ホープ アンド レガシー。 羽生結弦が自らのスケート人生を投影したFS/『Hope & Legacy』

羽生 結弦選手|選手紹介|キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

ホープ アンド レガシー

文=いとうやまね 杜の都の伝承 七北田川は、北西部にそびえる「泉ケ岳」を水源とする。 山中に湧き出す美しい水は、多くの細流と合流しながら蛇行し、西から東へ、やがて仙台湾へと達する。 この川にはいくつかの逸話がある。 その一つが、七北田川の旧名「神降川(かみふりがわ)」、あるいは「冠川(かむりがわ)」にまつわるものだ。 神降(かみふり)の名は、農業の守り神「志波彦(しわひこ)神」がこの地に降りてきたことに由来する。 冠(かむり)については、やはり志波彦神が白馬で川を渡ろうとして石につまずき、頭の冠を川の中に落としてしまったという伝承から来た名前だ。 その志波彦神だが、一説によればスサノオであるとか。 なかなか神さびた土地である。 泉ケ岳は、四季を通じて様々な表情を見せてくれる。 仙台市内の多くの学校が、この山を林間学校に指定しているので、羽生にとっても思い出のある山かもしれない。 広大な山林には、ブナの原生林も残されている。 これら手つかずの自然も、低地に広がる田畑も飲み水も、すべて泉ケ岳が生み出す豊かな水に支えられているのだ。 このことから、泉ケ岳は古来より「水神」を祀る霊山として人々に崇拝されている。 水神……羽生はまさにそんな装いである。 煌めくピアノのアルペジオは、止めどなく溢れ出す湧水を想起させる。 羽生はかすかな音を立てながら、滑走を始める。 生まれたばかりの湧水は、岩の隙間を走りぬけ、時おり四方に砕け散る。 そのしぶきは、大地や草木に潤いをもたらす命の源だ。 緩やかに流れるストリングスは、巨木をぬって吹く風。 目をつむると、そこに二百余年のブナの木が揺れる。 見渡せば、群生する森の花々が、樹間から漏れる陽光に手を伸ばしている。 羽生が光の輪を描く。 森に生まれた七つの泉は、水神の指先が瑠璃色に染めたもの。 底をのぞけば、深い碧に遠いむかしの自分が映し出される。 (流れを止めるな、先に進め) 七つの森を超え、小川はいつしか大河になる。 そして、長い旅路の果てに大海に流れ込むのだ。 やがて海が雲を作り、風が霧を運び、森に恵みの雨をもたらす時、大地はふたたび地中に命の水を抱く。 何億年も昔から、繰り返し、繰り返し……。 みなで共有するテーマを久石氏が提案したのである。 「障害があっても希望(ホープ)を持って生きること。 希望を持てば、必ず乗り越えられること。 アスリートとしての姿を見せ、障害者も健常者も共に生きられる世界、その新しい価値観を作り出すことがレガシィ(遺産)になる」 こうして生まれたのが、テーマソング『旅立ちの時~Asian Dream Song~』である。 すでに発表されていた曲だが、ドリアン助川氏の作詞で合唱曲に生まれ変わった。 「今地球に生きる者よ、旅立ちの勇気を」 「夢をつかむ者たちよ、君だけの花を咲かせよう」 厳しくも、深い絶対的な愛は、大自然そのものだ。 羽生は長野五輪・パラリンピックが開催された1998年にフィギュアスケートを始めたという。 青年になった今、この曲に何か運命的なものを感じたのかもしれない。 プログラムは、『Asian Dream Song』を挟むように、久石氏の代表曲『View of Silence』がアレンジされている。 久石氏は著書でこんなことを書いている。 ある映画監督からの曲依頼についての話だ。 「映画を作ろう、監督をやろうという人は、想像力にあふれている。 自分の持てるすべてを投入して映画を撮っている。 こちらもそれに太刀打ちできるだけのもので応えなければならない。 監督は、実は自分の要求したイメージの殻を突き破るような新鮮味のある音楽を求めているのだ」 コーチと選手、振付師と選手は、映画監督と音楽家の関係によく似ている。 互いにすり合わせ、ぶつかり合いながら、さらなる上を懸命に模索する。 その中にこそ、「希望と遺産」が生まれるのだ。

次の

羽生結弦「ホープ&レガシー」をエキシビションで熱演 旧世界最高ナンバー/スポーツ/デイリースポーツ online

ホープ アンド レガシー

《 No. そのモンスターの攻撃を無効にする。 2 :このカードがX素材の無い状態で攻撃対象に選択された場合に発動する。 このカードを破壊する。 で登場した・の。 を取り除いてをにする、の無い状態でにされた場合にするを持つ。 はがなく、多くので主力となる42体であるため、の方法は多彩である。 展開例についてはを参照。 1 のにより、自身や他のへのをにする。 のような特大打点でを狙うには強いが、展開しながらするが増えている現状、の無いこのを生存させるのは難しい。 このが活きる場面は、「展開を制限するを持つが自身のは低い」と併用した場合だろう。 ・・などはとの関係からを狙われやすいため、このが活きやすい。 もっとも、それらのを先に出すと肝心のこのが出せなくなってしまうので出す順番は気を付ける必要がある。 それ以外では後述のとので使用するのが基本となる。 また、が尽きると自身をにされるだけで 2 のによりしてしまう。 そのため、 1 のを気軽にできるのは実質1回だけで、2回目はこのがされるような状況まで控えたい。 幸いこの自体のは4の中でも高く、ラインと同程度のため、1で複数回される状況はそう多くない。 がなくなったらなどに進化させるかにするなどして 2 のを回避したい。 このの最大の特長は、豊富な進化・派生形態との存在にある。 特にこのに重ねて出せるは極めてが高く、あちらのためだけにこのが採用される事も多い。 内にが入っていればとのも効果的。 あちらので5000となりつつ、自身の 1 のとの併用で簡単に10000という破格の打点を生み出せる。 その他にもや、を使えばなど、豊富な派生形態がある。 自身もによるが可能な他、などのも多い。 これらの運用に特化したがであり、まずこの(あるいは)をしてから様々な進化や強化を行うことになる。 1 はののもにできる珍しいである。 ただし、こののは1なのでなどと異なり「等にしてしにさせる」といったことができない。 やとのを狙わない限り、基本的ににする意味はほぼないと言っても良いだろう。 のや、との組み合わせに対しては有効となる。 がない状態でされるのは「に選択された場合」であり、を行う前にされる。 また、を行う前にの数が変化するため、が発生する。 そのため0の状態では、はできるさえいれば権利を含め、消費なしでこのをに持ち込むことができる。 なお、 2 のはによるものと扱われる。 そのためをするにもでき、とは相性が良い。 の種類がまだ少ない頃は、4軸のにおけると言えるほどの採用率だった。 その後4のの種類が続々と増えて多様になってくるにつれて、4軸でもこのを採用しないが増えた時期もあった。 その後、こののや進化先が増えたことで価値が見直され、第9期にが登場して以降は採用率が飛躍的に上昇。 あちらと共に4が出せるならばか否かを問わず多くに採用されたの地位にまで返り咲いた。 第10期に入るとによる全体のとの登場により採用率は落ちたが、今なお4ではあちらとセットで採用率は高い方である。 更にの登場により自身の 1 のもより大きな意味を持つようになり、有用度は上がっている。 この自身は守備的なしかなく、派生や進化先の攻撃的なでもって攻めるパターンが多かった。 登場以降はそのの利用により、自身が進化先を超えるを持つことも容易になっている。 では、左肩のプロテクターに自身のナンバーである「39」が書かれている。 2012年に開催されたでは、こののが描かれた下敷きが配布された。 発売日に新聞に掲載された、の広告に用いられているの1枚。 この広告では最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するが世界各国の言語別に掲載されている。 このは、ZEXAL世代を代表して掲載されたなのだろう。 ちなみにこのはフランス語版だった。 後述のアニメの活躍もあって再録回数は多く、初登場から1年以内に4回も再録された。 10回目の再録となるでは、アニメZEXALシリーズに登場した「アストラル語」表記で再録された。 アニメで登場した特殊な言語でのの収録はではこのが初。 公式でも使用可能だが、対戦にもがわかる様に日本語版のも用意することが推奨されている。 なお、アニメ第2話に登場した劇中通りのではなく、の第11期を新たにアストラル文字に書き直したものとなっている。 の「Utopia」についてはのページを参照。 アニメ・漫画ZEXALにおける初登場は「遊馬vs凌牙」(1戦目)。 とをにされる。 をし、返しのののを自身ので化して防いだ。 最終的に、自身のとのでをしてとなった。 その後も遊馬のエースとして、彼のではほぼ毎回使用されており、下記の通り派生・進化形態へと繋ぐことも多い。 (アニメでは・・・・、漫画では・が登場している。 ) 遊馬以外にも、遊馬のを借りたアストラルが幾度か使用した他、「鉄男vs」戦では遊馬から借りた鉄男が使用したことがある。 また、以外でも遊馬やアストラルが自身や仲間への現実的な攻撃を防ぐために実体化させて使用した事もある。 基本の名は「」、名は「」。 なお、名・演出にはその時々の状況に応じて様々なバリエーションがあるのだが、これらについてはのページを参照。 アニメ・漫画版では 2 のはなかった。 また、 1 のは「遊馬()vs鉄男」戦においてのがされた後にされたため、の様な「中に可能な」だと推測できる。 特有のの消滅もあるので、化に当たって弱体化している。 された直後はをしており、そこから「ホ〜プ!」と自身の名を咆哮しつつの姿に変形する。 アニメZEXALIIでの「遊馬vsアストラル」戦でのアストラルの時の口上は「現れよNo. 我が戦いはここより始まる。 白き翼に望みを託せ。 光の使者、!」。 漫画ZEXALの「遊馬vsアストラル」戦では、遊馬が時に「オレの戦いはここから始まる! 白き翼に望みを託せ! 現れろNo. 39!! 光の使者 !!」と、上記のものとほぼ同様の口上を述べている。 他のが出せる場面でそちらを優先した方が良い場面でも、遊馬はこのを優先して出すことが非常に多い。 ただし、や等の相性の良いがに多く確認され、進化先が複数いることも含めればあながち悪い選択とは言えない。 「遊馬vsNo. 96」戦では、《ナンバーズ・リターン》でより強力なやをできるにもかかわらず、あえてこのをしている。 (このことは劇中でもギャラリーや対戦相手からも指摘されている。 ) ただし、後のと展開からするとこの時にこのをしていなければ遊馬は敗北していた可能性が高い。 アストラル世界の存在であるエリファスからは「遊馬とアストラルの出会いというイレギュラーにより発生した異物」と評されている。 劇中ではのようにとが元々は別個の存在だった事例が散見されており、このもその一つであると思われる。 アニメの英語字幕では、《Number 39: Aspiration Emperor Hope》となっていた。 「」の時には背部の翼状のパーツが前面に展開し、防壁となる。 英語版アニメの名によれば、これは「ライトウィング・シールド」というらしく、盾のためのパーツのようだ。 「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦ではが204000まで上がっている。 この数値は「無限」を除いて歴代最大となっており、この時ので発生した104000というは歴代遊戯王の中での最大となっている。 ではわからないが瞳があり、劇中でアップになった際に確認できる。 眼球の周囲に機械的な部品が見られ、これは進化系のも同様。 主人公のエースというポジションゆえか、アニメ・漫画問わず化されていない数多くののに描かれている。 アニメでの初登場時にはが上記「アストラル語」で表記されていたが、アストラルにより通常の日本語表記に変えられた。 この時、がと誤植されていた。 番組で行われた「モンスター人気投票(ナンバーズ編)」では4位に入賞した。 アニメ遊戯王シリーズ通算777回記念となったアニメARC-V第73話の特別OPでは、各主人公とその切り札が映像に登場したが、遊馬の枠はが務めていた。 ただし、同日に更新された公式ホームページの「超熱血!デュエル塾 講義24」では、このがや進化形態と共に遊馬の切り札として紹介されている。 時には、「ムーンバリア」用の背部パーツ(ライトウィング・シールド)が展開した状態になる。 また、このとをスキャンするとこのの名と同じ名前の隠し「ホープ剣・スラッシュ!」が出現する。 4を出しやすい構築に加え、アニメさながらのとのも採用されているため、高得点を狙うが使用することも多い。 NEXTではアドベンチャーモードの最初のクエストでボスである遊馬が使用する。 初めてのクエストなので対したコマンドは持たないが、が高いため油断すると押し負けてしまう。 コマンドは、自身や関連とは関係ない「」が何故か搭載されている。 Duel Arenaではパートナーの1体として登場。 紹介文には「39を司る希望の戦士。 」と書かれており、軸のを使用する。 ステージ8にはボスとして登場し、デュエル時にはアニメ通り自身の名前を叫ぶのだが、勝利後には「デュエルしてくれてありがとう」といった趣旨の言葉を普通に喋る。 では、遊馬やアストラルに加えて、アニメで使用したことがある徳之助が使用した際にも専用ボイスが存在する。 1 のについて Q:をにするでを取り除くのはになりますか? A:はい、になります。 はあちらにあるためその時にが等をしました。 この場合、1のこのをできますか? A:その場合でもであるはまずこののをにするをするかどうかする必要があり、をせずには1で2のなどのをすること自体できません。 はあちらにあるためその時にがのをしました。 この場合、1のこのをできますか? また、できる場合、のはされますか? A:はい、することができ、このでのがになった場合でも、のはされます。 またそのにをして、はのをできます。 がない方にしましたが、があるによってを止められました。 この場合、がない方は自身のでしますか? A:はい、その場合でもします。 この場合もは処理されますか? A:はい、その場合でもされます。

次の

海外「神聖な美しさ」羽生結弦2020 4CCエキシビでホプレガ披露

ホープ アンド レガシー

文=いとうやまね 杜の都の伝承 七北田川は、北西部にそびえる「泉ケ岳」を水源とする。 山中に湧き出す美しい水は、多くの細流と合流しながら蛇行し、西から東へ、やがて仙台湾へと達する。 この川にはいくつかの逸話がある。 その一つが、七北田川の旧名「神降川(かみふりがわ)」、あるいは「冠川(かむりがわ)」にまつわるものだ。 神降(かみふり)の名は、農業の守り神「志波彦(しわひこ)神」がこの地に降りてきたことに由来する。 冠(かむり)については、やはり志波彦神が白馬で川を渡ろうとして石につまずき、頭の冠を川の中に落としてしまったという伝承から来た名前だ。 その志波彦神だが、一説によればスサノオであるとか。 なかなか神さびた土地である。 泉ケ岳は、四季を通じて様々な表情を見せてくれる。 仙台市内の多くの学校が、この山を林間学校に指定しているので、羽生にとっても思い出のある山かもしれない。 広大な山林には、ブナの原生林も残されている。 これら手つかずの自然も、低地に広がる田畑も飲み水も、すべて泉ケ岳が生み出す豊かな水に支えられているのだ。 このことから、泉ケ岳は古来より「水神」を祀る霊山として人々に崇拝されている。 水神……羽生はまさにそんな装いである。 煌めくピアノのアルペジオは、止めどなく溢れ出す湧水を想起させる。 羽生はかすかな音を立てながら、滑走を始める。 生まれたばかりの湧水は、岩の隙間を走りぬけ、時おり四方に砕け散る。 そのしぶきは、大地や草木に潤いをもたらす命の源だ。 緩やかに流れるストリングスは、巨木をぬって吹く風。 目をつむると、そこに二百余年のブナの木が揺れる。 見渡せば、群生する森の花々が、樹間から漏れる陽光に手を伸ばしている。 羽生が光の輪を描く。 森に生まれた七つの泉は、水神の指先が瑠璃色に染めたもの。 底をのぞけば、深い碧に遠いむかしの自分が映し出される。 (流れを止めるな、先に進め) 七つの森を超え、小川はいつしか大河になる。 そして、長い旅路の果てに大海に流れ込むのだ。 やがて海が雲を作り、風が霧を運び、森に恵みの雨をもたらす時、大地はふたたび地中に命の水を抱く。 何億年も昔から、繰り返し、繰り返し……。 みなで共有するテーマを久石氏が提案したのである。 「障害があっても希望(ホープ)を持って生きること。 希望を持てば、必ず乗り越えられること。 アスリートとしての姿を見せ、障害者も健常者も共に生きられる世界、その新しい価値観を作り出すことがレガシィ(遺産)になる」 こうして生まれたのが、テーマソング『旅立ちの時~Asian Dream Song~』である。 すでに発表されていた曲だが、ドリアン助川氏の作詞で合唱曲に生まれ変わった。 「今地球に生きる者よ、旅立ちの勇気を」 「夢をつかむ者たちよ、君だけの花を咲かせよう」 厳しくも、深い絶対的な愛は、大自然そのものだ。 羽生は長野五輪・パラリンピックが開催された1998年にフィギュアスケートを始めたという。 青年になった今、この曲に何か運命的なものを感じたのかもしれない。 プログラムは、『Asian Dream Song』を挟むように、久石氏の代表曲『View of Silence』がアレンジされている。 久石氏は著書でこんなことを書いている。 ある映画監督からの曲依頼についての話だ。 「映画を作ろう、監督をやろうという人は、想像力にあふれている。 自分の持てるすべてを投入して映画を撮っている。 こちらもそれに太刀打ちできるだけのもので応えなければならない。 監督は、実は自分の要求したイメージの殻を突き破るような新鮮味のある音楽を求めているのだ」 コーチと選手、振付師と選手は、映画監督と音楽家の関係によく似ている。 互いにすり合わせ、ぶつかり合いながら、さらなる上を懸命に模索する。 その中にこそ、「希望と遺産」が生まれるのだ。

次の