サツマイモ 天ぷら。 さつまいもの天ぷら、きちんと火を通すには?

天ぷら最高!サツマイモの水耕栽培がヤバかったよ!

サツマイモ 天ぷら

さつまいものカロリー。 ・Sサイズ1本100g(132kcal) ・Mサイズ1本200g(264kcal) ・Lサイズ1本300g(396kcal) 生のさつまいもと焼き芋を比較すると、同量の100gでものカロリーは163kcalあり、高カロリーなのは「焼いたサツマイモ」。 加熱により薩摩芋のカロリーがアップするのではなく、焼くとサツマイモの水分が抜けるため、100gのサツマイモを焼くと「100g以下の焼き芋」になる。 よって、100gの焼き芋は「100g以上のサツマイモ」で作られているため、同じグラム数でもカロリーが低いのは「生のサツマイモ」。 【さつまいもの栄養(100g)】 ・糖質(29. 2グラム) ・食物繊維(2. 3グラム) ・たんぱく質(1. 2グラム) 煮物・サラダ・などの料理のほか、や薩摩芋のタルトといったサツマイモを使用するお菓子作りの他、芋焼酎など幅広いレシピに活用できる食材。 さつまいもを乾燥させたも人気。 L1個:300g、M1個:200g、S1個:100g 別名:かんしょ 甘藷。 廃棄率 表層及び両端。

次の

さつまいも

サツマイモ 天ぷら

サツマイモをよく洗って土などの汚れを落とす• (皮むきが必要な場合は皮を剥く)• 両端を切り落として、料理に使うサイズに切る• 切ったものは10分くらい水にさらしてアク抜きする それぞれ詳しく見ていきましょう。 洗い方 汚れが目立つサツマイモの場合は、きちんと洗っていきましょう。 流水にさらしながら手で洗いますが、汚れが落ちにくい時はタワシなどを用いて洗っていきます。 強くこすってしまうと傷が付いてしまいますので、あまり力を入れずに優しく洗ってください。 なお、スーパーで売っているものはあまり土もついておらず、綺麗なものも多いです。 なので、目立つ汚れがないサツマイモは手で表面をこすりながら、ある程度流水で洗ってあげるだけで十分です。 (たわしを使うほどではないかな~と思います) なお、時間があれば洗う前に水に10分ほどサツマイモを入れておくといいでしょう。 水に浸けることで土も浮いてきますし、汚れが落としやすくなりますよ。 スポンサーリンク 切り方 ではサツマイモを洗ったら次に切っていくわけですが、サツマイモは料理によって切り方が様々あります。 とくに使うことが多いかな~と思うのは輪切りで、端を切り落としたらそのまま横に切っていくだけです。 煮物や天ぷらではよく輪切りにしますね。 幅はレシピによって違ったりしますが、私は1cmくらいに切ることが多いです。 次に、 スティック状にする切り方。 お芋の端を切り落としたら1cmくらいの厚さで斜め切りにし、またその芋を1cm程度の幅で細長く切っていきます。 スティック状に切ったものはバターで焼いたり、揚げてお砂糖をかけて食べても美味しいです。 他の切り方だと乱切り(大学芋とか)や、チップス用にスライサーで薄くスライスする方法などがあります。 (スライスは切り方とは言わないかな?笑) アク抜き サツマイモを切ったらボウルなどに水を張り、10分くらい入れてアク抜きしていきます。 サツマイモをアク抜きする理由としては、 切ってそのまま放置すると変色してしまうので、見た目良く保つために水にさらします。 (サツマイモのアクの成分は水に入れることで抜けていきます) スポンサーリンク また、アク抜きすることで味が染み込みやすくなり、料理の味もよくなるという利点があります。 ただ、 サツマイモのアクと言われる成分は害があるわけではありません。 なので、見た目や味にそこまでこだわらないなら、アク抜きをせずに使っても食べることはできます。 言うなれば基本はやっておいたほうが良いけど、必須ではないという感じですね。 (笑) さつまいもに皮むきは必要?皮は食べられるの? さつまいもは外側に皮がありますよね。 基本的に サツマイモは皮をいっしょに食べれる野菜なので、ほとんどのレシピでは皮を剥く必要はありません。 たとえば天ぷらや炒めもの、煮物といったサツマイモ定番のレシピでは皮付きのまま使われることが多いです。 また、個人的にですがサツマイモの中身の黄色と外側の皮の紫色がいっしょにあると見た目がきれいなので、色合い的にも皮はあったほうがいいんじゃないかと思います。 (笑) ちなみに、サツマイモの食物繊維やビタミンCといった成分は皮の部分に多いので、栄養面を考えても皮をいっしょに食べたほうが良いですね。 なお、サツマイモの芽はジャガイモとは違い毒がないので、食べても大丈夫ですよ。 さつまいもの美味しい食べ方とレシピ サツマイモは、冒頭でも言ったようにおかずにもスイーツにも使える用途の幅が広い野菜です。 食事系の食べ方だと、• ふかし芋や焼き芋にする• 炊き込みご飯• 炒めもの• きんぴら• サラダ• 天ぷら• コロッケ など、豊富ですね。 大学芋• スイートポテト• ケーキやタルト• マフィン• パウンドケーキ などですね。 野菜であることを忘れそうなくらい、甘くて美味しいのがさつまいもなので、スイーツレシピと相性バッチリなんですよね。 切り方で紹介したようなスティック状にカットすれば、焼いても美味しいです。 また サツマイモを天ぷらにすると、サクッとした衣とほんのりとした甘さがマッチします。 醤油などをつけて食べてもいいですし、そのまま食べてサツマイモの甘さを楽しむのも良しです。 なおさつまいもは20度くらいから発芽してくるので、夏は新聞紙で包んだらビニール袋に入れて、野菜室で保存するのが良いでしょう。 (温度が低すぎてもNGなので、冷蔵庫なら野菜室が一番おすすめです) さつまいもは生食できるの? サツマイモの生食って聞いたことがないですが、 生でも毒はないので結論的には生食はできます。 ただ、 生のサツマイモというのは甘さがなく、アクも強いです。 私も一度好奇心でちょっとだけ生サツマイモをかじったことがありますが、何やらザラザラしている上に妙にバリッとして美味しくなかったです。

次の

さつまいもの天ぷら、きちんと火を通すには?

サツマイモ 天ぷら

サツマイモの水耕栽培の結果 これを始めたのが秋。 根はわずか2日後には出始め、4日もするとかなり伸びました。 葉は暗い箱に入っていたときは赤かったのですが、2日で緑になりました。 やばかった! その後、真冬でもグングン伸びて、ミニトマトと同じように天井近くまで成長してまいました。 この写真は天井まで届いたので、折り返したところです。 本当はもっと枝わかれしていたのですが、暗くなったので1本だけにしました。 もちろん、取り除いた葉っぱは美味しく頂きましたよ。 芋はできる? 水耕栽培なので根にさつまいもができることはなく、赤い根が広がっていくだけでした。 もしかしたら、肥料を控えたらサツマイモができたかもしれませんが、それよりも室内栽培はヤバイ。 一部屋、潰すつもりで栽培する勇気も場所もないので、あえなく断念。 でも、せっかくなので、料理して食べることに。 天ぷらは美味しかった 昔はさつまいもは、葉っぱも茎も食べたそうです。 葉はおひたし、茎は乾燥して料理に使ったようですが・・・ だけど、サツマイモの葉っぱは、しその葉に似てる! だったら天ぷらにしたら、食べられそう。 どうやら毒なんかもないようだし。 ということで、さっそく天ぷらにして食べることにしました。 味の方は・・・クセがなくシソのような香りもなく、たんぱくな味? カリッとした食感を楽しむのが良いです。 どこかの旅館で、山菜の天ぷらだと言って出したら、たぶん「美味しい」ということでしょう。 かき揚げに彩りとして混ぜるのもありかも。 我が家では、葉の先端を少し切るとシソの葉みたいに見えるので、天ぷらにしたら「やっぱりシソの天ぷらは美味しいよね」と。 人間って、いい加減ですね(笑)たぶん、私も同じことを言うかも。 参考 あ、サツマイモの天ぷらの写真、撮影するの忘れた(汗) サツマイモの苗ができる あくまでもスペースがあればという前提です。 かなり茎が室内に伸びるので上手くやれば、5月頃に、苗として家庭菜園レベルなら使えそう。 私も以前、家庭菜園で50坪ほどのスペースを借りて、その一部でサツマイモを育てていたのですが、少しの苗で良いので利用できれば助かります。 何度もいうようですが、それなりに場所を取るので、室内で水耕栽培するときは、横に広げずに縦に育つようにしないと、窓が暗くなります。 窓がこんなことに。 (ミニトマト栽培の例) 真夏なら良いのですが、冬は寒くなります。 ただサツマイモは、寒さに弱いのでペアガラスでないと、ひょっとしたら枯れるかも。 まあ霜があたらなければ、案外に強い植物です。 畑でさつまいもを収穫した後、茎や葉を埋めたのですが、目が出て伸び始めました。 霜が降りる12月までは、枯れずに成長を続けたので強い植物です。 ひょっとすると、露地栽培でもビニールのトンネルさえかければ、翌年まで越冬できるかもしれません。 やる意味はないですが・・・ スポンサーリンク まとめ サツマイモも葉っぱを食べるなら、十分に育てられる。 葉物の野菜は、水耕栽培で手軽にできます。 シソ、チンゲンサイ、ほうれんそう、パセリ、チマサンチュ、ベビーリーフ、サラダ菜、しゅんぎく、イタリアンパセリ、葉ネギ、葉大根など、たくさんの野菜が自宅の窓際で育てられます。 ペットボトルや、ドリンクのビンで育てた事例を下記にまとめています。

次の