膀胱 炎 の 原因 女。 女性の膀胱炎の原因と対策を解説!【腎仙散ですぐ治る】

女性に多い膀胱炎が原因で頻尿に?排便の後始末、間違ってない? | 3流作業療法士×Web ~ワーフライフバランス奮闘記~

膀胱 炎 の 原因 女

女性は膀胱炎になりやすい! 最近特に多いのが 「おしっこを我慢すること」 特に社会人の女性に多いですね。 職場の雰囲気上、トイレへ行きにくい。 残業をしたくないから、トイレへ行かない。 こうした原因によって膀胱炎を発症するケース。 特に近年増えています。 パソコンが当たり前に普及して、 デスクワークの割合が高まったことも 要因に挙げられますよね。 実は多くの原因がこのケース。 つまり、トイレへ頻繁に行けば、膀胱炎も解消するのです。 少なくとも3時間に1度はトイレへ行くべきです。 女性は男性と異なり、座りながら用を足します。 その分一度に尿を全部出せず、 男性以上にトイレは多くなるのが普通です。 周りの目を気にせずトイレへ行って下さい。 トイレに行き始めるだけで 膀胱炎が一気になくなる。 対処が早ければ自然治癒も見込めますよ。 他にもあるある女性の膀胱炎の原因! SPONSORED LINK もちろん、他にも原因はあります。 ポピュラーなのが ばい菌による感染。 妊娠や出産時は免疫が弱まっているので、 特に膀胱炎にかかりやすい時期なのです。 また、女性は男性とは異なり、 尿道口が膣や肛門に近いことから、 男性以上にばい菌が入りやすいのです。 トイレを特に我慢していないのに、 膀胱周りが痛いというケースは、 この原因が当てはまるでしょう。 女性の膀胱炎は市販薬で治そう! 上記の理由で膀胱炎にかかり、 なかなか病院へ行けないならば、 市販薬で治療してください。 薬局に行けば膀胱炎に効く薬はあります。 例えば 小林製薬のボーコレン。 あるいは 摩耶堂製薬の腎仙散。 これらが有名な市販薬です。 ただ、ボーコレンの場合は 膀胱炎を治すというよりは、 残尿感や尿もれに効果のある薬。 直接的に膀胱炎に効果は薄いので、 個人的には腎仙散をオススメします。 腎仙散は漢方なので、 体の中からじわっと治してくれます。 最近は漢方の効能が見直されており、 私も漢方は常に常備しています。 逆に膀胱炎を発症してしまうと、 薬がないと完治はしません。 早期に気づけばトイレへ行けば良い。 でも、手遅れになったら薬しかないです。 あなたの症状をよく見極めて、 まずはトイレへ行ってください。 それでも症状が続く様ならば、 市販薬や病院を活用してください。

次の

女性に多い膀胱炎の原因と治し方 今すぐ痛みをやわらげるには?

膀胱 炎 の 原因 女

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『女性が血尿など膀胱炎を繰り返す原因はストレス?性行為や冷えなども!』というタイトルでお送りします。 膀胱炎は圧倒的に女性患者が多い病気です。 私は過去に腎臓内科・泌尿器科で勤務していたことがありましたが、そこでも男性で膀胱炎にかかった患者さんをみたのは本当に数少なかったです。 膀胱炎は、女性の病気と言っても過言ではないでしょう。 そんな膀胱炎について、今回は次の内容について説明していきたいと思います。 女性は膀胱炎になると血尿が出る?その原因は何なのか• 女性が血尿など膀胱炎症状を繰り返す原因はストレスなのか• 原因として、性行為や冷えなども関係あるのか まず最初に、膀胱炎になると、なぜ血尿が出てくるのかについて、説明していきますね。 女性は膀胱炎になると血尿が出る?その原因は何なの? 膀胱炎というのは、原因となる細菌が尿道から侵入してきて、膀胱の粘膜に炎症を起こす病気です。 症状として、下腹部痛や排尿時の痛み、残尿感と色々ありますが、中でも 血尿は早い段階で出てきます。 血尿は膀胱炎の中の粘膜が炎症を起こして、ただれて出血するので血尿となるのです。 尿が真っ赤に染まっているので、ビックリすると思いますが、膀胱炎になるとほとんどの患者さんでみられる症状です。 では、そんな血尿などの症状を伴った膀胱炎を繰り返す原因について説明していきましょう。 女性が血尿など膀胱炎を繰り返す原因はストレス?性行為や冷えもある?• 2 女性が血尿など膀胱炎を繰り返す原因はストレス?性行為や冷えもある?• 女性が血尿など膀胱炎を繰り返す原因に、ストレスや性行為、または冷え症があります。 まずはストレスについて説明します。 膀胱炎を繰り返すのはストレスが原因? 人間は、過労や睡眠不足、心身ともに悩みなどがあると、ストレスを感じます。 ストレスを感じると、身体の中では免疫力が低下します。 免疫力はもともと、細菌などが私達の身体に侵入してきたとしても、排除しようとしたり、細菌の増殖を抑えてくれたりします。 ですが、免疫力が低下していると、どんな細菌もどんどん増殖して、悪さをしてしまいます。 それは、膀胱炎も同様で、その細菌が膀胱の中で増殖し、炎症を起こしてしまうのです。 実は、膀胱炎の原因となる細菌は普段、私達の身体にもともと住んでいる常在菌でもあります。 心身ともに健康で、免疫も活発に働いていれば、そんな細菌が尿道から膀胱に入っていったとしても、そのまま尿と一緒に流されます。 ですが、ストレスがかかることが多い人は、免疫力や抵抗力が落ちてしまい、膀胱炎を発症してしまうというわけです。 このストレスが原因で膀胱炎を引き起こしているケースは、ストレスを感じやすい人の場合、どうしてもまた症状を繰り返してしまうことが多いです。 次に、性行為が女性の血尿など膀胱炎を繰り返す原因となっているのかについて説明しましょう。 膀胱炎を繰り返すのは性行為が原因? 女性が膀胱炎を繰り返す原因に性行為があります。 実は、若い女性の患者さんで、この 性行為が原因となっている例は結構多いです。 女性が性行為をする際には膣を使います。 そして、その膣は尿道口から近いところにありますね。 そうすると、肛門周囲の細菌や、膣内の分泌物の中にいる細菌が、尿道口から入っていきやすいのです。 そして、膀胱炎になってしまう女性が非常に多いわけです。 なるべく性行為をする時は…• 性行為前後にはシャワーを浴びて清潔にすること• 性行為直後に排尿をする(排尿で細菌を流す目的)• 不潔な性行為はしない これらのことに注意しましょう。 そして、これらのことに注意が足りないと、性行為をすることだけでも、何度も膀胱炎を繰り返してしまいます。 次に、冷えが女性の血尿など膀胱炎を繰り返す原因となっているのかについて説明しましょう。 膀胱炎を繰り返すのは冷えが原因? 膀胱炎の原因に、冷えがあります。 冷えと言えば、女性独特の症状ですね。 また、冷えは免疫細胞の活動を低下させて、免疫力を低下させるのです。 ですので、膀胱の中に侵入してきた細菌の増殖を抑えることができず、膀胱炎になってしまいます。 「じゃ、寒い時は冷えるから、冷えから来る膀胱炎は冬に多いのかな?」と思いますよね。 それがそうではなく、意外にも夏が多いんです。 それは、外の気温が高いので、クーラーや冷たいものの摂りすぎなどでお腹を冷やしてしまうからです。 ですので、冬のみでなく、暑い夏の間も冷えには十分注意しましょう。 冷え性は、体質を改善していかないとなかなか治りにくい症状ですので、やはり膀胱炎になりやすく、膀胱炎を繰り返すことが多いです。 それでは、その他の膀胱炎を繰り返す原因について紹介しましょう。 膀胱炎を繰り返すのは女性の尿道の長さが原因?• 3 膀胱炎を繰り返すのは女性の尿道の長さが原因?• 女性が膀胱炎を繰り返す原因は、というよりも、膀胱炎になりやすい原因として、女性の尿道の長さがあります。 どういうことかと言いますと、実は女性の尿道はとても短いのです。 上の図で、膀胱から出ている内尿道口から、尿の出口の外尿道口までの通り道のことを、「尿道」と言います。 そして、女性の場合、その長さが4センチ程しかないんですね。 これは、男性の尿道の長さが18~20センチもあるのに比べ、とても短いです。 尿道が短いことで、尿道口から膀胱の中に細菌が入りやすいため、女性は男性よりも膀胱炎になりやすいです。 そして、膀胱炎を繰り返しやすいのです。 そして、その他に、女性がトイレを我慢することも膀胱炎を繰り返す原因になるのです。 トイレを我慢すると膀胱炎になりやすい?• 4 トイレを我慢すると膀胱炎になりやすい?• 排尿を我慢しすぎると、膀胱炎になることがあります。 膀胱の中に尿が溜まると、私達は身体に不要なものを尿として排泄しますが、その時に膀胱や尿道にいる細菌なども一緒に流してしまいます。 普通であれば、食事や水分を摂ったりしながら、4時間前後でトイレに行くことが多いと思います。 でも、 トイレに行きたくても行けなかったりすると、膀胱の中で細菌が溜まり続けることで膀胱の粘膜に炎症が起こり、膀胱炎になりやすくなるのです。 ですので、なるべく排尿は我慢せずに、適度に水分を摂って定期的にトイレにいきましょう。 また、もともと膀胱や尿道などに何らかの病気があった場合、慢性的に細菌が存在して膀胱炎症状を繰り返すことがあります。 原因として考えられることに対策をとっても、やはり膀胱炎を繰り返すようなら、一度受診した際に先生に相談してみましょう。 まとめ.

次の

女性に多い膀胱炎が原因で頻尿に?排便の後始末、間違ってない? | 3流作業療法士×Web ~ワーフライフバランス奮闘記~

膀胱 炎 の 原因 女

ほとんどの膀胱炎は「大腸菌」が原因ですが… 膀胱はおしっこをためておくところだから「きたない」のではないか?と思われてる方が多くいますが、尿は血液からできているもので(老廃物)無菌状態なのです。 そこにバイキンが侵入してくることから膀胱の内壁が炎症を起こすのが「膀胱炎」。 そのほとんどは「大腸菌」が原因です。 大腸菌はなぜか、大腸にいるときはなにも問題のない菌なのですが、ほかの臓器に入ると炎症を起こす原因となります。 女性は肛門と尿道の距離が短いので大腸菌が侵入しやすいのが困ったものです。 排便のさい、大腸菌も外に出ます。 目に見えなくても、肛門や膣の近くに残ってる可能性があります。 それが「拭いたとき」「シャワートイレの勢い」によって尿道ちかくに移動して、侵入する…。 清潔を心掛けていてもなかなか難しいものもありますね。 しかし、最近若い女性に多くなりつつあるのが「クラミジア」による膀胱炎なのです。 クラミジアってなに? クラミジア感染症は性感染症のうちでもっとも多い病気です。 クラミジアに感染する患者は、女性が60%以上を占めます。 クラミジアへの感染は、男女とも性交渉が活動的な若年層に多く、特に女性に多いのが特徴です。 20歳から24歳までの女性患者数は、男性患者数の2倍近い数にのぼります。 クラミジアは、無症状。 つまり「かかっている自覚症状がない」というのが特徴です。 泌尿器科や婦人科で診断したり治療せずにいることが多く、本人も自覚がないまま、いつの間にか恋人に感染を拡げてしまうことが多いのです。 他の病気や健康診断で初めて発覚することもすくなくありません。 クラミジアは人や動物の細胞に寄生します。 男性の場合は• 尿道炎• 副睾丸炎• 無精子症の原因 になったりする病気ですが、自覚症状はありません。 女性の場合は• 卵管炎• 骨盤腹膜炎• おりものが多くなる• 子宮頚管炎• 不妊症 などを引き起こします。 クラミジアによる膀胱炎が増えつつある理由は? クラミジア感染症は性感染症。 セックスで感染します。 男性の精子と一緒に排出されます。 コンドームをしない状態でセックスし、射精した精子が尿道近くにある場合、膀胱炎の原因になります。 クラミジアはつい放置してしまいいがちですが、膀胱炎を引き起こすと当然自覚症状があります。 クラミジアはウイルスと細菌の中間のような性質を持つ微生物ですが、体の免疫力(殺菌能力)によって退治は可能で膀胱炎の治療により、治ってしまうことがほとんどです。 やっぱり免疫力が大切 わたしたちの体のなかには、ウイルスや細菌、カビ、寄生虫など体に害を及ぼすものから自分自身をまもり、それらを排除する「免疫力」があります。 免疫は主に白血球の働きによって作られます。 マクロファージ• NK細胞• T細胞• B細胞 というさまざまな種類の免疫力が連携して、外敵から体を守ります。 しかし、病気やストレス、寝不足や食生活の乱れから免疫力が低下すると、ふだんなら起きない炎症をおこしたりしてしまいます。 膀胱炎を起こさないようにするには、原因菌が何であれ免疫力を落とさない生活を心掛けましょう。 体の巡りをアップして免疫力がぐんぐんあがる「膀胱炎にならない天然果汁」はサジージュース! サジーは天然果実なのでとれる量に限りがあるそうです。 急いだほうがいいかも! がに投稿。 カテゴリー:。 記事ナビゲーション.

次の