ミノサイクリン 市販。 ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」

ミノマイシン通販|ミノサイクリン|ニキビ薬|効果・副作用

ミノサイクリン 市販

ミノマイシン(ミノサイクリン)の作用機序:抗生物質 ニキビなどの皮膚感染症やクラミジアによる性感染症など、細菌によって発症する病気は数多く存在します。 細菌感染症は放っておいても治らない場合があり、この場合は適切な治療が必要になります。 そこで、これら感染症を治療するために用いられる薬として ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)があります。 ミノサイクリンは テトラサイクリン系抗生物質と呼ばれる種類の薬になります。 ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)の作用機序 細菌感染症を治療するためには、体の中に存在する細菌を排除すれば良いです。 これには免疫の働きが重要ですが、これを補助する目的で抗生物質が使用されます。 抗生物質によって細胞の働きを抑え、後は免疫が細菌を退治することで病気が治っていくのです。 抗生物質が働くとき、「 ヒトには作用しないが、細菌に対しては強力な毒性を発揮する」という作用を行います。 これは、細菌に特徴的な機構を狙い撃ちすることで可能になります。 感染症が起こっている状態では、病原微生物が大量に増殖しています。 細菌は一つの細胞からできているため、増殖するためには分裂しなければいけません。 このとき、新しい細胞を作るための原料が必要になります。 ヒトや細菌の細胞はタンパク質で作られています。 肺や肝臓、皮膚などもタンパク質で出来ていることから分かる通り、タンパク質は生体を形作るために必須となる要素です。 このタンパク質を作る器官を リボソームと呼びます。 重要なのは、「 ヒトと細菌では、タンパク質合成を行うリボソームの形が異なる」ことです。 形が違うため、この違いを見極める物質を投与すれば、細菌にのみ作用させることができます。 このような考えにより、細菌のリボソームだけを阻害することでタンパク質合成を抑制し、細菌増殖を抑える薬がミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)です。 ちなみに、専門用語で表現すると「ミノサイクリンはリボゾームの30Sサブユニットに結合し、タンパク質合成を抑制する」となります。 ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)の特徴 テトラサイクリンと呼ばれる抗生物質の構造が元になっている薬をテトラサイクリン系抗生物質と呼びます。 ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)はテトラサイクリン系抗生物質であり、「静菌的な作用(細菌の増殖を抑える作用)」を発揮します。 幅広い細菌に対して効果を有する薬であり、専門用語で表現すると「グラム陽性菌、グラム陰性菌に対して広く効果を有する」となります。 特に黄色ブドウ球菌と呼ばれる細菌に対して強い抗菌力を有します。 肝・腎・肺など、各臓器へ移行することによる抗菌力が優れている薬です。 皮膚感染症の1つであるニキビに対して比較的使用されやすい薬です。 なお、テトラサイクリン系抗生物質は比較的「耐性」を獲得されやすい薬です。 抗生物質が効かない細菌を耐性菌と呼びますが、このような細菌が出現しやすいのです。 そのため、薬の使用には注意しなければなりません。 このような特徴により、細菌のタンパク質合成を阻害することで増殖を抑え、感染症を治療する薬がミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)です。

次の

ミノマイシン通販|ミノサイクリン|ニキビ薬|効果・副作用

ミノサイクリン 市販

特徴 [ ] 抗菌作用 [ ] 主にやの治療に使用され、テトラサイクリン系抗生物質の中でも第一選択となることが多い。 これはと並びが長いため、1日の服薬回数が少なくて済むことと、テトラサイクリン系抗生物質に対するにも効果が期待できるためである。 への活性も有するなど、他のテトラサイクリン系よりも幅広い抗菌スペクトルであるが、予防投与は副作用(や)の問題と耐性のつきやすさのために現在は推奨されていない。 動物のリボソーム80Sには作用せず、細菌のリボソーム70Sに特異的に作用すると報告されている 、のに特異的に作用することから、を有すると報告されている。 適応 [ ] 妊娠中や妊娠の可能性がある場合は他のテトラサイクリン系と同様に選択されない。 に対しては第一選択とならない。 特に8歳未満の小児においての着色や形成不全、また、一過性の骨発育不全などを起こす可能性があるためである。 しかしなどの問題で本剤以外に選択肢がない場合は例外となりうる。 ミノサイクリンに感受性のある菌種は、属、属、、属、、、、、属、属 を含む 、属、、トレポネーマ、属、属、、、、、(が投与できない場合)、()、、、、など、、、、の、ある種のによるの症状など。 適応だけを見ればそうだが、実際には例えばでは2016年には7-8割の例で耐性を持つため、治療薬剤としての推奨にはない。 主な適応症 [ ]• 呼吸器系 、炎、、、、、の二次感染• 感覚系器官 、、、、、化膿性炎• 歯科領域 炎、周囲炎、炎、炎• 全身性感染症 、、 ほか [ ] 患者のに対する 土壇場治療薬としても使用されている。 アメリカ合衆国ではリウマチ学会のホームページに他の治療より効果的でないため一般的には使用されないが、たまに使用されることがあると記される。 動態 [ ] ・・を含有している、または含有製剤によって損なわれるが、を含む食事と同時にミノサイクリンを摂取しても、吸収の程度と時間は、絶食条件下との差は認められなかった。 主な副作用 [ ] 、、 PAN 、 MPA 、自己免疫性、重篤な肝機能障害、 TEN 、 SJS 、 SLE 、、、血液障害。 また、 Sweet's病 や、 、 の報告もある。 アナフィラキシーではない死亡例も報告されている。 肝障害、腎障害、食道通過障害を有していると副作用が強く出る。 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者では、欠乏症状があらわれることがある。 また、他のテトラサイクリン系よりも頻繁に深刻なが報告されている。 、、、がミノサイクリンで多かった。 非免疫性の。 他のテトラサイクリン系よりも高い頻度で突発性亢進を引き起こす可能性があり、頭痛、視野の揺らぎ、目眩、、も起こりうる。 長期使用では、皮膚へのの着色が認められる。 アメリカにおける議論 [ ] 2008年2009年に FDA の () AERS から、潜在的な安全性の問題を特定したと公表があり調査中であるが、服薬の中止を意味するものではない。 ミノサイクリン使用と、、 ()が関連を示した。 異常、発癌性などが米国の添付文書には記載され、男女共にを希望している場合には使用できない。 ヒトへの限られた研究では、形成に有害であることが示唆された。 動物研究では、とが有意に増加した。 コクラン・レビュー [ ] コクラン・レビュー は、のリスクが「10万処方あたり約53症例」と報告し、それは「ざ瘡のためにミノサイクリンで治療した患者は、テトラサイクリン系や治療をしなかった人々よりも、狼瘡様のを発症するリスクが有意に高い」 と結論づけた。 詳細は「」を参照• 尋常性ざ瘡のために長期間使用し、中断したところ関節痛を伴う薬剤誘発性ループス(DIL)を発症したとの報告がある。 血液検査所見は、ミノサイクリン中断から約4ヶ月後に陰性化した。 中枢神経系に関連する副作用には、軽い、(かすみ目や頭痛)、、薬物誘発性のが報告されている。 にきび治療薬として [ ] は(にきび)への有効性が示されているものの 、適応はない。 『尋常性ざ瘡治療ガイドライン2016』では 、2012年の新たなコクランのレビュー を元にとしてミノサイクリンは「推奨度 A*」で推奨され、例えば他の薬剤ドキシサイクリンは「推奨度 A」とは異なる。 有効性が同等とされるドキシサイクリンと比較して、目眩や色素沈着などの副作用の頻度が高く、や DIHS などの重篤な副作用があることが理由である。 また、1970年の文献 を参考に、ドキシサイクリン50mgとミノサイクリン100mgの同等性が示されているとした。 以前の『尋常性ざ瘡治療ガイドライン2008』では 27件の RCT をした文献を根拠として、ミノサイクリン内服を「推奨度 A」で強く推奨していた。 長期の継続使用におけるは存在せず、皮膚粘膜や歯牙への色素沈着には留意が必要であるとされた。 2015年の NICE のガイドラインでは、コクラン・レビュー において、ざ瘡治療の第一選択肢としてミノサイクリンの使用を正当化するエビデンスは認められなかったとされる。 他の一般的なざ瘡治療(他のテトラサイクリン系を含む)よりも有効だというエビデンスはなかった。 ドキシサイクリンよりも重篤な有害作用と関連していた。 様の症候群やなどのは、使用期間と強い関連があった。 他のテトラサイクリン系とは異なり、ミノサイクリンはと関連していた。 ミノサイクリンの徐放製剤が標準製剤よりも安全であることを示すエビデンスはなかった。 2016年の ()のガイドラインでは、以前のガイドラインでは ()を減少させるためにドキシサイクリンよりも優れたミノサイクリンを推奨していた。 しかし、最近のコクラン・レビューではミノサイクリンは有効ではあるものの、他のにきび治療薬より優れていないことが判明している。 レビュー [ ] 2003年のによるシステマティック・レビューでは 、集められた研究レポートは、小規模かつ低品質であった。 尋常性ざ瘡への有効性が示されたものの、他のより優れていると結論付けたのは、深刻な方法論的問題を有していた2つの研究だけであった。 また有害事象の発生率は、研究間で変動が大きく同定できなかった。 他の治療に抵抗を示す、耐性にきびに推奨できる証拠はなかった。 結論として、中等症の尋常性ざ瘡に有効である可能性が高いが、価格と安全性を考慮すると治療の第一選択とするには証拠がなく、また適切な使用量についても同様に推奨することができなかった。 これは2012年に改定された。 12件の新しいRCTが追加されたが結論は同様であった。 中等症、および中等症から重症の尋常性ざ瘡に有効ではあるが、他の治療よりも明確な優位性を示す証拠はなかった。 自己免疫反応の危険性は使用期間に比例しており、また高価な徐放剤が、一般的なミノサイクリン製剤よりも安全であるという裏付けはなかった。 他のテトラサイクリン系と比較して安全性に懸念が残った。 ほか [ ] 2010年の ()の論文。 以前は、のアクネ菌が関与する炎症性ざ瘡に対し、優れた効果を有すると考えられていた。 しかし、ざ瘡の治療においては、他のテトラサイクリン系よりも有効ではないと示されている。 既に的な疾患へ用いられており、抗菌剤としての用途の他に適応が検討されている。 1972年に導入されたミノサイクリンは、ざ瘡の治療において第一線の抗菌剤とはみなされない。 米国におけるざ瘡治療用ミノサイクリン 体重 1日用量 体重1kgあたりの用量 名称 045〜 049 kg 045 mg 0. 92〜1. 93〜1. 92〜1. 95〜1. 94〜1. 95〜1. 92〜1. 99〜1. で行われた、成人男性(健常者)を対象とした臨床試験において、信頼ゲーム ()で強い状態不安が観察され、スコアが低い傾向であった。 1日200mg(朝夕100mg)のミノサイクリン投与群における実験のスコアと、やの尺度との間に相関を認めた。 睡眠への影響。 健康な男子学生での実験では、ミノサイクリン 200mg 単回投与でが明らかに減少し、偽薬に変更後2回の夜も持続した。 は全ての夜で減少しなかった。 小学生の頃からを使用していた17歳の患者(女性)は、などの複数の薬剤で数カ月治療を続けたが目立った効果がなかった。 同大学によるサルの実験で、覚醒剤による () の減少を抑える効果が画像で示された。 動物研究 [ ] ミクログリアを著しく増加させ、を死滅させる。 脳の発達やに影響することが、生きた動物の脳で確認された。 や作用は、 の関与が報告された。 放出抑制作用が示され 、の研究で注目されている薬剤である。 マウスに対する動物実験では、自発運動の抑制が認められた。 ラットに対する動物実験では、一過性の自発運動の亢進が認められた。 また、ウサギに対する動物実験では、脳波に明らかな抑制波の出現が認められる。 ミノサイクリンが、ラットでの恐怖記憶に伴う行動異常を改善させた。 32」がプラセボよりも低く、が良好であった。 28」はプラセボと有意差がなかった。 既存のとの併用である。 45」などが示された。 また、ミノサイクリンが治療抵抗性高血圧症の有望な治療薬であると示唆した。 アメリカ心臓協会に発表された論文によれば、ラットによる動物実験でにおける ()との関連を示したと報告されている。 ミノサイクリンは、腸内細菌叢におけるとの比率を改善し、血圧を下げる。 疼痛 [ ] に対するミノサイクリンの効果を検証する第III相の臨床試験がで行われている。 に対する効果を検証する臨床試験がで行われている。 また、依存症と依存症を併発した患者に対する臨床試験(第III相)も行われている。 脳卒中 [ ] 2007年の研究では発作を起こしてから24時間以内に200mgのミノサイクリンを5日間にわたり服用した患者では、プラセボを服用した患者と比較して、脳機能と発作の激しさが3か月以上にわたって改善されるという結果が出たと報告された。 基礎研究 [ ]• ()阻害• 活性化抑制• 放出抑制• 2-AG 放出抑制• () PEA 放出増加 「」および「」も参照• MMP 1, 2, 8, 9, 13 阻害• 阻害(抗効果)• ・阻害• 遊走阻害• T細胞MMP9阻害• T細胞活性化・増殖阻害• 抗炎症性サイトカイン アップレギュレーション• 発現阻害• 発現阻害 抗炎症作用と神経保護作用 [ ] 近年の研究結果では、ミノサイクリンが、、とくに、、 ALS 、、 といった一連の神経変性疾患に対して、と抗炎症作用を示しうることが報告された。 また、脳の老化に関係している炎症酵素の阻害作用 がかかわっている可能性があり、患者への適用が研究されている。 この効果は、活性化と小膠細胞へミノサイクリンが直接作用することによってもたらされ、その結果、T細胞の小膠細胞との連絡能力を減衰させ、T細胞-小膠細胞によるサイトカインの産生を減少させる。 ミノサイクリンは、のを阻害することにより、小膠細胞の活性化も抑制する。 ミノサイクリンの神経保護は、その抗炎症能とは無関係に機能すると考えられている。 炎症性サイトカイン誘発のに対する遺伝子効果を軽減する。 合成 [ ] ミノサイクリンは、 ()をすることで得られる。 6-デオキシテトラサイクリンは、によって生成することもできる。 注釈 [ ]• 一般的にアナフィラキシーは摂取直後に容体悪化のピークとなる。 海外で報告されたケースは摂取後10時間以上経ってからの死亡であった。 このケースではとが認められた。 それは動物への毒性試験で観察された死因と一致している。 ミノサイクリン以外のテトラサイクリン系は「8. 日本ではミノサイクリン誘発性ループスの報告は少ない。 この症例は、ミノサイクリン誘発性ループスを考慮することの重要性を強調した。 、 ()• Minocycline ERはジェネリック品()である。 Solodynはブランド品(先発品)である。 の研究者らによる。 , 20nM• Chopra, M. Roberts 2001. pdf. 65: 232. 2016年6月15日閲覧。. PMDA. 2015年11月. 2016年10月23日閲覧。 PMDA 2015年1月. 2016年10月23日閲覧。 日本性感染症学会「」 pdf 『日本性感染症学会誌』第27巻1 Supplement、2016年11月、 61頁。 2016年5月7日閲覧。 PMDA. 2016年11月. 2016年12月22日閲覧。 大村 咲、 ほか 2014. 107 8 : 639-43. 2016年10月23日閲覧• Wang DD, et al. 2012-7. 24 3 : 314-8. Lebrun-Vignes B, et al. 2012-6. BJD 166 6 : 1333-41. Nast A, et al. 2012-2. JEADV 26 1 : 1-29. Pollock AJ, et al. 2016-04-05. s0022-3476 16 : 415-7. Sweet, Richard L. 2001. Infectious Diseases of the Female Genital Tract. 4th ed. Lefebvre N, et al. 2007-05-18. 1: 22. Hanada Y, et al. 2016-01-29. 3 1 : ofv107. FDA• FDA• 2003-01-20. 1 : cd002086. 2012-08-15. 8 : cd002086. David Phizackerley. 2013-05-01. 花井 俊一朗, ほか 2015-9. アレルギー 64 9 : 1269-73. Cohen P. 2004-1. 97 1 : 70-3. pdf. 『』 126 6 : 1045-86. Gerd Plewig, et al. 1970-4. 101 4 : 435-8. 林伸和、 ほか 2008. pdf. 『』 118 10. 2015年1月. 2016年9月11日閲覧。 Zaenglein AL, et al. 2016-5. JAAD 74 5 : 945-973. e33. Falk Ochsendorf, et al. 2010. ACJD. 11 5 : 327-41. 2016年6月7日閲覧。 [ ]• 2011年6月29日. 2016年2月22日閲覧。 2011年6月29日. 2016年2月22日閲覧。 Takahiro A. Kato, Motoki Watabe, Sho Tsuboi, Katsuhiko Ishikawa, Kazuhide Hashiya, Akira Monji, Hideo Utsumi, and Shigenobu Kanba 2012-07-13. 7 7 : e40461.. Nonaka K, Nakazawa Y, Kotorii T 1983-12-12. 288 1-2 : 253-9. Press Net Japan Co. ,Ltd 2010年12月14日. 2016年6月7日閲覧。 [ ]• : - 2016年12月22日閲覧• 2016年12月4日閲覧• Hashimoto K, et al. 2007-03-01. 61 5 : 577-81. 2016-10-05. - NIPS 、、 AMRD• Miyamoto A, et al. 2016-08-25. 7: 12540. : - 2016年12月22日閲覧• Lopez-Rodriguez AB et al. 2013-9. 25 1 : 35-45. Tang J, et al. 2015-04-02. : 1-14. Parvathy SS, et al. 2015-06-18. 5: 10541. 2007-9. 32 9. Inta D, et al. 2016-06-27. - 2016年12月4日閲覧• Oya K, Kishi T, Iwata N 2014-09-04. 29 5 : 483-91. Xiang YQ, et al. 2016-12-02. S0924-977X 16 : 32002-8. YanFei Qi, et al. 2016-9. アメリカ心臓協会(高血圧). 68 1. YanFei Qi, et al. 2016-11. アメリカ心臓協会(循環). 134 1. Tao Yang, et al. 2015-6. (高血圧). 65 6 : 1330-41. Tao Yang, et al. 2015-1. アメリカ心臓協会(高血圧). 65 6 : 1331-40. 2014年2月1日. 2016年12月26日閲覧。 2016年7月. 2016年12月27日閲覧。 2015年9月. 2016年12月27日閲覧。 Lampl Y, et al. 2007. 69 14 : 1404-10. Alano CC, et al. 2006-06-20. 103 25 : 9685-90. Kazuhide Tsuneizumi, et al. 2008. [ ]. - 2016年12月22日閲覧• 2001-06-15. 166 12 : 7527-33. Tikka T, et al. 2001-04-15. 21 8 : 2580-8. 2009-07-01. 5: 35. Yu R, et al. 2016-4. 103: 1-15. 2016-10. 64 10 : 1788-94. プレスリリース , National Institute of Health, 2006年2月23日 ,• Chen M, et al. 2000. 6 7 : 797-801. Nirmalananthan N, et al. 2005. 18 6 : 712-9. Song Y, et al. 2004-10-05. 15 14 : 2181-4. Chu LS, et al. 2007-6. Acta Pharmacologica Sinica APS. 28 6 : 763-72. Uz T, et al. 1998-04-01. 12 6 : 439-49. Giuliani F, et al. 2005. 78 1 : 135-43. Maier K, et al. 2007. Neurobiol. Dis. 25 3 : 514-25. Vay SU, et al. 2016-2. 94 2 : 149-60. 2005年8月11日. 2016年9月29日閲覧。 関連項目 [ ]• (ミクログリア)• (PACAP) 外部リンク [ ]• :drugs. com• :medicinenet. com• :()に対する臨床試験• :にきび治療でミノサイクリンを飲み亡くなった英国のShaun Jonesさんに関するページ.

次の

ミノマイシン 市販 ニキビに効く抗生物質

ミノサイクリン 市販

ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 スピロヘータ感染症(総論) マイコプラズマ肺炎 肺炎 ツツガムシ病 子宮付属器炎 オウム病 ライム病 クラミジア性感染症 ブルセラ症 野兎病 細菌性肺炎(総論) 骨盤内炎症性疾患(PID) ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」の主な効果と作用• 病気( 感染症)の原因となる菌を殺すお薬です。 テトラサイクリン系の 抗生物質です。 細菌のタンパク質の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあります。 ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」の用途• 上顎洞炎• 外耳炎• 外傷の二次感染• 化 膿性• 子宮内感染• 歯冠周囲炎• 歯周組織炎• 手術創の二次感染• の二次感染• 慢性膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 感染性腸炎• つつが虫病• 深在性皮膚 感染症• 表在性皮膚感染症• 細菌性• 慢性呼吸器 病変の二次感染• <急性症>• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 浮腫、過敏症、四肢浮腫、蕁麻疹、皮膚色素沈着、爪色素沈着、粘膜色素沈着、光線過敏症、急性熱性好中球性皮膚症、眩暈感、頭痛 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、全身潮紅、呼吸困難、血管浮腫、顔面浮腫、喉頭浮腫、意識障害、紅斑、全身性紅斑性狼瘡様症状の増悪、SLE様症状の増悪、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、発熱、倦怠感、体重減少、関節痛、網状皮斑、しびれ、自己免疫性肝炎、抗核抗体陽性、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形紅斑、剥脱性皮膚炎、そう痒感、眼充血、口内炎、薬剤性過敏症症候群、発疹、リンパ節腫脹、肝機能障害、臓器障害、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、ヒトヘルペスウイルス6再活性化、HHV-6再活性化、ウイルス再活性化、血液障害、汎血球減少、無顆粒球症、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、貧血、溶血性貧血、重篤な肝機能障害、肝不全、急性腎障害、間質性腎炎、間質性肺炎、PIE症候群、咳嗽、労作時息切れ、膵炎、痙攣、精神神経障害、出血性腸炎、偽膜性大腸炎、重篤な腸炎 上記以外の副作用 しびれ感、AST上昇、ALT上昇、肝機能検査値異常、黄疸、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害、嘔吐、下痢、舌炎、便秘、味覚異常、肛門周囲炎、歯牙着色、舌変色、BUN上昇、菌交代症、感染症、ビタミンK欠乏症状、低プロトロンビン血症、出血傾向、ビタミンB群欠乏症状、神経炎、頭蓋内圧上昇、複視、うっ血乳頭、大泉門膨隆、聴覚障害 ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」の用法・用量• 初回投与量をミノサイクリンとして、100~200mg(力価)とし、以後12時間ごとあるいは24時間ごとにミノサイクリンとして100mg(力価)を経口投与する• なお、患者の年齢、体重、症状などに応じて適宜増減する ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 肝障害• 経口摂取の不良• 食道通過障害• 腎障害• 全身状態の悪い• 非経口栄養 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 高齢者• 幼児・小児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 小児 0歳〜14歳• 歯牙形成期にある8歳未満の小児 0歳〜7歳 ミノサイクリン塩酸塩錠50mg「サワイ」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 カルシウム経口剤 本剤の吸収が低下し効果が減弱 マグネシウム製剤経口剤 本剤の吸収が低下し効果が減弱 アルミニウム<服用> 本剤の吸収が低下し効果が減弱 ランタン<経口> 本剤の吸収が低下し効果が減弱 鉄剤<服用> 本剤の吸収が低下し効果が減弱 血液凝固阻止剤 血漿プロトロンビン活性を抑制 ワルファリンカリウム 血漿プロトロンビン活性を抑制 スルホニルウレア系薬剤 血糖降下作用が増強 メトトレキサート製剤 作用が増強 ポルフィマーナトリウム 光線過敏症 ジゴキシン<服用> 作用を増強し中毒症状 黄体・卵胞ホルモン混合製剤 効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 経口避妊薬 効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 外用剤を除くビタミンA製剤 頭蓋内圧上昇 外用剤を除くパルミチン酸レチノール 頭蓋内圧上昇 外用剤を除くエトレチナート 頭蓋内圧上昇 外用剤を除くトレチノイン 頭蓋内圧上昇 飲食物との組み合わせ注意• アルミニウムを含むもの• カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>• ビタミンAを含むもの<レバー、あんこう、うなぎ、あゆ、海苔 など>• マグネシウムを含むもの<海苔、わかめ、バジル、昆布、ひじき など>• 鉄分を含むもの<バジル、海苔、あゆ、ひじき、あさり など>.

次の