害悪トゲキッス。 【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】トゲキッスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

害悪トゲキッス

7〜126. 3% 確定1発 ・ A特化の 125. 1〜147. 2% 確定1発 ・ A特化の 99. 3〜117. 7% 乱数1発(93. 9〜63. 8% 確定2発 ・ A特化ックスドラパルトのダイホロウ 79. 7〜94. 4% 確定2発 ・ A特化ウオノラゴンの先制エラがみ119. 6〜141. 7% 確定1発 ・ チョッキ 過去記事 の 53. 9〜165. 6% 乱数1発(99. 0〜122. 6〜42. 6% 確定3発 ・ 無振りウオノラゴン 44. 2〜52. 7% 乱数2発(18. 6〜53. 8% 乱数2発(44. 1〜96. 2% 確定2発 ・ H振り 71. 3〜84. 7〜84. 2% 確定2発 ・ 無振りウオノラゴン 87. 8〜104. 2% 乱数1発(31. 0〜106. 1% 乱数1発(37. 3〜190. 5% 確定1発 ・ H振り 142. 0〜168. 4〜72. 3〜60. 2% 確定2発なので受け出しを許さなかったりします は優秀なフェアリー技でが効かない相手へのメインウェポンとなります 極振りしているのも 素のの火力がギリギリなことが大きいです 火力目安 ・ 無振り 167. 6〜201. 1% 確定1発 ・ 無振りドラパルト 100. 6〜119. 0% 確定1発 ・ 無振り 115. 2〜136. 4% 確定1発 ・ 無振り 75. 4〜89. 1% 確定2発 ・ H振りオーロンゲ 81. 1〜96. 0% 確定2発 ・ H振り 51. 4〜62. 4〜119.

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論・対策

害悪トゲキッス

害悪型バタフリーの技構成と戦術 害悪型バタフリーの技構成は、• 眠り粉• 身代わり• 蝶の舞• 暴風 であることが多く、「暴風」以外が必須の技になります。 暴風以外には「エアスラッシュ」「むしのさざめき」など。 戦術としては相手のポケモンが自身より遅く、火力の無い耐久ポケモンなどに交換出し、または自身のポケモンがやられた後で繰り出し、「眠り粉」から「身代わり」で安全に持ち物「食べ残し」で回復し、「蝶の舞」を積み、全抜きを狙ってきます。 「眠り粉」の効かない草タイプのポケモン、又は、「ダイフェアリー」などで「眠り粉」を無力化できる場合を除いてほとんどの場合突破不可能に陥ります。 また、性質上相手の交換行動にかなり強く、パーティー次第では即詰みの状態に陥ります。 害悪バタフリー対策のおすすめはこのポケモン! 私のおすすめの対策ポケモンは 「ブリムオン」「エーフィー」「ネイティオ」です。 理由はもちろん特性 「マジックミラー」で相手の「眠り粉」を完全に無効化できるからです。 中でもオススメは「ブリムオン」になります。 「ブリムオン」は高い特防とタイプ耐性 飛行、虫が等倍 、 攻撃技では「マジカルフレイム」を覚え、効果抜群と特攻ダウンが狙えます。 さらに、非常に高い特攻を持っているのでバタフリーを引いてきた際に交換先のポケモンに非常に大きなダメージを与えることが出来ます。 しかしながら、バタフリーの暴風はブリムオンがH振りだけだとやられてしまうので、対策としては、 ブリムオン• 性格・・ひかえめ• 努力値・・H252C164D92• 持ち物・・とつげきチョッキ とし、技構成は• マジカルフレイム• マジカルシャイン• サイコキネシス• ほっぺすりすり お好みで変えてください これで、相手のバタフリーによる「ダイジェット」でのごり押し突破が不可能 特攻ダウン込確定4発 になり、ダイマックス相手にマジカルフレイムで 確定3発とかなり狩りやすくなります。 もし急所など不慮の事故でブリムオンが負けそうなときは、ダイマックスを切り、「 ダイフェアリー」で後続の眠りを無効にし、バタフリーを安全に狩ることが出来ます。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論・対策

害悪トゲキッス

対策必須な害悪ポケモン、害悪パ まとめ一覧 運ゲ系害悪戦術 麻痺+怯み トゲキッスの特性:てんのめぐみは、技の追加効果の発動率が2倍になる特性です。 トゲキッスがよく使う害悪戦術です。 ちいさくなる ラッキー、スターミー、ピクシー、シャンデラ、フワライドが得意とする戦術です。 多くは、小さくなる後のダメージを防ぐために「みがわり」と一緒に採用することが多い。 回避率の上昇に伴う、命中率は以下のとおり。 いばる+みがわり 特性:いたずらごころのポケモンの中でも、クレッフィ・ヤミカラス・ヤミラミ・レパルダス・ボルトロスはレートでもそこそこ威張る+身代わりをしてきます。 どんなポケモンも確率で処理できる強みがあります。 いばみがの対策方法として、アタッカーにラムのみを持たせることが多いですが後出しできないのが悩みの種。 参考 催眠害悪系 状態異常のなかでもっとも厄介なのが、ねむり状態です。 状態異常を制するものが、ポケモンを制するものです。 眠り状態の仕様については、をどうぞ。 ドーブルは、キノコの胞子の後に 蝶の舞+バトンタッチで起点を作ることが多いです。 キノガッサ・モロバレルは、キノコの胞子を利用して攻撃回数を稼ぎます。 中でも、キノガッサ+レパルダスのは非常に強力です。 レパルダスがねこのてを使って、優先度+1でキノコの胞子を技を放ちます。 レパルダスで、ねこのて(キノコのほうし)でねむり状態にした後、みがわり+いばる+イカサマで相手をはめます。 特性いたずらごころで、優先度+1で相手の行動を許しません。 3倍になる特性になるため眠り粉の命中が97です。 相手を眠らせ、身代わりを張り蝶の舞をガン積みします。 一度Sを抜けば、身代わりを貫通されない限り永遠にアドバンテージを取れることから無限戦術と呼ばれることも。 ガブリアスの岩石封じ+ステルスロックで起点を作った後に、ビビヨンで嵌めるは非常に危険。 メガガルーラを意識し『さいみんじゅつ』を搭載しています。 自分よりも遅いポケモンにとりあえずさいみんじゅつを撃てば勝ち筋を残せるという強力な一面もあります。 ゲンガーナンス 特性:かげふみのポケモンを2枚並べ、メガゲンガーのほろびのうたからソーナンスに交換で1体交換、メガゲンガーのみちづれでもう1体倒すことが目標。 参考 ゲンガーバレル メガゲンガーの滅びの歌のターンを、脱出ボタン持ちのモロバレルで稼ぎます。 メガゲンガー+脱出バレルの理想の流れは以下の通りです。 参考 特性:ムラっ気 まもる+みがわりを組み合わせつつ、特性:ムラっ気で能力を上げます。 電磁波で起点を作ったり、後攻とんぼルチェンから展開することが多いです。 参考 LV1頑丈 LV1のポケモンを対戦で見かけても、旅パではありません!! 特性:頑丈で攻撃をたえつつ、がむしゃらを放つポケモンが多いです。 代表的なポケモンは、ココドラ・コイル・ドーブル・モンメンなど。 では戦略をまとめてしますので一読をお勧めします。 その他害悪系 ポイズンヒール まもる+みがわりを行うことで「みがわり」で消費したHPを回復できるため、1度身代わりを許してしまうと無限に「みがわり」を張り続けれることから、無限戦法と言われています。 どくどく、ハサミギロチンなどと組み合わせる事で相手を突破していく戦法が有名です。 一度、みがわりを張られると容易に突破できないため対策できるポケモンが必要です。 参考 まもる+アンコール+かなしばり 初手:まもるをした後に、アンコール or 金縛りで相手の行動を封じます。 スカーフ持ちに強い戦術です。 素早さの早い、メガフーディンが得意とする戦法です。 参考 アンコール+やどりぎのたね+みがわり アンコールで補助技に固定した後、やどりぎのたね+みがわりを貼ることで嵌めます。 優先度+1で行動できるため、一度パターンに入ると抜けれません。 エルフーンが得意な戦術です。 いちゃもん+こだわりスカーフ 打点を持たない受けのポケモンに対しスカーフトリックを決め、2ターン連続で同じ技を出せなくなる「いちゃもん」で2ターンに1回相手に悪あがきをさせることができます、 影踏みにより相手は交代できません。 特性:スキルリンクと合わせる事で、1- 0. 自身は、特性;マジックミラーにより補助技を受けないため流すことが難しく、突破が非常に難しくなります。

次の