菅原 えり さ。 CiNii Articles

Nttドコモ

菅原 えり さ

WHOでは、新型コロナウイルスへの対策として手洗いを推奨している。 出典:WHO 菅原教授は、石鹸やハンドソープを使った手洗いでウイルスを死滅させることはできないとしながらも、「石鹸などによる手洗いには、 手に付着したウイルスを物理的に洗い流す役割があります」と話す。 つまり、一見すると同じ作業をしているように見える石鹸やハンドソープを使った手洗いと、消毒液を使った手洗いでは、その意味は大きく異なっている。 消毒液やハンドソープなどを販売するサラヤの担当者は、Business Insider Japanの取材に対して次のように話した。 「 エタノールが含まれていたとしてもハンドソープはあくまでも『洗い落とす』ということに主眼が置かれています。 基本的にはハンドソープなどを使って手洗いをしてウイルスを洗い落とした上で、さらにアルコール消毒をするのが望ましい」 なお、ハンドソープや消毒液の品薄状態が続いている状況に対して、サラヤ担当者は、 「石鹸(ハンドソープ)の在庫はまだあるが、消毒液については厚生労働省から『アルコールが効く』という話が出て以降、数が少なくなっています。 生産は続けていますが、お客様にいつお渡しできるかは分かりません」 と語っている。 また、ハンドソープの「キレイキレイ」を生産するLIONの広報担当者は「直近の店頭での販売数の推移は、 対前年比で約1. 8倍となっています」と、ハンドソープの需要が高まっている様子を明かした。 手を正しく洗うには? 提供:サラヤ株式会社 「咳のエチケット」にも注意を 手洗いとともに、「咳のエチケット」も重要な対策とされている。 マスクの装着についてはさまざまな考えがあるが、基本的に予防効果は薄いとされている。 ただし、すでに咳やくしゃみなどの初期症状が出ている人が、 他の人にうつすリスクを減らす上では有効だという見方が強く、WHOなどでも推奨されている。 マスクを装着する際の注意点として、菅原教授は「マスクを装着するのは簡単なのですが、 マスクを外す時には多少の注意が必要です」と話す。 マスクの表面(口に当たる布の部分)には、他人の咳やくしゃみなどで生じた飛沫が大量に付着し、ウイルスが溜まっている可能性がある。 そのため、マスクを外す際には、マスクの表面に触れないように注意することが必要なのだ。 それに加えて、菅原教授は「マスクを取った後に手を洗うことも重要です」と話す。 マスクを外すときには、口に触れている布の部分に触れないように注意しよう。 com もし体にウイルスの侵入を許したら? 最後の砦は免疫システム いかに注意して生活しようにも、多かれ少なかれ、鼻、口などを手で触ってしまうことはある。 もし、手についていた新型コロナウイルスが口や鼻の中に侵入してしまった場合、新型コロナウイルス感染症になることは避けられないのだろうか? 「もし、ウイルスが口の中などに入ってしまっても、 すぐに感染が成立するわけではありません。 私たちの体には、免疫システムが備わっています。 たとえば、いわゆる風邪やインフルエンザのウイルスが体の中に侵入しても、実際には症状が出ないことも多いのです」(菅原教授) ウイルスが体内に侵入してきたとしても、体の免疫システムが問題なく機能すればウイルスを排除することはできるはず。 そういった意味では、手洗いなどでウイルス自体を取り込まないように努力することはもちろん、健康な体を維持できるよう、十分な睡眠を始めとした規則正しい生活やバランスの良い食事など、ごく当たり前の生活の積み重ねが、実は最も必要かつ効果的な対策といえるのかもしれない。

次の

委員会一覧|日本環境感染学会

菅原 えり さ

こんにちは。 ミライです。 今回は、「菅原えりさ」さんを取り上げます。 「東京医療保健大学」で教授を務めている彼女ですが、ここに来て世間の注目を集める事態となっています。 新型コロナウイルス対策に関する報道で、NHKが 「キッチン用エタノール」の 有効性を否定する記事を掲載しました。 この報道を受けて、キッチン用エタノールを製造する フマキラー社が自身のサイトに声明文を掲載。 その声明文では、NHKの報道を 真っ向から否定する内容が掲載されました。 実は、NHKの報道は 菅原さんの見解を元にしたものだったのです。 一体、「菅原えりさ」さんとはどんな人物なのでしょうか? 目次• NHK:エタノールはコロナに効果ないとする記事を掲載 フマキラー社が激怒したNHKの報道がこちらです。 Q: キッチン用エタノールは消毒効果ある? 手洗いに使う消毒液の代わりに キッチン用のエタノールを使っても消毒の効果はあるのでしょうか。 A: 効果の科学的証明はされていません エタノールはアルコールの一種で、 手や指の消毒に使われる市販の消毒液は濃度が80%程度のものが多くなっています。 日本環境感染学会の 菅原えりさ理事によりますと、 キッチン用のエタノールは、 濃度が50%ほどのものが多く、 現時点ではコロナウイルスへの効果があるか、 科学的には証明されていないということです。 つまり、キッチン用エタノールがコロナウイルスに効果がないとする見解は 誤りなのです。 世間の反応 フマキラーのキッチン用除菌製品に対する一部報道に対する見解。 内容も姿勢も素晴らしい。 現在確認できている内では、 NHKにて日本環境感染学会の菅原えりさ理事が垂れ流してたみたいね。 ふむ、 東京医療保健大学の教授でもあるのか。 さあ、菅原えりささん。 ご返答をどうぞ。 フマキラーガチギレの件だけど これNHKに問題があると言うよりも 「答えた日本環境感染学会の菅原えりさ理事が知らなかっただけ」 なんじゃないのかな 抗議はNHKよりも日本環境感染学会に向けるべきでは? 日本環境感染学会の菅原えりさ理事 が言ったわけか。 net」より引用 上記の通り、菅原さんは感染症の専門家であり、2005年には 「感染対策室」の担当者も経験していました。 それだけに、エタノールの効果を否定したことに疑問が残ります。

次の

Nttドコモ

菅原 えり さ

人類にとって長い間、恐ろしい死の病は「感染症」でした。 目に見えない何かによって瞬く間に多くの人々がその病に罹り、そして大量に死んでいくのです。 目に見えなかった原因をはじめて明らかにしたのは、1875年に「炭疽菌」を発見したコッホでした。 「光学顕微鏡」の発明によるものです。 それ以降、細菌の発見が相次ぎましたが、治療薬である「抗菌薬」の発見までには約50年待たなければなりませんでした。 そしてついに1928年、フレミングがアオカビからペニシリンを発見したことは有名です。 1942年には実用化され、第2次世界大戦の負傷兵の多くはこのペニシリンによって感染症から救われたのです。 ところが、これが新たな戦いのはじまりでした。 日本では1980年代後半に、抗菌薬の効かない耐性菌「MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)」による院内感染が頻発しました。 抗菌薬を手に入れた人類に対する菌の逆襲です。 死亡者も出たことから病院の管理体制を問う報道もなされ、大きな社会問題となりました。 それまでの感染症患者は、ただ一律に隔離するといった根拠に乏しい対策が行われていましたが、この頃より「エビデンス(科学的根拠)に基づいた感染制御」が唱えられるようになってきました。 すなわち、例として、病原体にはそれぞれに特徴があり固有の感染経路を持っているそれらを踏まえ効率よく菌の伝播を遮断すべきであるとされ、人権尊重にも相反する患者を隔離するような対策は廃れていきました。 そして1998年、感染症に関する法律が「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」へ制定から約100年ぶりの抜本改定に至ったのです。 今、病院では・・ 私たちは普段、無数の菌の中で生活をしています。 これらの多くは常在菌といって、基本的には無害で場合によっては私たちの身体を守ってくれているものです。 また、人がよく触れる手すりやドアノブには皮膚の常在菌が多く付着していることが考えられ、そこから菌が伝播することも考えられますが、健康体であれば全く問題ありません。 ところが、病院の中では事情が違います。 現代の医療では、薬物などで意図的に患者の免疫力を低下させる治療が行われることがあります。 また、治療のために人工的な装置を体内に挿入された場合も患者は菌に感染しやすい状態になります。 こうした治療を受けている患者にとっては、常在菌であっても命を奪う可能性があります。 また、前項で述べた抗菌薬の効かない耐性菌への対策は現在でも重要な課題で、それらが検出されている患者の環境周囲は同菌で汚染されることがわかっており、また、乾燥した環境表面でも長く生存することが知られています。 そのため、環境表面を清浄化することは、手指衛生同様、重要かつ基本的な対策として位置づけられています。 米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)が発行した医療施設における環境感染管理ガイドライン(Guidelines for Environmental Infection Control in Health-Care Facilities. MMWR 2003;52[RR-10] では、患者エリアの環境清掃には日常的に洗浄剤または消毒薬を使用し、それに加え、高頻度接触箇所(ドアノブ、スイッチ、手すりなど)はより頻繁に洗浄剤または消毒薬を使用することを推奨しており、日本の医療施設でも周知のこととして実施されています。 病院でのこれからの清掃事業者の役割 まず、環境表面の清浄化が感染制御の一翼を担うことを、深く理解する必要があります。 そして、医療施設の特徴や感染制御の基本、清掃のスキルおよび管理などの正しい知識を習得しなければなりません。 清掃事業者であっても、病院清掃に携わった時点から、医療従事者の一員になることを自覚していただきたいのです。 医療従事者の一員になるということは「患者の命を守るプロ」になることに他なりません。 イオンディライトの「衛生清掃」について 施設管理のリーディングカンパニーとして、病院清掃を「衛生清掃」と銘打ったことは大変に意義深く、病院清掃の特殊性をよく理解されている結果だと感じています。 今後はこの「衛生清掃」の内容を更に充実させると共に、その目的を果たせる人材の育成を強化する必要があります。 イオンディライトの「衛生清掃」には、患者の命を守る質の高い清掃技術の提供をこれからも目指していただきたいと思います。

次の