引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法。 長距離の引越し費用の相場がわかる

単身引越しの見積もり相場・料金比較や安くする方法はこうだ

引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法

引越し見積もり金額はどう決まるの?最初に内訳を理解しよう 引越し業者に頼んで引っ越しをする際に、必ず見積もりをとると思いますが、皆さんが特に注目するポイントは、やはり料金だと思います。 引越しの料金を安く最大60%OFFにする方法を知る前提として、『引越し料金』の内訳を理解する必要があります。 料金の内訳と大体の相場を知ることで、「安かった」「高かった」ということが比較してわかります。 また料金の交渉もその相場をもとにしてできるのでスムーズです。 引越し料金を算定する際に、引越し業者から提示されるのが見積書です。 では、その見積料金はどのように決まるのでしょうか? 引越し料金は引っ越しする時期や荷物の量、距離などによって大きく違ってきます。 その料金の内訳を大きく分類すると以下のような内容になります。 基本運賃 法律によって運賃の基本額は決まっているので、各引越し業者によって運賃に大きな差が出ることはありません。 割増料金 2月・3月・4月の繁忙期や、土日祝日の休日割増、深夜や早朝に合わせた引っ越しの場合は深夜・早朝割増などの割増料金があります。 この他にも雪が多い地帯では冬季割増が発生する場合があります。 実費 荷物の梱包に関する費用や搬出・搬入、人件費、トラック代、交通費などがあります。 オプション 基本作業には含まれない特別な作業に発生する料金で、不要品の処分や家具以外の大きいもの ピアノやバイクなど の運搬、エアコンの取り外し・取り付けなどがオプションになります。 引越し業者ごとにオプション内容が変わってくるので、オプション内容も確認しておきましょう。 結論として引越し料金を安く交渉できるのは、この図の『割増料金』『実費』『オプション』の3つです。 特に『割増料金』と『オプション』は皆さんの努力で見積もり対象から外すことができます。 ココが格段に見積もり料金を安くできるポイントです。 【実費】 引越し業者は、引越しの際に出る荷物の量をおおまかに計算します。 荷物の量を把握しておくと、スタッフの人数と、使用するトラックの大きさや台数などを決めることができます。 【基本運賃】 現在のお住まいから引越し先までの距離がどのくらいあるのかを調べます。 距離が遠ければ遠いほど、ガソリン代もかかってしまいますし、高速道路を利用する場合は追加料金として通行料を支払わなければいけません。 【割増料金】 引越しのタイミングです。 2月・3月・4月は引越しの繁忙期と言われており、引越し依頼を受けられるキャパシティ(ドライバー、作業員、トラック)が無くなることが多く、引越し業者が料金を高く設定しています。 また、土日祝日や月末、大安を指定して引越しをする方が多いため予約が取りづらいだけでなく割増料金も掛かってしまいます。 また、時間帯によっても料金が変わります。 午前便、午後便、フリー便があり、午前便は作業開始の時間が確約されているため、一番料金が高いのが特徴です。 また土日・祝日や時間指定を避けると安くなります。 【オプション】 特に料金が必要なものは、エアコンや洗濯機、ウォシュレットの着脱、冷蔵庫やガスコンロの移設になります。 他にも搬入の際に入口や階段から入らず、窓から入れるための吊り作業のオプションを利用することで追加料金がかかってしまったり、マンションやアパートで2階以上の新居に移る際に荷物を運搬するためのエレベーターが無い場合でも料金が追加されることがあります。 例えばエアコンやウォシュレットを自身で設置するとか、専門の業者へ見積もりしてみることで安くできます。 このように、見積もりがどのような内容で決まるのか自身で把握しておくと、無駄な料金が発生せず、より安く引越しをすることができます。 引越し料金の内訳を理解いただいた次に、もともと料金がどれぐらいが妥当なのか『料金の相場』を理解しましょう。 相場を元に、どれぐらい安くなると良いのか基準がわかります。 次に紹介します。 相場理解:単身の引越し料金相場 具体的な単身引越しの料金相場を見てみましょう。 料金は荷物の多さ、距離、部屋の広さなどによっても変わってきますので、単身引越しプランを依頼するようなケースでは訪問見積を依頼する方が確実です。 また近距離で荷物が少ない場合は赤帽を利用すると1万5千円~と料金をかなり低く抑えることができます。 引越し業者では単身引越しのための、さまざまなパックやプランを用意しています。 ここで単身引越しの料金相場はいくらぐらいになるかあらかじめ確認しておきましょう。 単身引越しは大きくわけて以下の2つがあります。 決められたサイズのコンテナに詰める量だけ運んでもらう単身パック• 通常の引っ越しと同じようにトラックを貸し切って行う単身引越しプラン 単身パックはコンテナのサイズが決まっているので、荷物が少ない人向けです。 ただし他の顧客の荷物と合わせてトラックに積まれるため、到着まで時間がかかることも。 初めから運べる荷物の量が限られているため、電話やネットでの見積だけで済ませても問題はありません。 このようなパックは運送会社が提供していることが多くなっています。 これに対して単身引越しプランは一人暮らしであっても荷物が多い方、荷造りや解梱作業まで依頼したいという方、ピアノなどの特殊作業が必要になる荷物がある方に適しています。 荷物量を明確にし、料金を抑えるためにも利用する際は訪問見積りを依頼したほうがいいでしょう。 こちらは引越し作業に慣れている業者が提供しているケースが多いようです。 同じ内容で見積もりをしてもらう 複数の引越し業者に見積もりを依頼する場合、同じ内容・条件で見積もりをしてもらう必要があります。 「安いと思ったら作業を行う時間帯が違った」「他の引越し業者にある無料サービスの付帯がなかった」ということもあるかもしれません。 一括見積りサービスを利用すると、それだけで料金が安くなるような気もしがちですが、実際は見積もりが出てからが勝負。 内容やサービスのバラつきがないか、下記のポイントをよくチェックして、異なる点があれば、同じ条件で再度見積もりを出してもらうようにしましょう。 引越しの日時(午前か午後か、時間指定なしでもOKかどうかなど)• 荷物の量• オプションサービスの金額(自社で行わず外部に依頼する場合は高め)• 無料で提供される資材の数(段ボールやハンガーボックスなど)• トラックのサイズ 大きい方が金額は高いが、積み残しを防げるというメリットも。 小さいトラックで「積み切り」条件がついている場合、積み切れなかった荷物を運ぶのに別途料金がかかるので注意• 作業員の人数(少ないとその分時間がかかる)• 割引、期間キャンペーンの有無 訪問見積もり時に即決しない 引越し業者は即決せずに、必ず複数から見積をとることが安くするためのコツです。 また、見積もりの順番も重要です。 本命の引越し業者の見積もりを最後にお願いし、「A社はもっと安かった」や「B社は同じ値段でこんなサービスが付いてきた」などと交渉することで、上手くいけば通常よりも10%~30%も値段を抑えることができることもあります。 このことから、費用を安く抑えたい場合は複数の引越し業者に見積もりを依頼した方が良いでしょう。 本当に依頼したい業者は最後に訪問見積りしてもらおう 「引越しを依頼するなら、できれば信頼できる大手引越し業者に頼みたい」これが皆さんの本音ではないでしょうか。 一括見積りサービスを利用して大まかな見積もり金額をチェックしたら、3社程度に候補を絞って、訪問見積を依頼するのが料金を安くするコツということはすでにご存知ですよね。 この訪問見積りを依頼するときにも注意したいポイントがあります。 それは「本当に依頼したい引越し業者は最後に来てもらう」ということです。 まずは地域密着型など小規模の引越し業者に来てもらいましょう。 大手と比べるとかなり安めの金額を提示されるはず。 その後で、中堅層や大手の引越し業者に来てもらい、1件目の引越し業者の金額を提示して値引きの余地があるか確認します。 このようにして、一番依頼したい引越し業者は最後にまわすことで他社の見積金額を提示しつつ、どのくらいの値引きあるいはサービスが受けられるか確認します。 そのうえで最終的に3社の価格とサービスのバランスをチェック。 1件目、2件目で「このくらいでいいかな?」と思っても、グッとこらえて即決は避けるようにしてくださいね。 荷物量を減らして引越し費用を減らす 荷物の量によって人件費やトラック台数が変わるため、引越し料金を抑えたいのなら、見積もりをとる前に荷物の量を減らしておく必要があります。 不用品は不用品買取業者や不用品回収業者に依頼するか、もしくは粗大ごみとして自治体に処分を依頼することでできるだけ引越し料金を抑えましょう。 引越し料金が格安になるあなたにあったプランを選ぼう! 引越しを決める際には自分のニーズにあったプランのある引越し業者を選ぶことで賢く料金を抑えることができます。 引越し業者には家族での引越しが得意なところもあれば、単身引越しが得意なところも。 自分の引っ越しにあったプランのある引越し業者を選ぶようにしましょう。 転勤に伴う家族での引越し、結婚を控えた新居への引越し、新生活を始める学生の方の引越し…。 引越しとひとことで言ってもその内容はさまざまです。 見積もり依頼時に引越しの内容にあったプランを指定し、組み合わせることで、当日の引越し作業がよりスムーズになるだけではなく、料金を抑えられることもあります。 ここで各引越し業者が用意しているプランについて詳しく説明します。 これは全国に展開している宅配便のネットワークを利用し低価格でサービスを提供できるからでしょう。 単身引越しの少ない荷物なら、近距離であれば他の荷物と合わせてトラックで運ぶことができます。 また、長距離の引っ越しでも自社の鉄道コンテナやジェット機用コンテナも所有しているため料金を抑えることができます。 搬出・輸送・搬入・家具の解梱、設置までを行うのが一般的で、代表的なプランは以下のようになっています。 日本通運の『単身パック』• クロネコヤマト引越センターの『単身引越しサービス』• SGムービングの『単身カーゴプラン』 また引越し業者の中にはこれらの単身プランに加え、女性単身者向けサービス、学割や期間限定キャンペーンなどを適用しているところもあります。 女性スタッフのみで引越し作業を行うプラン。 下着や洋服などのデリケートな荷物が多い女性、一人暮らしの女性で男性スタッフのみの引越しは不安という方にオススメです。 大きな荷物があるときなどは女性スタッフのみという希望には応えらえないケースもあるので、見積もり時に相談するようにしましょう。 学生の単身引越しに適用されるプラン。 大学に入学する際や就職前に一人暮らしの住居から勤務先の住居へ引越す場合、帰郷するケースなどに適用されます。 レディースプランとの併用も可能です。 少ない荷物をカーゴ単位で運ぶプラン。 実家に戻る場合など、荷物の到着日を引越し業者にまかせることで料金をさらに安くできることも。 荷物が少ない方にオススメです。 当面必要な荷物だけを持って移動し、急がないものはパックプランで運べば経済的にお引越しができます。 お得プランの内容にエアコンやテレビ、洗濯機、ウォシュレットなどの家電の配線・設置をプラスしたプラン。 実施する作業によって料金が変わります。 こちらも女性の引越にオススメです。 小さな荷物の梱包・解梱まで依頼するフルプランを選ぶと料金が高くなるので、節約するなら以下の2つのプランから選ぶのがオススメです。 お得プラン(大型荷物のみ依頼) 大型荷物の荷造りと荷解きのみ依頼して残りの梱包・解梱は自身で行うプラン。 梱包・解梱のほとんどを自身で行うので料金が抑えられる。 高齢の方だけでの引越しや遠方への引越しをされるときは早めに見積りを依頼するようにしましょう。 専任のアドバイザーから整理整頓、不用品の処分、模様替え、家具の配置などについてのアドバイスを受けることができるプラン。 60歳以上の方の引越しに利用できます。 梱包・解梱などの作業も依頼できます。 体力に自信のなくなってきた方の引越しや介護施設への引越し、不用品を処分して手狭な住居に引越す方などにオススメのプランです。 遠方への引越に適用されるプラン。 家財の搬入後、1日かけて輸送し引越し先での受取りは2日後以降になりあます。 単身引越しなら混載便を利用することで料金を安くできます。 行程や料金は移動距離によって異なるため見積もり時に確認するようにしましょう。 大手だけでなく地域密着の業者も検討する 引越しを依頼するなら、テレビCMを大々的に行っている大手引越し業者が安心!と考えがちですが、実は地域に密着した中小の引越し業者の方が適している引越しもあります。 ここで中小の引越し業者に依頼するメリットについて詳しく説明します。 料金が安い• 緊急の引っ越し対応や荷物保管など、柔軟に対応してくれる• 所属する作業員数が少ないため、ベテラン作業員が対応してくれる場合が多い 地域密着型の中小企業は料金が安めです。 まれに「中小の引越し業者は値引きが少ない」という声も聞かれますが、これは初めから適正価格を提示しているからという背景もあるのです。 大手引越し業者はCMなどを打ち出している分、料金に上乗せされていたり、値引き交渉されることを前提に高めに見積もり金額を提示したりしている場合も少なくありません。 さらに地元のリサイクル業者と提携して不用品回収を行っていたり、急な引越し・夜間の作業もOKであったりと柔軟な対応をしてくれるところが多くなっています。 個人経営である赤帽も「黙々と作業してあっという間に引越しが終わった」「渋滞を避けて輸送してくれた」など、地域密着型の個人経営だからこそ受けられるメリットがあるのです。 これに対し、地域密着の引越し業者は最初から最後までベテランの作業員が対応してくれて安心できるという声も。 一般的に地域密着の引越し業者は近距離の引っ越しや単身引越しを得意としています。 見積もりを依頼するときには大手だけではなく、地域密着の引越し業者も含めて見積りをしてもらい、価格とサービスのバランスを考えて依頼するとよいでしょう。 繁忙期や土日祝日を避ける 土日曜・祝日、引越しが多い繁忙期2月・3月・4月といった繁忙期などは割増料金がかかることが多いので、こういった日や時期を避けると引越し費用を抑えることができます。 引越し業者のほとんどはシーズンに合わせて料金を設定しています。 就職や進学、転勤などで新生活を迎える人が多い2月から4月の春先シーズンは繁忙期にあたり引越し料金が高くなります。 話題にもあがった『引越し難民』を例にすると、引越し業者がトラックとスタッフの準備ができず、料金が高額なため引っ越せなかった人が続出したこともありました。 一方で11月から1月にかけての冬期や盛夏の時期は引越しが少ない閑散期となり、予約も取りやすく料金も安くなります。 もし引越しをする理由が住み替えであったり、あるいは結婚や出産などで家族が増えることであったりと、ある程度時期的な融通が利くのであれば、閑散期を狙った引越しが絶対お得です。 転勤や家族の事情など急ぎ引越しをしなければならない場合、閑散期を狙い引越し日を定めるのは困難です。 ですが時期以外にも料金を安くする方法があります。 その一つが曜日の選択です。 一週間のうちでも、土日祝日に合わせて引越しを済ませたいと考える人は多いため、業者の予約も人気のある土日祝日から埋まっていきます。 一方で平日は空いているため安めの料金を設定していたり、値引きに対応してくれる業者もあるのです。 つまり平日は一週間のうちの閑散期と考えてもいいわけです。 ただしなかには金曜日も週末料金としている業者もあります。 もう一つが『日取り』で知られる日本独特の六曜です。 結婚式などもそうですが、引越しも大切なライフイベントとして、大安を指定する人は少なくありません。 そのため、逆に仏滅の場合は料金が安くなる場合があります。 結婚式場と同様に、予約が集中しやすい大安の日とは反対に、仏滅の料金を安く設定している業者も多くあるのです。 他の赤口・先勝・友引・先負はとくに料金に変化はありません。 フリー便 引越し日時が引越し業者指定で安くなるプラン 引越し先での荷解きや片付け作業を考えれば、人気はやはり午前に集中します。 現在多くの業者は時間帯プランに『午前便』『午後便』のお客様の都合指定に加えて『フリー便』を設けています。 これはお客様が指定できるのは作業日までで、時間は業者のスケジュールによって指定されるプランです。 たとえばA県からB県への午前便で動く業者が、午後にB県からA県へ戻る際空荷で帰るのではなく、B県から他県への引越しを請け負うなどのケースです。 時間指定はできませんが、かわりに料金もかなりお得に設定されています。 スケジュールによっては夕方であったり朝一番であったりもしますが、傾向として午後を指定されるケースが多いようです。 帰り便 引越し日時が引越し業者指定で安くなるプラン 引越し先が遠方で引越しの時間に余裕があり、引越し業者の都合に合わせられる方でしたら、『帰り便』プランというのもあります。 これは、例えば東京~大阪間を移動するトラックを例に上げますと、出発地(東京)から引越し先(大阪)へ移動・荷下ろしを終えて空になったトラックに荷物を積んで、帰り荷として出発地(東京)まで運んでもらうというもの。 料金が片道分で済む為大変格安です。 できれば空荷で出発地に戻るのを避けたい引越し業者にとっても都合が良いプランです。 他、荷物が多くないことや、自分で梱包する必要があるなどの条件はありますが、検討する価値はあるでしょう。 電話やネット、訪問で見積もりを依頼する方法とメリットデメリット 見積もりをとる手段 見積もりをとる手段として、電話、メール、訪問見積もりなどがあります。 電話の場合 担当者に荷物の量やダンボールの数、日時や住所などを伝えて見積もりをとります。 メールの場合 メールに荷物の量やダンボールの数、日時や住所などを記載し直接引越し業者に送り、見積もりをとります。 訪問見積もりの場合 実際に担当者が自宅に来て荷物の量や道幅などを細かく確認していきます。 訪問見積もりは基本的に無料ですし、プロの目で判断し正確な見積もりを出すことができます。 ただし、訪問見積もりに立ち会う時間をとられることになりますので急いでいる場合や荷物が少ない単身の方、また自宅に人を入れたくない方にはお勧めしません。 電話やメール、訪問で見積もり依頼をするメリット・デメリット 引越し料金を安くあげたいなら、複数の引越し業者から見積もりをとって値引き交渉をするのが一番。 とはいえ、「訪問見積りに来てもらう時間がない」「人を家にあげたくない」「日中は仕事で忙しいので24時間できるネットで見積もりしたい」などさまざまな要望があるでしょう。 ここで、電話・ネット・訪問見積、それぞれのメリットとデメリットを説明しましょう。 電話見積もりのメリットはすぐに見積もり金額が分かること。 荷物の種類、大きさ、量などの詳細を説明する必要がありますが、20~30分程度で見積もり金額が分かるので、大まかな金額が知りたいというときにも便利です。 デメリットは自分で荷物の大きさを測り電話で正確に伝える必要があること。 電話をかけるまえにまとめて採寸しておくとスムーズです。 また実際に荷物を見てもらうわけではないので、ベランダにある荷物や自転車など家の外にある荷物を忘れるなどして料金が高くなってしまう可能性があります。 また複数の引越し業者に見積もりを依頼したい場合、電話を何度もかけなければならないという手間もあります。 ネット見積もりは自宅や移動中でも、空いた時間で複数の引越し業者からまとめて見積もりを出してもらえる一括見積サービスが手間なく便利です。 メリットは24時間見積依頼が可能なこと。 さらに複数の引越し業者から一度で見積もりを出してもらえるので、料金の相場が分かり、一番安い引越し業者もすぐに分かります。 また最近では一括見積りサービスを利用するとプレゼントをはじめとする特典が受けられることも多くなっています。 デメリットは一括見積後、複数の引越し業者から電話連絡があること。 なかには日中電話に出られないと伝えていても、携帯に何度も着信があったというケースもあるようです。 解消するコツとしては、見積もりを依頼する業者数を絞ることです。 メリットは正確に荷物の量を把握してもらえるので、適切な料金が算出され、値引きが受けやすい点です。 室内を見て回り、『この荷物は捨てる』『運ぶ』等、家具や荷物を確認しながら、具体的な引越しの段取りを打ち合わせる要領で見積もりが行われます。 使用する車やスタッフ人数、オプション料金の説明など、不明な点はいろいろ聞くこともできるので、満足のいく引越しとなるでしょう。 この日に変えたほうが安くなるか等、直接金額につながる相談をすることもできます。 実際にどんな荷物があるかを見てもらえるので「この冷蔵庫の搬出には別途料金がかかる?」「エアコンの着脱にはいくらかかる?」など、その場で質問ができるのもメリットのひとつでしょう。 デメリットは30分から1時間程度の時間を空けなければならないこと。 また営業担当を家にあげる必要があるので、他人を家に入れたくないという人には向いていません。 なかには「今決めてくれれば〇円安くします!」など営業手法もあるので、押しに弱い人は家族や友人に同席してもらう方がいいでしょう。 なかには「段ボールを無料でおいていきます」などといって、契約していないのに梱包材などを置いていくところもあります。 契約を断ると梱包材の料金を請求されることもありますので、段ボールは契約した引越し業者からもらうようにしてください。 大手引越し業者• 評価 3. 9 アリさんマークの引越社の口コミ件• この会社に決めた理由 営業マンの人柄が非常に良かった。 無駄な説明もなく、見積もり時の時間も短…• 評価 3. 8 サカイ引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 インターネットで検索して、3社の業者より見積もりの連絡をいただきました…• 評価 3. 8 アート引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 物の量は少なめだったが、途中で降ろしてもらうとか面倒なお願いをしたが快…• 評価 3. 8 クロネコヤマト引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 荷物も少なかった為、安く済む単身パックで見積もりし、圧倒的な安さだった…• 評価 3. 8 ハート引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 まず、不規則勤務なので、最初の連絡をメールでとコメント欄に書いて一括見… 地域密着 引越し業者• 評価 4. 8 お荷物運びのコンシェルジュの口コミ件• この会社に決めた理由 金額をギリギリまで下げてくださり、引越しが楽しくできました。 他は、…• 評価 4. 8 タウンサービス・ナカイの口コミ件• この会社に決めた理由 登録後直ぐに各担当者の方から見積もりを頂きました 3月の末頃の引っ越し…• 評価 4. leaf transport リーフトランスポートの口コミ件• この会社に決めた理由 料金体系が分かりやすく、電話応対もしっかりしていて信頼できたから。 評価 4. 7 引越ベンリーダの口コミ件• この会社に決めた理由 夜中にもかかわらず、連絡がはやく、具体的な金額を先に提示してくれてわか…• 評価 4. 6 やさか引越センターの口コミ件• com… 引越し業者を選ぶポイント 見積もりをとる引越し業者を選ぶ時は、インターネットで『LIFULL引越し』のような見積もり・予約サイトを利用して、各引越し業者の価格やサービスを比較し、口コミなどを参考にしましょう。 また、引越し業者を選ぶ際に国土交通省が認可しているかどうかも確認しておくと良いでしょう。 認可している引越し業者は荷物の傷や紛失などの保証をしっかりしてくれますので安心です。 他にも、各引越し業者で引越しを行った際にもらえる特典なども用意されています。 例えば、サカイ引越センターではお米、アート引越センターでは洗剤などがもらえ、さらに各引越し業者でマイレージやポイント還元なども行われています。 価格やサービスで決められない時はこういった特典なども見てみるのはいかがでしょうか。 多くの場合、標準引越運送約款に基づいて引越し業者が加入している『運送業者貨物賠償責任保険』で補償されますが、この保険では依頼する側の過失があった場合は補償されないなど、制限も多くなっています。 自身で引越し作業を行う際にうっかり荷物を落としてしまったなど、万が一のケースに備えたい場合、引越し業者を通じて『引越荷物運送保険』に加入するのがベストです。 引越荷物運送保険の保険料は家財の時価1万円に対して20円程度。 単身引越しで250万円程度の家財なら5,000円ということになります。 また、マンションの共用エリアを保護するための養生が基本料金に含まれていない場合もあるため必ず確認してください。 共用エリアでの損害はマンション自体の管理費に影響が出るため、こうした作業内容が契約に含まれているかしっかり確認しましょう。 引越し業者の中には取り扱う引越しプランに自動的にこの保険が自動付帯されているところもあります。 万が一に備えたい方は営業担当に引越荷物運送保険の保険料がいくらになるか確認してみましょう。 許可にも3種類あります。 ・『一般貨物自動車運送事業者』 ・『貨物軽自動車運送業事業者』 ・『貨物利用運送事業者』 『一般貨物自動車運送事業者』か『貨物利用運送事業者』にあたる引越し業者なら、見積書にその許可番号が記載されています。 『貨物軽自動車運送業者』の場合は最大積載量350kg未満のトラックを使用した引越しに対応しています。 許可を受けた引越し業者は国土交通省が定める標準引越運送約款に基づいて業務を行っています。 この標準引越運送約款は消費者が不利にならないように設けられたルールです。 引越しを依頼する際には運送事業を行う業者として許可を受けているかどうか確認しましょう。 また見積もり時には標準引越運送約款を提示するよう義務付けられていますので、見積もり時に営業担当に確認するとよいでしょう。 標準引越運送約款には荷物が破損・紛失した場合の補償内容やキャンセル料などについても記載されています。 違法の引越し業者であれば、この約款の提示をしないこともあるでしょう。 当然、運送業者貨物賠償責任保険にも加入していないため、トラブルがあっても補償を受けることはできません。 不審な点が少しでもあれば、依頼はしないようにしてください。 また前金や手付金を要求したり、まだ契約していないのに「無料です」といって段ボールをおいていったりする引越し業者も後でトラブルになることが多いので、はっきりと断るようにしましょう。 一般車であればナンバープレートが緑、軽貨物自動ならナンバープレートは黒になっているはず。 白いナンバープレートであれば、引越し業者として認可を受けていないということ。 もちろん違法行為ですし、依頼する側も処罰を受けることになりますので注意しましょう。 繁忙期になると無許可で営業を行う違法業者も出てきますが、こうした違法業者を利用すれば引越し業者、依頼者ともに処罰されます。 また、そうした違法業者は貨物保険に加入していないことが多いので、事故などが起きた場合にも補償されなくなってしまいます。 一般的には見積もり時に引越し業者により作成された『見積書』が契約書となります。 ネットや電話だけで契約を交わす場合も、契約内容を書面にしてもらうようにしましょう。 また、見積書は契約書と同時に、作業指示書を作成する元本となります。 作業スタッフは作業指示書の内容を確認しながら、当日、引越し作業を行うのです。 見積書に書かれていない内容は行われず、行う際は別途料金が発生することになります。 行き違いがあれば、当日の段取りに狂いが生じますし、通常は引越しがその日に完了しなければその日に旧居からの撤退が完了せず、賃貸なら日割り料金が別途発生する、または翌日からの新居での生活に支障をきたす等、トラブルの原因になります。 必ず事前に契約内容とその詳細を確認し、不明な点は問い合わせるなどして、滞りなく円満に引越し作業が完了するように準備しておきたいものです。 見積もり前に何を準備すればいいの? 見積もりが出される前に引越し業者からヒアリングされる項目を確認し、追加料金などが掛かりそうなものをあらかじめ対応しておくと、 費用を抑えることが可能です。 見積もりの前に様々な準備をしておきましょう。 ヒアリングでは、引越しする日や作業の開始時間、現住所と引越し先の住所、処分品の有無、オプションサービスの利用有無などを聞かれます。 また、荷物の種類(ベッド、家具、家電など)やダンボール数なども聞かれるので確認しておきましょう。 あとは見積もり書に必要なものとして、引越し料金の支払方法やタイミング、 引越し業者が当日行う作業の内容などを記載するため、そういった情報も詳細に聞かれるでしょう。 かなり細かいことまで聞かれますが、モレなくヒアリングすることで追加料金の発生を未然に防いでいます。 電話の場合、上手く伝えられないことも考えられるので、わからないことなどは積極的に質問した方が引越し業者との食い違いをなくすことができます。 建物やエレベーターなどでどれぐらい保護資材が必要か確認しましょう 作業中に壁や床、エレベーターなどを傷つけないように保護資材を巻いたり床に敷物をして荷物を運びますが、その時に用意する保護資材の量がどれくらい必要なのか、事前にチェックされることがあります。 このように、見積もりや作業に必要なことを把握し、事前に引越し業者に伝えることで、見積もりや引越しもスムーズに行うことができます。 引越し料金を安くあげたいなら、まずは正確な見積もりを出してもらう必要があります。 引越し業者によって若干の差はありますが、見積書を作成する際に依頼主が業者に提供する必要がある情報は以下の通りです。 依頼主の名前・住所・電話番号• 荷受人(依頼主)の名前・住所・電場番号• 荷物の受取日時と引き渡し日• 積地と卸地の住所、住居の形態(戸建てか集合住宅であるか、エレベーターの有無など)• 荷物の量、種類、特殊作業が必要であるかどうか• これは当日になって作業が追加になると料金がその分多く発生してしまうから。 例えば、住居にエレベーターがあるかどうかでも作業の内容は変わってきますよね。 また、「荷物が増えるかもしれない」「どのような作業が必要になるか分からない」など、あいまいな部分があると、引越し業者の営業担当は料金を高めに見積もらざるを得ません。 引越しの内容を明確にしておくことで、ムダのない作業となり値引きの余地も生まれます。 その結果、引越し料金を安く抑えることにつながるのです。 下記のようなケースは料金が高くなりやすいので、事前に明確にしておきましょう。 荷物の量や種類が見積もりと異なる• 当日になって梱包ができていない• 荷物の受取日時と引き渡し日が変更• 旧居の積地と新居の卸地の住居形態が把握されていなかったため、想定外の作業が必要になった(例:建物の養生が必要だった・住居前の道路が狭くてトラックが入れなかった) 見積もりをとるタイミング 見積もりをとるタイミングは、遅くとも引越し予定日から2週間前までに実施しましょう。 引越し見積もりから実際の金額、引越し作業日が決まるまでに約2週間必要です。 引越しの約1ヶ月前までに引越し業者に見積もりを依頼すると、引越しまでに十分な準備ができます。 前述の『見積もりを取るために必要な情報』の通り、見積もりをとる際には細かいところまで聞かれることがあります。 そのため、引越しの見積もりを取ろうと思った時に必要な情報がない状態では引越し業者も見積もりを算出することができません。 例えば、まだ新居が決まっていなかったり、荷物がどのくらいになるかわからない、引越しの日時を決めていないなどの場合は、見積りをとることができないので注意しましょう。 引越し見積書のチェックポイント 電話やネット、訪問見積などで見積りが終了すると、営業担当が見積書を作成してくれます。 見慣れない単語も多く、総額と値引き額ばかりに注目してしまいがちですが、この見積書は当日の作業指示書にもなるため、記載漏れがないかどうか必ずチェックしましょう。 必ず間違いやもれがないか確認してください。 また万が一、見積もり後、引っ越し当日までに新しい荷物が増えた場合は必ず業者に連絡するようにしましょう。 引越しの日時および荷物の受け渡し日• 当日の作業人数とトラックのサイズ・台数• 梱包、解梱の有無• 大型荷物の記載漏れがないか• 記載もれがある場合は営業担当に確認しましょう。 運賃など引越しにかかる費用の合計額・内訳および支払方法。 解約手数料の金額• 引越し業者の名称、事業許可番号、住所・電話番号、見積もり担当者の氏名・連絡先• 引越し業者からの見積もり提示の際に確認しておきましょう。 ・ダンボールなどの資材は有料なのか無料なのか ・依頼したオプションサービス(エアコンの設置等)は記載されているか ・高速道路料金やフェリー料金などの実費があれば、別途支払うのか など、細かい内容をチェックすることで見積もり時の金額より高い請求にならないようにします。 見積もり後のキャンセル 複数の会社に見積もりを依頼した場合、契約した引越し業者以外にキャンセルの連絡を入れなければなりません。 見積もりが揃った時点ですぐに比較を行い、なるべく早くキャンセルする旨を伝えましょう。 また、このキャンセル料金以外に荷造りのオプションサービスなどが事前に行われていた場合、その作業分の料金は支払わなければなりません。 そのため、引越しをキャンセルしなくてはいけない状況になった際は、すぐに引越し業者に連絡を入れましょう。 特に引越しが初めてという場合、とまどうことも多いでしょう。 ここで引越し見積もりに関するよくある質問にお答えしていきます。 見積もりから引越し業者の比較・決定までをスムーズに行うための参考にしてみてくださいね。 引越し見積自体は無料なの? 一括見積サービスの利用、メールなどでのやりとり、訪問見積などは原則としてすべて無料です。 ただし、例外として見積もり料金が発生することもあります。 引越しの見積もりが有料になるケースって? 標準引越運送約款には以下のような記載があります。 「見積料は請求しません。 ただし、発送地又は到着地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。 この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします」 これは引越し前後の住居が遠隔地・離島などで引越し業者の支社や支店がない、自動車で移動できないようなケースが想定されます。 一般的な引越しで見積もり料金を請求されることはありません。 また見積もりの料金が発生する場合は引越し業者が事前に通知する義務があります。 いきなり見積もり料金を請求されるような引越し業者は断るようにしてください。 見積もりはネットだけでできるの? 通常、引っ越しの見積もりは営業担当の訪問見積りや電話による確認が必要になります。 一括見積りサービスを利用すると複数の引越し業者から電話連絡がきます。 ネットだけで見積もりを完了させたい方はWeb予約サービスを利用してみましょう。 仕事が忙しくて訪問見積に来てもらう時間がとれない、電話で話すことや交渉が苦手…という方にも最適です。 急に引越しがきまって、急いで見積もり・引越しをしたいのだけど? 仕事の異動や転職などで、すぐに引越しをしなければならなくなり、ゆっくり比較検討しているヒマがない!という場合もWeb予約サービスがオススメです。 24時間利用できて、その場で複数の引越し業者のサービスや料金を比較することができます。 必要な情報は人数、引っ越し希望日、現在の住所と引っ越し先の住所、荷物の量やオプション作業の有無など。 引越しの予約申し込みまでがネットで完結し、Web予約サービス限定の特典もあるので是非、利用してみてくださいね。 一括見積を依頼する前に、料金の相場を調べたい 一括見積サービスを依頼すると、複数の引越し業者から連絡がきます。 でも、その前にだいたいの金額を知っておきたいという方も多いでしょう。 そんなときは以下の2つのページを活用してみてください。 1・引越し料金相場シミュレーター では引っ越し元、引っ越し先の住所と人数を入力するだけでおおまかな金額を算出できます。 金額は目安なので、より安い金額を引き出すためには一括見積サービスを利用しましょう。 2・引越し業者別・タイプ別の引っ越し料金相場 実際に引越しをした人がどのくらいの料金を支払っているか、おおよその目安をチェックできます。 をチェックするとクロネコヤマト引越しセンターやSGムービングなど、物流系の引越し業者の料金が安く、アート引越しセンターは高めになっています。 ここから「物流系引越し業者が単身引越しが得意であること」、「大手であるアート引越しセンターは家族での引越しを依頼する人が多い」であることが分かります。 また引越しは引越しの時期や単身であるか家族の引っ越しであるかによって料金が大きく異なります。 や などのページを利用すると、タイプ別に実際に引越しをした人がどのくらい払っているか、月ごとに平均を割り出しているので、引っ越し時期を選ぶ参考にもなります。 また、引越しの見積もりを安くするコツはでも紹介しています。 見積もり金額と実際の引越し料金は違わないの? 契約時の見積もり金額と実際の引っ越し料金は変わりません。 見積もり以降に荷物が増える・作業が追加になるなど契約内容に変更がない限り、追加料金は発生しないことになっています。 追加料金が発生する理由として一番多いのが、荷物を積み切れないというケースです。 このトラブルを防ぐために訪問見積をしない場合、引越し業者は大きめのトラックを選んで高めに見積もらざるを得ないのです。 少しでも安くするためにも、訪問見積りを依頼すること、引越しまでの間に荷物が増えたら少量でも事前に連絡することを忘れないようにしましょう。 訪問見積もりは土日祝、夜も対応してくれるの? 共働きのご家庭などは、訪問見積を依頼したいけれど、平日は時間が取れないという方も多いでしょう。 引越し業者の営業は土日祝日も年中無休です。 希望を伝えれば夜間でも対応してくれるので、電話で相談してみましょう。 当日に訪問見積をしてもらうなんてできる? すぐに引越ししたい!でも料金を安くするために、訪問見積りをお願いしたい!という場合は電話で相談してみましょう。 繁忙期は難しいかもしれませんが、外回りをしている営業担当がいる業者も多いので、対応してもらえるところもあるはずです。 また多くの引越し業者の営業担当が段ボールなどの資材を車に積んでいるので、見積もり後すぐに、荷物の梱包作業に取りかかれる場合もあります。 訪問見積もりはなしで、電話やメール、ネットからの入力だけで見積もりはできないの? 引越し業者によっては電話やメールだけで見積もりを受け付けているところもあります。 ただし、こうした引越し業者でも、家族の引っ越しに関しては訪問見積が必要というところが多くなっています。 また電話やネット入力だけで見積もりを完了させたい場合、相見積で比較検討するためには、それぞれの引越し業者に個別に連絡することになります。 同じことを何度も伝えなくてはならず、時間も手間もかかってしまうので、こうした場合はWeb予約サービスを利用する方が時間の節約につながります。 見積もり後に、引越し業者から電話がうるさいのですが。 一括見積サービスを利用すると、その直後から複数の引越し業者から営業の電話がかかってくることがあります。 これを防ぐためにも、一括見積サービスを利用する際には「電話に出られないので、連絡はメールでお願いします」と備考欄に記入しておくようにしましょう。 それでも電話連絡してくる引越し業者ははっきりと断ってOKです。 ダンボールやテープ、梱包資材は用意しておくと安くなるの? 引っ越しに欠かせない、荷物の梱包に段ボールやガムテープなどの梱包資材。 無料で提供してくれる引越し業者がほとんどですが、自分で用意して、料金を安くあげたい!という声もよく目にします。 しかし、これはあまり節約にはつながりません。 引越し業者は梱包資材をまとめて発注することで安く仕入れているため、梱包資材を自分で用意しても期待するような値引きにはつながらないのです。 またダンボールを自分で用意するのは意外に大変です。 スーパーなどでもらおうとすると大きさはマチマチ、重さもあるので家まで運ぶのも一苦労です。 ネットで購入することもできますが、送料もかかるので、お得感は低いと言えるでしょう。 無料で提供してもらえる段ボールの枚数は業者によって異なります。 引越し後の段ボール回収サービスが無料かどうかなども含めて、比較検討するときにチェックするようにしてください。 ここでは引越しの一括見積もりサイトがなぜヤバイと言われているのか、その理由と実際に利用するときの注意点について詳しく紹介していきます。 一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。 荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。 ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。 ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます! ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。 どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。 また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。 不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。 ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。 ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。 ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。 ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。 ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。 ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。 ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。 転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。 ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。 ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。 引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。 また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。 ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。 引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。 ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。

次の

引越し費用の相場|時期ごとの平均費用・料金を安くするには?

引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法

引越し見積もり金額はどう決まるの?最初に内訳を理解しよう 引越し業者に頼んで引っ越しをする際に、必ず見積もりをとると思いますが、皆さんが特に注目するポイントは、やはり料金だと思います。 引越しの料金を安く最大60%OFFにする方法を知る前提として、『引越し料金』の内訳を理解する必要があります。 料金の内訳と大体の相場を知ることで、「安かった」「高かった」ということが比較してわかります。 また料金の交渉もその相場をもとにしてできるのでスムーズです。 引越し料金を算定する際に、引越し業者から提示されるのが見積書です。 では、その見積料金はどのように決まるのでしょうか? 引越し料金は引っ越しする時期や荷物の量、距離などによって大きく違ってきます。 その料金の内訳を大きく分類すると以下のような内容になります。 基本運賃 法律によって運賃の基本額は決まっているので、各引越し業者によって運賃に大きな差が出ることはありません。 割増料金 2月・3月・4月の繁忙期や、土日祝日の休日割増、深夜や早朝に合わせた引っ越しの場合は深夜・早朝割増などの割増料金があります。 この他にも雪が多い地帯では冬季割増が発生する場合があります。 実費 荷物の梱包に関する費用や搬出・搬入、人件費、トラック代、交通費などがあります。 オプション 基本作業には含まれない特別な作業に発生する料金で、不要品の処分や家具以外の大きいもの ピアノやバイクなど の運搬、エアコンの取り外し・取り付けなどがオプションになります。 引越し業者ごとにオプション内容が変わってくるので、オプション内容も確認しておきましょう。 結論として引越し料金を安く交渉できるのは、この図の『割増料金』『実費』『オプション』の3つです。 特に『割増料金』と『オプション』は皆さんの努力で見積もり対象から外すことができます。 ココが格段に見積もり料金を安くできるポイントです。 【実費】 引越し業者は、引越しの際に出る荷物の量をおおまかに計算します。 荷物の量を把握しておくと、スタッフの人数と、使用するトラックの大きさや台数などを決めることができます。 【基本運賃】 現在のお住まいから引越し先までの距離がどのくらいあるのかを調べます。 距離が遠ければ遠いほど、ガソリン代もかかってしまいますし、高速道路を利用する場合は追加料金として通行料を支払わなければいけません。 【割増料金】 引越しのタイミングです。 2月・3月・4月は引越しの繁忙期と言われており、引越し依頼を受けられるキャパシティ(ドライバー、作業員、トラック)が無くなることが多く、引越し業者が料金を高く設定しています。 また、土日祝日や月末、大安を指定して引越しをする方が多いため予約が取りづらいだけでなく割増料金も掛かってしまいます。 また、時間帯によっても料金が変わります。 午前便、午後便、フリー便があり、午前便は作業開始の時間が確約されているため、一番料金が高いのが特徴です。 また土日・祝日や時間指定を避けると安くなります。 【オプション】 特に料金が必要なものは、エアコンや洗濯機、ウォシュレットの着脱、冷蔵庫やガスコンロの移設になります。 他にも搬入の際に入口や階段から入らず、窓から入れるための吊り作業のオプションを利用することで追加料金がかかってしまったり、マンションやアパートで2階以上の新居に移る際に荷物を運搬するためのエレベーターが無い場合でも料金が追加されることがあります。 例えばエアコンやウォシュレットを自身で設置するとか、専門の業者へ見積もりしてみることで安くできます。 このように、見積もりがどのような内容で決まるのか自身で把握しておくと、無駄な料金が発生せず、より安く引越しをすることができます。 引越し料金の内訳を理解いただいた次に、もともと料金がどれぐらいが妥当なのか『料金の相場』を理解しましょう。 相場を元に、どれぐらい安くなると良いのか基準がわかります。 次に紹介します。 相場理解:単身の引越し料金相場 具体的な単身引越しの料金相場を見てみましょう。 料金は荷物の多さ、距離、部屋の広さなどによっても変わってきますので、単身引越しプランを依頼するようなケースでは訪問見積を依頼する方が確実です。 また近距離で荷物が少ない場合は赤帽を利用すると1万5千円~と料金をかなり低く抑えることができます。 引越し業者では単身引越しのための、さまざまなパックやプランを用意しています。 ここで単身引越しの料金相場はいくらぐらいになるかあらかじめ確認しておきましょう。 単身引越しは大きくわけて以下の2つがあります。 決められたサイズのコンテナに詰める量だけ運んでもらう単身パック• 通常の引っ越しと同じようにトラックを貸し切って行う単身引越しプラン 単身パックはコンテナのサイズが決まっているので、荷物が少ない人向けです。 ただし他の顧客の荷物と合わせてトラックに積まれるため、到着まで時間がかかることも。 初めから運べる荷物の量が限られているため、電話やネットでの見積だけで済ませても問題はありません。 このようなパックは運送会社が提供していることが多くなっています。 これに対して単身引越しプランは一人暮らしであっても荷物が多い方、荷造りや解梱作業まで依頼したいという方、ピアノなどの特殊作業が必要になる荷物がある方に適しています。 荷物量を明確にし、料金を抑えるためにも利用する際は訪問見積りを依頼したほうがいいでしょう。 こちらは引越し作業に慣れている業者が提供しているケースが多いようです。 同じ内容で見積もりをしてもらう 複数の引越し業者に見積もりを依頼する場合、同じ内容・条件で見積もりをしてもらう必要があります。 「安いと思ったら作業を行う時間帯が違った」「他の引越し業者にある無料サービスの付帯がなかった」ということもあるかもしれません。 一括見積りサービスを利用すると、それだけで料金が安くなるような気もしがちですが、実際は見積もりが出てからが勝負。 内容やサービスのバラつきがないか、下記のポイントをよくチェックして、異なる点があれば、同じ条件で再度見積もりを出してもらうようにしましょう。 引越しの日時(午前か午後か、時間指定なしでもOKかどうかなど)• 荷物の量• オプションサービスの金額(自社で行わず外部に依頼する場合は高め)• 無料で提供される資材の数(段ボールやハンガーボックスなど)• トラックのサイズ 大きい方が金額は高いが、積み残しを防げるというメリットも。 小さいトラックで「積み切り」条件がついている場合、積み切れなかった荷物を運ぶのに別途料金がかかるので注意• 作業員の人数(少ないとその分時間がかかる)• 割引、期間キャンペーンの有無 訪問見積もり時に即決しない 引越し業者は即決せずに、必ず複数から見積をとることが安くするためのコツです。 また、見積もりの順番も重要です。 本命の引越し業者の見積もりを最後にお願いし、「A社はもっと安かった」や「B社は同じ値段でこんなサービスが付いてきた」などと交渉することで、上手くいけば通常よりも10%~30%も値段を抑えることができることもあります。 このことから、費用を安く抑えたい場合は複数の引越し業者に見積もりを依頼した方が良いでしょう。 本当に依頼したい業者は最後に訪問見積りしてもらおう 「引越しを依頼するなら、できれば信頼できる大手引越し業者に頼みたい」これが皆さんの本音ではないでしょうか。 一括見積りサービスを利用して大まかな見積もり金額をチェックしたら、3社程度に候補を絞って、訪問見積を依頼するのが料金を安くするコツということはすでにご存知ですよね。 この訪問見積りを依頼するときにも注意したいポイントがあります。 それは「本当に依頼したい引越し業者は最後に来てもらう」ということです。 まずは地域密着型など小規模の引越し業者に来てもらいましょう。 大手と比べるとかなり安めの金額を提示されるはず。 その後で、中堅層や大手の引越し業者に来てもらい、1件目の引越し業者の金額を提示して値引きの余地があるか確認します。 このようにして、一番依頼したい引越し業者は最後にまわすことで他社の見積金額を提示しつつ、どのくらいの値引きあるいはサービスが受けられるか確認します。 そのうえで最終的に3社の価格とサービスのバランスをチェック。 1件目、2件目で「このくらいでいいかな?」と思っても、グッとこらえて即決は避けるようにしてくださいね。 荷物量を減らして引越し費用を減らす 荷物の量によって人件費やトラック台数が変わるため、引越し料金を抑えたいのなら、見積もりをとる前に荷物の量を減らしておく必要があります。 不用品は不用品買取業者や不用品回収業者に依頼するか、もしくは粗大ごみとして自治体に処分を依頼することでできるだけ引越し料金を抑えましょう。 引越し料金が格安になるあなたにあったプランを選ぼう! 引越しを決める際には自分のニーズにあったプランのある引越し業者を選ぶことで賢く料金を抑えることができます。 引越し業者には家族での引越しが得意なところもあれば、単身引越しが得意なところも。 自分の引っ越しにあったプランのある引越し業者を選ぶようにしましょう。 転勤に伴う家族での引越し、結婚を控えた新居への引越し、新生活を始める学生の方の引越し…。 引越しとひとことで言ってもその内容はさまざまです。 見積もり依頼時に引越しの内容にあったプランを指定し、組み合わせることで、当日の引越し作業がよりスムーズになるだけではなく、料金を抑えられることもあります。 ここで各引越し業者が用意しているプランについて詳しく説明します。 これは全国に展開している宅配便のネットワークを利用し低価格でサービスを提供できるからでしょう。 単身引越しの少ない荷物なら、近距離であれば他の荷物と合わせてトラックで運ぶことができます。 また、長距離の引っ越しでも自社の鉄道コンテナやジェット機用コンテナも所有しているため料金を抑えることができます。 搬出・輸送・搬入・家具の解梱、設置までを行うのが一般的で、代表的なプランは以下のようになっています。 日本通運の『単身パック』• クロネコヤマト引越センターの『単身引越しサービス』• SGムービングの『単身カーゴプラン』 また引越し業者の中にはこれらの単身プランに加え、女性単身者向けサービス、学割や期間限定キャンペーンなどを適用しているところもあります。 女性スタッフのみで引越し作業を行うプラン。 下着や洋服などのデリケートな荷物が多い女性、一人暮らしの女性で男性スタッフのみの引越しは不安という方にオススメです。 大きな荷物があるときなどは女性スタッフのみという希望には応えらえないケースもあるので、見積もり時に相談するようにしましょう。 学生の単身引越しに適用されるプラン。 大学に入学する際や就職前に一人暮らしの住居から勤務先の住居へ引越す場合、帰郷するケースなどに適用されます。 レディースプランとの併用も可能です。 少ない荷物をカーゴ単位で運ぶプラン。 実家に戻る場合など、荷物の到着日を引越し業者にまかせることで料金をさらに安くできることも。 荷物が少ない方にオススメです。 当面必要な荷物だけを持って移動し、急がないものはパックプランで運べば経済的にお引越しができます。 お得プランの内容にエアコンやテレビ、洗濯機、ウォシュレットなどの家電の配線・設置をプラスしたプラン。 実施する作業によって料金が変わります。 こちらも女性の引越にオススメです。 小さな荷物の梱包・解梱まで依頼するフルプランを選ぶと料金が高くなるので、節約するなら以下の2つのプランから選ぶのがオススメです。 お得プラン(大型荷物のみ依頼) 大型荷物の荷造りと荷解きのみ依頼して残りの梱包・解梱は自身で行うプラン。 梱包・解梱のほとんどを自身で行うので料金が抑えられる。 高齢の方だけでの引越しや遠方への引越しをされるときは早めに見積りを依頼するようにしましょう。 専任のアドバイザーから整理整頓、不用品の処分、模様替え、家具の配置などについてのアドバイスを受けることができるプラン。 60歳以上の方の引越しに利用できます。 梱包・解梱などの作業も依頼できます。 体力に自信のなくなってきた方の引越しや介護施設への引越し、不用品を処分して手狭な住居に引越す方などにオススメのプランです。 遠方への引越に適用されるプラン。 家財の搬入後、1日かけて輸送し引越し先での受取りは2日後以降になりあます。 単身引越しなら混載便を利用することで料金を安くできます。 行程や料金は移動距離によって異なるため見積もり時に確認するようにしましょう。 大手だけでなく地域密着の業者も検討する 引越しを依頼するなら、テレビCMを大々的に行っている大手引越し業者が安心!と考えがちですが、実は地域に密着した中小の引越し業者の方が適している引越しもあります。 ここで中小の引越し業者に依頼するメリットについて詳しく説明します。 料金が安い• 緊急の引っ越し対応や荷物保管など、柔軟に対応してくれる• 所属する作業員数が少ないため、ベテラン作業員が対応してくれる場合が多い 地域密着型の中小企業は料金が安めです。 まれに「中小の引越し業者は値引きが少ない」という声も聞かれますが、これは初めから適正価格を提示しているからという背景もあるのです。 大手引越し業者はCMなどを打ち出している分、料金に上乗せされていたり、値引き交渉されることを前提に高めに見積もり金額を提示したりしている場合も少なくありません。 さらに地元のリサイクル業者と提携して不用品回収を行っていたり、急な引越し・夜間の作業もOKであったりと柔軟な対応をしてくれるところが多くなっています。 個人経営である赤帽も「黙々と作業してあっという間に引越しが終わった」「渋滞を避けて輸送してくれた」など、地域密着型の個人経営だからこそ受けられるメリットがあるのです。 これに対し、地域密着の引越し業者は最初から最後までベテランの作業員が対応してくれて安心できるという声も。 一般的に地域密着の引越し業者は近距離の引っ越しや単身引越しを得意としています。 見積もりを依頼するときには大手だけではなく、地域密着の引越し業者も含めて見積りをしてもらい、価格とサービスのバランスを考えて依頼するとよいでしょう。 繁忙期や土日祝日を避ける 土日曜・祝日、引越しが多い繁忙期2月・3月・4月といった繁忙期などは割増料金がかかることが多いので、こういった日や時期を避けると引越し費用を抑えることができます。 引越し業者のほとんどはシーズンに合わせて料金を設定しています。 就職や進学、転勤などで新生活を迎える人が多い2月から4月の春先シーズンは繁忙期にあたり引越し料金が高くなります。 話題にもあがった『引越し難民』を例にすると、引越し業者がトラックとスタッフの準備ができず、料金が高額なため引っ越せなかった人が続出したこともありました。 一方で11月から1月にかけての冬期や盛夏の時期は引越しが少ない閑散期となり、予約も取りやすく料金も安くなります。 もし引越しをする理由が住み替えであったり、あるいは結婚や出産などで家族が増えることであったりと、ある程度時期的な融通が利くのであれば、閑散期を狙った引越しが絶対お得です。 転勤や家族の事情など急ぎ引越しをしなければならない場合、閑散期を狙い引越し日を定めるのは困難です。 ですが時期以外にも料金を安くする方法があります。 その一つが曜日の選択です。 一週間のうちでも、土日祝日に合わせて引越しを済ませたいと考える人は多いため、業者の予約も人気のある土日祝日から埋まっていきます。 一方で平日は空いているため安めの料金を設定していたり、値引きに対応してくれる業者もあるのです。 つまり平日は一週間のうちの閑散期と考えてもいいわけです。 ただしなかには金曜日も週末料金としている業者もあります。 もう一つが『日取り』で知られる日本独特の六曜です。 結婚式などもそうですが、引越しも大切なライフイベントとして、大安を指定する人は少なくありません。 そのため、逆に仏滅の場合は料金が安くなる場合があります。 結婚式場と同様に、予約が集中しやすい大安の日とは反対に、仏滅の料金を安く設定している業者も多くあるのです。 他の赤口・先勝・友引・先負はとくに料金に変化はありません。 フリー便 引越し日時が引越し業者指定で安くなるプラン 引越し先での荷解きや片付け作業を考えれば、人気はやはり午前に集中します。 現在多くの業者は時間帯プランに『午前便』『午後便』のお客様の都合指定に加えて『フリー便』を設けています。 これはお客様が指定できるのは作業日までで、時間は業者のスケジュールによって指定されるプランです。 たとえばA県からB県への午前便で動く業者が、午後にB県からA県へ戻る際空荷で帰るのではなく、B県から他県への引越しを請け負うなどのケースです。 時間指定はできませんが、かわりに料金もかなりお得に設定されています。 スケジュールによっては夕方であったり朝一番であったりもしますが、傾向として午後を指定されるケースが多いようです。 帰り便 引越し日時が引越し業者指定で安くなるプラン 引越し先が遠方で引越しの時間に余裕があり、引越し業者の都合に合わせられる方でしたら、『帰り便』プランというのもあります。 これは、例えば東京~大阪間を移動するトラックを例に上げますと、出発地(東京)から引越し先(大阪)へ移動・荷下ろしを終えて空になったトラックに荷物を積んで、帰り荷として出発地(東京)まで運んでもらうというもの。 料金が片道分で済む為大変格安です。 できれば空荷で出発地に戻るのを避けたい引越し業者にとっても都合が良いプランです。 他、荷物が多くないことや、自分で梱包する必要があるなどの条件はありますが、検討する価値はあるでしょう。 電話やネット、訪問で見積もりを依頼する方法とメリットデメリット 見積もりをとる手段 見積もりをとる手段として、電話、メール、訪問見積もりなどがあります。 電話の場合 担当者に荷物の量やダンボールの数、日時や住所などを伝えて見積もりをとります。 メールの場合 メールに荷物の量やダンボールの数、日時や住所などを記載し直接引越し業者に送り、見積もりをとります。 訪問見積もりの場合 実際に担当者が自宅に来て荷物の量や道幅などを細かく確認していきます。 訪問見積もりは基本的に無料ですし、プロの目で判断し正確な見積もりを出すことができます。 ただし、訪問見積もりに立ち会う時間をとられることになりますので急いでいる場合や荷物が少ない単身の方、また自宅に人を入れたくない方にはお勧めしません。 電話やメール、訪問で見積もり依頼をするメリット・デメリット 引越し料金を安くあげたいなら、複数の引越し業者から見積もりをとって値引き交渉をするのが一番。 とはいえ、「訪問見積りに来てもらう時間がない」「人を家にあげたくない」「日中は仕事で忙しいので24時間できるネットで見積もりしたい」などさまざまな要望があるでしょう。 ここで、電話・ネット・訪問見積、それぞれのメリットとデメリットを説明しましょう。 電話見積もりのメリットはすぐに見積もり金額が分かること。 荷物の種類、大きさ、量などの詳細を説明する必要がありますが、20~30分程度で見積もり金額が分かるので、大まかな金額が知りたいというときにも便利です。 デメリットは自分で荷物の大きさを測り電話で正確に伝える必要があること。 電話をかけるまえにまとめて採寸しておくとスムーズです。 また実際に荷物を見てもらうわけではないので、ベランダにある荷物や自転車など家の外にある荷物を忘れるなどして料金が高くなってしまう可能性があります。 また複数の引越し業者に見積もりを依頼したい場合、電話を何度もかけなければならないという手間もあります。 ネット見積もりは自宅や移動中でも、空いた時間で複数の引越し業者からまとめて見積もりを出してもらえる一括見積サービスが手間なく便利です。 メリットは24時間見積依頼が可能なこと。 さらに複数の引越し業者から一度で見積もりを出してもらえるので、料金の相場が分かり、一番安い引越し業者もすぐに分かります。 また最近では一括見積りサービスを利用するとプレゼントをはじめとする特典が受けられることも多くなっています。 デメリットは一括見積後、複数の引越し業者から電話連絡があること。 なかには日中電話に出られないと伝えていても、携帯に何度も着信があったというケースもあるようです。 解消するコツとしては、見積もりを依頼する業者数を絞ることです。 メリットは正確に荷物の量を把握してもらえるので、適切な料金が算出され、値引きが受けやすい点です。 室内を見て回り、『この荷物は捨てる』『運ぶ』等、家具や荷物を確認しながら、具体的な引越しの段取りを打ち合わせる要領で見積もりが行われます。 使用する車やスタッフ人数、オプション料金の説明など、不明な点はいろいろ聞くこともできるので、満足のいく引越しとなるでしょう。 この日に変えたほうが安くなるか等、直接金額につながる相談をすることもできます。 実際にどんな荷物があるかを見てもらえるので「この冷蔵庫の搬出には別途料金がかかる?」「エアコンの着脱にはいくらかかる?」など、その場で質問ができるのもメリットのひとつでしょう。 デメリットは30分から1時間程度の時間を空けなければならないこと。 また営業担当を家にあげる必要があるので、他人を家に入れたくないという人には向いていません。 なかには「今決めてくれれば〇円安くします!」など営業手法もあるので、押しに弱い人は家族や友人に同席してもらう方がいいでしょう。 なかには「段ボールを無料でおいていきます」などといって、契約していないのに梱包材などを置いていくところもあります。 契約を断ると梱包材の料金を請求されることもありますので、段ボールは契約した引越し業者からもらうようにしてください。 大手引越し業者• 評価 3. 9 アリさんマークの引越社の口コミ件• この会社に決めた理由 営業マンの人柄が非常に良かった。 無駄な説明もなく、見積もり時の時間も短…• 評価 3. 8 サカイ引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 インターネットで検索して、3社の業者より見積もりの連絡をいただきました…• 評価 3. 8 アート引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 物の量は少なめだったが、途中で降ろしてもらうとか面倒なお願いをしたが快…• 評価 3. 8 クロネコヤマト引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 荷物も少なかった為、安く済む単身パックで見積もりし、圧倒的な安さだった…• 評価 3. 8 ハート引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 まず、不規則勤務なので、最初の連絡をメールでとコメント欄に書いて一括見… 地域密着 引越し業者• 評価 4. 8 お荷物運びのコンシェルジュの口コミ件• この会社に決めた理由 金額をギリギリまで下げてくださり、引越しが楽しくできました。 他は、…• 評価 4. 8 タウンサービス・ナカイの口コミ件• この会社に決めた理由 登録後直ぐに各担当者の方から見積もりを頂きました 3月の末頃の引っ越し…• 評価 4. leaf transport リーフトランスポートの口コミ件• この会社に決めた理由 料金体系が分かりやすく、電話応対もしっかりしていて信頼できたから。 評価 4. 7 引越ベンリーダの口コミ件• この会社に決めた理由 夜中にもかかわらず、連絡がはやく、具体的な金額を先に提示してくれてわか…• 評価 4. 6 やさか引越センターの口コミ件• com… 引越し業者を選ぶポイント 見積もりをとる引越し業者を選ぶ時は、インターネットで『LIFULL引越し』のような見積もり・予約サイトを利用して、各引越し業者の価格やサービスを比較し、口コミなどを参考にしましょう。 また、引越し業者を選ぶ際に国土交通省が認可しているかどうかも確認しておくと良いでしょう。 認可している引越し業者は荷物の傷や紛失などの保証をしっかりしてくれますので安心です。 他にも、各引越し業者で引越しを行った際にもらえる特典なども用意されています。 例えば、サカイ引越センターではお米、アート引越センターでは洗剤などがもらえ、さらに各引越し業者でマイレージやポイント還元なども行われています。 価格やサービスで決められない時はこういった特典なども見てみるのはいかがでしょうか。 多くの場合、標準引越運送約款に基づいて引越し業者が加入している『運送業者貨物賠償責任保険』で補償されますが、この保険では依頼する側の過失があった場合は補償されないなど、制限も多くなっています。 自身で引越し作業を行う際にうっかり荷物を落としてしまったなど、万が一のケースに備えたい場合、引越し業者を通じて『引越荷物運送保険』に加入するのがベストです。 引越荷物運送保険の保険料は家財の時価1万円に対して20円程度。 単身引越しで250万円程度の家財なら5,000円ということになります。 また、マンションの共用エリアを保護するための養生が基本料金に含まれていない場合もあるため必ず確認してください。 共用エリアでの損害はマンション自体の管理費に影響が出るため、こうした作業内容が契約に含まれているかしっかり確認しましょう。 引越し業者の中には取り扱う引越しプランに自動的にこの保険が自動付帯されているところもあります。 万が一に備えたい方は営業担当に引越荷物運送保険の保険料がいくらになるか確認してみましょう。 許可にも3種類あります。 ・『一般貨物自動車運送事業者』 ・『貨物軽自動車運送業事業者』 ・『貨物利用運送事業者』 『一般貨物自動車運送事業者』か『貨物利用運送事業者』にあたる引越し業者なら、見積書にその許可番号が記載されています。 『貨物軽自動車運送業者』の場合は最大積載量350kg未満のトラックを使用した引越しに対応しています。 許可を受けた引越し業者は国土交通省が定める標準引越運送約款に基づいて業務を行っています。 この標準引越運送約款は消費者が不利にならないように設けられたルールです。 引越しを依頼する際には運送事業を行う業者として許可を受けているかどうか確認しましょう。 また見積もり時には標準引越運送約款を提示するよう義務付けられていますので、見積もり時に営業担当に確認するとよいでしょう。 標準引越運送約款には荷物が破損・紛失した場合の補償内容やキャンセル料などについても記載されています。 違法の引越し業者であれば、この約款の提示をしないこともあるでしょう。 当然、運送業者貨物賠償責任保険にも加入していないため、トラブルがあっても補償を受けることはできません。 不審な点が少しでもあれば、依頼はしないようにしてください。 また前金や手付金を要求したり、まだ契約していないのに「無料です」といって段ボールをおいていったりする引越し業者も後でトラブルになることが多いので、はっきりと断るようにしましょう。 一般車であればナンバープレートが緑、軽貨物自動ならナンバープレートは黒になっているはず。 白いナンバープレートであれば、引越し業者として認可を受けていないということ。 もちろん違法行為ですし、依頼する側も処罰を受けることになりますので注意しましょう。 繁忙期になると無許可で営業を行う違法業者も出てきますが、こうした違法業者を利用すれば引越し業者、依頼者ともに処罰されます。 また、そうした違法業者は貨物保険に加入していないことが多いので、事故などが起きた場合にも補償されなくなってしまいます。 一般的には見積もり時に引越し業者により作成された『見積書』が契約書となります。 ネットや電話だけで契約を交わす場合も、契約内容を書面にしてもらうようにしましょう。 また、見積書は契約書と同時に、作業指示書を作成する元本となります。 作業スタッフは作業指示書の内容を確認しながら、当日、引越し作業を行うのです。 見積書に書かれていない内容は行われず、行う際は別途料金が発生することになります。 行き違いがあれば、当日の段取りに狂いが生じますし、通常は引越しがその日に完了しなければその日に旧居からの撤退が完了せず、賃貸なら日割り料金が別途発生する、または翌日からの新居での生活に支障をきたす等、トラブルの原因になります。 必ず事前に契約内容とその詳細を確認し、不明な点は問い合わせるなどして、滞りなく円満に引越し作業が完了するように準備しておきたいものです。 見積もり前に何を準備すればいいの? 見積もりが出される前に引越し業者からヒアリングされる項目を確認し、追加料金などが掛かりそうなものをあらかじめ対応しておくと、 費用を抑えることが可能です。 見積もりの前に様々な準備をしておきましょう。 ヒアリングでは、引越しする日や作業の開始時間、現住所と引越し先の住所、処分品の有無、オプションサービスの利用有無などを聞かれます。 また、荷物の種類(ベッド、家具、家電など)やダンボール数なども聞かれるので確認しておきましょう。 あとは見積もり書に必要なものとして、引越し料金の支払方法やタイミング、 引越し業者が当日行う作業の内容などを記載するため、そういった情報も詳細に聞かれるでしょう。 かなり細かいことまで聞かれますが、モレなくヒアリングすることで追加料金の発生を未然に防いでいます。 電話の場合、上手く伝えられないことも考えられるので、わからないことなどは積極的に質問した方が引越し業者との食い違いをなくすことができます。 建物やエレベーターなどでどれぐらい保護資材が必要か確認しましょう 作業中に壁や床、エレベーターなどを傷つけないように保護資材を巻いたり床に敷物をして荷物を運びますが、その時に用意する保護資材の量がどれくらい必要なのか、事前にチェックされることがあります。 このように、見積もりや作業に必要なことを把握し、事前に引越し業者に伝えることで、見積もりや引越しもスムーズに行うことができます。 引越し料金を安くあげたいなら、まずは正確な見積もりを出してもらう必要があります。 引越し業者によって若干の差はありますが、見積書を作成する際に依頼主が業者に提供する必要がある情報は以下の通りです。 依頼主の名前・住所・電話番号• 荷受人(依頼主)の名前・住所・電場番号• 荷物の受取日時と引き渡し日• 積地と卸地の住所、住居の形態(戸建てか集合住宅であるか、エレベーターの有無など)• 荷物の量、種類、特殊作業が必要であるかどうか• これは当日になって作業が追加になると料金がその分多く発生してしまうから。 例えば、住居にエレベーターがあるかどうかでも作業の内容は変わってきますよね。 また、「荷物が増えるかもしれない」「どのような作業が必要になるか分からない」など、あいまいな部分があると、引越し業者の営業担当は料金を高めに見積もらざるを得ません。 引越しの内容を明確にしておくことで、ムダのない作業となり値引きの余地も生まれます。 その結果、引越し料金を安く抑えることにつながるのです。 下記のようなケースは料金が高くなりやすいので、事前に明確にしておきましょう。 荷物の量や種類が見積もりと異なる• 当日になって梱包ができていない• 荷物の受取日時と引き渡し日が変更• 旧居の積地と新居の卸地の住居形態が把握されていなかったため、想定外の作業が必要になった(例:建物の養生が必要だった・住居前の道路が狭くてトラックが入れなかった) 見積もりをとるタイミング 見積もりをとるタイミングは、遅くとも引越し予定日から2週間前までに実施しましょう。 引越し見積もりから実際の金額、引越し作業日が決まるまでに約2週間必要です。 引越しの約1ヶ月前までに引越し業者に見積もりを依頼すると、引越しまでに十分な準備ができます。 前述の『見積もりを取るために必要な情報』の通り、見積もりをとる際には細かいところまで聞かれることがあります。 そのため、引越しの見積もりを取ろうと思った時に必要な情報がない状態では引越し業者も見積もりを算出することができません。 例えば、まだ新居が決まっていなかったり、荷物がどのくらいになるかわからない、引越しの日時を決めていないなどの場合は、見積りをとることができないので注意しましょう。 引越し見積書のチェックポイント 電話やネット、訪問見積などで見積りが終了すると、営業担当が見積書を作成してくれます。 見慣れない単語も多く、総額と値引き額ばかりに注目してしまいがちですが、この見積書は当日の作業指示書にもなるため、記載漏れがないかどうか必ずチェックしましょう。 必ず間違いやもれがないか確認してください。 また万が一、見積もり後、引っ越し当日までに新しい荷物が増えた場合は必ず業者に連絡するようにしましょう。 引越しの日時および荷物の受け渡し日• 当日の作業人数とトラックのサイズ・台数• 梱包、解梱の有無• 大型荷物の記載漏れがないか• 記載もれがある場合は営業担当に確認しましょう。 運賃など引越しにかかる費用の合計額・内訳および支払方法。 解約手数料の金額• 引越し業者の名称、事業許可番号、住所・電話番号、見積もり担当者の氏名・連絡先• 引越し業者からの見積もり提示の際に確認しておきましょう。 ・ダンボールなどの資材は有料なのか無料なのか ・依頼したオプションサービス(エアコンの設置等)は記載されているか ・高速道路料金やフェリー料金などの実費があれば、別途支払うのか など、細かい内容をチェックすることで見積もり時の金額より高い請求にならないようにします。 見積もり後のキャンセル 複数の会社に見積もりを依頼した場合、契約した引越し業者以外にキャンセルの連絡を入れなければなりません。 見積もりが揃った時点ですぐに比較を行い、なるべく早くキャンセルする旨を伝えましょう。 また、このキャンセル料金以外に荷造りのオプションサービスなどが事前に行われていた場合、その作業分の料金は支払わなければなりません。 そのため、引越しをキャンセルしなくてはいけない状況になった際は、すぐに引越し業者に連絡を入れましょう。 特に引越しが初めてという場合、とまどうことも多いでしょう。 ここで引越し見積もりに関するよくある質問にお答えしていきます。 見積もりから引越し業者の比較・決定までをスムーズに行うための参考にしてみてくださいね。 引越し見積自体は無料なの? 一括見積サービスの利用、メールなどでのやりとり、訪問見積などは原則としてすべて無料です。 ただし、例外として見積もり料金が発生することもあります。 引越しの見積もりが有料になるケースって? 標準引越運送約款には以下のような記載があります。 「見積料は請求しません。 ただし、発送地又は到着地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。 この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします」 これは引越し前後の住居が遠隔地・離島などで引越し業者の支社や支店がない、自動車で移動できないようなケースが想定されます。 一般的な引越しで見積もり料金を請求されることはありません。 また見積もりの料金が発生する場合は引越し業者が事前に通知する義務があります。 いきなり見積もり料金を請求されるような引越し業者は断るようにしてください。 見積もりはネットだけでできるの? 通常、引っ越しの見積もりは営業担当の訪問見積りや電話による確認が必要になります。 一括見積りサービスを利用すると複数の引越し業者から電話連絡がきます。 ネットだけで見積もりを完了させたい方はWeb予約サービスを利用してみましょう。 仕事が忙しくて訪問見積に来てもらう時間がとれない、電話で話すことや交渉が苦手…という方にも最適です。 急に引越しがきまって、急いで見積もり・引越しをしたいのだけど? 仕事の異動や転職などで、すぐに引越しをしなければならなくなり、ゆっくり比較検討しているヒマがない!という場合もWeb予約サービスがオススメです。 24時間利用できて、その場で複数の引越し業者のサービスや料金を比較することができます。 必要な情報は人数、引っ越し希望日、現在の住所と引っ越し先の住所、荷物の量やオプション作業の有無など。 引越しの予約申し込みまでがネットで完結し、Web予約サービス限定の特典もあるので是非、利用してみてくださいね。 一括見積を依頼する前に、料金の相場を調べたい 一括見積サービスを依頼すると、複数の引越し業者から連絡がきます。 でも、その前にだいたいの金額を知っておきたいという方も多いでしょう。 そんなときは以下の2つのページを活用してみてください。 1・引越し料金相場シミュレーター では引っ越し元、引っ越し先の住所と人数を入力するだけでおおまかな金額を算出できます。 金額は目安なので、より安い金額を引き出すためには一括見積サービスを利用しましょう。 2・引越し業者別・タイプ別の引っ越し料金相場 実際に引越しをした人がどのくらいの料金を支払っているか、おおよその目安をチェックできます。 をチェックするとクロネコヤマト引越しセンターやSGムービングなど、物流系の引越し業者の料金が安く、アート引越しセンターは高めになっています。 ここから「物流系引越し業者が単身引越しが得意であること」、「大手であるアート引越しセンターは家族での引越しを依頼する人が多い」であることが分かります。 また引越しは引越しの時期や単身であるか家族の引っ越しであるかによって料金が大きく異なります。 や などのページを利用すると、タイプ別に実際に引越しをした人がどのくらい払っているか、月ごとに平均を割り出しているので、引っ越し時期を選ぶ参考にもなります。 また、引越しの見積もりを安くするコツはでも紹介しています。 見積もり金額と実際の引越し料金は違わないの? 契約時の見積もり金額と実際の引っ越し料金は変わりません。 見積もり以降に荷物が増える・作業が追加になるなど契約内容に変更がない限り、追加料金は発生しないことになっています。 追加料金が発生する理由として一番多いのが、荷物を積み切れないというケースです。 このトラブルを防ぐために訪問見積をしない場合、引越し業者は大きめのトラックを選んで高めに見積もらざるを得ないのです。 少しでも安くするためにも、訪問見積りを依頼すること、引越しまでの間に荷物が増えたら少量でも事前に連絡することを忘れないようにしましょう。 訪問見積もりは土日祝、夜も対応してくれるの? 共働きのご家庭などは、訪問見積を依頼したいけれど、平日は時間が取れないという方も多いでしょう。 引越し業者の営業は土日祝日も年中無休です。 希望を伝えれば夜間でも対応してくれるので、電話で相談してみましょう。 当日に訪問見積をしてもらうなんてできる? すぐに引越ししたい!でも料金を安くするために、訪問見積りをお願いしたい!という場合は電話で相談してみましょう。 繁忙期は難しいかもしれませんが、外回りをしている営業担当がいる業者も多いので、対応してもらえるところもあるはずです。 また多くの引越し業者の営業担当が段ボールなどの資材を車に積んでいるので、見積もり後すぐに、荷物の梱包作業に取りかかれる場合もあります。 訪問見積もりはなしで、電話やメール、ネットからの入力だけで見積もりはできないの? 引越し業者によっては電話やメールだけで見積もりを受け付けているところもあります。 ただし、こうした引越し業者でも、家族の引っ越しに関しては訪問見積が必要というところが多くなっています。 また電話やネット入力だけで見積もりを完了させたい場合、相見積で比較検討するためには、それぞれの引越し業者に個別に連絡することになります。 同じことを何度も伝えなくてはならず、時間も手間もかかってしまうので、こうした場合はWeb予約サービスを利用する方が時間の節約につながります。 見積もり後に、引越し業者から電話がうるさいのですが。 一括見積サービスを利用すると、その直後から複数の引越し業者から営業の電話がかかってくることがあります。 これを防ぐためにも、一括見積サービスを利用する際には「電話に出られないので、連絡はメールでお願いします」と備考欄に記入しておくようにしましょう。 それでも電話連絡してくる引越し業者ははっきりと断ってOKです。 ダンボールやテープ、梱包資材は用意しておくと安くなるの? 引っ越しに欠かせない、荷物の梱包に段ボールやガムテープなどの梱包資材。 無料で提供してくれる引越し業者がほとんどですが、自分で用意して、料金を安くあげたい!という声もよく目にします。 しかし、これはあまり節約にはつながりません。 引越し業者は梱包資材をまとめて発注することで安く仕入れているため、梱包資材を自分で用意しても期待するような値引きにはつながらないのです。 またダンボールを自分で用意するのは意外に大変です。 スーパーなどでもらおうとすると大きさはマチマチ、重さもあるので家まで運ぶのも一苦労です。 ネットで購入することもできますが、送料もかかるので、お得感は低いと言えるでしょう。 無料で提供してもらえる段ボールの枚数は業者によって異なります。 引越し後の段ボール回収サービスが無料かどうかなども含めて、比較検討するときにチェックするようにしてください。 ここでは引越しの一括見積もりサイトがなぜヤバイと言われているのか、その理由と実際に利用するときの注意点について詳しく紹介していきます。 一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。 荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。 ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。 ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます! ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。 どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。 また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。 不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。 ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。 ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。 ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。 ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。 ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。 ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。 ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。 転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。 ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。 ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。 引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。 また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。 ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。 引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。 ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。

次の

引越し料金を安くする見積もりのコツを徹底解説!上手な交渉方法とは?

引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法

引越し見積もり金額はどう決まるの?最初に内訳を理解しよう 引越し業者に頼んで引っ越しをする際に、必ず見積もりをとると思いますが、皆さんが特に注目するポイントは、やはり料金だと思います。 引越しの料金を安く最大60%OFFにする方法を知る前提として、『引越し料金』の内訳を理解する必要があります。 料金の内訳と大体の相場を知ることで、「安かった」「高かった」ということが比較してわかります。 また料金の交渉もその相場をもとにしてできるのでスムーズです。 引越し料金を算定する際に、引越し業者から提示されるのが見積書です。 では、その見積料金はどのように決まるのでしょうか? 引越し料金は引っ越しする時期や荷物の量、距離などによって大きく違ってきます。 その料金の内訳を大きく分類すると以下のような内容になります。 基本運賃 法律によって運賃の基本額は決まっているので、各引越し業者によって運賃に大きな差が出ることはありません。 割増料金 2月・3月・4月の繁忙期や、土日祝日の休日割増、深夜や早朝に合わせた引っ越しの場合は深夜・早朝割増などの割増料金があります。 この他にも雪が多い地帯では冬季割増が発生する場合があります。 実費 荷物の梱包に関する費用や搬出・搬入、人件費、トラック代、交通費などがあります。 オプション 基本作業には含まれない特別な作業に発生する料金で、不要品の処分や家具以外の大きいもの ピアノやバイクなど の運搬、エアコンの取り外し・取り付けなどがオプションになります。 引越し業者ごとにオプション内容が変わってくるので、オプション内容も確認しておきましょう。 結論として引越し料金を安く交渉できるのは、この図の『割増料金』『実費』『オプション』の3つです。 特に『割増料金』と『オプション』は皆さんの努力で見積もり対象から外すことができます。 ココが格段に見積もり料金を安くできるポイントです。 【実費】 引越し業者は、引越しの際に出る荷物の量をおおまかに計算します。 荷物の量を把握しておくと、スタッフの人数と、使用するトラックの大きさや台数などを決めることができます。 【基本運賃】 現在のお住まいから引越し先までの距離がどのくらいあるのかを調べます。 距離が遠ければ遠いほど、ガソリン代もかかってしまいますし、高速道路を利用する場合は追加料金として通行料を支払わなければいけません。 【割増料金】 引越しのタイミングです。 2月・3月・4月は引越しの繁忙期と言われており、引越し依頼を受けられるキャパシティ(ドライバー、作業員、トラック)が無くなることが多く、引越し業者が料金を高く設定しています。 また、土日祝日や月末、大安を指定して引越しをする方が多いため予約が取りづらいだけでなく割増料金も掛かってしまいます。 また、時間帯によっても料金が変わります。 午前便、午後便、フリー便があり、午前便は作業開始の時間が確約されているため、一番料金が高いのが特徴です。 また土日・祝日や時間指定を避けると安くなります。 【オプション】 特に料金が必要なものは、エアコンや洗濯機、ウォシュレットの着脱、冷蔵庫やガスコンロの移設になります。 他にも搬入の際に入口や階段から入らず、窓から入れるための吊り作業のオプションを利用することで追加料金がかかってしまったり、マンションやアパートで2階以上の新居に移る際に荷物を運搬するためのエレベーターが無い場合でも料金が追加されることがあります。 例えばエアコンやウォシュレットを自身で設置するとか、専門の業者へ見積もりしてみることで安くできます。 このように、見積もりがどのような内容で決まるのか自身で把握しておくと、無駄な料金が発生せず、より安く引越しをすることができます。 引越し料金の内訳を理解いただいた次に、もともと料金がどれぐらいが妥当なのか『料金の相場』を理解しましょう。 相場を元に、どれぐらい安くなると良いのか基準がわかります。 次に紹介します。 相場理解:単身の引越し料金相場 具体的な単身引越しの料金相場を見てみましょう。 料金は荷物の多さ、距離、部屋の広さなどによっても変わってきますので、単身引越しプランを依頼するようなケースでは訪問見積を依頼する方が確実です。 また近距離で荷物が少ない場合は赤帽を利用すると1万5千円~と料金をかなり低く抑えることができます。 引越し業者では単身引越しのための、さまざまなパックやプランを用意しています。 ここで単身引越しの料金相場はいくらぐらいになるかあらかじめ確認しておきましょう。 単身引越しは大きくわけて以下の2つがあります。 決められたサイズのコンテナに詰める量だけ運んでもらう単身パック• 通常の引っ越しと同じようにトラックを貸し切って行う単身引越しプラン 単身パックはコンテナのサイズが決まっているので、荷物が少ない人向けです。 ただし他の顧客の荷物と合わせてトラックに積まれるため、到着まで時間がかかることも。 初めから運べる荷物の量が限られているため、電話やネットでの見積だけで済ませても問題はありません。 このようなパックは運送会社が提供していることが多くなっています。 これに対して単身引越しプランは一人暮らしであっても荷物が多い方、荷造りや解梱作業まで依頼したいという方、ピアノなどの特殊作業が必要になる荷物がある方に適しています。 荷物量を明確にし、料金を抑えるためにも利用する際は訪問見積りを依頼したほうがいいでしょう。 こちらは引越し作業に慣れている業者が提供しているケースが多いようです。 同じ内容で見積もりをしてもらう 複数の引越し業者に見積もりを依頼する場合、同じ内容・条件で見積もりをしてもらう必要があります。 「安いと思ったら作業を行う時間帯が違った」「他の引越し業者にある無料サービスの付帯がなかった」ということもあるかもしれません。 一括見積りサービスを利用すると、それだけで料金が安くなるような気もしがちですが、実際は見積もりが出てからが勝負。 内容やサービスのバラつきがないか、下記のポイントをよくチェックして、異なる点があれば、同じ条件で再度見積もりを出してもらうようにしましょう。 引越しの日時(午前か午後か、時間指定なしでもOKかどうかなど)• 荷物の量• オプションサービスの金額(自社で行わず外部に依頼する場合は高め)• 無料で提供される資材の数(段ボールやハンガーボックスなど)• トラックのサイズ 大きい方が金額は高いが、積み残しを防げるというメリットも。 小さいトラックで「積み切り」条件がついている場合、積み切れなかった荷物を運ぶのに別途料金がかかるので注意• 作業員の人数(少ないとその分時間がかかる)• 割引、期間キャンペーンの有無 訪問見積もり時に即決しない 引越し業者は即決せずに、必ず複数から見積をとることが安くするためのコツです。 また、見積もりの順番も重要です。 本命の引越し業者の見積もりを最後にお願いし、「A社はもっと安かった」や「B社は同じ値段でこんなサービスが付いてきた」などと交渉することで、上手くいけば通常よりも10%~30%も値段を抑えることができることもあります。 このことから、費用を安く抑えたい場合は複数の引越し業者に見積もりを依頼した方が良いでしょう。 本当に依頼したい業者は最後に訪問見積りしてもらおう 「引越しを依頼するなら、できれば信頼できる大手引越し業者に頼みたい」これが皆さんの本音ではないでしょうか。 一括見積りサービスを利用して大まかな見積もり金額をチェックしたら、3社程度に候補を絞って、訪問見積を依頼するのが料金を安くするコツということはすでにご存知ですよね。 この訪問見積りを依頼するときにも注意したいポイントがあります。 それは「本当に依頼したい引越し業者は最後に来てもらう」ということです。 まずは地域密着型など小規模の引越し業者に来てもらいましょう。 大手と比べるとかなり安めの金額を提示されるはず。 その後で、中堅層や大手の引越し業者に来てもらい、1件目の引越し業者の金額を提示して値引きの余地があるか確認します。 このようにして、一番依頼したい引越し業者は最後にまわすことで他社の見積金額を提示しつつ、どのくらいの値引きあるいはサービスが受けられるか確認します。 そのうえで最終的に3社の価格とサービスのバランスをチェック。 1件目、2件目で「このくらいでいいかな?」と思っても、グッとこらえて即決は避けるようにしてくださいね。 荷物量を減らして引越し費用を減らす 荷物の量によって人件費やトラック台数が変わるため、引越し料金を抑えたいのなら、見積もりをとる前に荷物の量を減らしておく必要があります。 不用品は不用品買取業者や不用品回収業者に依頼するか、もしくは粗大ごみとして自治体に処分を依頼することでできるだけ引越し料金を抑えましょう。 引越し料金が格安になるあなたにあったプランを選ぼう! 引越しを決める際には自分のニーズにあったプランのある引越し業者を選ぶことで賢く料金を抑えることができます。 引越し業者には家族での引越しが得意なところもあれば、単身引越しが得意なところも。 自分の引っ越しにあったプランのある引越し業者を選ぶようにしましょう。 転勤に伴う家族での引越し、結婚を控えた新居への引越し、新生活を始める学生の方の引越し…。 引越しとひとことで言ってもその内容はさまざまです。 見積もり依頼時に引越しの内容にあったプランを指定し、組み合わせることで、当日の引越し作業がよりスムーズになるだけではなく、料金を抑えられることもあります。 ここで各引越し業者が用意しているプランについて詳しく説明します。 これは全国に展開している宅配便のネットワークを利用し低価格でサービスを提供できるからでしょう。 単身引越しの少ない荷物なら、近距離であれば他の荷物と合わせてトラックで運ぶことができます。 また、長距離の引っ越しでも自社の鉄道コンテナやジェット機用コンテナも所有しているため料金を抑えることができます。 搬出・輸送・搬入・家具の解梱、設置までを行うのが一般的で、代表的なプランは以下のようになっています。 日本通運の『単身パック』• クロネコヤマト引越センターの『単身引越しサービス』• SGムービングの『単身カーゴプラン』 また引越し業者の中にはこれらの単身プランに加え、女性単身者向けサービス、学割や期間限定キャンペーンなどを適用しているところもあります。 女性スタッフのみで引越し作業を行うプラン。 下着や洋服などのデリケートな荷物が多い女性、一人暮らしの女性で男性スタッフのみの引越しは不安という方にオススメです。 大きな荷物があるときなどは女性スタッフのみという希望には応えらえないケースもあるので、見積もり時に相談するようにしましょう。 学生の単身引越しに適用されるプラン。 大学に入学する際や就職前に一人暮らしの住居から勤務先の住居へ引越す場合、帰郷するケースなどに適用されます。 レディースプランとの併用も可能です。 少ない荷物をカーゴ単位で運ぶプラン。 実家に戻る場合など、荷物の到着日を引越し業者にまかせることで料金をさらに安くできることも。 荷物が少ない方にオススメです。 当面必要な荷物だけを持って移動し、急がないものはパックプランで運べば経済的にお引越しができます。 お得プランの内容にエアコンやテレビ、洗濯機、ウォシュレットなどの家電の配線・設置をプラスしたプラン。 実施する作業によって料金が変わります。 こちらも女性の引越にオススメです。 小さな荷物の梱包・解梱まで依頼するフルプランを選ぶと料金が高くなるので、節約するなら以下の2つのプランから選ぶのがオススメです。 お得プラン(大型荷物のみ依頼) 大型荷物の荷造りと荷解きのみ依頼して残りの梱包・解梱は自身で行うプラン。 梱包・解梱のほとんどを自身で行うので料金が抑えられる。 高齢の方だけでの引越しや遠方への引越しをされるときは早めに見積りを依頼するようにしましょう。 専任のアドバイザーから整理整頓、不用品の処分、模様替え、家具の配置などについてのアドバイスを受けることができるプラン。 60歳以上の方の引越しに利用できます。 梱包・解梱などの作業も依頼できます。 体力に自信のなくなってきた方の引越しや介護施設への引越し、不用品を処分して手狭な住居に引越す方などにオススメのプランです。 遠方への引越に適用されるプラン。 家財の搬入後、1日かけて輸送し引越し先での受取りは2日後以降になりあます。 単身引越しなら混載便を利用することで料金を安くできます。 行程や料金は移動距離によって異なるため見積もり時に確認するようにしましょう。 大手だけでなく地域密着の業者も検討する 引越しを依頼するなら、テレビCMを大々的に行っている大手引越し業者が安心!と考えがちですが、実は地域に密着した中小の引越し業者の方が適している引越しもあります。 ここで中小の引越し業者に依頼するメリットについて詳しく説明します。 料金が安い• 緊急の引っ越し対応や荷物保管など、柔軟に対応してくれる• 所属する作業員数が少ないため、ベテラン作業員が対応してくれる場合が多い 地域密着型の中小企業は料金が安めです。 まれに「中小の引越し業者は値引きが少ない」という声も聞かれますが、これは初めから適正価格を提示しているからという背景もあるのです。 大手引越し業者はCMなどを打ち出している分、料金に上乗せされていたり、値引き交渉されることを前提に高めに見積もり金額を提示したりしている場合も少なくありません。 さらに地元のリサイクル業者と提携して不用品回収を行っていたり、急な引越し・夜間の作業もOKであったりと柔軟な対応をしてくれるところが多くなっています。 個人経営である赤帽も「黙々と作業してあっという間に引越しが終わった」「渋滞を避けて輸送してくれた」など、地域密着型の個人経営だからこそ受けられるメリットがあるのです。 これに対し、地域密着の引越し業者は最初から最後までベテランの作業員が対応してくれて安心できるという声も。 一般的に地域密着の引越し業者は近距離の引っ越しや単身引越しを得意としています。 見積もりを依頼するときには大手だけではなく、地域密着の引越し業者も含めて見積りをしてもらい、価格とサービスのバランスを考えて依頼するとよいでしょう。 繁忙期や土日祝日を避ける 土日曜・祝日、引越しが多い繁忙期2月・3月・4月といった繁忙期などは割増料金がかかることが多いので、こういった日や時期を避けると引越し費用を抑えることができます。 引越し業者のほとんどはシーズンに合わせて料金を設定しています。 就職や進学、転勤などで新生活を迎える人が多い2月から4月の春先シーズンは繁忙期にあたり引越し料金が高くなります。 話題にもあがった『引越し難民』を例にすると、引越し業者がトラックとスタッフの準備ができず、料金が高額なため引っ越せなかった人が続出したこともありました。 一方で11月から1月にかけての冬期や盛夏の時期は引越しが少ない閑散期となり、予約も取りやすく料金も安くなります。 もし引越しをする理由が住み替えであったり、あるいは結婚や出産などで家族が増えることであったりと、ある程度時期的な融通が利くのであれば、閑散期を狙った引越しが絶対お得です。 転勤や家族の事情など急ぎ引越しをしなければならない場合、閑散期を狙い引越し日を定めるのは困難です。 ですが時期以外にも料金を安くする方法があります。 その一つが曜日の選択です。 一週間のうちでも、土日祝日に合わせて引越しを済ませたいと考える人は多いため、業者の予約も人気のある土日祝日から埋まっていきます。 一方で平日は空いているため安めの料金を設定していたり、値引きに対応してくれる業者もあるのです。 つまり平日は一週間のうちの閑散期と考えてもいいわけです。 ただしなかには金曜日も週末料金としている業者もあります。 もう一つが『日取り』で知られる日本独特の六曜です。 結婚式などもそうですが、引越しも大切なライフイベントとして、大安を指定する人は少なくありません。 そのため、逆に仏滅の場合は料金が安くなる場合があります。 結婚式場と同様に、予約が集中しやすい大安の日とは反対に、仏滅の料金を安く設定している業者も多くあるのです。 他の赤口・先勝・友引・先負はとくに料金に変化はありません。 フリー便 引越し日時が引越し業者指定で安くなるプラン 引越し先での荷解きや片付け作業を考えれば、人気はやはり午前に集中します。 現在多くの業者は時間帯プランに『午前便』『午後便』のお客様の都合指定に加えて『フリー便』を設けています。 これはお客様が指定できるのは作業日までで、時間は業者のスケジュールによって指定されるプランです。 たとえばA県からB県への午前便で動く業者が、午後にB県からA県へ戻る際空荷で帰るのではなく、B県から他県への引越しを請け負うなどのケースです。 時間指定はできませんが、かわりに料金もかなりお得に設定されています。 スケジュールによっては夕方であったり朝一番であったりもしますが、傾向として午後を指定されるケースが多いようです。 帰り便 引越し日時が引越し業者指定で安くなるプラン 引越し先が遠方で引越しの時間に余裕があり、引越し業者の都合に合わせられる方でしたら、『帰り便』プランというのもあります。 これは、例えば東京~大阪間を移動するトラックを例に上げますと、出発地(東京)から引越し先(大阪)へ移動・荷下ろしを終えて空になったトラックに荷物を積んで、帰り荷として出発地(東京)まで運んでもらうというもの。 料金が片道分で済む為大変格安です。 できれば空荷で出発地に戻るのを避けたい引越し業者にとっても都合が良いプランです。 他、荷物が多くないことや、自分で梱包する必要があるなどの条件はありますが、検討する価値はあるでしょう。 電話やネット、訪問で見積もりを依頼する方法とメリットデメリット 見積もりをとる手段 見積もりをとる手段として、電話、メール、訪問見積もりなどがあります。 電話の場合 担当者に荷物の量やダンボールの数、日時や住所などを伝えて見積もりをとります。 メールの場合 メールに荷物の量やダンボールの数、日時や住所などを記載し直接引越し業者に送り、見積もりをとります。 訪問見積もりの場合 実際に担当者が自宅に来て荷物の量や道幅などを細かく確認していきます。 訪問見積もりは基本的に無料ですし、プロの目で判断し正確な見積もりを出すことができます。 ただし、訪問見積もりに立ち会う時間をとられることになりますので急いでいる場合や荷物が少ない単身の方、また自宅に人を入れたくない方にはお勧めしません。 電話やメール、訪問で見積もり依頼をするメリット・デメリット 引越し料金を安くあげたいなら、複数の引越し業者から見積もりをとって値引き交渉をするのが一番。 とはいえ、「訪問見積りに来てもらう時間がない」「人を家にあげたくない」「日中は仕事で忙しいので24時間できるネットで見積もりしたい」などさまざまな要望があるでしょう。 ここで、電話・ネット・訪問見積、それぞれのメリットとデメリットを説明しましょう。 電話見積もりのメリットはすぐに見積もり金額が分かること。 荷物の種類、大きさ、量などの詳細を説明する必要がありますが、20~30分程度で見積もり金額が分かるので、大まかな金額が知りたいというときにも便利です。 デメリットは自分で荷物の大きさを測り電話で正確に伝える必要があること。 電話をかけるまえにまとめて採寸しておくとスムーズです。 また実際に荷物を見てもらうわけではないので、ベランダにある荷物や自転車など家の外にある荷物を忘れるなどして料金が高くなってしまう可能性があります。 また複数の引越し業者に見積もりを依頼したい場合、電話を何度もかけなければならないという手間もあります。 ネット見積もりは自宅や移動中でも、空いた時間で複数の引越し業者からまとめて見積もりを出してもらえる一括見積サービスが手間なく便利です。 メリットは24時間見積依頼が可能なこと。 さらに複数の引越し業者から一度で見積もりを出してもらえるので、料金の相場が分かり、一番安い引越し業者もすぐに分かります。 また最近では一括見積りサービスを利用するとプレゼントをはじめとする特典が受けられることも多くなっています。 デメリットは一括見積後、複数の引越し業者から電話連絡があること。 なかには日中電話に出られないと伝えていても、携帯に何度も着信があったというケースもあるようです。 解消するコツとしては、見積もりを依頼する業者数を絞ることです。 メリットは正確に荷物の量を把握してもらえるので、適切な料金が算出され、値引きが受けやすい点です。 室内を見て回り、『この荷物は捨てる』『運ぶ』等、家具や荷物を確認しながら、具体的な引越しの段取りを打ち合わせる要領で見積もりが行われます。 使用する車やスタッフ人数、オプション料金の説明など、不明な点はいろいろ聞くこともできるので、満足のいく引越しとなるでしょう。 この日に変えたほうが安くなるか等、直接金額につながる相談をすることもできます。 実際にどんな荷物があるかを見てもらえるので「この冷蔵庫の搬出には別途料金がかかる?」「エアコンの着脱にはいくらかかる?」など、その場で質問ができるのもメリットのひとつでしょう。 デメリットは30分から1時間程度の時間を空けなければならないこと。 また営業担当を家にあげる必要があるので、他人を家に入れたくないという人には向いていません。 なかには「今決めてくれれば〇円安くします!」など営業手法もあるので、押しに弱い人は家族や友人に同席してもらう方がいいでしょう。 なかには「段ボールを無料でおいていきます」などといって、契約していないのに梱包材などを置いていくところもあります。 契約を断ると梱包材の料金を請求されることもありますので、段ボールは契約した引越し業者からもらうようにしてください。 大手引越し業者• 評価 3. 9 アリさんマークの引越社の口コミ件• この会社に決めた理由 営業マンの人柄が非常に良かった。 無駄な説明もなく、見積もり時の時間も短…• 評価 3. 8 サカイ引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 インターネットで検索して、3社の業者より見積もりの連絡をいただきました…• 評価 3. 8 アート引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 物の量は少なめだったが、途中で降ろしてもらうとか面倒なお願いをしたが快…• 評価 3. 8 クロネコヤマト引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 荷物も少なかった為、安く済む単身パックで見積もりし、圧倒的な安さだった…• 評価 3. 8 ハート引越センターの口コミ件• この会社に決めた理由 まず、不規則勤務なので、最初の連絡をメールでとコメント欄に書いて一括見… 地域密着 引越し業者• 評価 4. 8 お荷物運びのコンシェルジュの口コミ件• この会社に決めた理由 金額をギリギリまで下げてくださり、引越しが楽しくできました。 他は、…• 評価 4. 8 タウンサービス・ナカイの口コミ件• この会社に決めた理由 登録後直ぐに各担当者の方から見積もりを頂きました 3月の末頃の引っ越し…• 評価 4. leaf transport リーフトランスポートの口コミ件• この会社に決めた理由 料金体系が分かりやすく、電話応対もしっかりしていて信頼できたから。 評価 4. 7 引越ベンリーダの口コミ件• この会社に決めた理由 夜中にもかかわらず、連絡がはやく、具体的な金額を先に提示してくれてわか…• 評価 4. 6 やさか引越センターの口コミ件• com… 引越し業者を選ぶポイント 見積もりをとる引越し業者を選ぶ時は、インターネットで『LIFULL引越し』のような見積もり・予約サイトを利用して、各引越し業者の価格やサービスを比較し、口コミなどを参考にしましょう。 また、引越し業者を選ぶ際に国土交通省が認可しているかどうかも確認しておくと良いでしょう。 認可している引越し業者は荷物の傷や紛失などの保証をしっかりしてくれますので安心です。 他にも、各引越し業者で引越しを行った際にもらえる特典なども用意されています。 例えば、サカイ引越センターではお米、アート引越センターでは洗剤などがもらえ、さらに各引越し業者でマイレージやポイント還元なども行われています。 価格やサービスで決められない時はこういった特典なども見てみるのはいかがでしょうか。 多くの場合、標準引越運送約款に基づいて引越し業者が加入している『運送業者貨物賠償責任保険』で補償されますが、この保険では依頼する側の過失があった場合は補償されないなど、制限も多くなっています。 自身で引越し作業を行う際にうっかり荷物を落としてしまったなど、万が一のケースに備えたい場合、引越し業者を通じて『引越荷物運送保険』に加入するのがベストです。 引越荷物運送保険の保険料は家財の時価1万円に対して20円程度。 単身引越しで250万円程度の家財なら5,000円ということになります。 また、マンションの共用エリアを保護するための養生が基本料金に含まれていない場合もあるため必ず確認してください。 共用エリアでの損害はマンション自体の管理費に影響が出るため、こうした作業内容が契約に含まれているかしっかり確認しましょう。 引越し業者の中には取り扱う引越しプランに自動的にこの保険が自動付帯されているところもあります。 万が一に備えたい方は営業担当に引越荷物運送保険の保険料がいくらになるか確認してみましょう。 許可にも3種類あります。 ・『一般貨物自動車運送事業者』 ・『貨物軽自動車運送業事業者』 ・『貨物利用運送事業者』 『一般貨物自動車運送事業者』か『貨物利用運送事業者』にあたる引越し業者なら、見積書にその許可番号が記載されています。 『貨物軽自動車運送業者』の場合は最大積載量350kg未満のトラックを使用した引越しに対応しています。 許可を受けた引越し業者は国土交通省が定める標準引越運送約款に基づいて業務を行っています。 この標準引越運送約款は消費者が不利にならないように設けられたルールです。 引越しを依頼する際には運送事業を行う業者として許可を受けているかどうか確認しましょう。 また見積もり時には標準引越運送約款を提示するよう義務付けられていますので、見積もり時に営業担当に確認するとよいでしょう。 標準引越運送約款には荷物が破損・紛失した場合の補償内容やキャンセル料などについても記載されています。 違法の引越し業者であれば、この約款の提示をしないこともあるでしょう。 当然、運送業者貨物賠償責任保険にも加入していないため、トラブルがあっても補償を受けることはできません。 不審な点が少しでもあれば、依頼はしないようにしてください。 また前金や手付金を要求したり、まだ契約していないのに「無料です」といって段ボールをおいていったりする引越し業者も後でトラブルになることが多いので、はっきりと断るようにしましょう。 一般車であればナンバープレートが緑、軽貨物自動ならナンバープレートは黒になっているはず。 白いナンバープレートであれば、引越し業者として認可を受けていないということ。 もちろん違法行為ですし、依頼する側も処罰を受けることになりますので注意しましょう。 繁忙期になると無許可で営業を行う違法業者も出てきますが、こうした違法業者を利用すれば引越し業者、依頼者ともに処罰されます。 また、そうした違法業者は貨物保険に加入していないことが多いので、事故などが起きた場合にも補償されなくなってしまいます。 一般的には見積もり時に引越し業者により作成された『見積書』が契約書となります。 ネットや電話だけで契約を交わす場合も、契約内容を書面にしてもらうようにしましょう。 また、見積書は契約書と同時に、作業指示書を作成する元本となります。 作業スタッフは作業指示書の内容を確認しながら、当日、引越し作業を行うのです。 見積書に書かれていない内容は行われず、行う際は別途料金が発生することになります。 行き違いがあれば、当日の段取りに狂いが生じますし、通常は引越しがその日に完了しなければその日に旧居からの撤退が完了せず、賃貸なら日割り料金が別途発生する、または翌日からの新居での生活に支障をきたす等、トラブルの原因になります。 必ず事前に契約内容とその詳細を確認し、不明な点は問い合わせるなどして、滞りなく円満に引越し作業が完了するように準備しておきたいものです。 見積もり前に何を準備すればいいの? 見積もりが出される前に引越し業者からヒアリングされる項目を確認し、追加料金などが掛かりそうなものをあらかじめ対応しておくと、 費用を抑えることが可能です。 見積もりの前に様々な準備をしておきましょう。 ヒアリングでは、引越しする日や作業の開始時間、現住所と引越し先の住所、処分品の有無、オプションサービスの利用有無などを聞かれます。 また、荷物の種類(ベッド、家具、家電など)やダンボール数なども聞かれるので確認しておきましょう。 あとは見積もり書に必要なものとして、引越し料金の支払方法やタイミング、 引越し業者が当日行う作業の内容などを記載するため、そういった情報も詳細に聞かれるでしょう。 かなり細かいことまで聞かれますが、モレなくヒアリングすることで追加料金の発生を未然に防いでいます。 電話の場合、上手く伝えられないことも考えられるので、わからないことなどは積極的に質問した方が引越し業者との食い違いをなくすことができます。 建物やエレベーターなどでどれぐらい保護資材が必要か確認しましょう 作業中に壁や床、エレベーターなどを傷つけないように保護資材を巻いたり床に敷物をして荷物を運びますが、その時に用意する保護資材の量がどれくらい必要なのか、事前にチェックされることがあります。 このように、見積もりや作業に必要なことを把握し、事前に引越し業者に伝えることで、見積もりや引越しもスムーズに行うことができます。 引越し料金を安くあげたいなら、まずは正確な見積もりを出してもらう必要があります。 引越し業者によって若干の差はありますが、見積書を作成する際に依頼主が業者に提供する必要がある情報は以下の通りです。 依頼主の名前・住所・電話番号• 荷受人(依頼主)の名前・住所・電場番号• 荷物の受取日時と引き渡し日• 積地と卸地の住所、住居の形態(戸建てか集合住宅であるか、エレベーターの有無など)• 荷物の量、種類、特殊作業が必要であるかどうか• これは当日になって作業が追加になると料金がその分多く発生してしまうから。 例えば、住居にエレベーターがあるかどうかでも作業の内容は変わってきますよね。 また、「荷物が増えるかもしれない」「どのような作業が必要になるか分からない」など、あいまいな部分があると、引越し業者の営業担当は料金を高めに見積もらざるを得ません。 引越しの内容を明確にしておくことで、ムダのない作業となり値引きの余地も生まれます。 その結果、引越し料金を安く抑えることにつながるのです。 下記のようなケースは料金が高くなりやすいので、事前に明確にしておきましょう。 荷物の量や種類が見積もりと異なる• 当日になって梱包ができていない• 荷物の受取日時と引き渡し日が変更• 旧居の積地と新居の卸地の住居形態が把握されていなかったため、想定外の作業が必要になった(例:建物の養生が必要だった・住居前の道路が狭くてトラックが入れなかった) 見積もりをとるタイミング 見積もりをとるタイミングは、遅くとも引越し予定日から2週間前までに実施しましょう。 引越し見積もりから実際の金額、引越し作業日が決まるまでに約2週間必要です。 引越しの約1ヶ月前までに引越し業者に見積もりを依頼すると、引越しまでに十分な準備ができます。 前述の『見積もりを取るために必要な情報』の通り、見積もりをとる際には細かいところまで聞かれることがあります。 そのため、引越しの見積もりを取ろうと思った時に必要な情報がない状態では引越し業者も見積もりを算出することができません。 例えば、まだ新居が決まっていなかったり、荷物がどのくらいになるかわからない、引越しの日時を決めていないなどの場合は、見積りをとることができないので注意しましょう。 引越し見積書のチェックポイント 電話やネット、訪問見積などで見積りが終了すると、営業担当が見積書を作成してくれます。 見慣れない単語も多く、総額と値引き額ばかりに注目してしまいがちですが、この見積書は当日の作業指示書にもなるため、記載漏れがないかどうか必ずチェックしましょう。 必ず間違いやもれがないか確認してください。 また万が一、見積もり後、引っ越し当日までに新しい荷物が増えた場合は必ず業者に連絡するようにしましょう。 引越しの日時および荷物の受け渡し日• 当日の作業人数とトラックのサイズ・台数• 梱包、解梱の有無• 大型荷物の記載漏れがないか• 記載もれがある場合は営業担当に確認しましょう。 運賃など引越しにかかる費用の合計額・内訳および支払方法。 解約手数料の金額• 引越し業者の名称、事業許可番号、住所・電話番号、見積もり担当者の氏名・連絡先• 引越し業者からの見積もり提示の際に確認しておきましょう。 ・ダンボールなどの資材は有料なのか無料なのか ・依頼したオプションサービス(エアコンの設置等)は記載されているか ・高速道路料金やフェリー料金などの実費があれば、別途支払うのか など、細かい内容をチェックすることで見積もり時の金額より高い請求にならないようにします。 見積もり後のキャンセル 複数の会社に見積もりを依頼した場合、契約した引越し業者以外にキャンセルの連絡を入れなければなりません。 見積もりが揃った時点ですぐに比較を行い、なるべく早くキャンセルする旨を伝えましょう。 また、このキャンセル料金以外に荷造りのオプションサービスなどが事前に行われていた場合、その作業分の料金は支払わなければなりません。 そのため、引越しをキャンセルしなくてはいけない状況になった際は、すぐに引越し業者に連絡を入れましょう。 特に引越しが初めてという場合、とまどうことも多いでしょう。 ここで引越し見積もりに関するよくある質問にお答えしていきます。 見積もりから引越し業者の比較・決定までをスムーズに行うための参考にしてみてくださいね。 引越し見積自体は無料なの? 一括見積サービスの利用、メールなどでのやりとり、訪問見積などは原則としてすべて無料です。 ただし、例外として見積もり料金が発生することもあります。 引越しの見積もりが有料になるケースって? 標準引越運送約款には以下のような記載があります。 「見積料は請求しません。 ただし、発送地又は到着地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。 この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします」 これは引越し前後の住居が遠隔地・離島などで引越し業者の支社や支店がない、自動車で移動できないようなケースが想定されます。 一般的な引越しで見積もり料金を請求されることはありません。 また見積もりの料金が発生する場合は引越し業者が事前に通知する義務があります。 いきなり見積もり料金を請求されるような引越し業者は断るようにしてください。 見積もりはネットだけでできるの? 通常、引っ越しの見積もりは営業担当の訪問見積りや電話による確認が必要になります。 一括見積りサービスを利用すると複数の引越し業者から電話連絡がきます。 ネットだけで見積もりを完了させたい方はWeb予約サービスを利用してみましょう。 仕事が忙しくて訪問見積に来てもらう時間がとれない、電話で話すことや交渉が苦手…という方にも最適です。 急に引越しがきまって、急いで見積もり・引越しをしたいのだけど? 仕事の異動や転職などで、すぐに引越しをしなければならなくなり、ゆっくり比較検討しているヒマがない!という場合もWeb予約サービスがオススメです。 24時間利用できて、その場で複数の引越し業者のサービスや料金を比較することができます。 必要な情報は人数、引っ越し希望日、現在の住所と引っ越し先の住所、荷物の量やオプション作業の有無など。 引越しの予約申し込みまでがネットで完結し、Web予約サービス限定の特典もあるので是非、利用してみてくださいね。 一括見積を依頼する前に、料金の相場を調べたい 一括見積サービスを依頼すると、複数の引越し業者から連絡がきます。 でも、その前にだいたいの金額を知っておきたいという方も多いでしょう。 そんなときは以下の2つのページを活用してみてください。 1・引越し料金相場シミュレーター では引っ越し元、引っ越し先の住所と人数を入力するだけでおおまかな金額を算出できます。 金額は目安なので、より安い金額を引き出すためには一括見積サービスを利用しましょう。 2・引越し業者別・タイプ別の引っ越し料金相場 実際に引越しをした人がどのくらいの料金を支払っているか、おおよその目安をチェックできます。 をチェックするとクロネコヤマト引越しセンターやSGムービングなど、物流系の引越し業者の料金が安く、アート引越しセンターは高めになっています。 ここから「物流系引越し業者が単身引越しが得意であること」、「大手であるアート引越しセンターは家族での引越しを依頼する人が多い」であることが分かります。 また引越しは引越しの時期や単身であるか家族の引っ越しであるかによって料金が大きく異なります。 や などのページを利用すると、タイプ別に実際に引越しをした人がどのくらい払っているか、月ごとに平均を割り出しているので、引っ越し時期を選ぶ参考にもなります。 また、引越しの見積もりを安くするコツはでも紹介しています。 見積もり金額と実際の引越し料金は違わないの? 契約時の見積もり金額と実際の引っ越し料金は変わりません。 見積もり以降に荷物が増える・作業が追加になるなど契約内容に変更がない限り、追加料金は発生しないことになっています。 追加料金が発生する理由として一番多いのが、荷物を積み切れないというケースです。 このトラブルを防ぐために訪問見積をしない場合、引越し業者は大きめのトラックを選んで高めに見積もらざるを得ないのです。 少しでも安くするためにも、訪問見積りを依頼すること、引越しまでの間に荷物が増えたら少量でも事前に連絡することを忘れないようにしましょう。 訪問見積もりは土日祝、夜も対応してくれるの? 共働きのご家庭などは、訪問見積を依頼したいけれど、平日は時間が取れないという方も多いでしょう。 引越し業者の営業は土日祝日も年中無休です。 希望を伝えれば夜間でも対応してくれるので、電話で相談してみましょう。 当日に訪問見積をしてもらうなんてできる? すぐに引越ししたい!でも料金を安くするために、訪問見積りをお願いしたい!という場合は電話で相談してみましょう。 繁忙期は難しいかもしれませんが、外回りをしている営業担当がいる業者も多いので、対応してもらえるところもあるはずです。 また多くの引越し業者の営業担当が段ボールなどの資材を車に積んでいるので、見積もり後すぐに、荷物の梱包作業に取りかかれる場合もあります。 訪問見積もりはなしで、電話やメール、ネットからの入力だけで見積もりはできないの? 引越し業者によっては電話やメールだけで見積もりを受け付けているところもあります。 ただし、こうした引越し業者でも、家族の引っ越しに関しては訪問見積が必要というところが多くなっています。 また電話やネット入力だけで見積もりを完了させたい場合、相見積で比較検討するためには、それぞれの引越し業者に個別に連絡することになります。 同じことを何度も伝えなくてはならず、時間も手間もかかってしまうので、こうした場合はWeb予約サービスを利用する方が時間の節約につながります。 見積もり後に、引越し業者から電話がうるさいのですが。 一括見積サービスを利用すると、その直後から複数の引越し業者から営業の電話がかかってくることがあります。 これを防ぐためにも、一括見積サービスを利用する際には「電話に出られないので、連絡はメールでお願いします」と備考欄に記入しておくようにしましょう。 それでも電話連絡してくる引越し業者ははっきりと断ってOKです。 ダンボールやテープ、梱包資材は用意しておくと安くなるの? 引っ越しに欠かせない、荷物の梱包に段ボールやガムテープなどの梱包資材。 無料で提供してくれる引越し業者がほとんどですが、自分で用意して、料金を安くあげたい!という声もよく目にします。 しかし、これはあまり節約にはつながりません。 引越し業者は梱包資材をまとめて発注することで安く仕入れているため、梱包資材を自分で用意しても期待するような値引きにはつながらないのです。 またダンボールを自分で用意するのは意外に大変です。 スーパーなどでもらおうとすると大きさはマチマチ、重さもあるので家まで運ぶのも一苦労です。 ネットで購入することもできますが、送料もかかるので、お得感は低いと言えるでしょう。 無料で提供してもらえる段ボールの枚数は業者によって異なります。 引越し後の段ボール回収サービスが無料かどうかなども含めて、比較検討するときにチェックするようにしてください。 ここでは引越しの一括見積もりサイトがなぜヤバイと言われているのか、その理由と実際に利用するときの注意点について詳しく紹介していきます。 一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。 荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。 ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。 ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2 ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます! ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。 どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。 また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。 不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。 ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。 ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。 ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。 ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。 ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。 ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。 ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。 転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。 ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。 ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。 ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。 引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。 また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。 ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。 引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。 ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。

次の