名古屋学芸大学 moodle。 外大ポータル|名古屋外国語大学 / NUFS:NAGOYA UNIVERSITY OF FOREIGN STUDIES

名古屋学芸大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

名古屋学芸大学 moodle

募集人数 16名 現浪 現役のみ 併願 専願のみ 合格した場合は、必ず本学に入学すること。 学習成績 3. 記述式、各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 募集人数 6名 現浪 現役のみ 併願 専願のみ 合格した場合は、必ず本学に入学すること(第2志望合格者を除く)。 学習成績 3. 各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 募集人数 12名 現浪 現役のみ 併願 専願のみ 合格した場合は、必ず本学に入学すること(第2志望合格者を除く)。 学習成績 3. 各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 内容は予定であり変更の場合がある。 現浪 現役のみ 併願 専願のみ 合格した場合は、必ず本学に入学すること(第2志望合格者を除く)。 学習成績 3. 各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 募集人数 24名 現浪 現役・既卒 併願 - 出願から専願制となる。 合格した場合は、志望学科に必ず入学すること。 学習成績 - 出願条件 オンライン体験授業への参加、エントリーシート・課題・調査書の提出、面接を経て「出願許可通知」を受けた者。 各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 募集人数 18名 現浪 現役・既卒 併願 - 出願から専願制となる。 合格した場合は、志望学科に必ず入学すること。 学習成績 - 出願条件 オンライン体験授業への参加、エントリーシート・課題・調査書の提出、面接を経て「出願許可通知」を受けた者。 各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 募集人数 12名 現浪 現役・既卒 併願 - 出願から専願制となる。 合格した場合は、志望学科に必ず入学すること。 学習成績 - 出願条件 オンライン体験授業への参加、エントリーシート・課題・調査書の提出、面接を経て「出願許可通知」を受けた者。 各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 募集人数 10名 現浪 現役のみ 併願 専願のみ 合格した場合は、必ず本学に入学すること。 学習成績 3. 記述式、各40分>、個人面接<口頭試問を含む。 試験地 本学(日進キャンパス) 検定料 35,000円 各入試の旧教育課程履修者に対する経過措置については、直接学校にお問い合わせいただくか、募集要項等でご確認ください。

次の

管理栄養学部の紹介

名古屋学芸大学 moodle

<日進キャンパス>(管理栄養学部/ヒューマンケア学部/メディア造形学部) 名古屋市東部の丘陵地に位置する日進キャンパスは、豊かな自然に囲まれ、心身をリラックスさせるとともに、学習・研究に専念できる環境を形成しています。 一方、名古屋市中心部まで30分という、都心の利便性も兼ね備えています。 中央図書館やマルチメディアラーニングセンター、コミュニケーションプラザ、ランゲージラウンジなど、研究学習や学生同士の交流を支える施設や空間が充実しており、活気にあふれたキャンパスです。 また、姉妹校の名古屋外国語大学が併設されているため、外国人留学生と触れ合う機会もあり、国際色も豊かです。 <名城前医療キャンパス>(看護学部) 名城前医療キャンパスは、包括連携協定を締結している独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター内に設置されています。 実習先でもある高度な医療現場と隣接する環境で日頃から学ぶことは、効率面だけでなく、学習のモチベーション向上の面においてもよい影響があります。 名古屋駅から約12分、栄駅から約5分と利便性の高い都心型キャンパスで、遠方からの通学を考えている受験生にもオススメの立地です。 また、「子どもケアセンター」には、畳のスペースをはじめ、実際の保育施設を想定した「プレイルーム」なども完備されています。 子どもケアセンターを使った授業やイベントの企画・運営、託児ボランティアなどを通して、学んだ知識を実践することができ、将来につながるスキルが身に付きます。 閉じる <映像メディア学科> スチール撮影やムービー撮影実習を行う撮影スタジオをはじめ、充実した設備を誇る音響編集室・レコーディングブース、PCベースのノンリニア編集を行うノンリニア実習室、<映画><TV><フォト><サウンド><3DCG><アニメーション><インスタレーション><パフォーマンス>の8領域の全てをリンクさせ、一貫したデジタルコンテンツ作成が行えるサイバーメディアラボなど、まさにプロの現場と同レベルの施設・設備を設置しています。 <デザイン学科> MacintoshとWindowsが並ぶマルチメディアコンピュータ実習室には、プロが実際に使っているさまざまなデザイン用アプリケーションソフトを完備。 各種電動工具・手工具を取りそろえ、木材加工や組立ができる木工室、陶芸室・塗装室・金工室・クレイモデル室・版画室・シルクスクリーン室があるデザイン工房、さらにはデジタル機器を備えたデジタル工房などがあり、まさに実社会の現場と同等の施設・設備で学べます。 <ファッション造形学科> アパレルメーカーで使用されている、コンピュータ制御の編機や織機、大型のプリントデザイン機などのマシンや特殊ミシンに加え、学生一人一台のCADでパターン作成を行うCAD室など、設備が充実。 その他、アパレル現場での流れを実際に体験できるアパレル機器室など、実習のための施設も充実しています。 さらに、陶芸、アクセサリーなどの彫金、ファッションショーにも対応できる照明設備なども完備されています。 留学プログラムについて アメリカ国際栄養学研修 【留学先】アメリカ・カリフォルニア州 【留学期間】1か月未満 【対象人数】22名 【留学開始時期】2020年8月 【奨学金】有 【単位認定】有 【応募資格】TOEIC(410)、TOEIC IP(410) 【問い合わせ先】 URL: 部署:管理栄養学科 海外ファッションデザイン研修 【留学先】フランス 【留学期間】1か月未満 【対象人数】22名 【留学開始時期】2021年2月 【奨学金】有 【単位認定】有 【応募資格】TOEFL PBT(450)、フランス語 初級 【問い合わせ先】 部署:ファッション造形学科 子どもケア海外研修 【留学先】オーストラリア 【留学期間】1か月未満 【対象人数】約30名 【留学開始時期】2021年2月 【奨学金】有 【単位認定】有 【応募資格】TOEFL PBT(450) 【問い合わせ先】 部署:子どもケア学科 閉じる <日進キャンパス>(管理栄養学部/ヒューマンケア学部/メディア造形学部) 名古屋市東部の丘陵地に位置する日進キャンパスは、豊かな自然に囲まれ、心身をリラックスさせるとともに、学習・研究に専念できる環境を形成しています。 一方、名古屋市中心部まで30分という、都心の利便性も兼ね備えています。 中央図書館やマルチメディアラーニングセンター、コミュニケーションプラザ、ランゲージラウンジなど、研究学習や学生同士の交流を支える施設や空間が充実しており、活気にあふれたキャンパスです。 また、姉妹校の名古屋外国語大学が併設されているため、外国人留学生と触れ合う機会もあり、国際色も豊かです。 <名城前医療キャンパス>(看護学部) 名城前医療キャンパスは、包括連携協定を締結している独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター内に設置されています。 実習先でもある高度な医療現場と隣接する環境で日頃から学ぶことは、効率面だけでなく、学習のモチベーション向上の面においてもよい影響があります。 名古屋駅から約12分、栄駅から約5分と利便性の高い都心型キャンパスで、遠方からの通学を考えている受験生にもオススメの立地です。 閉じる 本学には、各学科にちなんだサークルが多いのが特長です。 もちろん、スタンダードな運動部や文化部もあり、たくさんのいい出会いを期待できます。

次の

名古屋学芸大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ:旺文社

名古屋学芸大学 moodle

管理栄養学部は、本学の建学の精神である「人間教育と実学」を基盤に、「食」と「健康」のスペシャリストを養成することを目的としています。 具体的には、栄養学の実践に必要な知識・技術・態度を修得するために、食と健康に関わる様々な分野について総合的に学習し、健康増進、疾病予防、生命の延長および生活の質の向上に寄与できる管理栄養士の養成を目指しています。 本学部の学生は、専門職である管理栄養士を目指し国家試験合格を目標に4年間勉学に励みます。 体のしくみ、病気になるしくみ、食品の機能といった専門基礎科目から、栄養学、栄養教育などの専門科目の講義や実習を計2000時間以上学びます。 さらに3年次後期からは、臨地実習や卒業研究を行います。 臨地実習や卒業研究では、社会に出る前に是非身に付けて頂きたい問題解決能力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などの実践力向上を目的としています。 本学部で学び、「食」と「健康」のスペシャリストである管理栄養士の道を歩みたいと考えておられる方は、是非オープンキャンパスにお越し頂き、実際に講義をする教員や本学で学んでいる在校生の声を聞いて頂きたいと思います。 また、入学案内やホームページをご覧下さい。 アドミッションポリシー 食を通して健康を創造する管理栄養士養成のため、人間栄養学を中心に以下のカリキュラムを編成しています。 「人体の構造と機能および疾病の成り立ち」「食べ物と健康」などを専門基礎分野とし、専門知識の基礎を培う。 さらに、「応用栄養学」や「臨床栄養学」「給食経営管理論」などを専門分野として学び、3年次後期からは、総合演習・臨地実習を通して専門知識と技能の統合を図る。 キャリアサポートを重視した選択科目として、医療福祉分野の専門性を養う「臨床医学特論」「栄養ケアマネジメント演習」などを、疾病の一次予防分野の専門性を養う「健康管理論」「食と環境」などを、また、食品分野の専門性を養う「食物とアレルギー」「食品機能論」などを開講している。 さらに、次代を担う子どもたちに食べ物の大切さと、栄養についての正しい知識を授ける「食育」に関する科目を開講し、栄養教諭の養成に力を入れている。 4年次に開講している卒業研究・演習を通して、問題解決能力、コミュニケーション能力、語学力を涵養し、自ら考え自ら行動する、真に社会貢献できる管理栄養士の養成を目指している。 ディプロマポリシー.

次の