医療保険 40代 女性。 月額平均保険料

月額平均保険料

医療保険 40代 女性

仮に、40代のご夫婦がこの平均額通りに保険に加入しているとすると、1ヵ月の保険料の負担は、2人あわせて約36,340円です。 といっても、やはり40代にはさまざまなライフステージの方が混在しています。 普通死亡保険金のときと同じように、ライフステージ別の年間払込保険料の分布をみてみましょう。 こちらも40代だけでなく、18歳から60代までの年代のデータになります。 【全年代・ライフステージ別】年間払込保険料(全生保) このグラフをみてみると、男性は結婚し子どもが大きくなるほど保険料が増加し、子育てが終了すると保険料の負担が減少することがわかります。 それに対し女性の場合、末子が未就学児~中学生・高校生までの期間の保険料は大きく変わらず、末子が短大・大学・大学院生になってから保険料の負担が増加します。 この結果から、子どもに手がかかるうちは自分自身の保険以外の部分にお金をかけたい、と考える女性が多いのではないか、ということが予想されます。 世帯ごとに年収も家族構成も変わってくるので、一概にいいきることは難しい部分もありますが、同世代のほかの人がどれくらいの保障を持ち、いくらくらいの保険料を支払っているのかを知ることも、保険選びの参考になるのではないでしょうか。 2-2:すべての人に必要な死亡整理資金 先ほどお伝えした「死亡整理資金」は、独身・既婚、子どもの有無に関係なく、亡くなったときに必要になるお金です。 日本消費者協会が調べた「第11回『葬儀についてのアンケート調査』(2017年)」によれば、葬儀費用の合計は195. 7万円となっています。 これにお墓代を加えた金額をベースにして考えることができます。 ただし、家族葬をする、すでに家族のお墓があるといった場合には、準備する葬儀費用を抑えることができるでしょう。 また、亡くなった後の家賃の清算や遺品整理など、細かな費用も必要になります。 葬儀費用とあわせて、預貯金である程度準備できていれば問題ありませんが、そうでない場合は、遺族の負担にならないよう死亡保険などで準備しておくことも大切です。 学校種別ごとの1年間の学習費総額 保護者が支出した教育費 (単位:円) 学校教育費 学校給食費 学校外活動費 合計 幼稚園 公立 120,546 20,418 92,983 233,947 私立 318,763 29,924 133,705 482,392 小学校 公立 60,043 44,441 217,826 322,310 私立 870,408 44,807 613,022 1,528,237 中学校 公立 133,640 43,730 301,184 478,554 私立 977,435 8,566 320,932 1,326,933 高校 公立 275,991 - 174,871 450,862 私立 755,101 - 285,067 1,040,168 出典:文部科学省の以下の統計により楽天生命試算 文部科学省 国公私立大学の授業料等の推移 文部科学省 平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について 40代には、さまざまなライフステージの方がいます。 「子育て世帯」といっても、お子さんが生まれたばかりの家庭もあれば、お子さんがもう高校生や大学生になっている家庭もあるでしょう。 お子さんが小さい家庭であれば、お子さんが独立するまでに多額の教育費・生活費が必要になりますし、お子さんがある程度大きい家庭では年間の教育費の負担が大きくなります。 また、『遺族の収入』の中で重要なものが「遺族年金」になります。 お子さんのいる家庭(*1)でご両親のどちらかが亡くなった場合、遺族は一定の条件(*2)を満たせば「遺族基礎年金」を受給することができます。 遺族基礎年金の基本額は、年額 779,300円です。 ここに、子どもの人数に応じた「子の加算」が加わります。 専業主婦(主夫)が亡くなった場合でも、遺族はこの金額を受給できます。 お子さんが大きい家庭の場合、「遺族基礎年金」については注意が必要です。 先ほどお伝えしたとおり、遺族基礎年金は「子ども」のいる配偶者に支給されるものです。 そのため、一般的には子どもが高校を卒業するタイミングで、遺族年金の支給が終了となります(お子さんが複数いる場合には、一番下のお子さんが条件に該当しなくなるまで受給できます)。 子どもが大きくなると遺族基礎年金の受給がなくなる、ということを意識して死亡保険の金額を決めることが重要です。 亡くなった夫が厚生年金に加入していた、もしくは加入していたことがある場合、のこされた妻には遺族厚生年金が一生涯支給されます(*)。 遺族厚生年金の受給額は報酬比例となっており、人によって異なります。 厚生年金に加入していた、もしくは加入していたことがある妻が亡くなった場合、55歳未満の夫は遺族厚生年金を受給できません。 その代わり、子どもに遺族厚生年金の受給権が発生し、遺族基礎年金が支給される期間は、遺族厚生年金を受け取ることができます。 この場合、遺族基礎年金の受給が終了するタイミングで、遺族厚生年金の受給も終了となります。 2-4:保険期間を決める ここまでは、「いくら」死亡保険で準備するべきか、についての考え方を学んできました。 では、死亡保険は「いつまで」保障を準備しておくとよいのでしょう? 死亡保険には、保険期間(保障される期間)の定まっている「定期保険」と、保険期間が一生涯の「終身保険」があります。 一般的に、同じ保険金額であれば、終身保険より定期保険の方が、保険料が安くなります。 お子さんがまだ小さい方や、貯蓄が少ない方などで、何千万円もの死亡保険金を用意したい場合には、定期保険で備えるとよいでしょう。 死亡保険では死亡整理資金のみ準備できれば構わない、という方などは、終身保険で一生涯の保障を準備するという考え方もあります。 定期保険と終身保険については、以下のコラムで詳しくご紹介していますので、保険期間を決める際の参考にしてみてください。 3-3:40代の医療保険の選び方 ここまでみてきたデータをもとに、医療保険をどのように選べばいいのかのポイントを、いくつか考えてみましょう。 入院給付金日額を検討する 入院給付金日額とは、入院した場合に1日ごとに受け取ることができる給付金の額のことです。 日額5,000円、あるいは日額10,000円のプランが一般的ですが、契約者が細かく金額を指定できたり、特定の疾病や女性特有の病気などの際には、入院給付金が上乗せされたりするプランもあります。 保険期間(保障される期間)を決める 医療保険には、保障が一生涯続く「終身型」の医療保険と、保障される期間が定まっている「定期型」の医療保険があります。 定期型は、保険期間が満了すると契約を「更新」できる場合があり、その場合は保障を継続することができますが、80歳などの一定の年齢になるとそれ以上は保障を継続できなくなります。 同じ保障内容であれば終身型よりも定期型の方が保険料は安くなります。 ただし、終身型は加入時から原則としてずっと保険料が変らないのに対して、定期型の保険料は更新時の年齢と保険料率で再計算されるため保険料が変動します。 「高齢になってからの医療費は貯蓄から賄えばよい」と考える方なら定期型の医療保険がよいでしょうし、「不安なので一生涯の医療保障を準備したい」と感じる方なら、終身型の医療保険がおすすめです。 ご自身の考えや人生設計にあわせて、保険期間を決めましょう。 入院何日目から保障されるかを確認する 近年の医療保険は、多くが「入院1日目」や「日帰り入院」から保障を受けることができます。 もし、今加入している医療保険が何年も前に加入した商品の場合には、短期入院の際に給付金が受け取れない可能性もありますので、確認しておくようにしましょう。 また、入院日数にかかわらず、入院した場合にまとまった金額の「入院一時金」を受け取れる保障を用意している保険商品あります。 自分はどんな保障があれば安心できるかをよく検討し、保障内容を決めることが大切です。 1入院での支払限度日数を検討する 医療保険は、1回の入院で支払われる入院給付金の限度日数(支払限度日数)が定められていることが一般的です。 長期入院にも手厚く備えたい場合は、この支払限度日数が長いプランを選ぶと安心ですし、基本的な保障で十分と考える方であれば、支払限度日数が短い商品を選んでもよいでしょう。 また、がんや三大疾病、8疾病など、特定の疾病で入院する際には支払限度日数が延長されたり、無制限となったりするプランを用意している保険商品もあります。 特約や保障内容をどこまで手厚くするかを検討する 医療保険のベースとなる保障は、「入院」と「手術」です。 しかし、入院後や入院前後の通院の際に「通院給付金」が受け取れたり、先進医療(*)を受けた際に先進医療の技術料を保障してくれたりするような特約やプランを選択できる場合もあります。 このほかにも、がんと診断された際に「がん診断給付金」が受け取れる、女性特有の病気の治療の際に給付金が上乗せされる、長期入院の際に一時金が保障されるなど、保険商品によってさまざまな保障が用意されています。 もちろん、保障を手厚くすればするほど保険料も高くなってしまうので、その点はよく吟味する必要がありますが、複数の保険商品を比較したり、同じ保険商品でもいくつかのプランを考えたりすることも重要になります。 今はインターネット上で保険料や保障内容のシミュレーションができる保険会社もありますし、保険会社や保険代理店の担当者に相談することもできますので、ひとつだけでなく複数のパターンをしっかりと比較・検討するようにしましょう。 がんは発見される部位やステージなどによって、治療方法や治療期間も一人ひとり異なります。 たとえば、一家の大黒柱として収入を得ている父親が、がん治療のための長期療養や、通院治療のため勤務時間を調整することになったとき、家計への負担が不安なこともあるでしょう。 そういった場合には、がんと診断されたときに50万円や100万円、200万円といったまとまったお金を受け取れる、「がん診断給付金(一時金)」や、がん治療に応じて「がん治療給付金」が受け取れるような保障を手厚くしておくと安心かもしれません。 また、治療費は貯蓄からある程度まかなえそうだけれど、療養中の収入減を保険で補てんしたい、というような方の場合、「がん通院給付金」や「がん入院給付金」の保障で備えておくのもよいでしょう。 がん全体の罹患率が年齢とともに増加傾向にあるのに対し、女性特有のがんの罹患率は比較的若い年代から高くなっている、という特徴があります。 とくに乳がんは、20代後半から罹患率が急上昇し、40代後半で最初のピークを迎えた後、高い罹患率を維持していることがわかります。 医療保険やがん保険のなかには、こうした「女性特有の疾病」を手厚く保障しているプランや特約も存在します。 たとえば、通常の病気で入院した場合には「入院給付金日額5千円」ですが、女性特有のがんで入院した場合には「入院給付金日額1万円」の保障になる、乳がんの手術を受けた後に乳房再建術を受ける際に、乳房再建術を支援するための給付金が受け取れる、といった保障があります。 がんへの保障を検討する際には、こうした女性特有の病気やがんに手厚い保険を検討してみるのもよいでしょう。 5-2:医療費控除 1月1日から12月31日までの1年間で、医療費などの自己負担額が10万円(*)を超えた場合には、「医療費控除」により、その金額に応じて所得税・住民税が軽減されます。 自己または自己と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費も対象となるため、家族の合計で10万円を超える場合には、確定申告をして税金の負担を軽減させましょう。 なお、この医療費には、電車・バスといった公共交通機関の利用にかかった交通費を含めることもできます。 ただし、この医療費は「実質的に負担した医療費」が対象です。 医療保険やがん保険などから給付金を受取った場合などは、受け取った金額を差し引いて申請する必要があります。 40代は人によってライフスタイルがさまざま。 自分のライフスタイルにあわせて、必要な保障を検討しよう• 万が一のことがあった場合、いくらお金が必要か「必要保障額」を計算することで、本当に必要な死亡保険の保障額がみえてくる• 公的医療保険制度で医療費の負担は軽減される。 それだけではカバーしきれない分を、医療保険などでカバーしよう 40代には、さまざまなライフステージの方がいます。 大切なのは、「今の自分と家族」にどんな保険が必要なのかをしっかりと見極めることです。 万が一のことがあったとき、あるいは病気やケガ・がんなどの治療が必要になったとき、どんなお金が必要かを知り、どんな備えがあれば安心なのかを考えることが、適切な保険選びの第一歩になります。

次の

40代独身のための保険選び【保険市場】

医療保険 40代 女性

特徴(商品概要) 日帰り入院から一時金を受け取れる一生涯の医療保険。 通院にも備えられます。 また、女性特有の病気による入院の際は上乗せして入院給付金をお支払いします。 入院給付金 日額 5,000円 1入院限度日数 60日 通算支払限度日数 1,095日 支払の対象 日帰り入院から 女性特有の疾病の保障 女性特定疾病の治療を目的として入院をしたとき、日額5,000円の入院給付金を上乗せ 手術給付金 1回につき 外来による手術2. 子宮筋腫など女性が心配な病気による入院を重点保障するだけでなく、3年ごとにボーナス 生存給付金 が合計5回受けとれてうれしい、女性専用の医療保険です。 入院時の一時金 医療用入院一時金特約 、退院後の通院保障 医療用通院特約 が付いて、さらに安心。 承認番号 HL-P-B1-19-01302 使用期限:2021. 31 閉じる 無選択型医療保険 特徴(商品概要) 女性特有のがんの手術を手厚く保障するがん保険。 上記の表は、保険商品の一定項目のみを表示しており、それぞれの保険商品の優劣を示すものではありません。 各商品の保険料は、その仕組み・保障内容等に応じて決定するものであり、記載された要素のみで比較することはできません。 また、保険料のみを以って商品の優劣を判断することはできません。 保険商品の詳細につきましては、本サイトからの資料請求または各保険会社のホームページ等により、「パンフレット」「ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり・約款」「ご契約に際しての重要事項(契約概要)」「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。 同一商品で複数の資料が必要な場合は、資料請求時にご希望の部数をご選択ください。 解約返戻金がある商品でも短期で解約された場合、解約返戻金はないかあってもごくわずかです。 お仕事の内容や健康状態、保険のご加入状況などによっては、ご契約をお引受けできない場合や保障内容 補償内容 を制限させていただく場合があります。 記載の保険料・保障内容 補償内容 などは、2020年7月現在のものです。

次の

30代で医療保険は必要?私がオススメする3つのプラン

医療保険 40代 女性

もくじ• 医療保険見直しの必要性 最近、保険を見直しましたか?もし若い頃に保険に加入して、それ以来一度も見直したことがないという30〜40代の方は、を見直してみると良いでしょう。 なぜなら、一般的に医療保険は、 医療技術の進歩に伴って内容が変わってくるものだからです。 今回は、医療保険の見直しのタイミングや選ぶときの注意点をご紹介します。 また、その前に医療保険について詳しく知りたいという方は下記記事もチェックしてみてください。 なぜ、30〜40代で医療保険を見直すのか? 加入している医療保険の内容が今の自分の状況に合っているのかどうかは適宜見直す必要があります。 なぜなら、医療技術は1年、2年単位で進歩しているからです。 以前はとされていた治療法が先進医療ではなくなったり、新たに先進医療として認められたりする治療法もあります。 医療技術の目覚ましい進歩と共に、医療保険の内容も大きく変わりました。 一方で、一度加入した医療保険の保障内容は、基本的に何年経っても変わりません。 社会人になって日々忙しく働いていて、つい保険の見直しのことを忘れてしまっていた、結婚や出産を経験してライフプランの変化があった、そんな方も多いのではないでしょうか。 ですので、働き盛りの30〜40代の方は、加入している医療保険の見直し時期だと言えるのです。 医療保険の選び方 トレンドはあるの? 最近では医療技術の進歩や制度の変更により、 入院日数が短縮化されていますが、反対に以前に比べて 通院日数が増加しています。 また、 給付対象となる手術の項目も数年前に比べて大幅に増えています。 このような背景があることもあり、かなり前に医療保険に入り、そのままにしているという方は一度、医療保険の見直しをした方が良いと言えます。 それでは、医療保険のトレンドを紹介します。 (1)入院何日目から保障されるか 以前の医療保険は、「5日以上入院したら1日目から保障」といったように長期入院に対応したものが多かったのに対し、最近の医療保険は、 「1泊2日から保障」や 「日帰り入院から保障」などの短期入院に対応しているものもあります。 (2)1回の入院で何日まで保障されるか 以前の医療保険では、「1入院120日まで保障」といった120日型が主流でしたが、最近は、 60日型の短期入院を重視したプランが多くなってきました。 また、入院が長期化しやすい生活習慣病に関しては、120日まで保障するの付加などもできるタイプもあります。 (3)先進医療の保障があるか 今は、ほとんどの医療保険が先進医療の保障を特約で付加可能となっています。 保障内容・保障限度額に差はありますが、月々数百円で数千万円の治療が保障されるものもあります。 (4)掛け捨てに近いタイプの終身型 以前は、やがある医療保険も多くありましたが、現在では解約返戻金がない、もしくはあってもごくわずかという掛け捨てに近いタイプの終身医療保険というものもあります。 一生涯の保障を、割安なで確保できる点が魅力です。 どういったタイプの医療保険がよいのかは、人それぞれです。 ただ、新しいタイプの医療保険の多くは、現在の医療環境に適したものと言えます。 新しい医療保険に加入するときの注意点は? 新しく医療保険に加入した場合のデメリットはないのでしょうか。 新しい医療保険に加入し直す場合の注意点を見ていきましょう。 (1)契約年齢が上がると保険料も上がる 保険は、が上がるほど保険料も上がります。 新しい医療保険に加入したとしても、 年齢による保険料アップで、現在のプランより割高になるケースもあり得ます。 (2)新規加入できる健康状態か 新しく保険に加入するときは、現在の健康状態を元に診査します。 健康状態によっては新たに医療保険に加入ができない可能性があります。 保険会社のが通ってから今の医療保険を解約するようにしましょう。 (3)解約返戻金はあるか 解約返戻金のある医療保険に加入していた場合、 早期に解約すると、解約返戻金が支払った保険料よりも少ない可能性があります。 する前に確認しておきましょう(解約返戻金が全くないタイプの商品もあります)。 (4)加入中の医療保険に特約を追加できるか 新しい医療保険に加入し直すだけが、改善策ではありません。 ご加入の医療保険に、希望する保障を特約で追加できる場合もあります。 また、保険料の払込期間を延長することで月々の支払い保険料を下げることも可能です。 医療保険は、ご自身とご家族が安心して生活するためのものです。 多種多様なプランがあるので、タイミングを見極めて、あなたにピッタリの新しい医療保険に加入しましょう。 また、加入した保険も適宜見直しを行いましょう。 頼りになるFPの存在 「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか? 資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。 FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。 ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

次の