関東 プチ 旅行。 1泊2日旅行におすすめ!関東近郊の観光地10選〜プチ旅行を楽しもう〜

東京発プチ旅行!都内から日帰りで行ける人気観光スポット15選

関東 プチ 旅行

東武ワールドスクエアは、園内で世界遺産をはじめとする世界的に有名な建築物のレプリカを堪能することができます。 都心から栃木県へ、さらに世界へと飛んだ気分になる観光スポットなので、関東内外からたくさんの人が集まってくることが特徴です。 日帰りで各地に世界旅行に行けるようなわくわく感がうれしいですよね。 大人から子どもまで、みんなが楽しめるスポットにぜひ足を運んでみてくださいね。 レストランは洋食やピザのほか、ドイツのソーセージやビールを含むバーベキュー施設もあり、昼間からおいしいビールが飲みたい大人にぴったりのスポットですね。 他にもアミューズメントエリアやこども動物園など子どもが楽しめるエリアも盛りだくさんで、日帰りでも非常に欲張りな休日を過ごすことができます。 【所在地】 千葉県袖ケ浦市永吉419 【営業時間】 時期による 【定休日】 無休 【入場料】 大人:800円 子ども:400円 【アクセス】 ・車:館山自動車道姉崎袖ヶ浦ICから約3km(5分) ・電車:袖ケ浦駅から路線バス「東京ドイツ村」まで ・駐車場:あり 【電話番号】 0438-60-5511 観光といえば非日常を味わうことも醍醐味ですよね。 水族館は日常を忘れさせてくれる観光スポットです。 千葉県の鴨川シーワールドは関東随一の水族館で、特徴は何と言ってもレストラン。 大きなシャチを見ながら食事を楽しむことができるのは全国でもここしかありません。 季節限定のイベントも季節ごとに開催されているので年に何度行っても新鮮な気持ちで楽しむことができます。 【所在地】 千葉県鴨川市東町1464-18 【営業時間】 午前9:00~午後4:00(日によって午後5時まで) 【入場料】 大人:2,800円(65歳以上:2,100円) 小人:1,400円 【アクセス】 ・車:東京湾アクアライン君津I. C 房総スカイライン・鴨川有料道路経由 ・電車:JR東京駅(特急わかしお)からJR安房鴨川駅 無料送迎バス約10分 【電話番号】 04-7093-4803 カップヌードルミュージアムは、カップヌードルファンにはたまらない観光スポットになっています。 歴代のカップヌードルが展示してあるエリアや、オリジナルのカップヌードルが作れるエリア、夏祭りの夜店の雰囲気を楽しみながらカップヌードルのオリジナルメニューが楽しめるエリアなど魅力満点。 特にカップヌードルソフトクリームは絶対に食べておきたいメニュー。 カップヌードルにまみれた休日を送りたい人はぜひ足を運んでみてください。 その美しい色合いは「ユーシンブルー」と呼ばれ、光の加減でエメラルドグリーンやコバルトブルーに見えるのが特徴です。 川の底が透き通って見え、異国に来たかのような幻想的な雰囲気を味わうことができます。 新緑や紅葉が美しいことで知られていますが、観光客が少ないので穴場にもなっています。 美しい自然に囲まれてのんびりしたい人にはぴったりですね。 ただ、観光地化されていないため、近くまで車やバスで行くことができません。 最寄りのバス停「玄倉」から約6kmのハイキングコースを徒歩で進むことになります。 山歩きができる服装で臨みましょう。 それでいて、山頂に広がるのは近郊の安房三名山(富山・御殿山・伊予ヶ岳)の大パノラマ。 あの富士山や東京スカイツリーまで見晴らせるほどの絶景を堪能することができます。 山自体の美しさも度々メディアで取り上げられるほど話題で、かつては石材の採掘場であったことから、他ではなかなかお目にかかれないギザギザとした不思議な形をしているのが特徴です。 切り立った崖の上から真下を眺めることができる「地獄のぞき」もスリル満点なので、訪れた際にはぜひ挑戦してみてくださいね。 【所在地】 千葉県富津市金谷 【アクセス】 ・電車 JR内房線浜金谷駅 徒歩15分 ・車 館山自動車道富津金谷IC 約10分 アメリカのテレビニュースチャンネル・CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先」に、日本で唯一取り上げられた観光スポットがこちらの「あしかがフラワーパーク」です。 最大の見どころは毎年4~5月あたりに見頃を迎える藤の大棚で、見渡す限り一面の薄紫色には誰もが賞賛の言葉を口にせずにはいられません。 冬には広大な敷地を生かした大規模なイルミネーションも開催され、カップルのデートスポットとしても人気の高いロマンチックな空間となっています。 【所在地】 栃木県足利市迫間町607 【営業時間】 通常期:午前9:00~午後6:00 夏季・冬季:午前10:00~午後5:00 【定休日】 なし 【入園料】 大人300円~、小学生以下100円~ (花の咲き具合によって変動) 【アクセス】 ・電車 JR両毛線あしかがフラワーパーク駅 徒歩3分 ・車 北関東自動車道佐野田沼IC 約12分 東北自動車道佐野藤岡IC 約18分 【電話番号】 0284-91-4939 花々が織りなす夢のように美しい絶景なら、こちらも負けていません。 茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園では、毎年春になると目の覚めるようなブルーが見事なネモフィラ畑を鑑賞することができます。 夏にはラベンダーやひまわりが、秋にはコスモスが揺れる爽やかな光景を楽しむこともでき、1年を通して幻想的で華やかな花の魅力に触れることができる公園です。 園内には観覧車やジェットコースターなどの乗り物もあり、女子旅や家族でのお出かけにぴったりでしょう。 【所在地】 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4 【営業時間】 午前9:30~午後5:00 (季節によって変動あり) 【定休日】 月曜日 【入園料】 大人450円、中学生以下無料 【アクセス】 ・バス JR常磐線勝田駅 東口2番乗り場発 海浜公園西口バス停 徒歩すぐ ・車 北関東自動車道ひたち海浜公園IC 約5分 【電話番号】 029-265-9001.

次の

1泊2日旅行におすすめ!関東近郊の観光地10選〜プチ旅行を楽しもう〜

関東 プチ 旅行

18 お休みの日どこか旅行に出かけたいと思っても、連日で休めないこともありますよね。 そんな時におすすめなのが、気軽に行ける日帰り旅!【関東】の、東京駅周辺から片道約2時間以内でアクセスできるスポットを厳選してご紹介。 大藤や白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されています。 冬季にはイルミネーションが点灯し、非常にあざやか。 平成29年11月、「日本三大イルミネーション」に認定されました。 \口コミ ピックアップ/ 春は大藤が咲き誇り冬はイルミネーションの光の花が咲き誇りシーズンを通して楽しめるフラワーパークです。 (行った時期:2019年2月) あしかがフラワーパークは、栃木県の足利市に位置しています。 冬季はイルミネーションが美しく、日本三大イルミネーションに認定されています。 春から夏にかけては、季節のお花が園内を彩ります。 また行きたいです。 展示室では人工衛星やロケットエンジンなどの実物大のモデルによって本物の宇宙開発に触れることができる。 また見学案内係が案内する見学ツアー(要予約)も実施しており、こちらは宇宙ステーション試験棟など展示室以外にも見学が可能だ。 スケールに魅せられる最先端の宇宙開発! \口コミ ピックアップ/ 展示も大変興味深く、ここでしか見れないものがたくさん展示されています。 宇宙服を着て写真を撮ることも出きるので、良い思い出になります。 (行った時期:2019年3月) 宇宙に興味がある人には特におすすめです。 事前にガイド付きのツアーを申し込むこともできます。 とにかく見応えあります。 動物園に遊園地、夏は大型プールと1年中楽しむことができるハイブリッド・レジャーランドです。 動物園には全120種、1200頭もの動物が。 エサやりなどのふれあい体験もでき、お子様も大喜び! 特に、見た者に幸せをもたらすという伝説がある希少種のホワイトタイガーは必見です。 また、多彩なラインナップでカップルでも家族連れでも楽しめる遊園地の目玉アトラクションは、新滑走水上コースターカワセミなど… 水上をアップダウンし、まるでカワセミになって空中滑走をしているような新感覚をぜひ体感してみてください。 \口コミ ピックアップ/ 友人と私の子供で行きました。 イルミネーション舐めてました。 感動しました。 昼間は人がスカスカなのに夜になると人が増えて音楽と共にキラキラしててとても楽しかったです。 朝から夜までいられます。 (行った時期:2018年12月) 動物園と遊園地を一緒に楽しめます。 私は動物園を利用 したのですが、動物とたくさん触れ合えて良かったです。 ヒストリーゾーンでは実物の車両を展示の中心として、鉄道の技術史を分かりやすく解説しています。 ラーニングゾーンでは実物の部品や模型などを使用して、鉄道の原理や仕組みなどを体験的に学習することができます。 その他にも体験型の施設が充実した博物館です。 \口コミ ピックアップ/ 以前の秋葉原から移り、さいたまの定番の観光スポットです。 鉄道好きにはたまらない魅力で、一日楽しめます。 (行った時期:2019年2月) 展示内容は素晴らしく、大人も子供も十分に楽しめます。 鉄道の展示だけでなく、ジオラマ、駅弁、映画や小説、音楽などの紹介も素敵です。 このあたりは昭和初期には70軒余りの菓子屋が軒を連ねていたが現在では20軒ほどが営業している。 せんべい・カルメ焼・あめ玉などの駄菓子が販売されており,懐かしい雰囲気が楽しめる。 平成13年環境省主催の「かおり風景百選」に選定された。 月曜日定休のところが多い。 \口コミ ピックアップ/ 数年前にはなかったレモネードのお店がありました。 昔より店舗が、減ったかな?とも思いましたが また違ったお店も出来たりと、新しい楽しみ方ができました。 (行った時期:2019年2月) 目移りするほど、どれも美味しそうで、甘いもの、しょっぱいもの、交互に食べ続けていたような気がします。 懐かしさと新しさが、混ざっているのも歩いていて飽きないポイントだと思います。 1800年代のデンマークの田園風景を再現したメルヘンの丘。 つくる楽しさを体験できる子ども美術館。 四季折々の里山の自然を体験できる自然体験。 小さな子供達が創造と空想の遊びを楽しめる花の城。 5つのゾーンからなる公園です。 \口コミ ピックアップ/ 園内とても広く、小さい子供でも遊べる遊具もたくさんあります。 お弁当を持参して、1日たっぷり遊べます。 (行行った時期:2018年10月) 休日しか行ったことがありませんがいつも混雑しています。 夏はテント必須です。 水遊びもアスレチックも色々と楽しめて1日じゃ遊びきれません。 帰りはいつも大渋滞します。 (行った時期:2018年8月).

次の

日帰りのプチ旅行にオススメ!東京都内から行ける「美しい離島」9選

関東 プチ 旅行

日光東照宮 栃木県 photo 日光東照宮 関東にある世界遺産といえば日光の社寺で、その中でも 徳川家康を神格化した東照大権現 とうしょうだいごんげん を祀った日光東照宮は必見です。 江戸の北側にある日光から幕府の行く末を見守ろうという家康の遺志は叶えられ 、境内にある国宝8棟と重要文化財34棟の見事な細工は見る者の心をつかみます。 江戸時代の衣装に着替えて江戸人になりきったら、江戸の街並みを散策。 ランドマークタワーにコスモロック、赤レンガ倉庫など横浜の観光名所が詰まっています。 ここは国の重要文化財に指定されており、横浜の歴史を伝える役目を果たしています。 この場所にはもともと造船所があり、現存する商船用石造りドックとしてはもっとも古く、この遺構を残そうと復元されました。 草津温泉 群馬県 photo 草津温泉 日本三大温泉 日本三名泉 の一つ草津温泉は、関東に住む人々が週末に訪れる場所として今も昔も根強い人気があります。 草津温泉の魅力は何と言っても源泉である湯畑で、草津温泉街の中心にあります。 湯桶により非常に高温の源泉を水を加えずに低温化し、湯の花も採取可能となっています。 壮大な岩畳と美しい緑が織りなす景色は飽きることがなく、 年間を通じて何度も足を運ぶファンも。 都市部からのアクセスも良く、車や電車で2時間ほどで行けてしまうので週末プチ旅行にはぴったりと言えるでしょう。 鴨川シーワールド 千葉) 撮影:『鴨川シーワールド』 都心から2時間半、JR安房鴨川駅から無料送迎バスで約10分のところにあるのが鴨川シーワールド。 鴨川シーワールドと言えばシャチ。 入りきれないほどの観覧者が集まることもあるので、ショーの時間は事前に確認しておくと安心です。 季節限定で開催されるナイトアドベンチャーも大人気。 夜行性の魚の生態や眠るイルカなど、いつもとは違う水族館が見られます。 開催時期はホームページに掲載されるので、チェックしてみてくださいね^^ 亀岩の洞窟 photo 亀岩の洞窟 鴨川シーワールドを訪れた後にぜひ足を伸ばして行ってほしいのが、清水渓流広場内にある亀岩の洞窟です。 高尾山 東京都 photo 高尾山 東京都八王子市にある高尾山は標高599メートルと初心者でも気軽に登山ができるスポットとして、東京近郊に住む人々に愛され続けています。 天気の良い日には山頂から富士山や南アルプス、南に丹沢山塊を見渡すことができます。 おしらじの滝 栃木県 photo おしらじの滝 関東で エメラルドグリーンやエメラルドブルーの滝壺が見られると密かな人気を集めているが、栃木県にあるおしらじの滝です。 滝までの道は山道となっているので、ちょっとしたハイキング気分を味わえます。 おしらじの滝は、地元の人でもその存在を知っているのは一部の人に限られ、幻の滝と呼ばれていました。 現在でも滝好きの間では、秘密にしておきたい神秘的な滝として有名です。 滝を包む岩肌には美しい緑の苔と、野草たちがへばりつくように咲いています。 水の色は光の差し込む時間帯によって変わり、紺碧の青に見えるときも。 箱根 神奈川県 photo 芦ノ湖 神奈川県の週末旅行先として忘れてはならないのが箱根ですよね^^中でも芦ノ湖は、 美しい湖の向こうに富士山を望め、箱根神社の平和の鳥居や、四季折々の花々や紅葉が見られる絶景パワースポットです。 大涌谷 photo 大涌谷 大涌谷は、約3000年前の箱根火山の爆発によりできた爆発跡で、現在でも温泉が煮えたぎり白煙が立ち込め、火山活動を感じることができるスポットです。 温泉で茹でた名物黒タマゴは人気で、その独特の香りがやみつきになる人も。 国営ひたち海浜公園 茨城県 photo 国営ひたち海浜公園 茨城県にある国営ひたち海浜公園は、四季折々の花々を楽しめる観光スポットです。 春になると一面が青い花に包まれるネモフィラの丘が話題となりましたが、 春はネモフィラだけでなく水仙やチューリップなど様々な花を楽しめます! 夏には丸いフォルムが可愛らしいコキアがライトアップされ、秋にはコキアが赤く色づき、コスモスとともに一面の花の絨毯を楽しむことができます。 また、国営ひたち海浜公園は花以外にもたくさんの楽しみ方があります。 できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。 IMATABI公式LINE Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update. This error message is only visible to WordPress admins There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page. If you continue to have an issue with your Access Token then please see for more information.

次の