ワンピース 海賊 無双 4 最強 キャラ。 海賊無双4のプレイアブルキャラってこれだけなんですか?

海賊無双4のプレイアブルキャラってこれだけなんですか?

ワンピース 海賊 無双 4 最強 キャラ

「あのキャラは参戦するのか?」、「使えるならどんな性能に?」など、気になるよね! この記事では、海賊無双シリーズを全作プレイしたワンピースオタクの僕が、 海賊無双4の新規のプレイアブルキャラ予想など、海賊無双4の妄想という名の予想を語っていく。 現時点で確定しているプレイアブルキャラまとめ ホーキンス、カタクリ、キャロット、キャベンディッシュ、バルトロメオ、ビッグマム、カイドウ、レイジュ、イチジ、ニジ、ヨジ。 現時点で既に10人のキャラが使える。 発売日までまだ期間があるから、新規プレイアブルは15~20人くらいと期待できるかな? 海賊無双4の発売日は2020年3月26日に決定! 確実に来るであろうキャラ まずは手堅く、こいつは確実に使えるであろうキャラを紹介していくよ。 ビッグ・マム(シャーロット・リンリン) 絶対的な存在である四皇の1人にして、現在盛り上がりを見せているワノ国編でも活躍中のビッグ・マム。 PV第一弾でも登場しており、もはやプレイアブルでない理由が見つからない。 体の大きさから登場できないのではという懸念もありそうだけど、モリアやくまが普通に使えるから、問題はないはず。 ビッグ・マムといえば、単純な体術だけでも四皇幹部クラスを瞬殺し、しかもソルソルの実の能力を駆使した天候操作などが可能という、四皇の名に恥じないハチャメチャな強さだ。 これまでの海賊無双は、作中でのキャラの強さ=ゲーム内の強さとする節があったから、弱く設定されることはないと思う。 原作で見せたような、圧倒的な無双っぷりをゲームでも体感したいなあ。 【追記】ビッグマムプレイアブル確定! シャーロット・カタクリ やはりというべきか、 プレイアブルが確約されたカタクリ。 モチモチの実は広範囲の攻撃もたやすく、技の種類も豊富だ。 性能的にはルフィー君の上位互換になりそう。 見聞色の覇気による未来予知はカウンター技として採用されそうだけど、攻撃されそうになったらスローモーションになるのも良さそう。 ……さすがにそれは強すぎるか。 ファンからの人気が強く、ルフィー君が超えるべきキャラの1人として描かれていたため、海賊無双4における目玉キャラの1人となりそうだ。 【追記】ペロスペローも参戦決定! プレイアブルかは不明だが、シャーロット・ペロスペローも海賊無双4には登場が決定した! カイドウ陣営はどうなる? カイドウは参戦が決定したが、部下に関しては不明。 ちなみに海賊無双4のロゴの左下には棍棒と剣がある。 カイドウの武器は棍棒。 つまり海賊無双4では、 カイドウ・ビッグマムとの戦いがメインと読み取れる。 ただ現状、カイドウは原作でもほとんど戦闘描写がない。 また龍形態をどうするのかなど、いろいろと課題が多い。 発売が2020年の末頃ならプレイアブルキャラでもワンチャン期待できそうだけど、おそらくNPC……それもモリア戦で登場したオーズのような、 専用ボスキャラで登場しそう。 そうなったらラスボス枠かなと思う。 キング・クイーン・ジャックについて カイドウの部下である三害だけど、カイドウがプレイアブルにならないなら、こいつらも望み薄い気がする。 全員能力とかは判明しているけど、戦闘描写がカイドウ同様少なすぎる。 可能性があるとしたら、ジャックかなあ。 ワノ国編だけでなく、ゾウ編でも登場しているから、NPCのボスキャラという立ち位置で出そう。 【追記】旱害のジャックが参戦決定! 海賊無双4のムービーにジャックが映っていた。 プレイアブルかは不明だけど、NPCとしての登場は期待できそうだ。 NPCから昇格しそうなキャラ 海賊無双シリーズには、重要キャラで固有モーションがあるけど、なぜか使えないNPCキャラがいる。 2と3ではNPCから昇格したキャラが複数いたので、 海賊無双4でも昇格組のキャラは出てくるだろう。 2ボン・クレー NPCからの昇格組としてはかなりの有力株。 クロコダイルの部下にして、インペルダウン編でも大活躍したため、プレイアブル可する可能性は高いはず。 難点があるとしたら、マネマネの実が無双ゲーと相性が悪い点くらいかなあ。 ホーディ・ジョーンズ グランドライン以降のボスキャラの中では、数少ないNPC止まりのキャラ。 魚人島編の人気というか、評価が微妙なせいでプレイアブルになるかは微妙だけど、東の海のキャラよりは優先順位が高そう。 ワポル 来ないようで意外と来そうなキャラ。 というのもつい最近原作で再登場したため、レヴェリーのステージが実装されれば、ひょっこり使えるかも。 ワイパー 空島編でしか出番がないキャラだけど、空島編ではエネルしかプレイアブルキャラがいないため、NPCから昇格しそうではある。 個人的にはワイパーを使ってエネルや神官たちを倒してみたい……。 東の海のボスたち アルビダ、クロ、クリーク、アーロンといった東の海の猛者たち。 初期のボスということで可能性は薄そうだけど、ワンピースのボスキャラといえばこいつらを思い浮かべるし思い入れがあるよね。 新規参戦キャラを予想 実装されるかは微妙だけど、プレイアブルになってもおかしくないキャラをまとめてみた。 冥王シルバーズ・レイリー 調べた限り、ファンからの要望が非常に多かったキャラ。 原作での戦闘描写がほとんど出ていないキャラだから難しいとは思うけど、シャンクスの例を考えると出てもおかしくないのかな? もし出るなら、他のキャラ……特にシャンクスや白ひげとのやり取りが気になるよね。 センゴク元帥 頂上戦争では重要キャラだけど、実はNPCですらないキャラ。 センゴクが放った衝撃波の正体とでもいうべきものが原作で明らかになったので、出そうと思えば出せそう。 プレイアブルになれるかは微妙だけど、さすがにNPCとしてはそろそろ登場してほしい。 ネフェルタリ・ビビ 麦わらの一味のメンバーであり、アラバスタ王国の王女という超重大キャラ。 貴重な戦える女性キャラなのだが、なぜか今までNPCにすらなれなかった謎の不遇枠。 おそらく制作側も出し渋っていたと思うけど、そろそろ出しても良いのでは? レヴェリーで再登場も果たしたことだし、出さない理由はないはず。 正直そんなに強くはないと思うけど、アクション自体はけっこう面白そう。 超新星について 今のところ超新星の中で登場しているのは、ルフィーとローのみ。 キッドやドレークですらNPCにすらなっていない。 ドレークの登場自体は確定していたけど、プレイアブルというよりはNPCでの実装に感じられた。 キッドやドレークはワノ国編で出番があるけど、原作でもまだ本領を発揮していない。 プレイアブル化は5まで引っ張りそうな気がする。 【追記】バジル・ホーキンス参戦! 個人的には一番意外なチョイス。 ホーキンスが登場するということは、今作で超新星が一気にプレイアブルとして来るか? ドレスローザ編のキャラ 前作海賊版では中途半端なところで終わったドレスローザ編。 4ではがっつりステージを用意できそうだから、追加のプレイアブルやNPCも多くなりそう。 手堅いところだと、人気キャラであるバルトロメオはプレイアブルで確実かなあ。 他にプレイアブルになりそうなキャラを挙げると、 ・キャベンディッシュ ・レベッカ ・コアラ ・ベラミー ・ベビー5 ・バージェス 正直誰が来ても違和感がないし、陣営がそれぞれ違うから、全員プレイアブルでも良さそうだけど、海賊無双はキャラの追加がかなり渋めだからあまり期待できないかなあ。 この2人はONE PIECEの最新映画スタンピードでも登場したあたり、今後原作でも再登場が期待できる。 ホールケーキアイランド編 おそらく海賊無双4の目玉ステージになりそう。 先に語ったビッグ・マムとカタクリはほぼ確実に来るとして、後プレイアブルキャラで来そうなのはキャロットかなあ。 スーロン化が無双との相性も良さそうだし、ワノ国編での活躍も期待できるから、いきなりプレイアブルでもおかしくない。 【追記】キャロットのプレイアブル化は確定! ペロスペローやクラッカー、ベッジ、ジェルマはNPCなら、ギリギリワンチャンありそう。 ホールケーキアイランド以降のキャラは、ワンピースのコンシューマーゲームでは初の実装となるから、どんな風に再現されるか楽しみだね。 追記:まさかのジェルマ参戦 ジェルマはNPCかと思いきや、まさかのイチジ・ニジ・ヨジ・レイジュの4名がプレイアブル枠として参戦が決定。 ジェルマはレイジュかジャッジがワンチャンあるかと思いきや、 まさかの4人も一気に出るのは完全に予想外……。 ワノ国編のキャラたち ワノ国のステージ自体は実装が確定している。 ただカイドウ陣営ですらプレイアブルになるか怪しいから、NPCでもあまり期待できなさそう。 可能性があるとしたら、オロチ、狂四郎、鎌ぞう辺りか。 PVにはオリジナル展開とあっった。 海賊無双3のドレスローザ編のように、カイドウが登場するワノ国編はゲームオリジナルの展開になりそうな気がする。 劇場版のボスキャラたち 海賊無双ではまったく触れられてないけど、劇場版のキャラも出してほしい。 出る可能性があるとしたら、シキ、ゼファー先生(ゼット)、テゾーロ、そして新作映画で登場するバレットの4人。 特にゼファー先生は3の頃からプレイアブルの要望が多く、個人的にはぜひ出してほしいけど、劇場版でしか関わってこないキャラだから難しいかなあ。 もしも出るとしたら、 時期的にバレットが一番可能性がありそう。 ギア4(ギアフォース)の実装 前作海賊無双3はタイミングが悪かったため、ドレスローザ編があるにも関わらず実装されなかったギア4だけど、海賊無双4ではようやく使える。 ギア4にはバウンドマン、タンクマン、スネイクマンの3種類の形態が今のところあるけど、個人的に楽しみなのがバウンドマン。 正直見た目はダサいけど、ゴムの弾力を利用した機動力が無双との相性が良さそう。 イメージとしては、周りの雑魚を蹴散らしつつ、遠くのボスに接近して攻撃といった感じ。 やっぱり1つのステージでずっと同じキャラを使っていると飽きが来る。 というのも海賊無双3の藤虎は、R1を最大までためるだけで、 敵拠点を制圧できて絆ゲージも一気に貯まる隕石を落とせる。 これが強いというか、もうゲームバランスを完全に破壊している。 「もう他のキャラを使う意味がないじゃん……」という心境になってしまうため、さすがに弱体化しないとマズイ。 さすがに調整はされると思うけど…… 【まとめ】海賊無双4でプレイアブルになりそうなキャラは? 長々と妄想を語ったけど、僕の予想はこんな感じ。 新規プレイアブル確定 ジェルマ66、ホーキンス、カタクリ、キャロット 新規プレイアブル予想 ビッグ・マム、バルトロメオ、レイリー、ビビ、キャベンディッシュ NPCからの昇格キャラ予想 ワポル、Mr. 2ボン・クレー、ホーディ 海賊無双2から3での新規プレイアブルキャラが10人。 海賊無双4も新規プレイアブルキャラは10人くらいが妥当かな? まだ予約が始まっていないけど、こういう考察だったり妄想を考えたりするのが一番楽しかったりする。 早く続報出ないかなあ~。

次の

海賊無双4が超楽しかったので感想を書くけどこれワンピースゲームでの最高傑作じゃないの?|にんにくインコ

ワンピース 海賊 無双 4 最強 キャラ

PS4版ならロード時間は気にならない 海賊無双4について調べるとロードが長いと聞くことがありますがほとんど気になりません。 PS4のProを使っているからかな? Switch版の場合は本体のスペックの事もありロード時間が長いみたいです。 必殺技の後の「ドンッ」が無くなったのはマイナス 海賊無双3の時は必殺技の後に 130KOなどからの 「ドンッ」 って感じで表示されてたんだけど4だとそれが無くなっちゃった。 あの「ドンッ」ってやつ好きだったのに無くなっちゃったのは悲しいかな。 必殺技の後の「ドンッ」をなぜ無くしてしまったのだろうか。 壊せるオブジェクトがあるのも良い 海賊無双4では壊せるオブジェクトが多くある。 一部の家などの建物、木箱などなどを技に巻き込んで壊れるだけでも大幅に爽快感がアップ。 ロケットランチャーで建物を壊せるゲームとかで建物を吹き飛ばすと 「イエーイ!」 ってなるじゃん? 気分的にはあんな感じだね 笑 ちなみにカイドウやビッグマムなどの巨大キャラクターの場合はオブジェクトにぶつかるだけでも壊れます 笑 コインでキャラ強化なので3よりやりやすい 海賊無双4ではレベルシステムからコインとお金でステータスを強化するシステムに変わりました。 そのため一切戦っていないキャラでもステータスカンストが可能になったので3よりやりやすくなりました。 海賊無双3では50レベル未満はベリーでレベル上げができて 50レベル以上は実際に戦ってレベルをあげないと強く出来ないし 限界突破もSランク専用コインなどでわりとめんどくさい要素が多かった印象がある。 海賊無双4はSランク専用コインなどのめんどくさい要素がなくなったので快適。 システム的にもコインとベリーに変更したのはとてもいいと思うよー! カメラワークが致命的に悪い時がある カメラワークの問題で画面がわけわからん時は多々ある。 無双ゲームはごり押しゲームなのでカメラワークの悪さが命取りってわけでもないからプレイにはそこまで影響はない・・・・はず。 けれどやっぱりカメラワークの悪さは気になるかな。 超高難易度はシビアなゲームなのでカメラワークの悪さでキレる人もいるかも? リストラキャラとか酷くない? 海賊無双4では前作の海賊無双3から• ナミ 2年前• ウソップ 2年前• チョッパー 2年前• ロビン 2年前• フランキー 2年前• ブルック 2年前• ペローナ• モリア• エネル• カープ• マゼラン• シーザー などがリストラされております。 代わりにカイドウやビッグマムなども増えていて キャラのトータル数では4のがキャラは多い。 実際ルフィ達の2年前は2年後が解禁された時点で使わなくなるからリストラされててもまあ別にいいんだけどね。 でも3のキャラはいれとけやって思うwww やりこみ要素は少なめ 海賊無双4には3の時のドリームログの代わりにトレジャーログというのがあります。 ドリームログと中身は変わらずいろいろなミッションを進めてく~的な感じ。 やってることは3と変わらないのでコインとお金で強化したらすぐ飽きそうではあるね。 4はトレジャーログとメインストーリー 後はお金集めとコイン集めぐらいなのでわりと早くやること無くなりそう。 「アクション減ったのかよ。 糞かよ」 なんて思うかもしれないけど 空中技が追加されてたりもするのでトータル的にはアクション増えてると思います。 カイドウがチートキャラで笑える 原作でも最強生物と言われていたカイドウさんが海賊無双4に降臨。 強さがおかしいレベルで強い 笑 操作していて楽しいのはゾロとかルフィのが上だけど カイドウさん、まじで強い。 スカイタイプのキャラが使ってて楽しい スカイタイプのキャラは本気バーストにすると常に飛んでるのが好き。 サンジとかルッチだと月歩で空中を走るからかっこいいぜ キーコンティングがあるのは良いね R1とR2を変更したり L1とL2を変更したり 好きなボタン配置に出来るキーコンティングが実装されてるのはとてもいい。 気になる部分はもちろんあるけれどアップデートで気になる部分も少しずつ改善されていくかもしれないからね。 ちなみにオフライン専用でも全く問題ないですし、オンライン専用要素は何もありません そんな感じかな? 買って後悔はしてないし楽しいぞ!.

次の

ワンピース海賊無双4 強キャラランキング。各キャラの評価

ワンピース 海賊 無双 4 最強 キャラ

『ワンピース』とコラボレーションした『海賊無双』の最新作、『海賊無双4』も2020年3月26日に発売が予定されていて、私も個人的にとても楽しみにしているゲームの1つです。 『海賊無双』の世界観とマッチした爽快感と一騎当千 様々な展開を見せている無双シリーズですが、『簡単な操作で一騎当千のアクションが楽しめる』とはいえ3Dのアクションゲームですし、もしかしたら『何となく難しそう…』と敬遠していた方も多いのかもしれません。 無双はボタンを連打するだけで強力な連続攻撃が繰り出せますが、パッと見では大勢の敵キャラにただ囲まれているようにも見えますし、実際に多少は操作に慣れていないと道に迷ってしまったり、ボス相手にてこずってしまう事も確かによくあります。 また、シリーズのベースとなる『真・三國無双』や『戦国無双』が歴史をモチーフとしていたため、登場人物の名前やストーリーがなかなか把握しにくい部分もありました。 そんな『何となく難しそう』なイメージもある無双シリーズですが、 まだあまり遊んだ事のない初心者にこそ、個人的にはこの『海賊無双4』がオススメ!という理由を今回はまとめてみようと思います!• 原作に詳しくない人でもストーリーを把握しやすい 先ほども書いたように『真・三國無双』や『戦国無双』は史実をベースにしているので、歴史が得意でなければ、初見では物語の把握がどうしても難しくなってしまいます。 登場人物も『織田信長』や『豊臣秀吉』といった大名なら誰でも知っていますが、シリーズが続けば続くほど『片倉小十郎』や『小早川隆景』など地方の武将も少しずつ増えていて、戦国時代が好きでなければ『聞いた事もない…』という方も少なくないと思います。 『海賊無双』は週刊少年ジャンプで連載されている『ワンピース』を題材にしたゲームなので、こちらも原作を知らなければストーリーが分からず、物語が深く楽しめない…と不安に感じるかもしれません。 しかし『海賊無双』は三國無双や戦国無双とは違い、 『ルフィ』という明確な主人公がいる事で視点があまりブレず、『麦わらの一味』を中心にどのような出来事があったのかが分かりやすくなっています。 また、ワンピースは様々な島を巡って冒険をするという物語の構成上、1つ1つのエピソードが明確に分かれているので、 あまり過去のストーリーを知らなくてもそれぞれ独立したエピソードとして楽しめる利点もあります。 もちろん話の流れを知っている方がより楽しみは増えますが…、こういったアニメや漫画とコラボレーションした無双は『原作を知らない人でも楽しめる事』を意識していて、しっかりと物語を理解できるように工夫しているとコメントされているので、最近のワンピースを見ていなかった方でも問題なく楽しめるハズです。 これまでの『海賊無双』は1つのエピソードにつき1つのステージでしたが、 『海賊無双4』では1つのエピソードでも4~5つのステージに分けられていて、更に没入感の高いストーリー構成になっているそうです。 今まで1話にまとめられていた『アラバスタ編』や『ドレスローザ編』なども今作はより事細かに描かれていて、『ビビ』や『レベッカ』といったキャラクターまで登場するようなので、原作を知らない方でも登場人物や話の流れが理解しやすくなっています。 ワンピースが『一騎当千』のイメージと噛み合っている 無双と言えば『一騎当千の爽快感』が魅力ですが、個人的にはこの 『海賊無双』が無双シリーズの中でも、もっとも原作のイメージに噛み合っていると思います。 『真・三國無双』や『戦国無双』が無双シリーズの始まりではありますが、言うまでもなく三国志や戦国時代の人物はどんな豪傑であっても、本来1人で100人もの敵を打ち倒す事はできません。 もちろん『ゲームだから』といえばそれまでなのですが…、仮にも歴史をベースにしたストーリーなので、たった1人の武勇で戦場を支配できてしまう事にツッコミを入れたくなるのもちょっと分かります。 一方でワンピースは海賊や海軍を相手にした総力戦も度々あり、時には本当に100人くらいの敵を倒していても不思議ではないので、そういった意味では 『無双である事の違和感』をほとんど感じません。 また、無双の世界では圧倒的な力を持っていながら鍵のかかった扉が開くまで足止めされたり、些細な障害物に引っかかって思うように進めなかったり…なんて事もありますが、『海賊無双4』では戦場を破壊して敵を巻き込む『破壊アクション』が新しく実装されたので、邪魔な建物などを壊しながら進む事もできるそうです。 これも原作では建物を壊して近道をしたり、扉を壊して建物に侵入したりするシーンがあるので、無双の派手な演出が特に過剰という訳でもなく、 まさにワンピースのイメージをそのままゲームに落とし込めていると思います。 無双の中でも際立つキャラクターの個性と爽快感 無双シリーズにおいてはプレイアブルキャラクターの数がまず注目されますが、ただ『数が多い』というだけでなく、それぞれのキャラクターの個性も大きなポイントです。 その点ワンピースは『悪魔の実』による特殊能力を持ったキャラクターが多く、主人公のルフィからして『ゴムゴムの実』の能力で手足を自由に伸ばせますし、他にも体を炎や砂に変化させる、体をバラバラに分離して攻撃する、動物に変身する…などなど、 他の無双ではなかなか実現できないであろう個性がいくつもあります。 例えば剣を持ったキャラクターであれば、当然ですが本来はその剣の範囲にしか攻撃が届かないのですが、こういった悪魔の実の能力があるからこそ規格外の攻撃も取り入れやすく、周囲の敵を一掃する爽快感が実現していると思います。 その能力が原因でむしろトリッキーになっている上級者向けのキャラクターもいますが…、それはそれで使いこなせるとかなり複雑なアクションもできるようになるので、使いやすいキャラクターから少しずつステップアップしていけばより楽しみが広がります。 純粋なキャラクターの数だけで比較すれば歴史の長い『真・三國無双』や『戦国無双』の方がリードしていますが、 他の無双ではあり得ないようなアクションを体験したいのであれば、この『海賊無双4』が最適ではないかと思います。 圧倒的なサイズ感から生まれる遊びやすさ 無双では100人、200人と敵を倒すために様々な攻撃を繰り出していきますが、すべての攻撃が必ずしも強力だとは限りません。 攻撃範囲が広い代わりに威力が小さかったり、逆に攻撃力は高い代わりに一騎打ちに向いていたり…、状況に応じて攻撃を使い分けるのも1つのテクニックです。 しかし、強力な攻撃を出すにはコンボを繋げるために最初に範囲の狭い攻撃を出さなければならなかったり、ボタンの組み合わせが複雑だったりと、初心者には少し難しい要素でもあるかもしれません。 ところが、『海賊無双4』では 『カイドウ』や『ビッグ・マム』といった規格外な巨大サイズのプレイアブルキャラクターも存在し、まさに圧倒的な範囲の攻撃で多くの敵をなぎ倒す事ができるようです。 公式サイトによればどちらもトップクラスの強さを持った豪快なキャラクターで、 なかなか連続攻撃を上手く当てられない初心者でも扱いやすく、誰でも簡単な操作で一騎当千の活躍が楽しめます。 どれだけのキャラクターが最初から使えるかはまだ分かりませんが、近年の無双は全体的に隠しキャラの解放条件も優しくなっている印象なので、素直にストーリーモードをクリアしていけば意外と早い段階で強力なキャラクターも使えるようになるのかもしれません。 他にも、『海賊無双3』から引き続き登場する『白ひげ』は前作と比べてみれば明らかにサイズが大きく、それだけ攻撃範囲も広くなっているようなので、 既存のキャラクターも使いやすいようにテコ入れがされていそうです。 ゲーム機本体のスペックが上がれば上がるほど、1画面に表示される敵キャラクターの数も多くなっていくので、それに合わせて攻撃範囲やエフェクトも強化して爽快感と難易度のバランスを取っているのではないかと思います。 また、巨大なキャラクターの実際の使い心地も気になりますが…、一般的な人間のサイズでありながら原作で最強の一角でもある『シャンクス』や『ミホーク』などがいかに強化されているのか…、そちらも今から楽しみです。 シンプルで分かりやすく、迷いの少ないマップ 無双を敬遠してしまう理由の一つに、マップが広くて迷いやすい…というのが挙げられます。 ワラワラと集まる敵をぶっ飛ばすのが無双の最大の面白さなのに、 マップで迷ってしまってなかなか敵のいる場所にたどり着けない…ともなれば、確かに楽しみは半減です。 特に『真・三國無双』や『戦国無双』では歴史上に実在した戦いをモチーフにしているので、その戦場に合わせて意図的に複雑になっているマップもありますし、ステージによっては落石計や火計などの作戦のために高所を陣取ったり、入り組んだ場所にある砦を制圧したり…、あちこちと動き回る必要も時にはあります。 それに対し『海賊無双』に複雑な作戦はそこまで多くなく、『指定された敵を倒す』『敵の拠点を制圧する』など単純なミッションがほとんどなので、あまりマップを右往左往する必要はありません。 逆にいえばゲームとして戦略性が薄い…という捉え方もできますが、そもそもワンピースの世界観で『戦略』や『謀略』を重視するのもイメージと合わないので、これはこれである意味原作らしさが出ていると思います。 また、先ほども紹介したように今作では建物などを壊せる『破壊アクション』が取り入れられているので、例え地形が分かりにくかったとしても、邪魔な障害物を破壊すれば移動もしやすくなる…のかもしれません。 作戦の成功を狙って奔走するのも上手くハマると楽しいのですが…、 とにかく目の前の敵をぶっ飛ばしたい!という初心者の方には、まずは『海賊無双4』がシリーズの入り口としてオススメです。 原作のイメージ通りの爽快感が楽しめる1本 という訳で、今回は無双の中でも初心者には海賊無双がオススメ!という記事を書いてみました。 もちろん他の無双シリーズも十分オススメなのですが、ワンピースはとにかくそれぞれのキャラクターの個性が強いので、実際に動かしたときの面白さは随一ではないかと個人的には思います。 『海賊無双4』では戦場を破壊し敵を巻き込む『破壊アクション』や、空中を動き回りながら攻撃を叩きこむ『空中無双アクション』が新しく実装されていますが、歴史上の人物をベースにした『真・三國無双』『戦国無双』での実装はさすがに難しそうなので…、これも『海賊無双』特有の爽快感になりそうです。 あれだけ大勢の敵に囲まれている中でちゃんと戦えるのか不安に思い、なかなか手を出せず敬遠していた方も多いかもしれませんが、昔の無双に比べれば今の無双はアクションも強化されていて、 本当に簡単な操作で一騎当千の快感を味わえるようになっています。 いきなり歴史をモチーフにした無双に手を出すよりは、原作を少しでも知っていればこちらの方が間口も広いと思いますので、気になる方は是非1度チェックしてみてください。

次の