スプレッドシート タブ移動 ショートカット。 Command+↓で、Googleスプレッドシートの最終行に飛ぶ

Adobe Acrobat のショートカットキー

スプレッドシート タブ移動 ショートカット

IMPORTRANGE "スプレッドシートキー", "範囲の文字列" この 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたいセル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1セルを参照したい場合は、 "データベース! A1"と入力すれば大丈夫です。 表(範囲セル)を参照する 表を参照したい場合は、 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたい範囲セル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1からG9を参照したい場合は、 "データベース! A1:G9"と入力すれば大丈夫です。 集計したデータや表引きを参照する方法 ただ、値を引っ張ってをくるだけじゃ面白くないですよね! IMPORTRANGE関数は、他の関数と組み合わせることでその真価を発揮します。 例1:合計金額を参照する(SUM関数) 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。 例えば、次のような表があったとします。 ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。 ほら、こんな感じで参照することができました。 IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。 スプレッドシートすごすぎません?Excelには出来ない芸当ですよね。 例3:スプレッドシートを簡易的なデータベースとして使う 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。 スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。 詳しくは割愛しますが、気になる方はこの記事をどうぞ! 同じスプレッドシートの別シートから参照する 次に、同じスプレッドシートの別シートから参照する方法を紹介します。 値(単一セル)を参照する やり方はとっても簡単です。 シングルクォーテーションで 参照したい値を持つシート名を挟んで、その値のセル番号を入力するだけです。

次の

Chrome のキーボード ショートカット

スプレッドシート タブ移動 ショートカット

ショートカットキーの設定が間違っていないか• マクロの管理名が間違っていないか など設定を見直してみてください。 スプレッドシートのマクロで記録が出来ない作業 ここまで スプレッドシート上の作業をマクロで保存出来るとご紹介してきましたが、全ての作業が保存出来るわけではありません。 マクロで記録が出来ない操作もご紹介しておきます。 図形作成 マクロのボタン作成時にお世話になっている図形作成の操作。 図形作成の操作はスプレッドシートのマクロでは記録出来ません。 というのもExcelではshapesメソッドで図形描画が出来るのですが、、 ActiveSheet. Shapes. AddShape msoShapeRectangle, 150, 104, 127, 114. Select Google apps scriptには2018年5月18日時点 shapesメソッドがありません。 スプレッドシートの図形描画は結構手間なので、個人的にとても残念なマクロ保存不可の1つです。 図形作成の自動化アップデートは乞うご期待ですね。 チェックボックスの作成 スプレッドシートの新機能、チェックボックス。 この チェックボックスの作成もマクロによる記録はされませんでした。 ワンクリックでレコード確認が識別が出来るので地味に便利。 リリースがマクロ登場とほぼ同時期だったので、記録出来ないとはちょっと意外でした。 WordPressでいうとプラグインみたいなものですが、 アドオンの追加操作もマクロで記録されませんでした。 毎々違うシートに同じアドオンをダウンロードするのも手間なので、自動化出来るとかなり便利なんですけどね。

次の

【Excel】シート間を一瞬で移動するショートカットキー

スプレッドシート タブ移動 ショートカット

IMPORTRANGE "スプレッドシートキー", "範囲の文字列" この 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたいセル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1セルを参照したい場合は、 "データベース! A1"と入力すれば大丈夫です。 表(範囲セル)を参照する 表を参照したい場合は、 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたい範囲セル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1からG9を参照したい場合は、 "データベース! A1:G9"と入力すれば大丈夫です。 集計したデータや表引きを参照する方法 ただ、値を引っ張ってをくるだけじゃ面白くないですよね! IMPORTRANGE関数は、他の関数と組み合わせることでその真価を発揮します。 例1:合計金額を参照する(SUM関数) 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。 例えば、次のような表があったとします。 ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。 ほら、こんな感じで参照することができました。 IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。 スプレッドシートすごすぎません?Excelには出来ない芸当ですよね。 例3:スプレッドシートを簡易的なデータベースとして使う 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。 スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。 詳しくは割愛しますが、気になる方はこの記事をどうぞ! 同じスプレッドシートの別シートから参照する 次に、同じスプレッドシートの別シートから参照する方法を紹介します。 値(単一セル)を参照する やり方はとっても簡単です。 シングルクォーテーションで 参照したい値を持つシート名を挟んで、その値のセル番号を入力するだけです。

次の