Question: 風疹はどこに最も一般的ですか?

報告された風疹症例は、2018年に2000年の102カ国で670 000カ国で670人の870の870カ国で97%減少しました。予防接種範囲は最も低いです。

世界の風疹はどのくらい一般的ですか?

風疹は世界の多くの地域で一般的な感染症です。各年は、先天性風疹症候群の約100,000症例が発生します。予防接種の結果として、疾患の率は多くの地域で減少しています。世界的に病気を排除するための継続的な努力があります。

米国の風疹はどれほど一般的ですか?

今日、米国の10人未満は毎年ルーレラを持っていると報告されています。

風疹ウイルスはどこですか。体内に見つかりましたか?

風疹は、顔、トランク(画像に示す)、そして腕と脚に現れる細かいピンクの発疹をもたらします。風疹は、その独特の赤い発疹によって最もよく知られている伝染性のウイルス感染症です。それはドイツの麻疹や3日間の麻疹とも呼ばれます。

風疹はどのくらいあなたのシステムに滞在しますか?

通常の風疹の発疹は通常3日続きます。リンパ節は1週間以上腫れされている可能性があり、関節痛は2週間以上続くことができます。

風疹はどのような病気を引き起こしますか?

風疹(ドイツの麻疹、3日間の麻疹)風は流産を引き起こすか彼女が妊娠している間に女性が感染している場合、生後赤ちゃんの深刻な出産の欠陥。風疹に対する最良の保護は、MMR(麻疹 - ムンプ - 風疹)ワクチンです。風疹はまだ他の国では一般的です。

Say hello

Find us at the office

Heriford- Ekong street no. 43, 56466 Luxembourg, Luxembourg

Give us a ring

Coalton Wade
+58 687 205 183
Mon - Fri, 8:00-23:00

Say hello