加賀 れんこん。 加賀れんこんで団子汁!加賀野菜のおいしい食べ方【レシピ付き】

加賀れんこん・本 誠一さん:加賀野菜〜産地からのストーリー〜

加賀 れんこん

グッズ• 内容をご記入の上、以下の番号までFAXをお願いいたします。 蓮だよりFAX番号 076-257-7637 ご注文の流れ• 注文用紙を ダウンロード• 用紙に 注文内容を記入• 注文書を FAX送信• 合計金額・ 納期をお知らせ• 商品のお届け・ お支払• お支払い方法 ご自宅用(通常注文)の場合 ・お支払いは 代金引換のみとなります。 (手数料お客様負担ご購入金額に応じて330円~) ・商品金額・送料等、ご注文代金が確定しましたら担当者からご連絡いたします。 贈答用の場合 ・お支払いは 事前振込みになります。 ・振込先は担当者からご連絡いたします。 ・商品金額・送料等、ご注文代金が確定しましたら担当者からご連絡いたします。 お届けについて 【お届け日】 お届け日については、注文内容を確認後、担当者からお申込者様の電話番号にご連絡いたします。 予めご了承のうえご注文いただきますようお願いいたします。 【配送時間帯】 FAX用紙にてご希望のお届け時間をご指定ください。 指定可能時間帯:午前中・12〜14時・14〜16時・16〜18時・18〜20時・20〜21時 その他 販売数量 価格表の1個(または1箱)単位から承ります。 返品・交換について お客様のご都合による商品お届け後の返品・交換は、お断りさせていただいております。 ご了承ください。 ただし、下記に該当する場合は至急ご対応させていただいておりますので、速やかにご連絡ください。 ・お届けの商品に、汚れ・破損・腐敗等不備があった場合 ・お届けの商品が注文内容と違った場合 不良品のお取替えにつきましては、弊社で送料を負担いたします。 内容をご記入の上、以下の番号までFAXをお願いいたします。 蓮だよりFAX番号 076-257-7637.

次の

『加賀れんこん』〜加賀野菜の魅力に迫る〜|加賀野菜.jp

加賀 れんこん

創業昭和5年 食の都 金沢の台所 近江町市場で80年の北形青果が運営するWEBショップです。 加賀野菜・伝統野菜をはじめ、地域の美味しいものを取り扱っています。 店長は野菜ソムリエです。 )何でこんなに、おいしいのか? A. 1 鮮度の差 蓮根は鮮度が命!! なんですよ。 お客様から、よく聞かれるのは、 「蓮根は根菜だから、日持ちがするんじゃないの?」 それは 大きな勘違い!! 鮮度のいい加賀蓮根は、折ったところから、 糸を引きます。 納豆のような、ねばねばした糸ではなく、 鮮度がいい状態では蓮根特有の 繊維 が、 強いんです。 だから糸を引く。 当然、糸を引くような鮮度の蓮根は旨い。 というか、甘いのです。 2 昔ながらの、手掘り、泥付 金沢 小坂地区 は、昔から、蓮根の一大産地として、栄えてきました。 今も使っている 蓮根掘り専用の鍬(くわ) を用いて、すべて手作業で収穫します。 だから、蓮根を傷つけないように、細心の注意を払いながら、収穫しています。 冬場は寒い中、冷たい畑に入り、腰まで浸かりながら、作業をするんです。 大変な仕事です。 また、蓮根を直送するため、泥を洗い流さず、 泥付のまま 出荷しています。 食べた人の声 「鮮度が良いので、びっくりしました。 」 「蓮根が糸を引くなんて、信じられなかったが、実物に触れて、やっと分りました。 」 「甘いんですね、驚きました。 」 「とても太くて、立派な蓮根でした。 」 「蓮根の摩り下ろしたものを食べると、母乳が良く出ると言うので、出産したばかりの娘に飲ませてやることにします。 」 八百屋冥利に尽きることを、毎年聞かされております。 八百屋のこだわり 3段階選別 形のいいものばかり集めました。 金沢小坂地区 産地指定。 あえて 仕事人 不特定。 あとは 北形青果の目利き次第。 当店では 真に美味しいものをお届けするために、 独自で3段階選別をしています。 産地から段階選別されてやってきます。 < 等級・サイズ> その中でも、今の時期、美味しいものを作る 人だけを選び、 その中でも、 一番美味しいものを、お客様へ、お渡ししております。 都合3段階以上の選別にて、これまでやってきました。 保存方法 お早めにお召し上がりください。 どんな蓮根も、1週間たつと、別物のような味になります。 少しでも、良い状態に保つには、 泥を洗って、 冷蔵庫で保存してください。 注) 泥付のまま、保存をなさる方が多いようですが、泥には、雑菌などが多く、蓮根の腐敗の原因になります。 冷蔵庫も汚くなるしね。 泥は、早めに洗って、綺麗な状態で保存してください。 〜 食べ方の幅を広げよう 〜 蓮根のおいしい食べ方 いちおう 加賀蓮根の等級いろいろ はじめに申しますと、 蓮根は3〜5つの節に分かれています。 実は、それぞれ食感が全く違います。 下の図でもわかるとおり、 尻尾 頭 頭に行くほど、やわらかく、もっちりとした食感が楽しめます。 ですから、やわらかく煮込んだ煮物に最適。 また、尻尾のほうは、シャキシャキした食感が楽しめますので、 きんぴらがおすすめです。 間は、天ぷらにしてみたら、いかがでしょうか、 また、摩り下ろすと、粘りが強いため、つなぎを使わずに 蓮根の団子汁や、蓮蒸しなど、いろいろな味が、楽しめると思います。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は佐川急便でお届けいたします。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌日発送を こころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は[午前中][12:00〜14:00][14:00〜16:00][16:00〜18:00][18:00〜21:00]です。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

羽二重 加賀れんこん餠

加賀 れんこん

収量も多く、耐病性(腐敗病)に強く、浅根性で掘りやすいのが特徴であるが、葉はもろくて折れやすく、風害のあったときは損害を受ける。 れんこんは、澱粉質が多く粘りが強いのが特徴で、太くて節間が短く、肉厚である。 特に先の方の二節がおいしい。 栽培は、4月下旬から5月下旬に種れんこんを植え付け、収穫は8月下旬から翌年の5月中旬まで市況に応じて長期出荷する普通栽培である。 新鮮な泥付きれんこんとして、地元市場をはじめ、県外にも出荷されている。 歴史と現状 石川県でのれんこんの栽培は、藩政時代にさかのぼる。 その伝播経路は明らかではないが、ずいぶん古く加賀藩五代藩主前田綱紀のころから栽培されていたと伝えられている。 城中で栽培され、「ハスノ根」として上層武士間で薬用に供されていたといわれている。 その後、金沢市大樋町一帯(小坂地区)で栽培されるようになり「大樋蓮根」と呼ばれ、加賀の国の産物として公に栽培されるようになった。 この大樋蓮根は、「地ばす」といわれる品種で、地下1m前後を匍匐するため、掘上げるのに極めて労力を必要とし、その収量も低く短小型であったが、明治中頃まで栽培が続いたとされている。 明治20年代になると、ようやくれんこんの商品性が注目されだし、「小坂蓮根」と呼ばれるようになり、食用として栽培されるようになった。 れんこんは、富農本岡三千冶・太吉父子、精農表与兵衛等によって新品種の導入に力を注がれた。 明治30年代の「青葉種」、明治40年代の「枯知らず」、「赤蓮種」などの導入がある。 大正に入ると「白蓮種」、「南京種」、「赤蓮種」などがあり、大正中期、れんこんの生産拡大に功績のあった、本岡大吉氏によって加賀蓮根と命名され市場へ出荷された。 昭和30年代の主な品種としては、「備中種」、「支那蓮種」、「上総種」などがある。 これまで様々な品種が導入されて改良が加えられてきた。 昭和40年代中頃、支那蓮種から選抜育成してきたのが、現在の品種「支那白花」である。 才田、森本地区、河北潟干拓地まで加賀れんこんの栽培が広まり、一大産地となっている。

次の