アラフォー 看護 師。 アラフォー転職。何回??

アラフォー転職。何回??

アラフォー 看護 師

「アラフォーだけど、看護師になりたい。 」 と思って、看護学校に進学するのを躊躇している 方はいると思います。 かくいう私もそうでした。 「准看護師の免許も持っているから、 食べていく分には問題なく働けるし。 」 「わざわざ高卒の女の子たちと同じように レギュラーの学校へ行って学び直せるの?」 と、看護学校への進学に躊躇していたんですね。 といっても、私が准看護学校に通い始めたのが 32歳の頃。 十分遅いスタートでしたが笑。 ただ、今はもう38歳。 さすがにこの歳から進学 すると、卒業時は41歳。 42歳になる歳です。 しかも、正看護師の資格を取る学校は、 准看護師の資格を持っていることが なんらアドバンテージにならないので、 全くまっさらの状態で学び直すことになるんですよね。 そこまでして、正看護師の資格を取る必要が あるのか? とずーっと、自問自答していたんです。 その間、 ちゃんと受験勉強はしていたんですけどね。 でも、 人生は毎日が始まり。 今日という日は、もう来ない。 32歳で働きながら資格を取得できたんだから、 きっと私は最後までやりきることが できる!という自信があったんですよね。 目標に対する執着心が本当に強いんです。 めちゃくちゃしつこいんですよね、私は笑。 絶対自分が決めたことはやりきる!という 自信があったので、アラフォーで、 体力も知力も衰えては来ていますが、 頑張って受験しました。 そして、なんと後期受験で無事合格し、 38歳で看護学生としてのリスタートを 切ることができました。 * ちゃんと伝えられるかわかりませんが、 私がみなさんにお伝えしたいのが、 「看護師になるのに、遅いことは絶対ない!」 「38歳の私でも、そして私より歳上も 同級生でいます。 」 「人生は、自分が決めたことなら、たくさんの 後押しがあるので、突き進むのみ。 」 ということです。 看護師になりたい!という気持ちは、 本当に尊いと思うんですよ。 そして、私の同級生には、私より歳上が 数人います。 入学する前は私が一番歳上だと 思っていたんですけど、上には上がいました笑。 なので、何歳からのスタートでもいいんですよ。 看護師になりたい、という気持ちと根性があれば。 そして、自分が本当に看護師になりたい!という 気持ちがあれば、(これはちょっと スピリチュアルなお話になるかもしれませんが) 環境が、あなたを看護師になれるような状況に 導いてくれます。 これ、ホント。 なので、アラフォーだからとかお金がないから、 とか、理由を見つけて看護師になる道を諦めて 欲しくないです。 と偉そうにいう私も道半ばですが、 看護師になりたい!という人を応援したいし、 私も一緒に頑張りたいと思っています。 何かあればご連絡くださいね。 私がお答えできる 範囲であれば回答させていただきます! ではではー!!!.

次の

精神病院に入院するメリットとデメリット

アラフォー 看護 師

福祉系 介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士 2024年に3人に1人が65歳以上となり超・高齢者大国が到来すると言われています。 ということは、 福祉系のニーズはありますね。 むしろ人手が足りないぐらい。 未だに仕事が大変で安月給というイメージだから誰もやりたがらないよね。 最近、法改正がされたみたいで 数年働いた人には手当が支給されるみたい。 でもまだできたばかりの制度で、先行き不透明な業界です。 リアルな問題は、老人があふれてしまうのに、誰がサポートする人がいなということ。 って話をしたいのではなく資格の話に戻ります。 やはり 介護士が一番リアルに仕事がありそう。 そして社会福祉士や精神保健福祉士などのソーシャルワーカーの仕事ですかね。 どちらも資格をとるのに学校に行かないといけないですね。 アラフォーからだと福祉系が一番リアルだな。 就職はできそうだけど、そのお給料で結婚はできるのかな!?辛い現実です。 医療系 理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・柔道整復師・看護師 医療系は、 理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、柔道整復師、看護師かな。 どれも学校にいかないといけない。 理学療法士と作業療法士、臨床検査技師は給料が安いし、就職先が少ないと聞く。 というより若い子を選ぶ業界でしょう。 柔道整復師は学校に3年間行かないといけない。 そして学費がめちゃくちゃ高いから無理。 リアルなのは 看護師。 学校によるだろうけど 男性も入れるところがあるらしい。 こちらも3年は行かないといけないけど、 国立系に行けると学費が安いらしいので現実的だ。 女性社会だから 仕事は大変だろうけど、お金はまあまあもらえて、出会いの確率は高まりそう。 看護師は 要チェックな資格やな。

次の

今までの自分を信じて、アラフォーから看護師になろうと決めた。|朱音|note

アラフォー 看護 師

福祉系 介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士 2024年に3人に1人が65歳以上となり超・高齢者大国が到来すると言われています。 ということは、 福祉系のニーズはありますね。 むしろ人手が足りないぐらい。 未だに仕事が大変で安月給というイメージだから誰もやりたがらないよね。 最近、法改正がされたみたいで 数年働いた人には手当が支給されるみたい。 でもまだできたばかりの制度で、先行き不透明な業界です。 リアルな問題は、老人があふれてしまうのに、誰がサポートする人がいなということ。 って話をしたいのではなく資格の話に戻ります。 やはり 介護士が一番リアルに仕事がありそう。 そして社会福祉士や精神保健福祉士などのソーシャルワーカーの仕事ですかね。 どちらも資格をとるのに学校に行かないといけないですね。 アラフォーからだと福祉系が一番リアルだな。 就職はできそうだけど、そのお給料で結婚はできるのかな!?辛い現実です。 医療系 理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・柔道整復師・看護師 医療系は、 理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、柔道整復師、看護師かな。 どれも学校にいかないといけない。 理学療法士と作業療法士、臨床検査技師は給料が安いし、就職先が少ないと聞く。 というより若い子を選ぶ業界でしょう。 柔道整復師は学校に3年間行かないといけない。 そして学費がめちゃくちゃ高いから無理。 リアルなのは 看護師。 学校によるだろうけど 男性も入れるところがあるらしい。 こちらも3年は行かないといけないけど、 国立系に行けると学費が安いらしいので現実的だ。 女性社会だから 仕事は大変だろうけど、お金はまあまあもらえて、出会いの確率は高まりそう。 看護師は 要チェックな資格やな。

次の