関東 梅雨あけ予想。 東京の梅雨入りと梅雨明け2019の時期はいつ?雨の日の割合も

2018年の梅雨入り、梅雨明け予想【東京、関東地方】

関東 梅雨あけ予想

気象庁は、関東甲信地方で2018年は平年より22日早い6月29日ごろに梅雨明けしたと見られることを発表した。 関東甲信地方では、1951年の統計開始以来、初めての6月の梅雨明けとなった。 気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表している。 それによると、関東甲信地方は、6月6日ごろに梅雨入りし、6月29日ごろに梅雨明けしたと見られる。 梅雨入りは平年より2日早く、昨年(2017年)より1日早い。 気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行っている。 1951年以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)によると、関東甲信地方では6月に梅雨明けしたことはなかった。 気象庁が2018年6月29日午前11時に発表した気象情報によると、向こう1週間も、引き続き太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込み。 なお、梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間がある。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、梅雨の時期に関する気象情報で発表した期日が変更となる場合があるという。 《工藤めぐみ》.

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

関東 梅雨あけ予想

これは梅雨入りしたか梅雨明けしたかは専門家でもなかなか確定するのが難しく、少々抽象的な表現にならざるを得ないんですね。 梅雨入りと梅雨明けには、平均 約5日間程度の移り変わりの期間があり、過去のデータはこの移り変わりの期間の中日とされています。 そして、梅雨入りと梅雨明けの時期は梅雨明けすぐに確定されるわけではなく、夏までの天気の経過を見てから確定されます。 では早速ですが、東京の梅雨入りと梅雨明け2019の時期がいつ頃になるのか見ていきましょう。 スポンサードリンク 東京(関東甲信)の梅雨入り2019の時期はいつ? まず、梅雨入りの時期がいつ頃になるのか見ていきます。 東京(関東甲信)の平年の梅雨入りの時期は、6月8日頃です。 気象庁発表の過去10年の梅雨入りのデータを見ると2011年のみ5月末に梅雨入りしています。 逆に遅い梅雨入りは、2010年の6月13日頃ですが、その他はすべて6月上旬の梅雨入りでほぼ安定しています。 これらのことから、 東京(関東甲信)の梅雨入り2019の時期は6月上旬と予想されます。 こちらも気象庁発表の過去10年のデータを参考にしていきたいと思います。 過去10年で最も早い梅雨明けは、2018年の6月29日頃でした。 昨年2018年の6月の梅雨明けは、過去10年という限定した期間だけでなく、1951年の統計史上最も早い初めての6月の梅雨明けとなりました。 逆に最も遅い梅雨明けは、2016年の7月29日頃でした。 過去10年のデータからもおわかりのように梅雨明けの時期は、6月29日頃~7月29日頃までと約1か月もの開きがあります。 予想するのは非常に難しいですが、平年の梅雨明け7月21日頃からはやや早まっている傾向が見られることから、 東京(関東甲信)の梅雨明け2019の時期は、7月上旬~7月中旬と予想します。 参考にしたのは、気象庁発表の東京のひと月あたりの降水量1mm以上の日数です。 データを見ると 梅雨の時期の6・7月に雨の日の割合が多くなるのはわかりますが、他にも5月や9月も10日を上回る月があり、梅雨だから特別という感じでもありません。 こうしてデータとして改めて分析すると 冬と真夏の8月以外は雨期と捉える見方もできそうですね。 梅雨の時期は毎日雨が降っているようなイメージをお持ちの人も多いかと思いますが、雨が降る日数よりはジメジメした高い湿度がこのようなイメージにつながっているように思います。 1月 4. 5日(3. 9日) 2月 5. 5日(5. 9日) 3月 9. 9日(8. 5日) 4月 9. 9日(9. 5日) 5月 10. 3日(9. 5日) 6月 11. 4日(12. 2日) 7月 10. 3日(10. 2日) 8月 7. 7日(8. 9日) 9月 11日(11. 5日) 10月 9. 8日(10. 8日) 11月 6. 8日(8. 5日) 12月 4. 2日(6. 東京(関東甲信)の梅雨入り2019の時期は6月上旬、梅雨明け2019の時期は7月上旬~7月中旬と予想します。 梅雨入りは比較的安定していますが、梅雨明けはかなりのバラつきが見られています。 東京の梅雨の時期の雨の日の割合は、ひと月あたりの降水量1mm以上の日数での平均で6月11. 4日、7月10. 3日で、梅雨だから特別多いというわけではありません。 湿っぽい梅雨は早く明けてほしい気もしますが、その後の猛暑を考えるとどちらがいいのか、ちょっと複雑ですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

梅雨入り・梅雨明けの平均時期はいつ頃? 2019年の予想と結果は?

関東 梅雨あけ予想

その地域の梅雨前線が南下していった、戻らなくなった時• 晴れが1週間以上続くと予想された時• 晴れが1週間以上実際に続いた時 などが、一応の目安とされています。 または、夏型のからっとした晴天が続くようになってから、梅雨開けと判断されることもあります。 更に、ぐずついた天候のまま、7月を超えてしまった場合は、 梅雨明け宣言が出ない事もあります。 最近では、2017年の東北地方(北部・南部とも)において、梅雨明けの日が速報値として出されたものの、その後天気が長くぐずついたため、最終的に梅雨明けが特定されませんでした。 こうしたケースもあるんですね。 梅雨のない場所もある 日本ではほとんどの地域で梅雨となりますが、例外的に梅雨のない地域もあります。 有名な所では 北海道ですね。 この時期はあまり雨が降らず快適な季節なんです。 というのも、梅雨前線は北上するほど力が弱まり、北海道に到着するころには、威力を発揮出来ないからです。 とは言っても、全く梅雨がないわけではありません。 少しジメジメした 「蝦夷梅雨」が続く時期もあります。 それでも5日前後と短く、梅雨のある地域からしたら羨ましい限りですね。 関連記事: 北海道以外では、梅雨前線の範囲から外れる 小笠原諸島にも梅雨はありません。 その代わり亜熱帯の気候のため、夏になるとスコールが降るので、これもまた大変ですね。 例年の梅雨入りの平均時期は? 気象庁の過去の梅雨時期のデータによれば、 梅雨入りと梅雨明けの平均(平年値)はこのような時期となっています。 地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期 沖縄 5月 9日頃 6月23日頃 奄美 5月11日頃 6月29日頃 九州南部 5月31日頃 7月14日頃 九州北部 6月5日頃 7月19日頃 四国 6月 5日頃 7月18日頃 中国 6月 7日頃 7月21日頃 近畿 6月 7日頃 7月21日頃 東海 6月 8日頃 7月21日頃 関東甲信 6月 8日頃 7月21日頃 北陸 6月12日頃 7月24日頃 東北南部 6月12日頃 7月25日頃 東北北部 6月14日頃 7月28日頃 *ここでは、山口県は九州北部に入ります。 より 2019年の梅雨入り・梅雨明けの予想 2019年はやや雨が少なめ? 気象庁が発表している長期予報の6月予報を見る限りでは、• 北日本、沖縄・奄美…曇りや雨の日が、概ね平年並み、あるいは多め• 西日本・東日本…曇りや雨の日が、概ね平年よりも少なめ と出ています。 また気温は、全国的に平年よりやや高い日が多い傾向ですね。 今後の気象の変化によって、予報は変わっていくとは思いますが、最近の傾向や現段階の予報から見た、 2019年(令和元年)の梅雨入り・梅雨明けの予想は次の通りです。 また 気象庁で発表された予報の結果も随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ですが、雨が降らないと夏に水不足が発生しますし、作物の育成にも影響がありますよね。 そうなると、秋には米や野菜が凶作となって、懐にも大きな打撃が・・・ 梅雨の時期は確かに不快かもしれませんが、作物にとっては必要ですし、自然のサイクルなので、無ければ困ってしまいます。 梅雨の時期に雨が良く降るのは仕方がありません。 そういうものだと割りきって、なるべく快適に過ごせるように、気持ちを切り替えていきましょう。 普段の心がけ次第で、 梅雨の季節も楽しんで過ごせるようにしたいものですね。

次の