つなぐ ネット コミュニケーションズ 電気。 つなぐネットコミュニケーションズ

三菱地所

つなぐ ネット コミュニケーションズ 電気

三菱地所 <会社概要> 社名 株式会社 つなぐネットコミュニケーションズ 英語名称 Tsunagu Network Communications, Inc. 電気通信事業法に基づく第二種電気通信事業 2. 高速データ通信システムの運営、装置の開発・設置、保守の受託及び販売並びにコンサルティング事業 3. 高速データ通信ネットワーク上での応用通信システムの企画開発及び情報提供事業並びに情報処理サービス事業 4. 高速データ通信ネットワークを利用した広告、宣伝及び広告代理業 5. インターネットを利用した前各号に関する業務 6. 前各号に関する企画、開発、調査業務 7. 前各号に付帯又は関連する一切の業務 出資の経緯 つなぐネットコミュニケーションズは、丸紅100%出資(開発建設部門、IT事業部門、金融・物流部門の3部門出資)で 本年1月、丸紅ファミールマンション向け常時接続およびブロードバンドインターネットサービス事業の企画会社(資本金3億円)として設立されました。 今回、三菱地所および東京建物との資本提携により、資本金を10億円に増資し、より大規模な事業展開をはかることになります。 新会社では、既に丸紅が分譲したファミールシリーズのマンション(16棟、総戸数2,500世帯)に対し試行サービスを提供しており、本年5月より本サービスを開始します。 新会社の事業内容について ・マンションインフラのIT化 対通信事業者・機器メーカーに対しては、「キャリアフリー」「メーカーフリー」の立場を利用し、マンション毎に最適の通信サービスや情報提供を行います。 「キャリアフリー」とは、マンションの入り口までの通信事業者を新会社が選択する権利を留保することにより、光回線やADSL、無線などのラストワンマイルの方式を問わず、マンションの規模や利用状況に応じ最適なサービスを提供する考え方です。 現在利用している回線は、東京めたりっく(江東区ファミール浜園466世帯)・KDDI(世田谷区ファミール明大前116世帯)・e-accessなどのADSL回線や、光回線(杉並区ファミールグラン高井戸デュープレックス340世帯)やSonyが提供する22GHzのFWA(無線)方式(中央区ファミールアクアージュ99世帯 などです。 「メーカーフリー」とは、マンションの入り口から各住戸までの配線・通信方式に関し、新会社として特定のメーカーや方式に囚われず、その時々の最適な技術を利用する方針のことです。 新築のマンションに関しては、イーサネット方式(100Mbps)を中心としつつ、各住戸まで光ファイバーを引く方式も採用しています。 既存のマンションに関しては、棟内電話線を利用するHomePNA方式(1Mbps やxDSL方式(~15Mbps)を中心とし、棟内テレビ回線を利用するcable modem方式(~30Mbps)や2. 4GHzの無線方式(~10Mbps)を活用することにより、あらゆる形状のマンションにも対応できる体制を整えています。 また、大規模マンション群の棟間接続については、ビル間レーザー通信を応用することも計画中です。 既存マンションの場合、サービス導入にあたって管理組合の負担が無いため、スピーディーにシステム導入を図ることが可能です。 通信サービスとしてのメニューは、通信料・プロバイダー料金の合計で、常時接続サービスを月額2,000円程度(新築)~3,900円(既存)、高速接続サービスを月額6,000円程度で提供します。 ・マンション生活のIT化 新会社としては、現在次のような生活密着型ネットサービスを提供中であり、今後、マンション住民や地域のニーズに応じた実用的なネットサービスを展開することにより、マンション生活のIT化を支援します。 管理組合や管理会社からのお知らせを伝える電子回覧版システム:マンションコミュニケーションパック なお、このサービスは、将来マンション管理業務との連動による管理サービスの質の向上を目指しています。 地元半径2Km程度の生活情報を提供する地域ポータル:まちぷら(都内一部エリア) 全国の開業医団体との提携によるネット上での健康相談サイト:バーチャルドクター 医師、薬剤師、助産婦、セラピストなどの専門家による妊娠出産育児専門サイト:ベィビーパラダイス また、パソコンに触れる機会が少ない層に対しては、棟毎にテレビの空チャンネルを利用した情報提供サービスや、ボードタイプの情報端末などの導入も検討しており、初心者へも配慮しています。 事業エリアおよび事業規模 新会社では今後、丸紅、三菱地所、東京建物の新築・既存マンションを中心にサービスを開始すると共に、新築についてはデベロッパー、既存については管理会社との業務提携を拡大することにより、3社の分譲・管理物件以外にも積極的に営業活動を行ってまいります。 各社の活動内容 丸紅株式会社開発建設部門は、過去30年以上にわたり、東京・大阪・名古屋・札幌を中心とした一次取得者向けの「ファミール」シリーズマンションなど累計で約6万戸のマンションを供給し、大手専業デベロッパーに匹敵する実績を誇っています。 また、マンション管理のグループ内企業ベニーエステートサービスは業界6位の管理戸数約9万7千戸を有しています。 また、丸紅のIT事業部門は、太平洋光回線に加え東京・名古屋・大阪の三大都市圏に結ぶ光ファイバーを持つグローバルアクセス(株)や、首都圏でラストマイルアクセスを提供するメトロアクセス(株)、丸の内エリア限定のラストマイル会社丸の内ダイレクトアクセス(株)を通じ、ブロードバンドインフラを供給しています。 三菱地所株式会社は、1969年以来「パークハウス」シリーズなど累計で約2万5千戸のマンションを供給しているほか、民間では国内最大級の複合開発となる宮城県仙台市における泉パークタウンなど総合デベロッパーとして多様なニーズに応える住環境の提供を行っております。 また、グループのマンション管理会社(株)ダイヤコミュニティーは管理戸数2万3千戸を有しております。 情報通信サービスでは、約30棟の賃貸ビルを運営している丸の内エリアを中心に、丸の内ダイレクトアクセス(株)によるブロードバンドインフラの提供や、丸の内スーパーネットによるITサポートサービスを提供しています。 東京建物株式会社は、1896年創立の総合不動産会社として1968年よりマンション分譲事業を開始し、これまでに東京・大阪を中心に、累計で約1万7千戸のマンションを供給しています。 多様化するライフスタイルに対応するため5つのマンションブランドからなる「ヴェールシリーズ」を展開し、付加価値の高い商品を提供しております。 グループ会社の株式会社東京建物アメニティサポートはマンション管理を1968年より開始し、これまでに約1万7千戸を管理しています。 また、IT対応に関しては、新規分譲マンションへのインターネット対応の標準化を既に実施している他、ITの戦略的な活用を目的として本年2月に株式会社イー・ステート・オンラインを設立し、各種不動産取引におけるインターネットビジネスにも積極的に取り組んでいます。 以上 本件に関するお問い合わせ 株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 担当:百瀬 電話:03-3282-3405 電子メール: ホームページ:.

次の

三菱地所

つなぐ ネット コミュニケーションズ 電気

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ TSUNAGU NETWORK COMMUNICATIONS INC. 概要 [編集 ] 、、の共同出資により2001年設立、マンション向けサービスを中心に、マンション向け各種サービスを提供している。 従来運営していたインターネットサービス「e-mansion」に加え、「UCOM光 レジデンス」を事業継承した。 など、電力事業も提供している。 が行った調査では、2015年3月末の全戸一括型マンションの加入件数において、アルテリア・ネットワークスの「UCOM光 レジデンス」がシェア17. 9%でトップ、つなぐネットコミュニケーションズの「e-mansion」がシェア15. 2%で第2位となった。 サービス [編集 ] インターネットサービス [編集 ] e-mansion [編集 ] マンション全戸一括加入にてサービスを提供している。 アクセス回線にはNTTが提供する戸建て向けのフレッツ 光ネクスト(は、もしくは)の他、サービス提供エリアやマンション規模に応じて(auひかりビジネス等)の提供する回線を使用した環境を各戸ごとに(VLAN。 仮想LAN)で切った形にて提供している [ 要出典]。 回線事業者が提供するマンション向けインターネットサービスと同様、型サービスではあるが戸建て向けや向け回線を使用しているため、マンション内の通信量などによっては速度低下が起きやすい場合もある [ 要出典]。 標準はプライベートのみの使用となるが、オプションを利用することでグローバルIPアドレスの使用も可能となる [ 要出典]。 UCOM光 レジデンス [編集 ] マンション全戸一括型インターネット接続サービス。 光回線と(プロバイダ)をアルテリア・ネットワークスとセットで提供しており、入居者は個別に回線とISP契約をする必要が無い。 方式を採用しており、ISPのIDやパスワード入力などの初期設定の必要が無い。 またLAN配線であれば、入居後(もしくは等)を室内のにつなぐだけですぐにインターネットが利用できる利点がある。 タイプの場合、専用を接続する必要がある。 ICTマンション [編集 ] マンション向け任意加入型の光接続サービス。 UCOMモバイル [編集 ]。 モバイルWi-Fiルーターを提供している。 2018年9月現在、新規受付は行っていない。 マンション向け付加サービス [編集 ]• Mcloud(エムクラウド) マンションの専用WEBサイトが利用可能な。 管理組合支援サービスKANRI マンションの管理組合の運営業務をサポートするwebツール。 部屋づけ君 居住者が支払う共用施設などの利用料金をキャッシュレスで会計できるツール。 修繕工事支援サービスSHUZEN. INFO 施工会社から居住者向けに修繕工事情報を配信できる管理システム。 マンション向けIoT やなどに、を導入したサービス。 Wi-Fiスポット マンションの専有部・共用部にを導入したサービス。 マンション・ラボ マンションの居住者を対象としたアンケート・リサーチを行ったデータを基に、管理会社などのを支援するサービス。 緊急地震速報サービス SCOOP などが発表するを、配信事業者経由でマンション入居者ので伝えるサービス。 エネルギーサービス [編集 ] 電力一括受電サービス [編集 ]• UCOMエネルミー「とくエネ」 マンション毎にまとめて地域等と電力契約を締結することで、入居者が個別に電力会社と契約するより廉価な料金で電力を利用できるサービス。 の設置、電気料金の請求をつなぐネットコミュニケーションズが行う。 Msmart(エムスマ) 地域電力会社等から高圧電力を一括購入し、マンション内ので低圧に変換し供給する。 電力のまとめ買いにより、入居者の電気料金を削減するサービス。 設置により、インターネットを通じて電気使用量を確認することができる。 電力小売サービス [編集 ] 共用部の電気契約が契約か契約かにより提供サービスが別れる。 高圧 - 丸紅新電力 共有部の電気契約が高圧契約で、つなぐネットコミュニケーションズのインターネット導入済みマンションが対象。 低圧 - つなぐでんき と共同で、マンション共用部の電気を低価格で利用できる電力小売サービス。 つなぐネットコミュニケーションズのインターネットが全戸一括で導入しているマンションでは、さらに低価格で利用可能。 沿革 [編集 ]• マンション向けインターネットサービス「e-mansion」を提供開始。 9月 - 藤和不動産(現:)より、マンション向けインターネットサービス事業「With e net」を譲受。 7月 - マンション向けサービス「SCOOP」を提供開始。 7月 - ビル向け緊急地震速報サービス「SCOOP」を提供開始。 11月 - 「『マンション内被災生活』実現支援プログラム」がを受賞。 8月 - マンション向け電力小売サービス「つなぐでんき」を提供開始。 3月 - サービス「つなぐモバイル powered by mineo」を提供開始。 11月 - アルテリア・ネットワークスと、エネルギー関連事業、およびマンション向けインターネットサービス事業を統合。 脚注 [編集 ]• - 日経 xTECH(2015年8月25日配信、2018年9月12日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月10日閲覧)• - UCOM光 レジデンス会員サポートサイト(2018年9月10日閲覧)• - UCOM光 レジデンス会員サポートサイト(2018年9月10日閲覧)• - UCOM光 レジデンス会員サポートサイト(2018年9月10日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月10日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月10日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月10日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月12日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月12日閲覧)• - 公式サイト(2018年9月12日閲覧)• - 地震速報配信のSCOOP スクープ (2018年9月12日閲覧)• - お知らせ・ニュースリリース(2017年3月22日配信、2018年4月27日閲覧)• - (2017年9月27日配信、2018年4月27日閲覧) 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる()。 この項目は、やに関連した 書きかけの項目です。

次の

UCOMエネルミーのHEMSサービス「エネセンサー」| 株式会社つなぐネットコミュニケーションズ

つなぐ ネット コミュニケーションズ 電気

三菱地所 <会社概要> 社名 株式会社 つなぐネットコミュニケーションズ 英語名称 Tsunagu Network Communications, Inc. 電気通信事業法に基づく第二種電気通信事業 2. 高速データ通信システムの運営、装置の開発・設置、保守の受託及び販売並びにコンサルティング事業 3. 高速データ通信ネットワーク上での応用通信システムの企画開発及び情報提供事業並びに情報処理サービス事業 4. 高速データ通信ネットワークを利用した広告、宣伝及び広告代理業 5. インターネットを利用した前各号に関する業務 6. 前各号に関する企画、開発、調査業務 7. 前各号に付帯又は関連する一切の業務 出資の経緯 つなぐネットコミュニケーションズは、丸紅100%出資(開発建設部門、IT事業部門、金融・物流部門の3部門出資)で 本年1月、丸紅ファミールマンション向け常時接続およびブロードバンドインターネットサービス事業の企画会社(資本金3億円)として設立されました。 今回、三菱地所および東京建物との資本提携により、資本金を10億円に増資し、より大規模な事業展開をはかることになります。 新会社では、既に丸紅が分譲したファミールシリーズのマンション(16棟、総戸数2,500世帯)に対し試行サービスを提供しており、本年5月より本サービスを開始します。 新会社の事業内容について ・マンションインフラのIT化 対通信事業者・機器メーカーに対しては、「キャリアフリー」「メーカーフリー」の立場を利用し、マンション毎に最適の通信サービスや情報提供を行います。 「キャリアフリー」とは、マンションの入り口までの通信事業者を新会社が選択する権利を留保することにより、光回線やADSL、無線などのラストワンマイルの方式を問わず、マンションの規模や利用状況に応じ最適なサービスを提供する考え方です。 現在利用している回線は、東京めたりっく(江東区ファミール浜園466世帯)・KDDI(世田谷区ファミール明大前116世帯)・e-accessなどのADSL回線や、光回線(杉並区ファミールグラン高井戸デュープレックス340世帯)やSonyが提供する22GHzのFWA(無線)方式(中央区ファミールアクアージュ99世帯 などです。 「メーカーフリー」とは、マンションの入り口から各住戸までの配線・通信方式に関し、新会社として特定のメーカーや方式に囚われず、その時々の最適な技術を利用する方針のことです。 新築のマンションに関しては、イーサネット方式(100Mbps)を中心としつつ、各住戸まで光ファイバーを引く方式も採用しています。 既存のマンションに関しては、棟内電話線を利用するHomePNA方式(1Mbps やxDSL方式(~15Mbps)を中心とし、棟内テレビ回線を利用するcable modem方式(~30Mbps)や2. 4GHzの無線方式(~10Mbps)を活用することにより、あらゆる形状のマンションにも対応できる体制を整えています。 また、大規模マンション群の棟間接続については、ビル間レーザー通信を応用することも計画中です。 既存マンションの場合、サービス導入にあたって管理組合の負担が無いため、スピーディーにシステム導入を図ることが可能です。 通信サービスとしてのメニューは、通信料・プロバイダー料金の合計で、常時接続サービスを月額2,000円程度(新築)~3,900円(既存)、高速接続サービスを月額6,000円程度で提供します。 ・マンション生活のIT化 新会社としては、現在次のような生活密着型ネットサービスを提供中であり、今後、マンション住民や地域のニーズに応じた実用的なネットサービスを展開することにより、マンション生活のIT化を支援します。 管理組合や管理会社からのお知らせを伝える電子回覧版システム:マンションコミュニケーションパック なお、このサービスは、将来マンション管理業務との連動による管理サービスの質の向上を目指しています。 地元半径2Km程度の生活情報を提供する地域ポータル:まちぷら(都内一部エリア) 全国の開業医団体との提携によるネット上での健康相談サイト:バーチャルドクター 医師、薬剤師、助産婦、セラピストなどの専門家による妊娠出産育児専門サイト:ベィビーパラダイス また、パソコンに触れる機会が少ない層に対しては、棟毎にテレビの空チャンネルを利用した情報提供サービスや、ボードタイプの情報端末などの導入も検討しており、初心者へも配慮しています。 事業エリアおよび事業規模 新会社では今後、丸紅、三菱地所、東京建物の新築・既存マンションを中心にサービスを開始すると共に、新築についてはデベロッパー、既存については管理会社との業務提携を拡大することにより、3社の分譲・管理物件以外にも積極的に営業活動を行ってまいります。 各社の活動内容 丸紅株式会社開発建設部門は、過去30年以上にわたり、東京・大阪・名古屋・札幌を中心とした一次取得者向けの「ファミール」シリーズマンションなど累計で約6万戸のマンションを供給し、大手専業デベロッパーに匹敵する実績を誇っています。 また、マンション管理のグループ内企業ベニーエステートサービスは業界6位の管理戸数約9万7千戸を有しています。 また、丸紅のIT事業部門は、太平洋光回線に加え東京・名古屋・大阪の三大都市圏に結ぶ光ファイバーを持つグローバルアクセス(株)や、首都圏でラストマイルアクセスを提供するメトロアクセス(株)、丸の内エリア限定のラストマイル会社丸の内ダイレクトアクセス(株)を通じ、ブロードバンドインフラを供給しています。 三菱地所株式会社は、1969年以来「パークハウス」シリーズなど累計で約2万5千戸のマンションを供給しているほか、民間では国内最大級の複合開発となる宮城県仙台市における泉パークタウンなど総合デベロッパーとして多様なニーズに応える住環境の提供を行っております。 また、グループのマンション管理会社(株)ダイヤコミュニティーは管理戸数2万3千戸を有しております。 情報通信サービスでは、約30棟の賃貸ビルを運営している丸の内エリアを中心に、丸の内ダイレクトアクセス(株)によるブロードバンドインフラの提供や、丸の内スーパーネットによるITサポートサービスを提供しています。 東京建物株式会社は、1896年創立の総合不動産会社として1968年よりマンション分譲事業を開始し、これまでに東京・大阪を中心に、累計で約1万7千戸のマンションを供給しています。 多様化するライフスタイルに対応するため5つのマンションブランドからなる「ヴェールシリーズ」を展開し、付加価値の高い商品を提供しております。 グループ会社の株式会社東京建物アメニティサポートはマンション管理を1968年より開始し、これまでに約1万7千戸を管理しています。 また、IT対応に関しては、新規分譲マンションへのインターネット対応の標準化を既に実施している他、ITの戦略的な活用を目的として本年2月に株式会社イー・ステート・オンラインを設立し、各種不動産取引におけるインターネットビジネスにも積極的に取り組んでいます。 以上 本件に関するお問い合わせ 株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 担当:百瀬 電話:03-3282-3405 電子メール: ホームページ:.

次の