ほうれん草 あく抜き。 ほうれん草のあく抜きに砂糖を!

生のほうれん草のアク抜きの必要性は?!その方法や時間について!

ほうれん草 あく抜き

ほうれん草は炒めるときでもあく抜きは必要…? ほうれん草を胡麻和えやお浸しにして食べる場合は、あく抜きをしてから食べるというのが普通ですよね。 しかし、ほうれん草は、茹でて食べるだけではなく、炒めて食べるという調理法も多いですよね。 そんなとき、ほうれん草のアク抜きはしなくて良いのか…と不安になることもあると思います。 ネットで調べても実に様々な方がいて、いちいち下茹でをしてから、ほうれん草を炒めるという方もいますね。 結論からいって、 ほうれん草を炒める際に、 あく抜きをしなければならない というわけではありません。 そもそもほうれん草は必ずあく抜きをしなければならないというわけではないのです。 ただ、ほうれん草を調理する際は、あく抜きした方がおいしいですし、以下の理由があげられます。 ほうれん草のあく抜きをする理由 ほうれん草に含まれているシュウ酸という成分は、体内のカルシウムを取り込み、 シュウ酸カルシウム になります。 このシュウ酸カルシウムというものが、 結石 の原因になるとされています。 結石は腎臓にでき、尿管を通るときに激しい痛みが生じます。 ほうれん草に含まれるシュウ酸を大量にとると、このように体に悪いことが起こりますし、シュウ酸は、カルシウムの吸収を阻害してしまいます。 しかし、少量のほうれん草で、結石になるわけではなく、 少量だとOKです。 むしろ毎日1kg以上のほうれん草を食べた際に、影響が起きる程度で、おかず程度の量でしたら、問題はありません^^ というわけで生で食べてもOK、あく抜きしなくてもOKなのですが、成分うんぬんよりも、このシュウ酸は 食味に影響します。 ほうれん草を食べたときに、 キシキシ、 ざらざらという食感を感じたことはないでしょうか。 この食感の原因は シュウ酸です。 この食感がいやな方は、 あく抜きの処理をしてから調理した方が良いといえます。 たとえば、クリームパスタなどにほうれん草をいれる場合、そのまま入れるのではなく、一度茹でてからソースと絡めると、キシキシという感じが少なくなります。 あく抜き不要のサラダほうれん草もあります。 ですので、あく抜きを必ずしなければいけないというわけではないですが、一度あく抜きをしてから、調理すると、食感が良くなる程度に覚えていれば良いかと思います^^ 茹でなくても簡単にあく抜きができます ほうれん草を洗って簡単にあく抜き ほうれん草は根元に土や泥が残っているので要注意です。 十字に切り込みをいれることで、汚れが落ちやすくなります。 茹でる場合は、水気をザル等で切ってから茹でるようにします。 ほうれん草のあく抜きはレンジでも 手早くほうれん草をあく抜きしたいという方に、オススメしたいのは、電子レンジを使用したあく抜き方法です。 流水にさらすのが面倒、茹でるのが面倒という方は、電子レンジを使用してあく抜きもできます。 ただ、水分中にあくの成分が多く流出しているので、必ず電子レンジで加熱した後も、冷水につけて、粗熱をとる&シュウ酸を取り除くようにしてください。 でてきた水分もそのまま料理に使用してしまうと、あくの成分を結局摂取することになります。 ほうれん草のあく抜きまとめ 今回は、ほうれん草の炒める場合のあく抜きについてまとめてみました。 ほうれん草には、土汚れが多くついているので、しっかり洗ってから調理するようにしましょう^^.

次の

ほうれん草を炒めるときにもアク抜きや下茹では必要か?そのままでもOK?

ほうれん草 あく抜き

ほうれん草のあく抜きを失敗しない簡単な方法 フライパンを使えば、ゆで過ぎる事なく 失敗なしでほうれん草アク抜きが出来ます。 お湯をたくさん沸かさないので節約にもなりますね。 材料 です。 (4人分) ほうれん草1束 サラダオイル 大さじ1 お湯コップ1 ほうれん草はボウルに水をためて、土を落とすように洗います。 洗ったほうれん草を4,5センチの長さに切りましょう。 フライパンを熱して、油を入れ、先にほうれん草の茎部分を炒めます。 この間に、お湯をコップ1杯用意してください。 茎部分に半分くらい火が通ったところで、 葉っぱ部分を入れて、炒めましょう。 火加減は中火~強火で。 葉っぱ部分がしんなりとしたら、 お湯を入れます。 ほうれん草全体を湯通しするようにかき混ぜましょう。 火を止め、ほうれん草をお箸で押さえてお湯を捨てます。 フライパンが重かったらほうれん草だけを取り出してもよいです。 ほうれん草は、先に茎部分を炒め、そのあと葉っぱを入れると、 量が多くても上手に炒めることができます。 油を使いますが、湯通しでだいぶん油分が落ちます。 また、ほうれん草のアクも取れます。 豆知識 ほうれん草のエグミ ほうれん草を生で食べたときに感じるエグミの原因は、 シュウ酸という成分です。 シュウ酸は強い酸で、 ほうれん草に多く含まれています。 このシュウ酸をほうれん草からなくすのが、 ほうれん草のアク抜き、つまり「ほうれん草をゆでる」 ということなのです。 ゆでることで、ほうれん草に含まれるシュウ酸はほとんど流れます。 大事な栄養素も流れ出てしまうのでは? そのため、上手にほうれん草をゆでるには、 お湯の量やゆで時間が大事なポイントとなってくるのです。 ほうれん草のあく抜きのやり方 洗う前の作業 ひと手間かけましょう すき間の土が取れやすいように、 根元の部分に十字にはさみを入れます。 栄養のある根っこはそのままで! ほうれん草の根本にあるピンク色の部分は栄養がたくさんあります。 捨てずにゆでて使いましょう。 土が取れにくい根元の切り口だけを少し切り落とします。 この時お湯を沸かしながら、ほうれん草を洗いましょう。 お鍋にたっぷりの水を入れて火にかけ、 その間にほうれん草を洗います。 指先で根元の土を取りながら水の中でゆすぎ、 水を替えて全体をゆすいだら準備完了です。 ほうれん草のあく抜きは何分? おいしさの秘訣はサッとゆでることです。 根元は30秒 葉先は10~20秒と頭にいれてくださいね。 ゆで上がったほうれん草を冷水にさらすので ボウルに水を準備してください。 いよいよお鍋にほうれん草をいれますよ。 沸騰した湯に根元を入れて30秒、 続けて葉先まで入れて10~20秒ゆでます。 ほうれん草のあく抜き 水にさらす理由 ほうれん草をゆで上げてすぐ冷水にさらす事で、 ゆで過ぎを防ぎ鮮やかな緑色をキープできます。 冷水に浸けないと、ほうれん草をゆでた余熱で どんどんやわらかくなってしまうんです・・・。 次に長く水につけずに水気をギュッと絞りましょう。 絞ったら料理に合わせた長さに切ります。 保存容器に入れて2~3日冷蔵保存できます。 スポンサードリンク ほうれん草のあく抜きのコツ なるべく多め沸騰したお湯を準備しましょう。 ほうれん草をおいしくゆでるには、一気にゆでることです。 短時間で一気にゆでることで、アクも抜けて美味しく仕上げることが出来ます。 ただ、気を付けないといけないのが、 ほうれん草を入れることでお湯の温度がどうしても下がることです。 お湯が多ければ多いほど、温度変化を抑えることが出来ますね。 ゆで時間の目安は、根元は30秒で葉先は10から20秒 ゆで過ぎたほうれん草は、やわらか過ぎて美味しくありません。 ほうれん草のゆで時間を心配される方が多いですね。 ゆで時間は、根元は30秒ほど、葉先は長くて20秒ほどゆでれば大丈夫です。 ほうれん草のあく抜き 水に浸けすぎない ほうれん草には、ビタミンなど水に溶けて流れてしまう栄養素も多く含まれています。 そのため、あまり長い時間水に浸けないことが栄養を逃さないポイントです。 ほうれん草には、ビタミンなど水に溶けて流れ出てしまう栄養素も多く含まれています。 そのため。 あまり長い間水に浸けないことが栄養を逃さないポイントです。 最後に ほうれん草のあく抜きは大きな深鍋がなくてもフライパンで大丈夫です。 何度かゆでているうちに、効率のよい下処理の仕方も身についてきます。 ほうれん草を使った料理の幅もぐんと広がりますね。

次の

ほうれん草のあく抜きに砂糖を!

ほうれん草 あく抜き

スポンサーリンク ほうれん草は下茹でしてあく抜きする必要はある? ほうれん草を必ずしも 下茹でしてあく抜きをする必要はありません。 ソテーや電子レンジ調理する場合でも必要ありません。 ただし、 エグ味や苦味が気になる方は、あく抜きしたほうがいいですよ。 理由を説明していきます! そもそも、 ほうれん草のあく抜きをする理由は、シュウ酸を抜くためです。 シュウ酸とは、ほうれん草の灰汁(あく)の正体で、エグ味・苦味を感じさせる成分ですよ。 シュウ酸は水に溶けやすいのも特徴の一つで、茹でることでシュウ酸を抜くことができます。 シュウ酸を大量に取ると尿路結石の原因になる可能性もあるんです。 ただし、ほうれん草をよっぽど毎日大量に食べなければ、体に悪影響はありません。 シュウ酸の体への影響については、次の記事に詳しく書いていますので、気になる方は参考にしてください。 参考: あく抜きでシュウ酸を抜くメインの理由は、ほうれん草を食べやすくするためです。 シュウ酸を抜かなければ、エグ味・苦味を感じやすくなるためですね。 あく抜きしていないほうれん草を食べにくいと思う人は、下茹でしてあく抜きしたほうがいいでしょう。 しかし、最近のほうれん草は、シュウ酸が少なく食べやすくなってきています。 好みの問題もありますが、あく抜きしなくてもおいしく食べられますよ。 また、シュウ酸を抑えて食べやすくした サラダ用のほうれん草なんてものも売られています。 品種によっても味は違いますので、そのへんも含めてあく抜きするか判断しましょう。 結論は、あく抜きの必要はなし!ただし、味が気になる人はあく抜きしてください。 茹でるのは面倒で食感が変わって嫌だけど、そのままじゃ苦みを感じて困る…という方は、次でご紹介する方法でシュウ酸を抜くといいですよ。 スポンサーリンク 茹でずにほうれん草のシュウ酸を抜く方法は? 茹でずにほうれん草のシュウ酸を抜く方法は、ほうれん草を 流水で20分水に浸してください。 流水じゃなくても、水を交換する方法でもOKです。 シュウ酸の水に溶けやすい性質を利用して、水に浸すことでシュウ酸を抜くことができます。 水に浸すことで、シュウ酸を二分の一から三分の一まで減らすことができるんです。 味も食べやすくなるので、茹でないで食べるなら試してみてください。 水に浸してから、ソテー・電子レンジで加熱・生でサラダにしたりと、自由に料理しましょう! まとめ ほうれん草は、必ずしも下茹でしてあく抜きする必要はありません。 味がえぐかったり苦かったりするなら、あく抜きしましょう。 茹でるのが嫌なときは、水に20分浸すとシュウ酸が抜けて食べやすくなります。 ほうれん草は、栄養価が高いので、たくさん食べるといいですよ! スポンサーリンク•

次の