ガク アジサイ 品種。 ガクアジサイとアジサイの違いとは

アジサイの種類と人気品種、上手な育て方と剪定のしかた、さらに花言葉まで詳しくご紹介!

ガク アジサイ 品種

【特集】初夏を彩るヤマアジサイ特集 ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)は福島県から四国・九州に分布する落葉低木で、花の咲き方は中心部に小さな花が集まって咲き、 その周りを花弁状のガクである「装飾花」が取り囲むように咲きます。 同じ咲き方のガクアジサイ Hydrangea macrophylla f. nomalis よりも花が小さく小型で、 庭植えはもちろん、鉢植えや盆栽、寄せ植えなどに向くため山野草愛好家に親しまれ、様々な銘品が生み出されています。 今回はこれからの時期活躍するヤマアジサイの楽しみ方特集です。 ヤマアジサイと、その他の小型アジサイを特集しました。 アジサイの花色はみんな土質で変わる? 〜花色の変わりにくい品種〜 一般に「アジサイ」として流通している手まり咲きのアジサイは、ガクアジサイ Hydrangea macrophylla f. nomalis の装飾花が手まり状に変化した品種が西洋に渡って改良され、 日本に逆輸入され、更に品種改良されて色や形が、「セイヨウアジサイ」と呼ばれています。 セイヨウアジサイは土質が酸性だと青味が強く、アルカリ性だと赤味が強く発色する性質を持つことを上手く利用して、美しい花色に調整されて鉢花として流通します。 ですが、お庭に植えると、お庭の土質によって花色が変わり、次の年には「こんな色じゃなかった…」とがっかりすることも。 ヤマアジサイは、土質に左右されず花色が固定したものが多いので(中には色の変わるものもありますが)お庭に植えてもイメージをそのままに楽しむことが出来るのも魅力で、 その代表格は「クレナイ」。 白く咲き始め、咲き進むごとに真紅に変わる花色は文句なしの赤花品です。 「藍姫(あいひめ)」 「藍姫(あいひめ)」は、赤紫から目の醒めるような藍色に変わる品種です(こちらは土質により色の出かたには多少変化があります)。 700円 税抜 意外に簡単!ヤマアジサイの手入れ セイヨウアジサイは花後に剪定しないと花付が悪くなってしまったり大きくなりすぎてしまうので1〜2年に一度剪定するのが一般的ですが、 ヤマアジサイはあまり大きくならず、剪定しなくても花付きが良いため、基本的には花柄を摘むだけで剪定はしなくてもOK。 剪定は伸びてきて樹形が悪くなってきたときにする程度で良く、手間もかかりません。 剪定するときには、セイヨウアジサイと同じで、枝分かれした部分から2、3節残して剪定します。 剪定時期は、花後すぐに切るのがポイント。 遅くなると花芽になった部分を切ってしまうことがあり来年の花付きが悪くなります。 寄せ植えにすると素敵 〜葉の小さい品種〜 ヤマアジサイは葉や花が小さく楚々としたタイプが多いので、寄せ植えや小鉢に植えて一点飾りにするなど、 山野草としての魅力がたくさん。 ここでは、小鉢植えに映える小型の品種を紹介します。 小さな鉢に植えたときの注意点は、夏場の水枯れしやすいためにこまめに水遣りをすることが必要です。 夏場は受け皿に水を張り、腰水にして栽培するのもおすすめです。 「虹(にじ)」 「虹」は装飾花の外側が青内側に向かって紅色がかる複色花です。 葉・茎は線が細く可憐なイメージ。 愛媛県産。 600円 税抜 積雪の少ない地域におすすめ 〜寒さに強い品種〜 アジサイはもともと積雪の多い地方の植物なので、冬場雪に枝の先まですっぽり埋もれてしまう地域では問題ありませんが、 積雪の少ない寒冷地では、秋に出来た花芽が冬の寒風や「しばれ」によって傷んでしまい、春には葉しか出てこないことが良くあるので、 毎年上手に咲かせるためには「むろ」に入れて保護してやるなどの冬越し対策が必要になります。 そこで今回は、冬の間無加温のハウス(枝は雪に覆われず保護されない状態で、気温は-10度位になります)で花芽が春までもつか実験してみました。 実験に耐えぬいた比較的しばれに強い品種群はこちらです!.

次の

アジサイの種類と人気品種はどれ?魅惑の新種は万華鏡と銀河

ガク アジサイ 品種

【特集】初夏を彩るヤマアジサイ特集 ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)は福島県から四国・九州に分布する落葉低木で、花の咲き方は中心部に小さな花が集まって咲き、 その周りを花弁状のガクである「装飾花」が取り囲むように咲きます。 同じ咲き方のガクアジサイ Hydrangea macrophylla f. nomalis よりも花が小さく小型で、 庭植えはもちろん、鉢植えや盆栽、寄せ植えなどに向くため山野草愛好家に親しまれ、様々な銘品が生み出されています。 今回はこれからの時期活躍するヤマアジサイの楽しみ方特集です。 ヤマアジサイと、その他の小型アジサイを特集しました。 アジサイの花色はみんな土質で変わる? 〜花色の変わりにくい品種〜 一般に「アジサイ」として流通している手まり咲きのアジサイは、ガクアジサイ Hydrangea macrophylla f. nomalis の装飾花が手まり状に変化した品種が西洋に渡って改良され、 日本に逆輸入され、更に品種改良されて色や形が、「セイヨウアジサイ」と呼ばれています。 セイヨウアジサイは土質が酸性だと青味が強く、アルカリ性だと赤味が強く発色する性質を持つことを上手く利用して、美しい花色に調整されて鉢花として流通します。 ですが、お庭に植えると、お庭の土質によって花色が変わり、次の年には「こんな色じゃなかった…」とがっかりすることも。 ヤマアジサイは、土質に左右されず花色が固定したものが多いので(中には色の変わるものもありますが)お庭に植えてもイメージをそのままに楽しむことが出来るのも魅力で、 その代表格は「クレナイ」。 白く咲き始め、咲き進むごとに真紅に変わる花色は文句なしの赤花品です。 「藍姫(あいひめ)」 「藍姫(あいひめ)」は、赤紫から目の醒めるような藍色に変わる品種です(こちらは土質により色の出かたには多少変化があります)。 700円 税抜 意外に簡単!ヤマアジサイの手入れ セイヨウアジサイは花後に剪定しないと花付が悪くなってしまったり大きくなりすぎてしまうので1〜2年に一度剪定するのが一般的ですが、 ヤマアジサイはあまり大きくならず、剪定しなくても花付きが良いため、基本的には花柄を摘むだけで剪定はしなくてもOK。 剪定は伸びてきて樹形が悪くなってきたときにする程度で良く、手間もかかりません。 剪定するときには、セイヨウアジサイと同じで、枝分かれした部分から2、3節残して剪定します。 剪定時期は、花後すぐに切るのがポイント。 遅くなると花芽になった部分を切ってしまうことがあり来年の花付きが悪くなります。 寄せ植えにすると素敵 〜葉の小さい品種〜 ヤマアジサイは葉や花が小さく楚々としたタイプが多いので、寄せ植えや小鉢に植えて一点飾りにするなど、 山野草としての魅力がたくさん。 ここでは、小鉢植えに映える小型の品種を紹介します。 小さな鉢に植えたときの注意点は、夏場の水枯れしやすいためにこまめに水遣りをすることが必要です。 夏場は受け皿に水を張り、腰水にして栽培するのもおすすめです。 「虹(にじ)」 「虹」は装飾花の外側が青内側に向かって紅色がかる複色花です。 葉・茎は線が細く可憐なイメージ。 愛媛県産。 600円 税抜 積雪の少ない地域におすすめ 〜寒さに強い品種〜 アジサイはもともと積雪の多い地方の植物なので、冬場雪に枝の先まですっぽり埋もれてしまう地域では問題ありませんが、 積雪の少ない寒冷地では、秋に出来た花芽が冬の寒風や「しばれ」によって傷んでしまい、春には葉しか出てこないことが良くあるので、 毎年上手に咲かせるためには「むろ」に入れて保護してやるなどの冬越し対策が必要になります。 そこで今回は、冬の間無加温のハウス(枝は雪に覆われず保護されない状態で、気温は-10度位になります)で花芽が春までもつか実験してみました。 実験に耐えぬいた比較的しばれに強い品種群はこちらです!.

次の

樹木シリーズ36 アジサイ 、ガクアジサイ、ヤマアジサイ

ガク アジサイ 品種

とってもきれいな変わり咲き、珍しいあじさいの花 紫陽花(アジサイ)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木。 花の開花時期は5~7月。 世界中で品種改良がなされて、今では世界中に2000種類もの品種があるともいわれています。 紫陽花(アジサイ)は、育て方も容易です。 基本的には水やりさえ忘れなければ、きちんと花を付けてくれます。 挿し木で簡単に増やすことも出来ます。 泉鳥(いずみどり) 『 泉鳥(いずみどり)』細弁の八重咲き・半てまり咲き大輪花。 加茂花菖蒲園さんによって八丈千鳥を基にして露地植えにも向くアジサイとして改良された品種。 全体的に華やかでとても綺麗です。 一瞬黄色のアジサイも咲くのかと思ってしまいました。 花びらは少し先端がとがって反り返っていて、すっきりとしてシャープが感じがします。 湖畔を泳ぐ白鳥のようなイメージだそう。 中央の青い両性花を「湖」、白い八重咲きの装飾花を「水鳥」に見立てて、 泉鳥という名前が付いたそうです。 カメレオン 『 カメレオン』名前の通り、日を追うごとに色の変化を楽しめる秋色アジサイ。 株ごと、年ごと、日ごとに表情が変わるそうです。 ゆるく波打ってる花びらが特徴的、 ふわふわとしてファンシーな雰囲気があるアジサイ。 装飾花は、丸みを帯びた大きめの花弁が4枚~5枚つく一重咲き。 中央の両性花は、小さなお菓子みたいでとっても可愛い。 パステルカラーの色とりどりです。 ティンカーベル 『 ティンカーベル』細弁の白覆輪の八重咲。 ピンク~ブルーの花を咲かせる、加茂花菖蒲園が改良したガクタイプのアジサイです。 装飾花が多くて半テマリのようも見えます。 両性花が開花する前 華やかで、ボリューム感があるアジサイ。 この品種は冬の寒さと乾燥に強く、丈夫で生育旺盛だそうです。 ポップコーン 『 ポップコーン』名前の通りポップコーンがはじけたように先が丸まったウズアジサイタイプのかわいい花。 花弁の縁がくるくるて内側に巻きこんでいます。 「おたふく紫陽花」とも呼ばれてる一重咲きのテマリ咲きタイプ。 色づく前は、こんな感じです。 赤紫がとても綺麗です。 葉の色も濃くしっかりしています。 花色は、土の酸性度によって青~ピンク色になるそうですよ。 モナリザ 『 モナリザ』花はやや小型、花弁の縁に刻みが入る白覆輪のテマリ咲き、 花弁が4枚~5枚の一重咲きです。 加茂花菖蒲園が作出したガクアジサイの品種。 ナデシコ弁がとてもキュートです。 蕾の時もこんなに可愛いです。 酸性が強ければ青紫に、中性なら紫、アルカリ性ならピンク色になるそうです。 ありがとう 『 ありがとう』名前も姿もステキな、花弁の縁に白色の覆輪が入る一重の手まり咲き、 ヤマアジサイと西洋アジサイをミックスしてつくられた品種。 色合いがとても可愛いアジサイですね。 花付きが良く丈夫で強健な品種。 こちらも土壌で色が分かれるタイプ。 酸性が強ければ青に、中性なら薄紫、アルカリ性ならピンク色になるそうです。 特徴のツートンカラーを上手に楽しむ方法は、 午前中の柔らかい日光を十分にあてて育てると花色が濃く色づくため、鮮やかな地色と白覆輪のツートンカラーが楽しめるそうです。 コサージュ 『 コサージュ』半テマリ咲き、八重咲きのガクアジサイ。 愛らしくて確かにコサージュを連想させる雰囲気。 しっかりとした八重咲の花が、上品でゴージャスです。 色合いも美しくしばし見とれてしまいました。 蕾はこんな感じです。 葉も厚みがありしっかりしています。 土の酸度によって色が変わります。 しっかりしていて、育てやすい丈夫な品種。 天を仰いで 『 天を仰いで』両性花が中央に集まって咲く、花弁数が少ない一重咲きのガクアジサイ。 確かに、ぺったんこな平咲きが、天を仰いでる様子のような・・・。 一瞬、ヤマアジサイかと思いましたが違ったようです。 素朴なのに、なんともいえない存在感があるアジサイ。 装飾花は、花弁が4枚です。 葉の色も濃い緑ではありません。 酸性なら紫、アルカリ性ならピンク色になります。 こんぺいとう 『 こんぺいとう』星型の花を咲かせる金平糖のようなかわいい花。 加茂花菖蒲園さん開発品種で白覆輪八重咲きガクアジサイです。 こちらは、白覆輪ではなさそうです。 装飾花の花弁は10枚ほどで、よく目立ちます。 覆輪の幅や色の濃淡は、栽培環境や開花具合によって変わるみたいです。 花色も土壌によりピンク~青紫に変化します。 大島緑花 『 大島緑花』伊豆大島産のとても美しい、一重先きのガクアジサイ。 白筋が入る緑色の装飾花に、濃青色の両性花の組み合わせの珍しい花。 一目みて惚れてしまいました。 両性花が開花しています。 色合いといいい、花の形といい美しすぎです。 なんとも神秘的な感じがする紫陽花です。 その後も観察してみようと思います。 先日頂いた「 銀河」もとても美しい紫陽花です。

次の