ネガティブ キャンペーン。 他者否定やネガティブ・キャンペーンを展開してるコーチングはダメだ

ネット上のネガティブキャンペーンに要注意!正しい対応方法を知ろう|Web集客、ブランディングのお役立ちコラム

ネガティブ キャンペーン

比較広告ブームの中、なぜスタバは沈黙を守るのか? ライバル企業との比較広告はやるべきか? 2014年9月10日、アップルは新しいiPhoneを発表した。 6にするか、6 plusにするか、悩んだ方も多いだろう。 かくいう私もそのひとりだ。 悩んでいる真っ最中だった2週間後、ネットを見ていた私は「iPhone6 plusを曲げてみせた」という人の動画を見つけた。 よくよく考えれば、これだけ薄くて大画面ならば、思いっきり力を入れれば曲がるのは自明だが、「iPhone6 plusって、力を入れると曲がるのか?」と驚いたことを、よく覚えている。 実はその後、アップルのライバルたちは、英語でこんなツイートをしている。 しかし、ここまであからさまに他社を揶揄する企業姿勢は、決していい印象を与えるものではない。 まだ数は多くないものの、日本でもあからさまな比較広告が増えている。 このように攻撃されると、比較された企業側の立場からは「ブランドの危機だ」「いかに反論するか」と考えてしまうことも多いかもしれない。 しかしその一方で、こう考える人も多いのではないだろうか? 「でも、それって本当に意味があるのか?」。 よい事例がある。 で紹介した、業績不振で苦しむ2008年ごろのスターバックスも、露骨なネガティブキャンペーンを受けていたのだが、その「かわし方」は見事なものだった。

次の

ネガティブキャンペーンへの5つの対策法

ネガティブ キャンペーン

ネガティブキャンペーンに対する5つの対策法 アメリカでは大統領の選挙にこの ネガティブキャンペーンが大々的に行なわれています。 候補者がお互いのイメージを貶めるような情報を正々堂々と流し合って選挙を競うようですが、国民はどう感じているのでしょうか。 また、ネガティブキャンペーンに対する対策法にはどのようなことがあるのでしょうか。 相手の目的を知る ネガティブキャンペーンは、相手を誹謗中傷することによって自分に対する評価を上げようという運動です。 では、ネガティブキャンペーンを受けた側はどう対処すれば良いのでしょうか。 まずは、相手のどんな目的で自分を貶めようとしているのかを確認することが大切です。 相手の真意が分からないままだと、ネガティブキャンペーンへの対処法が定まりません。 相手がどうして自分にそのようなことをするのか、目的を見極めましょう。 相手にしないことも大切 ネガティブキャンペーンをされたからといって、必ずしも同様にネガティブキャンペーンをすることが良いとは言い切れません。 スターバックスがマクドナルドにネガティブキャンペーンを受けたとき、相手にしなかったというエピソードがあります。 スターバックスは何も完全に無視をしたわけではありません。 むしろ腹を立てて怒っていました。 なのに、なぜ同様のことをしなかったのでしょう? スターバックスはネガティブキャンペーンのやり返しには何の意味も持たないことを知っていたからです。 このように、相手にしないことも大切なのです。 独自路線を貫く ネガティブキャンペーンを受けた時の対策として、相手にせずに独自路線を貫くということも必要です。 非難を受けたからと、周囲の目を気にして事実でもないのに自分を曲げるようなことをしていては真実がネガティブキャンペーンとすり替わってしまい、相手の思うツボです。 ネガティブキャンペーンを受けたときは、慌てず独自路線を貫くことで自然と周囲もどちらが正しいのかを見極めてくれることでしょう。 闘争心は忘れない ネガティブキャンペーンへの対策法は、受けた側は闘争心を忘れてはいけないということです。 誹謗中傷などを言われたり、ネットで書き込まれたりしたら全てピックアップしておき、ひとつひとつ、事実と違うという認識を周囲に与えるように、切り返しのトークを準備しておきましょう。 どんなネガティブキャンペーンにも屈しないという闘争心を絶やさないようにしましょう。 努力を怠らない 誹謗中傷に対して自らが行なえることは、ネガティブキャンペーンなど周囲が気にしないぐらい自分達の評価を上げることです。 自分達の評価を上げるということは、努力を怠らないことが一番でしょう。 相手がネガティブキャンペーンをしてきたからといって、周囲が信じなければ何の効果もありません。 誰に何を言われようと、自分達が日々努力をしていることは周囲の人もちゃんと見ているものなのです。 まとめ いかがでしょうか。 ネガティブキャンペーンへの対策法をいくつかご紹介しました。 ネガティブキャンペーンを受けたことにより、精神的苦痛を感じる人も多くいることでしょう。 しかし、だからといって何もしないよりは自分なりの努力を怠らないことで周囲の理解を得ることを優先させることが大切なのです。 ネガティブキャンペーンに対する5つの対策法• 相手の目的を知る• 相手にしないことも大切• 独自路線を貫く• 闘争心は忘れない• 努力を怠らない Filed Under: Tagged With:.

次の

ネガティブ・キャンペーン

ネガティブ キャンペーン

そもそもネガティブキャンペーンとはどのようなものなのでしょうか。 政治におけるネガティブキャンペーンは、選挙の際に対立候補の政策上の問題点を指摘、批判して相手が不利になるようにする選挙戦術のこと。 それだけならば真っ当に感じますが、政策についてだけではなく、人間性や家族のことを取り上げたり、根拠がない批判をしたりすることもあるので、行き過ぎたネガティブキャンペーンが問題視されることも。 また政治だけではなく、ビジネスで同業他社やその商品についてネガティブキャンペーンが行われることもあります。 テレビや新聞などのマスメディアやSNSなどを使って、広くネガキャンが行われることも。 ネット用語は5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)などのネット掲示板やTwitter、InstagramなどのSNSで使われる言葉。 タイプしやすいように短縮されたり意図的に誤字を使ったりするのが特徴です。 政治やビジネスで行われるネガティブキャンペーンと一個人が関わりあるの?と疑問に思うかもしれません。 必ずしも対立関係にあるものを対象としないのが特徴です。 自分の欠点や不利になる話題をあえて取り上げることで、注目を集めるというもの。 周りにもこんな人がいるのではないでしょうか。 ポジティブキャンペーンの略ですが、キャンペーン(宣伝活動)がポジティブ(前向き)な意味を持つので、普通にキャンペーンでいい気がします。 人と違う車に乗りたいという車好きの方が行うようです。 これらは批判が自分に返ってくることも多い諸刃の剣のようなものです。

次の