英語 ちゃん。 「○○ちゃん」って英語でなんて言うの?

フワちゃんは実はインテリ!英語堪能な帰国子女で出身大学も凄い!

英語 ちゃん

これは皆さんが仰るようにピッタリ該当する英語が存在しません。 「さん」はMr. やMrs,Missに訳されることも多いすが、何もつけない方が多いです。 それでは いつものように英語で説明します。 君, さん, and ちゃん are the suffixes which is added to a person's name. 君 and さん are placed either after the given name or the surname. ちゃん is principally placed after the given name. 君 is used when you speak to your male junior in your office, to a fellow in your school, or to a little boy. さん is most commonly used. ちゃん is used as the diminutive suffix and rather to call a little girl or to show your affection or friendliness to a young girl. These uses are almost compulsory because Japanese people consider that calling a person without any of them are very impolite or abrupt. If you speak to your friend, your child or your younger btoher or sister, you use none of them. If you speak to your elder brother, you call him お兄ちゃん or お兄さん instead of his own name and to your elder sisiter お姉ちゃん or お姉さん. If you speak your friend, your child or your younger brother or sisiter, you usually don't use none of them. 大まかに説明するとこうなります。 でも、日本人が英語を話す場合も 呼び捨てはどうも抵抗があるようで、必要以上に Mr. やMrsを使いますね。 挙げくには given nameにもつけたりしますから。 参考URL: No. 4です。 英語の名前で「さん」や「ちゃん」にあたる言葉かと勘違いして回答してしまいました。 さて、皆さんもおっしゃっていますが、これらに当たる英語はないので、Mr. とかMissとか使いたくない場合、そのまま「さん」とか「ちゃん」をつけてもOKだと思います。 (日本や日本語に慣れていない人からは質問されたり「さん」「ちゃん」を含んで全体が名前だと理解されてしまう可能性はありますが…) アメリカでもはやっている日本のアニメですが、その中のサブタイトルでは「さん」については大体のところMr. Mrs. や Miss をつける、またはつけずに名前だけで呼ぶ。 「ちゃん」「くん」 に限っては、そのまま "-chan" "-kun" を名前の後ろに付ける場合もあります。 これらに「相当する」英単語は存在しませんが、 <日本語を英語に訳す場合> 日本人名についているものはそのまま、Taro-kun is... , Mari-chan likes... のように表すのがいいでしょう。 わざわざ外すのは不自然です。 また、日本語では二人称でも「亜美ちゃんは…」とか言いますが、そのときは Ami-chan, you are... のようにするといいと思います。 , Andoh-sensei, are you...? でいいでしょう。 <英語を日本語に訳す場合> もともと英語には何も付いていないか、愛称が使われていますが、日本語として親称があった方がいい状況なら、「マイケル君」「ベッキーちゃん」とかするのは構わないと思います。 他人の子供を呼ぶときなど親称がないのは不自然です。 念のために日本語の closeness(親愛)や respect(敬意)を表す suffix(接尾辞)であると脚注を添えればいいでしょう。 Fansub という日本のドラマやアニメに吹き替えではなく字幕を付けたもの(限りなく違法に近いものですが)は最近はほとんどこのようになっています。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... A ベストアンサー あなたはどうなの?的な表現ですね。 例えば、 A:How's it going? (調子どう?) B:Nothing much. たいしたことないよ。 How about you? 君はどんな感じ? A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. まあまあかな。 そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ ------------------ A: Are you hungry? (おなかすいた?) B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?) のような感じでしょうか。 A ベストアンサー Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。 ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません 普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。 Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。 ただ微妙に違いますが。 日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。 卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。 アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。 塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。 Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。 ですのでこれが一番近いかと思います。 " "Ha? You must be joking. " "What? Get out of here. "What! " 下げるイントネーション "Oh my gosh. " "Holy smoke. " Oh, my goodness. " " That sucks. " " That stinks" " Disgusting. " " Don't give me that. " " Drop it. " A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 難しく考えないことです。 主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。 これだけです。 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。 この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。 あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。 たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。 気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。 一番安くて身近ですから。 頑張ってください。

次の

「君」、「さん」、「ちゃん」を英語で

英語 ちゃん

輸入雑貨店を営んでいる父親の仕事の都合で、 小学2年生から小学4年生までアメリカ・ロサンゼルスに住んでいました。 つまり、 フワちゃんは帰国子女ということになります! 米国に渡ってから英語を話すことが出来なかったフワちゃん。 転校した初日にオシッコを漏らしてしまったフワちゃんは、たまたまクラスにいた日本人の子に 「オシッコ漏らしたこと言わないで!水たまりで転んだことにして!」 とお願いしたそうです。 その日本人の子がクラスのみんなに英語で事情を話すと、 クラス全員が大爆笑! 英語を話せなかったフワちゃんも 「こいつ漏らしたって言いやがったな」と悟ったようです笑 その出来事が 「絶対に英語を話せるようになってやる!」と思ったキッカケのようです。 ちなみにフワちゃんは大人になった今でも漏らします!笑 大人になってからの英語習得は時間がかかると言われます。 でも、 スポンジのように吸収力のある7歳から10歳くらいの2年間であれば、日常会話くらいの英語習得は可能かもしれないですね。 とはいえ、小学4年生で日本に帰ってきてからの生活が長いので英語力は徐々に失われると思います。 父親の輸入雑貨店つながりで外国人の知り合いも多かったのかもしれないですね。 さらに、 次に紹介する高校・大学での生活も英語ペラペラになる要素があったのかもしれません。 東京都内でも名門校で 偏差値71という超難関校なんです! 2019年度の卒業生でも東京大学2人・京都大学3人を始め、様々な難関大学に進学している実績があります。 さらに、立川高校卒業後は 「東洋大学」に進学しています。 東洋大学では文学部に入学しています。 英語が得意なことから「英米文学科」だったのではないかと思われます。 大学2年の時にお笑い芸人養成所の「ワタナベコメディスクール」に通うことになります。 先輩芸人や目上の人に対してもタメ口で話し、距離感をグイグイ詰めていくところはと思う方も多いと思います。 しかし、 この場ではそんなフワちゃんの行動を「ノリの良さ」と表現します。 その フワちゃんのノリの良さで、セブ島に留学したり、ニューヨークにあてもなくピース綾部を探しに行ったりすることにも 抵抗がないのだと思います。 また、 頭が悪いように見せて、自分のブランディングを考えるようなクレバーさを持っています。 フワちゃん自身が持つノリの良さで英語を勉強することへのハードルが低かったこと• 今後の活動を見据えた上で、英語が必要になると思っていたこと という理由で 英語がペラペラになるための努力を惜しまなかったのではないでしょうか。 フワちゃんは中国語も学んでいる フワちゃんは英語だけでなく、中国語も話せるように学んでいるようです。 ファンの人に悪いことした — フワちゃん FUWA fuwa876 2019年10月のツイート(動画)では、ファンの人に話しかけられたけど、 頭の中が中国語モードだったため中国語で返答してしまったとのこと。 「頭の中が中国語モードになっている」というのは、なんとなく共感できる部分があります笑 僕自身も同じような経験があって… 大学生時代にスタバ(大阪)でアメリカ人の友人と英語で話している時のこと。 隣の知らない女性に手がぶつかってしまい、とっさに 「オゥ、ソーリー!」と言ってしまい恥をかいた記憶がありますwww フワちゃんは英語ほどペラペラに中国語を話せるわけではないようです。 しかし、外国語を学ぶハードルが低いと考えれば、 中国語の習得も早いかもしれないですね!.

次の

「ちゃん」を英語で言うと?

英語 ちゃん

「なんて素敵なワンちゃん!」 What a nice doggy! と表現できます。 「なんてかわいいワンちゃん! 男の子?女の子?」 What a cute puppy! Is it a he or a she? と表現できます。 「私はワンちゃんがしっぽを振ったのを見ました」 I saw the puppy wagged its tail. と表現できます。 「その子猫ちゃんをペットにしたい?」 Do you want to pet the kitty? と英語で表現できます。 「会えて嬉しいよ、お嬢ちゃん」 Lovely to see you, my dear. と英語で表現できます。 「愛ちゃん、座ってください」 Ai -chan , take a seat. と英語で表現できます。 take a seatで「座る」です。 have a seatでも同じ意味になります。 sitも「座る」という意味ですがtake a seatやhave a seatのほうが柔らかい表現のためよく使われます。 「男の子の赤ちゃんを授かったのは最高の贈り物でした」 To have a baby boy was the greatest gift. と表現できます。 「なんてかわいい赤ちゃんだ!」 What a sweet baby! と表現できます。 「彼女は年上です。 お姉ちゃんです」 She is older than me, my big sister. と表現できます。 「お姉ちゃんは看護師です」 My older sister is a nurse. と表現できます。 「お兄ちゃんいつも私の面倒を見てくれました」 My big brother has always looked after me. と表現できます。 look afterで「面倒をみる」です。 「世話をする」「見送る」という意味もあります。 look aboveは「前をみる」「将来のことを考える」になります。 look aroundやlook aboutは「周りをみわたす」という意味になります。 「私はすでにお兄ちゃんより大きくなりました」 I'm already outgrown my older brother. と表現できます。 「父ちゃん、お金を借りてもいい?」 Daddy, can I borrow some money? と表現できます。 「わかったよ母ちゃん。 彼に自転車に乗るように教えるよ」 All right, Mammy. I'll teach him to ride a bicycle. と表現できます。 「おばあちゃんとおじいちゃんは午前中に来るよ」 Grandma and Grandpa will be here in the morning. と表現できます。

次の