トキ け もの フレンズ。 「けものフレンズ」の人気キャラ!「トキ」の魅力に迫る!

ショウジョウトキ(けものフレンズ)とは (ケモノフレンズノショウジョウトキとは) [単語記事]

トキ け もの フレンズ

関連動画• 再生回数:937 コメント:7 マイリス:10• 再生回数:404 コメント:6 マイリス:3• 再生回数:10730 コメント:139 マイリス:74• 再生回数:6962 コメント:473 マイリス:23• 再生回数:1787 コメント:41 マイリス:15• 再生回数:760 コメント:7 マイリス:12• 再生回数:1377 コメント:17 マイリス:17• 再生回数:1082 コメント:14 マイリス:19• 再生回数:30555 コメント:556 マイリス:454• 再生回数:3955 コメント:86 マイリス:65• 再生回数:443 コメント:7 マイリス:4• 再生回数:2140 コメント:12 マイリス:2 タグ がついた人気の動画•

次の

【けものフレンズ第3話感想】トキって音痴だったのね……【海外の反応】

トキ け もの フレンズ

円盤付きガイドブックは全巻購入しているのですが、プライム見放題に来たこともありレビューを投稿します。 本作の魅力はレビュー欄で語り尽くすことは出来ません。 魅力を上げていけばそれだけで全話の解説そのままになるでしょう。 また、タイトルにもある通り、この作品は「見る度に新しい魅力を発見できる」作品です。 名作は数あれど、何度もシリーズ全体を繰り返して見続けるようなことが出来る作品は稀でしょう。 その稀な傑作の一つがこの作品です。 見直す度に発見される見どころですが、その一つにボスことラッキービーストの動きがあると思います。 ボスは基本かばんちゃんとしか会話しませんしできません。 そのように制御されているロボットだからです。 しかし何度も見直せば、ボスが本当は他のフレンズとコミュニケーションを取りたがっているのがよくわかります。 その証拠に、ボスはかばんちゃんと会話している体裁で、サーバルの疑問に答えるような会話の仕方を所々で行っています。 二話冒頭の「みんなボスとお話したがっていると思う」というサーバルの気持ちを間接的に叶えようという意思が見て取れるのではないでしょうか。 そしてクライマックスで「楽しかった」という自我を発露しています。 これは本当は緊急事態の指示と関係ないため、本来完全な独り言になっているはずのものです。 しかし聴力が極めて発達しているサーバルに耳聡く聞かれ、しっかり返答されてしまいます。 ここのシーンは本当に素晴らしいものです。 SFの賞として名高い星雲賞を取るのも理解できるSFチックな要素でもあり、素晴らしい演出だと思います。 何度も見て、その度に新しい発見をし、心温め、涙し、楽しめる。 そんな素晴らしい作品です。 「つづき」を見ることは不可能になってしまった本作ですが、絶対におすすめできる作品です。 美少女アニメを見ることに対して、すさまじい抵抗があった。 だが、評判を聞くうちに興味が湧き、意を決して視聴した。 そして気づいた。 本作は「美少女アニメ」ではなく、「動物アニメ」であったのだ。 いささか意地悪な言い方だが、「動物との友情物語」と「人間同士の人情噺」の長所をかねそなえた、発想の勝利と言えるだろう。 カタストロフの予感を付きまとわせるのも、巧い手法だ。 慢性的な不安を与えつつ、そこに動物たちのピュアな笑顔をこれでもかと流し込むのだから、視聴者の心は有無を言わさずメロメロにされてしまうのだ。 何から何まで巧すぎる! なかんずく秀逸なのは主人公のかばんちゃんの設定だ。 中性的で、年齢もあやふやで、老若男女だれでも感情移入しやすいように創られている。 目立った個性もなく、彼女の個性とみなされているものは、よくよく考えればすべて「人間」という種の個性なのである。 だから、それを「すごーい!」と称賛されるたびに、まるで自分が褒められたような、嬉しい気持ちになった。 本作は、そんな人間代表の主人公が、「自分は何者なのか」を知るべく旅し、「人間とはいかなる動物なのか」を明らかにしていく物語である。 思えば、従前の動物物語では、人間が悪役として描かれることが多すぎた。 人間は、残酷で、狡猾で、欲深い・・・といった、マイナスイメージばかりがクローズアップされてきた。 しかし、そんな描き方こそ、人間が特別な存在であることを前提とした、おごった描き方だったのかもしれない。 人間とて動物の一種なのである。 そして、他の動物が素晴らしいように、人間もまた素晴らしいのだ。 みんな違って、みんな良い。 そんなあたりまえのことを、けものフレンズは改めて教えてくれた。 「人間とは何か」について深く考えさせられる無類の良作に出会えたことを、心から歓びたい。 「IQが下がるアニメ」。 放送当時けものフレンズはそう呼ばれていた。 視聴者全員が作中のフレンズのように「すごーい!」と「たのしー!」を繰り返していたからである。 いわば一種の"ネタ"としてこの作品を楽しむ視聴者が多かったのだ。 だが、ある時点から視聴者はこの作品に本気で向き合うようになった。 それは何故か。 けものフレンズという作品の本質は決してネタアニメではなく、一貫したテーマで真摯に作られていることに視聴者が「気付いた」のである。 けものフレンズの素晴らしい点は魅力的なフレンズ、優しい世界、退廃した文明の残骸などの様子を徹底的な演出の引き算によってまとめているところにある。 つまり、それらを描写するにあたって感情表現、モノローグ、回想、状況説明を極限まで排除しているのである。 例えば1話でかばんとサーバルは1度別れ、その後「やっぱりもうちょっと着いていこうかなって」とサーバルは言い再びかばんに同行するシーンがある。 ここでは、 ・サーバルが再び同行を決めた理由 ・サーバルのかばんへの気持ち が一切語られていない。 が、ここまで視聴してきた人間にははっきりと伝わるようになっているのだ。 サーバルとかばんが1度別れるとき、直前のシーンから時間が昼から夕方へと経過している。 そしてサーバルの両手には抱えきれないほどの紙飛行機がある。 どれも不揃いで、サーバルが苦心しながら作った様子が見て取れるだろう。 このシーンだけでもサーバルとかばんはれっきとした「友達」になり、別れを惜しみ合う関係に至ったことが容易に伝わるのである。 このように、全編通して演出の引き算をふんだんに盛り込んでいる。 そのため話を見返したときに新しい発見がいくつも出てくる。 けものフレンズは、こうした新たな「気付き」によって見返す度に魅力が増していく作品なのである。 特に11話を見た後の1話は見え方が全く違って見えるはずだ。 ここで詳しくは語らないが、多くの視聴者が「本気で」この作品に向き合うようになったのだ。 けものフレンズは大人の中の"子供心"に目を向けた作品である。 子供のように無垢で自由に生きるフレンズ達、ポストアポカリプスを想起させる文明の残骸、モノクロで表示されるEDの廃墟……どこかノスタルジーを思い起こされる内容が盛り込まれている。 子供の頃に見ていたアニメ、ハマっていたゲーム。 もう朧げだが絶対に忘れられない"あの頃"の気持ち。 けものフレンズは子供心を根っこから引きずり出してあの頃の気持ちで視聴させてしまうだけの確かなパワーがある作品だ。 もし機会があって見ようと思ったのであれば、たとえ魅力を感じられなかったとしても4話までは視聴していただきたい。 そして願わくば11話まで見てもう一度1話を見返してから12話に臨んでほしい。 そのとき貴方は自然と言葉に出してしまうだろう。 「すごーい!」と。 1話だけ事前に視聴しており、その時の感想が「なんじゃこれ…」で、続きは全く観る気も起きませんでした。 しかし、 「けものフレンズってやたら人気だけど、そんなに面白いの?」 と、全話視聴済みの友人にたずねると皆口を揃えて「とにかく最後まで観てみろ」 と答える。 そこまで言われたら気になってしまうじゃないか…。 と思ったのがキッカケで、1話以降を視聴することにしました。 全話観終えての感想は、素晴らしい。 その一言です。 そして何より、じっくりと観たわけでもない1話を見終えた時に抱いた印象だけでこの作品を拒絶していたことを猛省しました。 よく観ると、1話からすでに非常に完成度の高い作品だったのですね。 確かに、一見すると稚拙なアニメです。 しかしその中身は、色々な意味で非常に濃厚です。 子どもが見て楽しめる作品でもあると思いますが、大人が観ることでより一層入念に練り込まれたこの作品の世界観を知らされることになります。 伏線・キャラ作り・ストーリー・BGMなど、文句の付け所がありません。 驚くことに、「嫌」だと感じたものが何もなく 笑いと感動だけをストレートに与えられました。 アニメでここまで幸せな気分になれたのも、ここまで涙腺を刺激されたのも、こんなキャラが多いのにみんなに好感がもてるのも、初めてでした。 改めて、先入観で否定していて申し訳ありませんでした。 そして感動をありがとうございます。 今後もこの作品の一ファンとして、応援させて頂きます。 四話まで見た時点での感想。 第一話を初めて見たときには、チープでへんてこなCGや固い動き、主役の子たちのこなれない演技に まるで15年前の深夜アニメのようだなんて思ったりもしたのだが、 朽ち果てた看板や利用者がいなくなって数十年は経過していそうな施設など、 文明崩壊を思わせる危険な空気感にちょっと気になってはいた。 しかし本当にハマるきっかけになったのはそんなハードコアな設定なんかではなく、第三話を見たからだ。 ここではトキとアルパカという二人の悩みを抱えるフレンズが登場する。 詳細はぜひ本編を見てほしいので伏せるが、主人公かばんちゃんは彼女らの問題をなかなか鮮やかに解決してみせ、 30分枠で実質二人二本のエピソードがすっときれいにわかりやすく収まる。 この巧みな構成を見てからに、一話からちゃんと見直してみると、これが実に懇切丁寧に作ってあるアニメなのだとわかったのだ。 例えば一話では、特に脈絡もなく主役の片割れでありかばんちゃんが最初に出会うフレンズであるサーバルちゃんが、 これまた脈絡なくかばんちゃんに木登りを教えるという場面が出てくるのだが、これはよくよく考えるとその前段階で、 サーバルちゃんに比べると、サバンナでの遠目がきかないことが判明したかばんちゃんに、サバンナで最低限生きるための方法を教えているということなのだ。 それはネコ科の獣の母が、わが子に狩りを教えるがごとくだ。 この3分程度の挿話によって、サバンナの雄大な景色を俯瞰気味に一挙に見せることができ、 サーバルちゃんのやさしい性格を示すことができ、そしてフレンズというものが動物本位的な思考の存在であることも示している。 そう、けものフレンズのフレンズたちは、単にけもの耳をつけただけの少女などではなく、真正に動物なのだ。 彼女らはあくまで動物でありながら、殺し合い食い合う弱肉強食の原理だけをオミットされた存在として、暖かくかばんちゃんと視聴者を迎えてくれる。 各話30分を見終わったあとには、動物園でお気に入りの動物を心行くまで眺めたあとのような気持ちに浸れること請け合いである。

次の

トキパカファンスレ けものフレンズBBS NEO

トキ け もの フレンズ

漢字表記は「朱鷺」あるいは「鴇」。 学名「Nipponia nippon(ニッポニア・ニッポン)」。 ペリカン目トキ科トキ属で、体長約75センチ、翼開長は約130センチ。 全身は白っぽく、顔は赤い皮膚が露出しており、脚も同様に赤い。 嘴は黒で、先端が赤。 春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色になり、これを日本では 朱鷺色(鴇色)という。 繁殖期になると首の皮膚が分泌液によって黒くなり、その剥がれ落ちた皮膚を身体にこすりつけて黒灰色になる(一時はこの黒灰色トキは別種とされていた)。 嘴の感覚が鋭く、嘴を泥などに突き刺して蟹や蛙、虫などを探り当て捕食する。 鳴き声は「カラスに似た濁った声」「鼻声」といわれ、群れで鳴くと大変うるさかったらしく、この鳴き声を題材にした民話が伝わっている程。 また、トキの羽毛クズを餌として寄生するその名も「トキウモウダニ」というダニもいる。 肉は美味なようだが、大変生臭く、煮ると煮汁が赤くなる上に赤い油が浮いてきてとても不気味だったとか。 かつては中国、ロシア、朝鮮半島、台湾、そして日本に数多く生息しており、 江戸時代には数が多過ぎて「田畑を踏み荒らす」という理由で駆除の申請があったという記録も残っている程だったが、 開発による餌場の減少や農薬などによる汚染、羽毛を狙った乱獲などにより急激に個体数を減らしていき、 1981年、5羽が捕獲された事で 日本での野生個体は絶滅。 ロシア、朝鮮半島、台湾の野生個体も絶滅し、2003年に最後の日本産トキ「キン」が死亡した事で、 現在生き残っているのは中国産のトキとその子孫たちのみである。 「佐渡トキ保護センター」で飼育と放鳥が行われており、自然環境下での繁殖も確認されているが、問題も多い。 近年ではがケージに侵入して大暴れした結果、9羽が事が話題になった。 当然というか、やはりというか、 病人のほうのとさせるネタが続出。 トキ(病人)にトキ(けもフレ)の衣装を着せてみたり、トキ(けもフレ)にを使わせてみたり……。 そのせいで ショウジョウトキが扱いされる事もあるのだが。 サムネバイバイ と夢の対決 0:58頃 CV:トキ(病人) アミバもいるよ!.

次の