楽にしぬ。 首吊り・服毒・ガス自殺 様々な自殺方法を試した末の結論

死にたいあなたへ、飛び降り自殺失敗者が送るメッセージ|専業主婦卒業宣言!

楽にしぬ

死にたい、疲れた、消えたい。。。 今あなたはそんな気持ちで、ここに訪れたのではないでしょうか?そして周りに「死にたい、消えたい、もう疲れた」と言って、一度は「でも、死ぬのはだめだ」と言われたことがあるのではないでしょうか? 大丈夫です。 私も同じ気持ちでした。 そしてその気持ちが最高潮に達した時、ふと飛び降りた経験があります。 そんな私が、今死にたいと考えているほど辛い気持ちのあなたへ、できる限りの力で伝えたいことがあります。 今はこんなアドバイスを受けても、響かないかもしれない。 けど、今ちょっとだけ私に時間をもらえたら、半年後、1年後、10年後そういえば誰かがこんな事いってたな・・・と思考を巡らせるきっかけになるかもしれない。 先の見えないトンネルは、孤独で辛くて死にたくなる。 でもほんの 些細なきっかけが、そのトンネルを終わらせることもある。 この記事がその些細なきっかけになれることを願って。 死にたい衝動を治める方法 死にたい理由を書てみる あなたはなぜ死にたいほ追い詰められているのですか? いじめ?受験失敗?就職失敗?金銭的理由? 他人から見たら些末なことで、わかってもらえない悩みだとしても、自分が死にたいと思うほど追い詰められているなら、それは世紀の大事件です。 だから、どうして自分がそこまで追いつめられることになったか、 自分自身に丁寧に取材しながら、聞き取りを行ってください。 考えていることを、文字にして改めて見ることは偉大です。 自分自身さえ分かっていなかった、自分が引っかかっているポイントを見つけることができます。 どんな紙でもかまいません、ただ丁寧に丁寧に自分の気持ちを文字にしてみましょう。 あなたはジャーナリストです。 あなた自身の本当の本音を引き出せるのは、あなたしかいません。 本当にそこから逃げ出せないのか考えてみる 職場が辛い。 学校が辛い。 家庭が辛い。 あなたの周りはもう袋小路で、逃げ道がないと思っていませんか? 八方ふさがりで解決策は「死」しかないと思い込んでいませんか? 私も同じです。 受験に失敗し、精神を病み、日常生活を送れなくなり、もう全てが終わったと思いました。 でもこれだけは断言します。 それは思考の袋小路にはまっているだけで、実は道は無数に存在しています。 じゃあ、本当に死んでしまう前に、ちょっとだけ大きく脱線してみてもいいと思いませんか? 職場が辛い人は仕事をやめて、学校が辛い人は学校をやめて、家庭が辛い人はいっそ離婚してみる。 無責任に感じるかもしれませんが、本当に死ぬなら同じことです。 会社も学校も家庭も全てから解放されるのは同じなんですから。 逃げ道がないと思い込むのは、死ぬほど辛いことです。 でも本当は、 死ぬくらいなら試してみる価値のある、究極の選択は大抵の場合残っています。 逃げ道はあります。 絶対に。 どうそれだけは忘れないで。 思考自体を停止する 死にたい、死にたい、死にたい。 ずっとそう考えていると、本当にそれしか考えられなくなるから人間って不思議です。 じゃあ 死にたいオバケに憑りつかれたら、とりあえずもう全て考えることを放棄してみてください。 もらっている薬を飲む。 寝ることにする。 好きなことに熱中する。 何でも構いません。 一度考えることをストップすると、意外に死ぬ気は削がれるものです。 死にたいオバケに対抗する手段が、何も思いつかない場合は、じゃあ死ぬのを1時間遅らせて。 勢いがなければ、死ぬのって意外に難しいんです。 頑張ることを手放す 死にたいほど辛くて、心が張り裂けそうなほどしんどいなら、いっそ頑張ることをやめてみるのはどうだろう? 頑張らなくちゃ自分の存在価値がない、頑張らなくちゃ生きている意味がないと感じてるなら、本当にそうかな? 世の中の人たちは、本当に君くらい辛い思いをして頑張ってる人ばかりかな? もう一回だけ、周りをよく見渡してみて。 よくよく見まわすと、程よく手を抜いてスルスル辛いことを避けてたり、嫌なことから逃げている人が見えこない? 死にたいほど辛いなら、ちょっとだけ頑張ることをやめてみよう。 頑張れないなら、今だけちょっと頑張ることを頑張ってやめてみて。 死に損なった人のブログを読んでみる 死にたいっと思って色々調べているなら、ぜひ逆に死に損なった人のことも調べてみてください。 ちゃんと死ぬのは意外に難しくて、私にみたいにどこかしらに 失敗の「代償」を払って生きている人がいます。 そしてそんな人のブログ読むと、スッと気持ちが冷めるかもしれません。 私の代償は顔と足1本。 どうかな?ちょっと怖くなった? じゃあ、深呼吸して、もう一回どうしようか考えてみて。 じゃあ、ちゃんと死ねる方法を検索する!まあ、まあ、まあ、そんなこと言わずに。 ちょっとここでお茶菓子がてら、最後まで付き合ってください。 お願いします。 死にたいあなたへ贈る~飛び降り自殺ミスったら、警官に怒られた話~ 飛び降りようと決めた経緯はよく覚えていない。 ただ、目に付いた高いビルがあり、なんとなくそのビルに入ると非常階段が目に付いた。 なんとなく扉に手をかけると、なんの抵抗もなく扉がスルリと開いてしまった。 階は4階だった。 決めては階段を登るのに疲れたから。 少しだけ覗くつもりで、非常扉から出ると、いい風が吹いていた。 飛びたくなった。 死ぬつもりだったのか?とその後多くの人に尋ねられたが、正直自分でもわからない。 ただ、疲れたなぁとおもっていた。 人生疲れたなぁっと。 気がつくと、なんとなく手すりに足をかけてそのまま通行人が途切れるのを待っていた。 いつだかのニュースに、飛び降り自殺の巻き添えをくって、通行人がなくなってしまったニュースを覚えていたから。 通行人が途切れると、なんの躊躇もなく飛んだ。 体感滞空時間は0 飛んだと思ったら、地面に叩きつけられていた。 痛みはなかった。 意識はあった。 ただ大量の血を吐いていた。 意識が途切れる寸前、誰が『かわいそうに』とつぶやき私の顔に白いハンカチをかけていった。 警官に謝れといわれた 気がつくと救急車に乗せられていた。 すぐに病院に着くと、応急処置だけされて手術の準備まで少し待ちができた。 警官はその時やってきた。 警官は事務的に『自分でやったのか?』『誰かと一緒にいなかったか?』を聞いてきた。 血反吐を吐いている状態で、まともに喋れなかった私はかすかに首を横に振った。 事務的な質問が終わったあと、駆けつけた母達に向かい警官は私にこう言った。 『親に謝れ』 私はその時顔もぐちゃぐちゃ、足もぐちゃぐちゃの状態だった。 口は動かなかった。 いや動かせなかった。 後で知ったが、その時私の顔面は見るに堪えるものではなかったらしい。 それでも警官はもう一度私に言った。 『ちゃんと生んでくれたのに、こんな顔にしてごめんと謝れ』っと。 その時初めて、私は怒りを覚えた。 『お前に何がわかる?』『お前は私の何を知っている?』『こんな状況の私に、明らかに喋れる状況ではない私に、どうしろというんだ?』 後に知ったが、私が誰かから突き落とされた可能性を警察は疑っていたらしい。 私が靴を揃えたり、遺書をもっていなかったから。 警官が本気で私にそう言ったのか、彼らが無駄な捜査にイライラしていたのかはわからない。 ただ、瀕死の人間をみてそう言える神経はもっとわからない。 私はこの時の自殺未遂を後悔していない。 これ必要であったとさえ思っている。 だってこの件があり、私は現在も通院している病院に出会えた。 現在は投薬は続いているが、普通の人とほぼ変わらない暮らしもできている。 ただ時々思う。 あの時のことは、恐らく一生忘れないだろうと。 瀕死で薄れゆく意識の中、顔も覚えていない警官の『声』だけが耳にこびりついている。 『親に謝れ』 彼に人の心はあったのだろうか?何故あの状況で、あんな言葉をいえたんだろうか? 顔面がぐちゃぐちゃの二十歳の女に、私のことを何も知らないくせに。 そして、謝ろうにも明らかに話す部分が崩壊して、しゃべれない私に。 きっと私は、一生あの警官の声を忘れる事は出来ないだろう。 『親に謝れ』 飛び降り自殺が失敗したその後 その後、私は約一年間入院とリハビリを繰り返しました。 この時失った、顔の一部や足は今でも後悔はありません。 生き残るための勉強代だったな、と感じています。 警察官とはその後事件性はないとして、接触はありませんでした。 現在は縁あって今の夫と出会い、結婚、出産を経て子育てをしています。 そして、死にたい衝動ですが私はこの失敗により、自分から死のうとはとは思わなくなりました。 そして死ななくてよかったなと、10年後の今強く感じています。 死んだらあそこで終わりでした。 リハビリや障害の事を考えたら、あそこで死んだ方が100倍楽だったでしょうが、生きていてよかったです。 今がつらいあなたへ 生きるのはめんどくさい、でもちゃんと死ぬのも意外にめんどくさい。 どっちもめんどくさいなら、もしかしたらいい事が起こるかもしれない、生きる方を選択するのも有りだよね。 ここに来てくれてありがとう、私の記事を読んでくれてありがとう。 もし誰かの生きる背中を、ほんのちょっとでも押せてたら嬉しいな。 生きるのはめんどくさい、死ぬのもめんどくさい。 だけど生き残ったから、今私は幸せです。 大変なことや辛いことも多いけど、生き残ってよかったです。 死にたいと考えていても、あなたが死なずに今まで生きていてくれたから、この記事を読んでもらう事ができました。 今この瞬間を生きていてくれてありがとう。 1年後、5年後、10年後またあなたに会えることを楽しみにしています。 月城 追記 コメント欄に書いて頂いた質問で、私自身についてお答えする場を作りました。 なぜ2度目の自殺をしなかったのか?なぜ障害を背負って生きて行けたのか?もし気になる方がいましたら下記をご覧ください。 疲れなたら休もう 歩けないなら止まろう 死にたくなったら寝てしまおう どんなに暗い所でも、 いずれ時は流れ、変化が起こる ユキノシタは、重くのしかかる雪を押しのけて 力強く花を咲かせる。 ユキノシタは冷たく暗い雪の下で 日の光を待ち根を張り葉を張る じゃあ君も私もまだ待ち続けよう — ユキノシタ yukinoshita385 疲れた時に少し元気がでる、呟きを始めました。 ぜひこちらにも遊びにきてください。 もし死にたいではなく、「」感情が強いと感じている方は、お時間があればこちらの記事も読んでみてください。

次の

首吊り・服毒・ガス自殺 様々な自殺方法を試した末の結論

楽にしぬ

確実と言われもっとも有名な自殺方法といえば「首吊り自殺」。 毎年日本人の自殺者は30,000人くらいですが、その半数以上、およそ15,000人もの人がが首吊り自殺を選択し、自殺を遂行しています。 確実な自殺方法「首吊り自殺」とは 縄一本という手軽さ 道具は縄や紐、紐状のものであればなんでも使えます。 ただ、なるべく柔らかく首にピッタリとフィットするもので、 電気コード、包装用のヒモ、USBの充電ケーブル、ベルト、シーツ、タオルなど、首に巻きつけることができるもの。 ドラマに出てくるような縄じゃなきゃいけないわけじゃないので、様式にこだわる必要はないです。 百貨店などの包装用のビニール紐でも、100kg程度までの体重なら支えるのに十分な強度をもっています。 ホームセンターで売ってるようなビニール紐でも充分な強度がある。 これが、針金などの切断力があるものだと、首を切り落とすこともあります。 座ったままでも実行可能 通常首吊り自殺といえば高い木の枝などにロープをくくりつけ首からぶら下がっている姿を想像するけど、縄や紐をかけるのは折れやすい木の枝などでなければどこでも実行可能。 中学1年生の少年が本棚に5寸釘を打ち付けて首吊り自殺をしたという例もあります。 そして、自分の身長より高いところからつりさがる必要はなく、座ったままでも実行が可能です。 図のように、足やお尻が床についていても首吊り自殺は完遂してしまいます。 なぜかというと、首吊りの死因は首を締め付けられて窒息死すると思われがちですが、実際はそうではないからです。 首吊り自殺の理論は、脳へ血液を送る頚動脈と椎骨動脈が締め付けられて脳への血流が滞り 脳が酸欠状態となって死に至るものになります。 気道は締められないので呼吸困難とまでいたらず、むしろ ほんの一瞬で意識を失うので呼吸困難の暇もないといわれています。 脳に血液を送る動脈は2種類あり、 「頸動脈」と脊椎のわきを骨に保護されながら上っていく 「椎骨動脈」で、例えば首を締める場合だと頸動脈は塞がれるが、骨で守られている椎骨動脈ふさがれず、脳への血流は止められないので、死因としては窒息死になるけど、首を吊る場合は斜め上方向から首が引っ張り上げられて角度がつくために、 頸動脈と椎骨動脈の両方が同時にふさがれ、瞬時にして脳への血液供給が絶たれ、意識を失うということになります。 その差は死体を見ればよくわかり、首を絞めた死体の多くは椎骨動脈による脳への血流は続くのに、逆に脳から血液を送り出す頸動脈はふさがれているので顔が紫色に鬱血してるが、首吊りの場合はそのような鬱血の状態がほとんどみられない。 X Japanのギタリストで人気のソロアーティストでもあったHideも事故死ということではあるがタオルをドアノブにかけそこに首をつった状態でなくなっていたということなので、自殺の意思なくても簡単に死に至ることもあるという証拠です。 首を吊る高さ 首を吊る場合、血圧が170mmHgの人であれば頚動脈は3. 5kg、椎骨動脈は16. 6kgの力で塞がれます。 足が床について曲がっている程度であれば全体重の70〜80%くらいの重量が首にかかります。 膝が床についた状態でも全体重の20%くらいの重量が首にかかるので、例えば体重60kgの人であれば約12kgの力がかかるので頚動脈は完全に塞がれ、椎骨動脈は完全塞がれるわけではないので、わずかながら脳に血流があるが、時間の問題で脳は酸欠状態となりいずれ失神状態になります。 つまり、首にかかる力が体重の20%程度だったとしても、首にきちんと角度がついてさえいれば、 完全に身体をぶら下げた状態でなくても死にいたることはあるということなので、足が床についていても座った状態でも首吊り自殺は完遂できるということ。 お尻や背中が床についていた例もあるそうで、高さが30cmあれば十分だという説もあります。 欧米ではむしろ足が床についた状態の方が多いという説もあります。 充分な高さのない自分の家などでも、ドアのノブでも充分可能であり、階段の斜面を使うといった方法もあるし、とにかく どこかにロープをひっかけることのできる30cm以上の高さと十分な強度があれば自殺可能な環境にあるので「自室にいるから自殺の心配はない」とは言えないということになります。 一瞬で意識を失う 首吊り自殺の未遂率が極端に低い要因が、 短時間で死へといたるからです。 およそ10数分間誰にも見つからなければ、自殺としては完遂してしまいます。 法医学者の研究では、首を吊るとすぐに意識が遠のき、手も足も動かそうとしても動かず、しかもこの過程でまったく苦痛がないことが明らかになっており、これはすでに医学界では常識となっています。 東京で演出家が見物人の前で首吊りの演技をしてみせたところ、腰をおろしたとたんに意識を失いそのまま見物人の前で死んだという事件があります。 ある法医学者は首吊りの苦痛を体験しようとしていつでも踏み台に戻れるように準備し、踏み台から足を外した途端に失神してしまい、かろうじて居合わせた同僚に助けられたという例もあり、同様の体験例はたくさんあります。 電気コードで首をつって助けられた未遂者は、 「頭がぽわーんとしてなにもわからないうちに意識がなくなった。 息ができなくなって苦しいとか痛いといった感じはなかった」と語っています。 また、高さのある場所での首吊りで勢いをつけてぶら下がって首関節を脱臼してしまうケースもありその場合はその一瞬で心停止・呼吸停止に至るそうです。 首吊り死体は汚い? 死に至るには確実と言われる首吊り自殺の欠点としてよく言われるのが、死体の見た目がよくないということです。 たしかに、失禁したり射精したりすることがあります。 喉を締め上げられるため、下が飛び出しよだれが流れ、顔は鬱血して紫色に変色し、さらに目玉が飛び出すなどとも言われるが、ここまでひどいケースはめったにはありません。 死後何日もたっていないと目玉が飛び出すことはないし、舌も歯にひっかかれば突き出ないので、「こういった状態になることもある」という程度。 首吊り死体を写真で見ると、ほとんどがダラ~ン・ブラーンとした状態で、生きている状態とほぼ変わりません。 前述したように脳への血液供給はすでに遮断されているので、顔も鬱血していない場合がほとんどであり、見た目がよくないとは言うものの、ビルからの飛び降り自殺や電車への飛び込み自殺でバラバラやぐちゃぐちゃになった死体に比べれば格段にキレイな死体と言えます。 首吊り自殺に失敗した時のリスク 1985年に歌手のフランク永井氏が首吊り自殺を未遂しています。 妻に発見され救急車が到着した時には意識不明で呼吸も脈もなく、病院に搬送された時には瞳孔が開き昏睡状態だったそうです。 しかし奇跡的に一命を取り留め4〜5日後には意識を回復し、1ヶ月後には少し話せるようになり、その後徐々に回復はしていったものの、見舞いに行った人や妻を識別できず認知症と近い状態であったという。 すなわち脳が酸欠状態に陥って大きな損傷を負ってしまったものであろうと思われます。 失敗してしまうと生きるのにも辛い状態が続き、自殺未遂者として周りの人間からは差別的な目で見られるし、再度自殺を図らないかと監視の目でもみられます。 それどころか、脳に損傷を負う後遺症が残ると、自殺を図ること自体困難でありしかも生きることも困難という、非常に辛い現実が待っているということになります。 首吊り自殺未遂は、1年以内に首吊り自殺を成功させる また、いざ実行にあたって怖くなり躊躇して首吊り自殺未遂に終わってしまうことも多々あると思うけど、 首吊り自殺未遂歴のある人は、1年以内に再度首吊り自殺を実行し成功するという研究があります。 スウェーデンのカロリンスカ研究所による研究で、わかったそうです。 研究グループは、いろんな自殺の未遂・失敗に終わった自殺の方法と、その後の自殺のリスクの関連を、スウェーデンの全国的な長期コホート研究を実施したとのこと。 調査対象は、1973年から1982年の各種病院など施設の入院患者のうちに、過去に自殺未遂歴のある人4万8,649人に対し、2003年までの自殺状況を調査した。 その自殺について調べたところ、以前に未遂に終わった自殺の方法によって、自殺のリスクには大きなばらつきがみられたとのこと。 首つり、絞首、窒息といった自殺をした人は以前にも同じ方法で自殺未遂をしていたものが多く、首つり、絞首、窒息といった自殺未遂者の男性の54%(258人)、女性の57%(125人)が後に自殺に成功して、87%(333人)は未遂後1年以内に目標を達成していた。 これ以外の自殺未遂の人たち(ガス自殺、飛び降り、拳銃、入水)は、首つり、絞首、窒息といった自殺に比べてその後の自殺実行については確率は低かったけど、それでも注意は必要。 自殺成功者のほとんどが、未遂に終わった自殺の方法と同じ方法で自殺に成功していて、たとえば首つり自殺に失敗した自殺未遂者はその90%以上が、再度首吊り自殺を敢行し、自殺に成功。 まとめ 以上、首吊り自殺についてまとめると、 ・使用する道具はなるべく柔らかく首にピッタリとフィットする ロープ、電気コード、包装用のヒモ、USBの充電ケーブル、ベルト、シーツ、タオルなど ・ 身長より高い必要はなく地面に足がついた状態、座った状態でも実行可能 ・一瞬で意識を失い 短時間で死へといたる ・死体は汚いと言われるが、 死体が汚くなるのは極稀なケース ・失敗した時は後遺症が残り車椅子生活になることも ・首吊り自殺未遂歴のある人は、1年以内に再度首吊り自殺を実行し成功するという調査結果 死にそびれたら後悔する死に方をするくらいなら、自殺を実行できるほどの行動力があるなら、その行動力を、まず幸せに生きることに使って見てからでもいいんじゃないでしょうか。 実際私も、自殺を計画するくらいまで精神的に追い込まれたことがありましたが、そのことを通院している精神科の主治医に話したりして、ある意味救われた経験があるのですが、そのときに「確実な自殺方法」を知っていたことにより、「やるだけやってから、言いたいだけ言ってから死ねばいい」とドライに考えることができたので、結果的にまだ死なずにいますし、今でも「いつでも死んでやる」って気持ちで生きてます。

次の

ブレイズロッドを楽して集めよう!簡単ブレイズトラップの作り方

楽にしぬ

はい鈴木です。 だからあんたも自殺するな」系も、イラッとします…笑 だってそんなの勝者の論理じゃんね…。 この2つを妨げる方法達の中で、苦痛を感じるものをふるいにかけて除いていくと、取りあえず「楽に死ねる方法」達だけが最後に残ります。 この中で、資格がないと扱えない薬品を使う方法などは除外し、誰でも購入できる材料のプランを選択すれば良いという訳です。 ただし、多くの方は理科室で理科の実験をしたことがあるかと思いますが、結構面倒でしたよね? 学校や教室に行ってなかった方は想像でお付き合い下さい~ 材料とか器具を準備して、 手順通りに設置して、 グラムを測ったりして、 実験に失敗したらやり直して… なので、確かに体は「楽に」死ねるんですけど、ちと手順が面倒ではあります。 材料費もいくらかはかかりますし。 死にたい程せっぱ詰まっている時に悠長にこんなの計算できないかも知れないね… ……… また、この世には「サルコ」という便利な道具もありますが鈴木は外国語が堪能ではないですしも持っていないので私の選択肢には今のとこらろは入っていません。 しかしこれを考案した医師は本当に人の心を思いやる精神に満ちていると思います。 死ぬのが怖くてたまらない人とか、死にたくなくてたまらない人とか、生き続けたくてたまらない人などは、 死んだ方がマシなほど苦しんでいる人の気持ちなど考えずただ狂ったように激怒するので、なかなかこういった活動をなさるのは大変なはずです。 サルコはかわいい名前ですが以外に大きく 人が入れるサイズ 、普通にググればどんなものなのか出てきます。 かっこいいです。 ちなみにを使ってます。 ……… 窒素は、私達が吸ったり吐いたりしていりこの空気中に沢山あります。 沢山吸ってても無害な気体です。 ただし酸素をガス交換で得られないと人は死ぬので、窒素のみを高い純度で吸ったり吐いたりしていれば、中毒にならないので苦しくないのですが、酸素が脳に運ばれないので、死にます。 また自分自身の肺活量も測定し、必要なガスの量を計算しておく必要があります。 ガス交換を何回か出来るガスの量を考えておかないとなりません。 また吐いた息の中に残っている酸素やをもう一度高い割合で吸うとなれば純度がかなり下がりますし、それは失敗の元です。 脳が酸欠の状態になって時間がたつと障害が残るらしい。 嫌だ…生きるのがさらに大変になるのは御免だ。 だから準備の時には、そもそもの容積とかガスの流れとかを調整する必要がある。 この辺が頭を使わないとならないから、この苦しくない方法は流行らない…。 それで多くの人は苦しんで死ぬ羽目になる。 悲しい。 ちなみに、保健所で犬や猫が殺処分される時は、まったくと言える方法ではなく、中毒でじわじわ苦しめられて殺されます。 いくら犬や猫が人間でないと言え、非人道的だよね…やめて欲しい。 こういうの聞くと人間の罪深さに鬱が加速するよね… ……… 話しを戻しまして、とにかくこれが、一般人でも独りでできる、苦しくない死に方です。 また、窒素以外の気体でも、中毒などの「なんとか中毒」にならない系の気体なら、普通の気圧の中でなら苦しくないのでいけます。 気圧によっては酸素でさえも高濃度だと人は死ぬという豆知識… ただ、自殺にはうまくやらないと「後遺症が残ってさらに不愉快な思いをする」という後続イベントが引き起こされる為、事前調査はとにかく入念にする必要があります。 この、やりたいことに没頭している没入感は、あなたが「死んだ方がましだ」と思うほどの苦痛からあなたを逃してくれます。 なんか、人間関係の悩みなど含む精神的な問題で死にたいって思う人って、心が優しい人が多いと思うから…。 その優しさがこの世から毎日毎日何十人もなくなっていくのはもったいないっていうのもあります。 あと、「苦しみたくない」っていう、「自分を自分が苦しませたくない」っていう姿勢を大切にして欲しいです。 自分という人間を苦しませられる人は、 他人という人間も苦しませる事が出来てしまうから。 だから、 苦しみたくない・自分を苦しませたくない・人間を苦しませたくない っていう考えはとても大切なんです。 大切っていうか普通に素晴らしい感覚だよね人として…。 そりゃ、短期的には成長のために人を苦しめることもあるよ、例えばスポーツのコーチとかね。 ハードな練習は苦しいよね。 でもそういう中でも「他者の尊厳を傷つけて苦しめるのはダメ」っていうルールがある。 人の権利を侵害する形で人をわざと苦しめるのは、ダメだよね。 ……… 私は輪廻転生は無いとは思えないので 例えば空気って見えないのに、いろんな種類の気体が混ざっている。 見えないのに確かに何かがあるわけで… 、 次回、何かの生命に生まれ変わっちまった時のことを考えると、出来れば地球上には優しい人たちに沢山生きてて欲しいよ。 次の生命が始まったときもまた嫌な思いするの嫌だから… なので、取りあえず、苦しくなく死ねる方法は ちと面倒だが あるよ!って伝えたかったです。 安心して欲しかったから。 死ぬときまで苦しかったり怖かったりするの嫌じゃないですか? もうすでに生きてるだけで苦しみや不安でパニック状態なのに。 だから設置は面倒だけど上手に頑張れば苦しくなく死ねる方法はこの世にあるから、まずは0. 2ミリくらいは安心して下さい。 そして、 死にたい理由が借金の人は自己破産出来ないかとか、合法的に返済をのばす抜け道など探したり、 人間関係のしがらみで仕事辞めれなくて死にたい人は、日本から戸籍を抜いて、組織や親戚の追跡から逃げ切って遠い土地で人生やり直す計画を描いてみたり、 親から愛されなかった恐怖と絶望で生きてるだけで混乱している人は、や虐待の勉強をちゃんとしている、相性のあうカウンセラーを探して欲しい。 とにかくこの世で誰かがネットにヒントを書いて置いといてくれれば超ラッキー!てなもんです。 その人を心の中で味方にして、自分はこの世で独りきりで悩んでいると思い込まないのがコツです。 誰かが、はじめは戦争のためだったけど、インターネットを作ってくれたおかげでこうして私達はすれ違える。 私の知人は「この世で独りきりで悩んでいる、この世で一番不幸だ」と思っていて、とうとう死んでしまった。 その頃の鈴木には今のような記事を書ける力はなかった。 その子にとって私は味方になりえなかった。 私と通話して互いに「またね」と言った翌日、その子は練習していた首吊りに成功した。 …二年ぐらいは、自分の無能さに蓋をしたかった。 認めたくなかったようでもある、自分がその子を助けられなかった つまり殺した からな気がしてとにかく恐ろしかった。 いつもみたいに「ODして入院してました」ってひょっこり帰ってくるのを五年ぐらい待ってた。 でもそんな事は起こらなかった。 その子に何もしてやれなかった分、こうしておせっかいなブログを建てた。 ここは墓だ。 争いごとが嫌いな、優しい子だった。 そして私はいつもいつも、試行錯誤を繰り返している。 実際のところ、人生ってのは常に理科の実験みたいなものなんだろう。 もし良かったら… 実験を続けないか? nodyhate.

次の