無印 色鉛筆。 【最新版】色鉛筆のおすすめ10選!選び方のポイントもあわせて紹介

無印良品の色鉛筆がおすすめ!絶対買うべき理由とは?

無印 色鉛筆

時間 Fri Nov 18 21:19:15 2016 大家好,我在文具版已潛水多年, 第一次在文具版po文,好緊張~ 以下分享我的書桌風景及愛用文具。 無音樂網誌好讀版: 文字簡單版 ------------------------------------------------- 以前大學回到宿舍,一打開電腦,每天必逛批踢踢的文具板、es板兩個生火大版, 其中最喜歡在文具版看別人分享的主題就是買了什麼文具手帳、 還有如何收納整理這些哩哩叩叩的小東西們。 從大學宿舍裡小小的書桌、出社會投入職場的辦公桌, 一直到現在小窩日日使用的無印書桌, 我常常花好多時間,搜尋參考別人家的文具風景(也順便看有什麼新的文具好物) 然後自己再花一下午去採購和整理書桌。 看著喜歡的文具整齊地躺在抽屜裡,就覺得療癒心安 ; 或是寫手帳時,打開抽屜看到排排站好的紙膠帶和色筆們,就莫名覺得心情好。 關於書桌, 我最喜歡的風格就是簡潔清爽的無印風, 而我夢想中的書桌風景就是博客來網頁裡的文具風景系列(網址: 這個網頁我應該看了不下數百次。 本來就很好喜歡好喜歡無印的我, 看到別人如何用同樣的文具創造自己風格的書桌風景, 真的好過癮! 接下來,和大家分享我的無印風書桌風景吧~ 首先,書桌是在MUJI買的,簡單的原木設計,百看不膩。 書桌有兩個淺抽屜,一大一小。 椅子是房東附的,就非常的一般。 牆上掛的月曆紀錄重要活動,水杯和杯墊也是MUJI, 2017年曆選擇了無印黑色封面,左邊的筆電是另一半的。 目前是住在英國倫敦,預計會在這裏短居三年, 因為行李空間有限,只帶來一小部分的文具。 當初要搬來英國時,有個關於文具的小故事: 之前看很多人分享英國的文具店選擇很少, 所以留學生行李箱一定要帶必要的文具, 我自然馬上準備了一個小紙盒裝好我的''必需''用品, 但到機場時才發現我們的托運行李超重, 只好在機場大廳打開我們的行李箱, 把裡面的一些東西拿出來寄回家, 就在猶豫到底要割捨什麼時, 我一直刻意忽略我的那盒文具, 直到另一半終於發現問我那個小箱子是什麼時, 我當下直覺反應竟然是呼弄他是一些生活用品(老公~對不起拉), 直到來這裡好幾個月, 另一半才發現我的抽屜裡的紙膠帶、色鉛筆和印章組, 另一半:我怎麼都沒發現你有帶這些東西來!難怪我們的行李會超重... 噗!即使超重也硬是要帶文具來英國! 回歸正題,看看我的抽屜俯視圖。 來看看右邊的小抽屜裝了什麼吧, 都是寫手帳需要的道具們, 紙膠帶以基本款的單色居多,還有各種色筆: Faber-Castell的24色鉛筆、MUJI的雙頭彩色筆、 美國的sharpie萬能筆(這個其實可以來歐洲再買,可以說是歐洲版的雄獅 ,到處都買得到) 省力釘書機、立可帶、口紅膠等。 SHAPIE是寫紙膠帶的好幫手, MUJI的色鉛筆和色筆超好用,但圓桶色鉛筆我沒帶來。 再來左邊的抽屜比較雜七雜八, 左上是印章組、右上角盒子放的是隨身碟和票根、 左下是筆記本們、右下是可以帶出門的鉛筆盒、兩條護手霜。 一字排開七本筆記本,由上到下: 另一半參加研討會拿的橫條筆記本、買了很久的TN手帳、 買衣服送的自填日期的那種年曆手帳、另一半參加會議送的、 2016 craftholic 手帳、英國買的便條紙、2017MUJI年曆手帳。 我的隨身鉛筆盒是全家集點買的超可愛craftholic條紋熊,至今仍好喜歡 ; 裡面有3隻3色筆、兩支自動筆和我超喜歡的uni黑色0. cc , 來自: 86. 175. 175.

次の

無印良品の色鉛筆がおすすめ!絶対買うべき理由とは?

無印 色鉛筆

無印良品らしくシンプル! 無印良品に色鉛筆があるのをご存知ですか? 無印良品らしいシンプルな紙管ケースに入っています。 色鉛筆は軸木に色をつけないで、木の質感を生かした無塗装仕上げになっています。 素朴な木の感触がとってもいいです。 私が買ったのは、 36色入りで税込 1,260円。 (色鉛筆の直径7. 5mm、長さ176mm) 1本あたり35円なので、 なかなかのコスパではないでしょうか!? 他にも• 60色入り 税込2,100円(色鉛筆の直径7. 5mm、長さ176mm)• ハーフサイズ36色入り 税込 840円(色鉛筆の直径7. 5mm、長さ88mm)• 12色入り 税込42 0円(色鉛筆の直径7. 5mm、長さ176mm) のラインナップがあります。 ハーフサイズは鉛筆の長さが半分なので、お試し使いや持ち歩きに便利ですね。 どんな色が入っているの? 36本入りは以下の色が入っています。

次の

【最新版】色鉛筆のおすすめ10選!選び方のポイントもあわせて紹介

無印 色鉛筆

色鉛筆は子供のお絵描きだけでなく、大人の塗り絵やプロのイラストレーターなどにも広く使われている文房具です。 鉛筆の代表的なメーカーだけでなく、高級品まで各メーカーから様々な種類のものが販売されています。 定番の12色から36色、あるいは500色といった多彩なものや、水彩画のようなイラストも描ける水性色鉛筆もあります。 どれを選んだらいいか迷う人も多いかもしれません。 色鉛筆の選び方やおすすめを紹介しますので、参考にしてみてください。 色鉛筆は使いやすさと用途によって選ぼう 色鉛筆の選び方は、どんな用途に使うかによって異なります。 選ぶ際のポイントになるのは、油性と水性の種類の違い、色の数、メーカーや値段、芯の硬さなどです。 硬さによって発色や伸びの良さが変わりますが、筆圧や塗り方で変わるので使いやすいものを選ぶのがポイントです。 セットになっているとなかなかお試しできませんが、ばら売りしているメーカーのものであれば1本試しに買ってみるのもおすすめです。 詳しい選び方のポイントを紹介します。 油性と水性の違いで選ぶ 色鉛筆には油性と水性の2種類があります。 油性色鉛筆は発色が良く、子供の塗り絵から本格的なプロのイラストまで、幅広い分野で使うことができます。 一方の水性色鉛筆は、水に溶けるためぼかしや混色などが簡単にできます。 特殊なテクニックを駆使してイラストを描けるので、上級者向けの色鉛筆です。 水性色鉛筆は水を使って簡単にぼかしやグラデーションが付けられますが、油性色鉛筆でも色鉛筆用のぼかし液を利用して色をぼかすことも可能です。 汎用性が高い油性の色鉛筆は、どんなときにでも利用できます。 一方の水性色鉛筆は水を使わなければ油性色鉛筆と変わりないので、水彩画のような絵を描きたいときにおすすめです。 色の数で選ぶ 一般的な色鉛筆のセットは12色であることが多いです。 24色や36色セット、多い物であれば500色もあるセットも販売されています。 文具店であれば、ばら売りで1本ずつ販売していることもあります。 色の数が多ければ多いほど、微妙な色の違いを表現しやすくなります。 色の数が少なくても、ぼかしのテクニックや重ね塗りなどによっては、様々な色の表現が可能です。 色の数が増えると価格も高くなるため、コストと用途やレベルによって選びます。 趣味の塗り絵や、子供のお絵描きに利用するには少ない色のセットで充分でしょう。 プロのイラスト描きや、微妙な色の違いを出したいときには36色ほどあると便利です。 使いやすさで選ぶ 筆圧によって描きやすい硬さは異なります。 柔らかい方が好みの人もいれば、硬い方が好みな人もいます。 一般的に硬めの方は発色が薄く線画や細かな部分の描写に向いています。 柔らかいものは発色が良く、伸びやすいために広い範囲を塗る場合に適しています。 色鉛筆はなかなか試し書きができるようにはなっていませんので、硬さは分かりにくいです。 もしも気になっているメーカーのものがあり、バラ売りをしているようであれば1本試しに購入して使ってみるのもおすすめです。 せっかくセットで買ったのに、使いにくくて失敗したということが無いようにしましょう。 メーカーで選ぶ 日本のメーカーと海外のメーカーによっても選ぶことができます。 日本のメーカーは日本人の一般的な筆圧にマッチした色鉛筆なので、初心者や何を選ぶと良いか困ったときにはおすすめです。 トンボ鉛筆と三菱鉛筆が日本メーカーとして有名で、とてもリーズナブルな価格のセットがあります。 海外メーカーは日本のメーカーに比べて柔らかめな芯のため、幅広い面積を塗るのに適しています。 高級品も多いため、初心者よりもプロ向きです。 コストで選ぶ 色鉛筆は100均でも販売されています。 お試しに使いたい人や、これから趣味として塗り絵やイラストを描きたい人にとってはおすすめです。 どうせやるなら最初から高級品で塗りたい人もいるでしょうし、100均の色鉛筆が一番書きやすいという人もいるでしょう。 最終的な判断は、コストパフォーマンスによって決めることが多いのではないでしょうか。 おすすめの色鉛筆10選! ここからはおすすめの色鉛筆を紹介します。 色鉛筆を選ぶときの参考にしてみてください。 色鉛筆は子供の塗り絵やお絵かきから、プロのイラストレーターまで幅広い用途で使われています。 コストパフォーマンスが高い商品を中心にして、初めて塗り絵を始めてみようと思う人向けにおすすめを紹介します。 最初はコストパフォーマンスで、慣れてきたら書きやすさや色彩の出しやすさで選ぶのがベストでしょう。 トンボ(Tombow• 色鉛筆NQ12色• 税込み558円• コスパの高さが魅力のロングセラー色鉛筆• 発色の鮮やかさ、書き心地の滑らかさが良いトンボの色鉛筆です。 黄色や赤、緑等使いやすい色が12色入った大人にも子どもにもおすすめな色鉛筆です。 基本色のみの12色セットですが、シンプルな構成で使いやすいです。 日本を代表するロングセラーの色鉛筆であり、子供の塗り絵や学校の準備品としてコスパも高くおすすめです。 鉛筆の先端を押せば持ち上がり、簡単に取り出せるので子供に使いやすいのもポイントです。 発色の良さと重ね塗りのしやすさによって12色でも、様々色彩を出すことができます。 ワンランク上のテクニックを駆使したイラストに挑戦するにも最適。 初心者から上級者までにおすすめのセットです。 FABER-CASTELL• 水彩色鉛筆平缶36色セット• 税込み1,500円• 水彩初心者におすすめ• 普通の色鉛筆としても使えますし、水でなぞって水彩画のような表現を楽しむこともできる色鉛筆36色セットです。 普通の色鉛筆としても使える水性色鉛筆です。 ファーバーカステルは海外の画材メーカーとして有名であり、プロ仕様の色鉛筆として世界中のアーティストに支持されているシリーズもあります。 このセットはリーズナブルな価格で、初めての水性色鉛筆を試すのにおすすめです。 柔らかめの硬さが発色よく塗りやすく塗り絵にも向いています。 芯が折れにくく描きやすい点や、ムラなく塗ることができるので子供にもおすすめです。 トンボ(Tombow• 色鉛筆NQ36色• 税込み1,573円• コスパ抜群の色鉛筆36色• トンボ鉛筆のロングセラー色鉛筆の36色セットです。 滑らかなでスルスルと描くことのできる人気の色鉛筆です。 トンボ鉛筆の色鉛筆は定番中の定番で、馴染み深く使ったことのある人が多い商品でしょう。 こちらは36色セットですが、購入しやすいリーズナブルな価格な点も魅力です。 子供から大人まで幅広い用途でおすすめです。 鮮やかな発色と優れた定着性、滑らかな書き心地がポイントです。 重ね塗りも得意であり、36色セットであることとあわさって様々な色彩を表現することができます。 単色売りもしていますので、よく使う色は後から買い足すこともできます。 何を選んだらよいか迷ったらこちらを選んでみてはいかがでしょう。 FABER-CASTELL• ポリクロモス色鉛筆36色缶入• 税込み8,709円• プロ仕様の色鉛筆• 色彩が鮮やかで、高品質が高いことから芸術家にも愛される色鉛筆です。 描き味がなめらかな油性色鉛筆です。 ファーバーカステルの「ポリクロモス」は世界中のアーティストから支持されているプロ仕様の色鉛筆です。 顔料の含有量が多いため鮮やかな色調を出すことができ、紙だけでなくガラスや木材、布など描く素材を選びません。 どんなものにも描けるので、アーティストにはうってつけの色鉛筆です。 芯が太いため折れにくく、濃く描きたいときにも鮮やかな色を出したいときも自由自在に描くことができます。 芯を鋭く研ぐことで細かい線もしっかり描けます。 柔らかめの芯で重ね塗りも得意です。 定着性も良く劣化もしにくいので長く保存できるのもポイントです。 FABER-CASTELL• アルブレヒトデューラ水彩色鉛筆24本• 税込み5,541円• アーティストにおすすめ!色鉛筆セット• ドイツの有名な画家の名前が付けられた水性色鉛筆です。 水でぼかして水彩画のようなタッチを楽しむことが出来ます。 ファーバーカステルの「ポリクロモス」が油性色鉛筆のプロ仕様ならば、「アルブレヒトデューラ」は水性色鉛筆のプロ仕様です。 アーティストが求めるような色彩を豊かに表現することが可能です。 色を塗り、影を作り、まるで水彩画のような表現も可能にします。 芯を細く削れば繊細な表現ができ、太めに削れば大胆に塗りつぶすこともできます。 使用する用紙によっては色の粒子が綺麗に紙と馴染み、乾けば色が定着して重ね塗りもできるようになります。 アーティストだけでなく、水彩画を気軽に描きたい人にとってもおすすめの色鉛筆です。 ステッドラー• ノリスクラブ36色144ND36P• 税込み1,073円• 6角軸で折れにくいのが特徴• 転がりにくく、折れにくい6角軸の色鉛筆です。 お子さんにもおすすめなドイツの老舗メーカーステッドラーの製品です。 ステッドラーは世界のトップ筆記具メーカーです。 ステッドラーの色鉛筆は、何といっても6角軸が特徴です。 持ちやすく転がりにくいので、使いやすい色鉛筆です。 折れにくく滑らかな書き心地が良く、それでいてリーズナブルな価格なので子供や初めて色鉛筆を使うという人にもおすすめです。 ヨーロッパの安全基準を満たしていて、安心して使うことができます。 芯折れ防止加工がされていて筆圧の調整が苦手な人でも、描きやすいです。 三菱鉛筆• 色鉛筆880級36色• 税込み1,500円• 子供から大人まで!日本の定番三菱鉛筆• なじみ深い三菱鉛筆の36色色鉛筆です。 しっかりとした作りで折れにくく、子どもから大人まで幅広く使えます。 三菱鉛筆の色鉛筆は飽きがこないシンプルなデザインと用途に合わせたカラーバリエーションが人気のポイントです。 国内で普及している数も多く、ばら売りもしているので安心して使うことができます。 美しい発色がウリできれいに塗ることができますが、何色も重ねて塗るのには向いていません。 発色の良さを求める人にはおすすめの色鉛筆です。 滑らかな書き心地が子供から大人まで、幅広い年齢層に支持されています。 長い間安心して使われてきた色鉛筆でもあり、代々祖父母から両親へ両親から子供へ、さらに孫の世代にまで受け継いで使用されているご家族もいるかもしれません。 ターレンスジャパン• ヴァンゴッホ色鉛筆36色• 税込み5,251円• 色褪せに強い色鉛筆• 耐光性に優れた伸びの良い色鉛筆です。 中身だけでなく、パッケージに描かれたゴッホが特徴的で素敵なセットです。 せっかく描いた絵も時間の経過とともに色褪せていくのは、悲しいことです。 ヴァンゴッホの色鉛筆は耐光性に優れているので、色褪せしにくいです。 それでいながら顔料が多く含まれていて芯が柔らかく、色の伸びや発色も良くて描き心地は抜群です。 繊細な細い線も描きやすく、力強い太い線も筆圧を変えることで簡単に描くことができます。 色が混じって濁る事が無いので、重ね塗りも可能です。 描き心地はよく疲れにくいのですが、芯が折れやすいという欠点を持っています。 世界の幅広い世代に愛されている色鉛筆で、大人から子供まであらゆる世代におすすめです。 ホルベイン画材• 色鉛筆36色セット• 税込み6,652円• プロの職場で大活躍• 発色の良さ、芯の柔らかさ、描き心地のなめらかさを兼ね備えた色鉛筆です。 油性鉛筆ですが、専用のボカシ液を使うことで絵の具のようなタッチを表現することもできます。 ホルベインの色鉛筆は、きめ細やかな顔料を使い柔らかい芯に加工していてプロのアーティストの高度な要求を満たすように調整されています。 手を汚すことなく、素早く色を塗る作業に向いています。 重ね塗りによって微妙な色合いを出すことができ、一般的な色鉛筆よりも芯が太いので幅広いスペースに色を塗るのも簡単です。 油性の色鉛筆でありながら、専用のぼかし液を使うことで水彩画風の絵を描くこともできます。 色鉛筆としては高額な部類ですが、時間経過による色の変色も少ないのでプロのアーティストにおすすめです。 色鉛筆は使用感が人それぞれ.

次の