾーン経験値は得られないように ・ダークゾーンで得られる装備品の質を向上した。 ・ローグステータスに切り替わる時間をより早く ・ローグステータスに切り替えている最中も動けるように ・難易度ヒロイックのランドマークを追加した ・ダークゾーンのプロジェクト目標を追加した ・汚染されたアイテムを分解した際に、汚染されたDZリソースが得られるようになった。 ・ダークゾーンに入った際の新エフェクトが追加された。 ・UIの見直し ・一部の効果が変更された為、ダークゾーンパークはリセットされた。 ・侵略されたダークゾーンは正常になった ・ダークゾーンでの数値のノーマライゼーションについては、基本アーマーと武器ダメージのみ影響するようになった。 ・DZベンダーの販売品の価格はアイテムレベルと品質に応じて、値上がりした。 様々な変更について ・アーマーキットの最大所持数を6から4に減少 ・ターゲットインテルシステムは廃止 ・ターゲットインテルが得られていたルートコンテナに関しては、クラフト素材が得られるように。 ・新装備を含むようにルートターゲットエリアをアップデートした ・Eクレジット報酬の数値を見直した 懸賞金 ・デイリーバウンティはバウンティボードやオフィサーに確認しなくてもいいように ・賞金首に関しては、ターゲットインテルは不要になった。 一度懸賞金を受領すると達成できるように ・懸賞金のロケーション選択についてはアップデートされ、一部のレアな賞金首に関しては以前よりも頻繁に出現するようになった。 『侵略』について ・侵略ミッションについては、ワシントンD. Cに入る度に告知する事はなくなった。 ・多くの侵略ミッションをファストトラベルの対象に選択可能になった。 ・侵略拠点に関してはワールドクラスの段階を引き上げている最中は装備のギアスコアを要求する事はなくなった。 オフサイトロケーションとパイロットについて ・ナビゲーションを容易にする為に多くのオフサイトミッションについては再配置した。 ミッション、コントロールポイント、懸賞金難易度について エリートダメージが廃止された為、全ての難易度を見直した。 WoNYキャンペーン終了後に、難易度ヒロイックが選択可能になる。 指令について 指令とはプレイヤー自身で追加で設定できる難易度調節システム。 WoNYキャンペーン終了後より設定可能になる。 ミッション、オープンワールドのアクティビティ両方に設定可能。 より多くの指令を設定すると、より多くの経験値報酬を得る事が可能になる。 レベル40までに全ての指令が設定可能になる。 Ammo Hoarders ・リロードの際、余っている弾丸を失う。 敵が弾薬をドロップしなくなり、弾薬はミニマップに表示されない。 クールスキル ・一つのスキルを使用した際、もう一つのスキルはクールダウンされる。 Fog Of War Revisited ・ミニマップと敵の脅威表示は廃止される。 ノーリジェン ・敵と遭遇した際、アーマーが自動回復しなくなる。 アーマーキットは使用できる。 特殊弾薬 ・敵が使用する弾薬が特殊弾丸になる。 敵集団によって、特殊弾薬は変わる。 グローバル難易度について WoNYのキャンペーンを終えたプレイヤーはグローバル難易度を選択する事ができる。 これはオープンワールドのアクティビティ難易度に影響するもの。 又、高難易度では敵が強くなり、ドロップする装備品の質も良くなる。 難易度 ノーマル ハード:敵の攻撃力とアーマー値が増加。 ベテラン(紫色)、エリート(黄色)の出現率も増加。 チャレンジ:ハードよりも敵の攻撃力とアーマー値が増加。 ベテラン(紫色)、エリート(黄色)の出現率も増加。 ヒロイック:チャレンジよりも敵の攻撃力とアーマー値が増加。 ベテラン(紫色)、エリート(黄色)の出現率も増加。 リスポーンは制限される。 グローバル難易度を変更するとエージェントはリスポーンし、オープンワールド上のアクティビティはリセットされる。 これにより何度でもアクティビティをやり直す事ができる。 シーズンについて シーズンの詳細については 以上ここまで。 今回のパッチノートはかなり長い。 随時追記、訂正も行っていく。 タレント関連は結構変化も加えられているよう。 ダークゾーン関連に関しては、PvPがより活発になるような調整になっていると思う。 では、また。

次の

【ディビジョン2】防具/ボディアーマー・タレント一覧

ディビジョン 2 パーフェクト

ソロプレイに最適!お手軽タフネス装備 今回は、 自動回復重視の持久戦回復ビルドをご紹介。 常にフレンドと遊べる環境であれば良いですが、なかなかそうはいきません。 そんな時はソロでもマルチでも、 どんな状況でも使える汎用性の高いビルドを作っておきたいところ。 そこでオススメするのが、食らってもさほど痛くないビルド。 セット構成 コンセプト:持久力、汎用性、ソロでも使える、近~中距離への対応力 まず、セット構成をご紹介。 中心となるのはアーマー回復効果のある 「バッジャータフ」。 ここに、中距離対応させるために集弾率とダメージの上がる「アイラルディ」を組み込みます。 ソロでも使えるようにカバー戦前提として考えているので、クリダメをひたすらに盛って突撃することは視野に入れていません。 この部位は、別武器を使う際には取り替えて使いまわせるので、中心はバッジャータフとアイラルディになります。 部位 ブランド マスク バッジャータフ ボディ フェンリス ホルスター アイラルディ バッグ バッジャータフ グローブ アイラルディ ニーパッド ソコロフ 発生する効果• アンストッパブル• プリサイス• クラッチ• 忍耐力• ハードヒット オススメ特性• ボーナスアーマー• クリ率上昇• クリダメ上昇• AR or SMG上昇 状況に応じてグローブで付け替え オススメMOD• キル時アーマー回復• アーマー自動回復 アンストッパブルはボディ、プリサイスはホルスター、クラッチはグローブ、忍耐力はニーパッドに付けます。 空いた箇所にはハードヒットを入れます。 バッグにセーフガードを組み込んでも良いのですが、銃器を落とす面倒さと、下方修正を恐れて避けています。 時期、下方修正が予定されています。 また、バッグでバッジャータフを使う以上、タレントが載せられないので現状の状態になっています。 バッジャータフは「マスク・バックパック・グローブ」の3部位ありますが、グローブにはクラッチが付けたいので、この編成になっています。 グローブには特性でSMGダメージやARダメージを盛ります。 できれば使う武器分をクラッチ付きで用意し、ミッション毎のエリアの広さで使い分けるとより効果が高いです。 よって、スタミナ9以上を確保しながら、残りでCT率を盛ってクラッチの発動率を上げる形で特性を組みます。 オススメ武器&タレント ARメインの場合 オススメ武器タレント• ブレッドバスケット• プリザベーション• アレグロ• イン・リズム• ストップ、ドロップ&ロール• 禅 オススメスキル• 回復ケミラン• 復活ハイブ 武器はARにはDPSの最も高い P416を採用。 なければFAMASやG36でも良いでしょう。 CTAR-21やF2000は決定力に欠けるので除外しています。 更に、ARメインの場合にはセカンダリでチャッターボックスを持てば、連射力が上がるので相当にDPSは高くなります。 SMGには射程の長いものをチョイス。 MPXに4倍スコープを載せると射程26mになり、ARに匹敵するのでオススメ。 SMG-9やMP7も連射力と射程のバランスが良いのでオススメ。 特に MP7は集弾率が高いので優秀。 Vectorは完全な近距離武器ですが、DPSが魅力なので採用もアリ。 セカンダリにチャッターボックスを入れて、SMG2丁持ちをしてもアリですが、弾切れするのと中距離対応力が減るので私はお勧めしません。 サイドアームにはストップ、ドロップ&ロール又は禅を付けておくと、状態異常に対しての対応策になります。 ストレインドは回復効果と相性が悪いので候補から除外してあります。 もちろん、LMGをクリ率盛りして使うのも十分あり。 汎用性が高いので、クラッチさえ生きる連射系ならこのビルドで使いこなせるでしょう。 クラッチを付けずにプリザベーションによる回復に頼るなら、ライフルやMMRでもありでしょう。 この辺りはお好みで変えてみてください。 (P416に4倍スコープを載せて、ネメシスをセカンダリに装備するという戦法もアリ。 デモリッショニストはSMG特化、シャープシューターやサバイバリストであればARの方が生きる。 SMGでの運用は、個人的にはデモリッショニストがオススメ。 (爆発&炎上耐性があるので) 汎用性を重視しているので、条件の限られるタレントなどは極力排除し、カバーからの安全な撃ち合いを目指している。 DPSは画像のとおり。 武器について 武器は距離に応じて使い分けることが前提。 SMGはMPXをオススメ。 射程の長さがあるので、中距離にも対応できます。 ブレッドバスケットを採用しているのは、SMGの集弾率の悪さを逆手に取る為。 条件も緩いので、とりあえず乗ればいいかなというボーナス。 もちろん、より回復効果を上げるためにプリザベージョンでもOK。 防具について タフネスを確保しながら、クリ率を増やそう。 よって、クリダメは二の次としています。 タレントで回復が入るので、電子は一切盛らなくていいと思います。 この状態でもケミランチャーは十分に回ります。 部位組み換えによる汎用性はかなり高いと思いますので、武器種毎にロードアウトを作ってしまうと良いでしょう。 まとめ 現時点でかなり前作のノーマッドに近い戦い方ができるようになります。 アーマー値が極端に高くなくても、カバー&攻撃していれば回復するので相当に戦いは楽になるでしょう。 ソロ&マルチ両方共、手ごろに使えるビルドなので、是非とも試してみてください。

次の