5g 健康 被害。 謎の鳥の死。5G導入地域で起きた恐怖の悲劇。5Gが引き起こす健康被害の可能性と日本への本格導入が進む前に知っておきたいこと

電磁波5G導入が与える健康被害...危険性の原因と対策法

5g 健康 被害

2019年06月19日 中国でこのほど5Gの営業許可証が発行されると、「5G基地局は密度が高く放射能も強いので、健康被害が生じる」といった説が次々に伝えられ、5Gよりも速いペースで広がりをみせる。 人々は「5Gは本当に半分は天使で半分は悪魔のようなものなのか」と問いかけざるを得ない。 「科技日報」が伝えた。 2G基地局から5G基地局へと発展する中で、放射能は実はますます弱くなっている。 5Gは4Gよりネットワーク速度が速いので、5G基地局の電波の強度も4G基地局より高いに違いない、よって5G基地局の放射能は4G基地局よりも強くなると考える人もいる。 事実ははたしてそうなのだろうか。 貴州移動ビッグデータ分公司の李文華社長は、「実際には、そういった考え方は誤解であり、2G基地局から5G基地局に至る間に、実は放射能はますます弱くなっている。 中国移動(チャイナモバイル)の場合、4G時代には、大型基地局の仕事率は40ワット、小型基地局なら20ワットだったが、5G技術に基づくミクロセル型基地局はわずか10ワット、ピコセル型基地局はさらに小さく250ミリワットにとどまる。 ビームフォーミングを経て、5G基地局がアンテナ出力ポートに分配する時の仕事率は4ワットしかないのに対して、家庭用照明器具1台あたりの仕事率は15-40ワットになる」と説明する。 李社長によると、「5Gネットワークの速度向上は、5G基地局の発射の仕事率を強めて得られたものではなく、帯域幅の拡大、電波干渉への抑制力と受信感度の向上によって総合的に得られたものだ」という。 もちろん、基地局の放射能は客観的に存在している。 しかし5G基地局と4G基地局と発射の仕事率の標準は同じで、国家標準は「1平方センチメートルあたり40ミリワット以下」だ。 この放射能は家電に比べれば微々たるものであり、ドライヤーや電磁調理器の使用時の放射能にも及ばない。 加えて、通信キャリアは基地局を設置する際、電波の重ね合わせの問題を考慮しており、実際の発射の周波数は国家基準を大幅に下回る。 5G基地局が密集していれば、携帯電話はよりスムーズに基地局から発射された電波を受信できるようになり、電波の状態がよければよいほど、ユーザーが実際に浴びる放射能は弱くなる。 5Gネットワークは周波数帯が高い一方、基地局のカバー範囲が相対的に小さいため、5Gの高速とカバー範囲の広さというニーズを保証しようとすれば、基地局の数は4Gよりもかなり多くなる。 今後、5G電波は遠く隔たった信号塔ではなく、身近にある街路灯や電柱に設置された超小型基地局が伝えることになる。 中国の国家標準は厳格で、放射能の健康被害を心配する必要はまったくない。 ネットには「5G電波は人体に影響がある」との声があふれる。 「5Gは心臓のリズムを乱し、遺伝子発現が変化し、ひどい場合はDNAを損ない、がんを引き起こす」というのだ。 しかし実際はこうだ。 無線エネルギーが電磁波となって空間を伝わると、電磁放射が起こる。 電磁波には天然のものと人工のものと2種類あり、大きなものでは稲妻や落雷、太陽活動など、小さなものでは電子レンジやテレビなどで電磁波が発生する。 現代人は毎日いろいろな電磁波にさらされた環境の中にいるのであり、基地局と携帯電話の電波はその中の一部に過ぎない。 1996年に世界保健機関(WHO)は「国際電磁界(EMF)プロジェクト」を制定し、人体が長らく超低周波の電場・磁場にさらされた場合に健康被害があるかどうかの調査をスタートし、中国も調査に参加した。 2008年に発表された最終的な評価の結果と提言によると、これまでの研究では、組織の発熱を引き起こす限界値よりも強度が低い電場・磁場に接触して、健康被害を起こすことを証明する一致した証拠の存在は確認されなかったという。 米国食品医薬品局(FDA)は18年に出した声明の中で、「現在、携帯電話の無線周波数は安全制限内にあり、人々の健康にそれほど大きな影響はない」と指摘した。 現在、中国の通信基地局で使用する周波数は基本的に500MHzから5GHzの範囲内にあり、海外でキャリアに割り当てる周波数はすでにミリ波レベルに達しつつあり、30GHzを超えている。 500MHzでも30GHzでも、マイクロ波の範囲内で、放射能の健康への影響を懸念する必要はまったくない。 李社長は、「人々が注意するべきなのは有害な放射能であって、放射能それ自体ではない」と指摘する。

次の

5G報道で何が報じられていないのか?絶対の禁句「電磁波」による人体影響への懸念

5g 健康 被害

もくじ• 5Gの電波が人体に悪影響をもたらすと話題に そもそも5Gの電波が人体に悪影響をもたらすと話題になったのはなぜなのか? まずはそこからたどっていきましょう! ことの発端は2018年に遡り、 オランダで5Gの実験を行ったのと同時にアンテナ塔から数百メートル離れた公園にてムクドリが297羽死亡したことがFacebookで拡散されました。 死体を解剖したところ、やせ細った様子や疾患が見られなかったため、 何か外的要因があったのではないかという推測から5Gの実験に白羽の矢が立ったというわけです。 また、 オランダだけではなく、こういった事象はオランダだけではなく、ノルウェーやスウェーデン、オーストラリアやアメリカでも起きているとのこと。 このように動物たちに異変が起きたことから、5Gは 「人体に悪影響を与える」 と捉えられ話題になっているのです。 はたしてこの話は本当なのでしょうか? 専門家が発信している論文をもとに確認をしていきましょう。 5Gの電波が健康被害を与えるのは嘘?根拠を論文などで調べてみた まず疑問に持たなければならないのは、疾患が見られなかったからといって 「5Gのせいだ!」 と決めつけて良いのだろうかという点です。 極端な例を挙げるのであれば、ムクドリが297羽亡くなった近辺で、5Gの実験ではなく大音量のイベントが行われていたとします。 そこでムクドリが死亡した場合 「大音量のイベントをしていたからムクドリが亡くなったんだ」 「大音量は人体に有害である」 とするのでしょうか? 大音量のイベントではなくとも 「老朽化したビルを壊す工事をしていた」 「近隣で集団がラジオ体操をしていた」 など何でも良いでしょう。 つまるところ、 ムクドリの死亡について原因が分からないので「とりあえず5Gの実験のせいだ」と根拠のない紐付けをしているのです。 いかに無理矢理こじつけようとしているのかを物語っている話をもう一つしましょう。 このムクドリの死亡ですが、話を聞いているといかにも 「実験をした瞬間ムクドリが死亡したように」聞こえます。 ところが実際のところ、ムクドリが死亡したのは実験の数ヵ月後なのです。 5Gの実験以降、ムクドリ1羽1羽の行動を観測していて、死亡の原因となる事象が5Gしか考えられないのであれば少しは理解が及ぶところでしょう。 そもそも実験時にアンテナ塔の近くにいたムクドリと、死亡したムクドリは同じなのかも検証のしようがないのです。 5Gは人体に大きな悪影響はない! 5Gの実現のためには、現在のアンテナ塔よりもさらに数を増やさなければなりません。 それこそ住宅地を含めいたるところに建設されます。 こうした 設備は従来の4Gよりも高い周波数の電波を発するため懸念されているのですが、各論文では人体に大きな影響は与えないと言われています。 「大きな影響はない」 というのは 「電波自体は人体に影響はあるが健康被害が確認されていない」 ということを指しています。 つまり、 電波自体が人体に影響があることは事実ですが、それによって健康を害する事実はないということです。 参考: 電波が人体に及ぼす影響は以下のようなものがあります。 刺激作用 「ピリピリ」「チクチク」と感じるものですが、高周波になるほど感じにくくなります。 ㈪熱作用 人体の体温を上昇させる作用のことを指し、長時間における体温上昇は健康に悪影響を与えますが、スマホのような端末でそれほどの上昇をさせることはありません。 非熱作用 遺伝子や細胞を損傷させる懸念が持たれていますが、実際にそれらを引き起こす確証は持たれていません。 このように、電波による人体への影響はあるものの、健康被害をもたらす証拠は現時点で提示されていないのです。 そのため現時点においては、5Gによる健康被害も確認されていないと言えます。 まとめ かつて、4Gのサービス開始前においても「ガンになる」といった人体への悪影響が懸念されていましたが、実際導入された2010年以降に 「4Gのせいでガンになった」という話題は一切耳にしません。 ガン患者や死亡数は年々増加傾向にありますが、 増加傾向の主な原因は「高齢化」に比例していると言われています。 人体に悪影響を与える放射線やPCのブルーライトなどのの存在と同様のイメージをしてしまい、「5Gのミリ波が人体に悪影響を与える」と思いこんでしまっているのかもしれません。 現代はモバイル端末やPCなどの普及により、昔と比べ電波の飛び交う量は圧倒的に増えていますが人の平均寿命も伸びてきています。 もちろん医療技術の進歩という背景もありますが、5Gによる健康被害という問題を考えた際にこれは無視できないでしょう。 しかしながら、 その一方で電波が人体に影響があることも事実ではあります。 現時点では 「健康被害はない」とされていますが、あくまで「現時点」での話です。 自分自身の情報に対するアンテナをしっかりと立て、根拠のない情報に踊らされないようにすることが何より大事なのかもしれませんね。

次の

5Gを手放しで歓迎するのは日本だけ? 世界が危惧する電磁波とプライバシー問題

5g 健康 被害

>5Gは健康被害があるとネットで見ましたが 1つもまともに根拠がある話はありません。 多分、その話は次のどちらかではないでしょうか。 ・アメリカのサクラメント市で消防団員が頭痛などを訴えたという報道があった。 まず、これはそもそもとして「その報道があった資料」が1つも確認できない話でした。 そして、そういうことを踏まえて海外で調査が行われた結果、「海外で有名なフェイクニュースサイト」によるものであることが確認されています。 確かに携帯電話についての資料がサクラメント市によって公開されていたことはありました。 ただし、それは「今よりずっと強い2G回線」に関する資料であり、何よりもこのフェイクニュースが書かれた当初はそもそも「5Gのテストどころか設備の設置すら行っていなかった」ものです。 ・鳥の大量死が起きた これも、オランダのハーグ市で起きたムクドリの大量死が起きたことそのものは事実です。 なのにこの話は「電磁波によって心臓が止まった」というように書いています。 こちらも海外で調査が行われ「フェイクニュースである」と断じられています。 少なくとも、5Gの電磁波そのものは既にICNIRPという国際的に電磁波の影響を調査して、世界中で現在も使用されているガイドラインを定める組織が調査を行ってきたデータが存在します。 携帯電話レベルでの大規模運用についてはさすがにデータは少ないですが、そちらを踏まえて規制値は存在していますし、それを考慮した新たなガイドラインも制定されます。 個人的な観点から言えば、5Gは周波数が高く、障害物を回り込みにくくなるために有効な通信距離が短くなります。 よって、基地局との距離が近くなるため、「電磁波を高出力で発信する必要性」が大きく下がるので、影響という意味では今よりもむしろ下がるのではないかと思われます。

次の