アメノウズメ ノミコト。 アメノウズメノミコト!芸能上達の功徳あり!

アメノウズメ

アメノウズメ ノミコト

天の岩戸で祭祀を執り行う神 アメノフトダマはが天の岩戸に実を隠した際に、岩戸の前で祭祀(儀式)を執り行ってを誘いだした神の一人。 が太祝詞(フトノリト)でアマテラスを褒め称える一方でアメノフトダマは占いをし、儀式に必要な道具を揃え、配置した。 もう少し詳しく書くと、洞窟でまず卜占を執り行い、(榊)に大きな勾玉をぶらさげたもの楮(コウゾ=クワ科の樹木)で編んだ白木綿(今でいう木綿とは違い、コウゾで編んだ糸のこと)と麻で織った青木綿と大きな鏡を取り付けた太玉串を振った。 アメノフトダマはそういった祭祀・儀式を執り行う神。 もしくは朝廷で祭祀をしきっていたの役割をそのままに神格化したのかもしれない。 注連縄のルーツ その後、によって引っ張りだされたアマテラス。 世界に太陽が戻り、平和になります。 するとアメノフトダマは岩戸にしめ縄を掛け、二度と利用されないように祈ります。 これが神社に掛っている注連縄とされます。 に命じられた にオシホミミと天孫降臨するように命じられ、宮殿を守るように指示されます。 注連縄の向こうは神の領域。 神と人を別ける境目。 ということになるのですが、この話の中では、注連縄の向こうはアマテラスが身を隠した忌まわしい場所。 そこを二度と使わないようにとする注連縄の意味と、現在の神との領域の境としての注連縄では意味合いが違う……気がするのですが。 いや注連縄が悪霊を退けるのであれば、依り代から見れば外側こそが「忌み場」なのですから、まぁおかしくないような。 ところで、注連縄が通常の神社とは逆に付けられている神社があります。 出雲にはが祀られています。 は祟り神として後日現れる神、何か理由があるのでしょうか。 まぁいろいろと想像が膨らみます。 そもそもは占いをして神の意思を問う神官 占いをするということは、神の意思を問うということです。 神の意思と言っても、実際には占いをする人の「とらえ方」次第であって、神と神官は実質同じ意味です。 それがフトダマというの本質でしょう。 昔の人は訳の分からないことや未来のことは「神の領域」でした。 だから神の意思を尋ねる人は珍重されました。 その方法が「占い」だったり、「神おろし」「神託」であり、神の機嫌を良くすることで世界を安定させようとしたのが、「舞」「神楽」「料理」と言ったものです。 これらを特別視したのは古代では当然でしょう。

次の

天宇受売命(あめのうずめのみこと) : 皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集

アメノウズメ ノミコト

【和魂】芸能的才能『才能を活かす時』 あなたの芸が周りを盛り立てます。 音楽や絵画、踊りや習い事など、あなたの才能が開花する時です。 物怖じすることなく、あなたの得意なことを周りにアピールして下さい。 恥じらいを捨て、時には馬鹿になりましょう。 自分を思いっきり表現する事で、潤滑に物事が進みます。 【荒魂】落ち着いて『客観視してください』 行動が目立ちすぎています。 無理して、大袈裟に表現していませんか? 周りとの調和を考え、自分を客観的に見る事で、あなたらしく居られます。 自分の能力はひけらかすものではなく、周りを活かすために使う時です。 そうする事でより信頼を得る事が出来るでしょう。 【分かりやすく動画で解説】 【神事芸能の神楽の祖神】 アメノウズメといえば、胸を出し、下半身をさらけ出し、神々を笑わせるお調子者というイメージだろう。 有名な話が「天岩戸」である。 は、弟の横暴を必死に庇い続けるが、とうとう庇いきれなくなってしまう。 そのあまりの傍若無人な行動にショックを受け、天岩戸に隠れた。 太陽の神であるが天岩戸に隠れたことで、高天原(天界)は闇に包まれ、いろんな災いが起こった。 これに困った八百万の神は、会議を開く。 その時に、知恵を司るタカミムスビの子オモイカネの発案で、が隠れる岩戸の前で、様々な儀式を行った。 何か楽しいことをしての興味を引くのが良いだろうということで、アメノウズメが胸をさらけ出し踊り出す。 それを見た神様たちは大笑い。 そんな外の様子が気になる。 アメノウズメが「貴女様より尊い神が現れたので、みなで喜んでいるのです」と叫んだ。 すると、は「それは本当か?」と岩の隙間から顔を覗かせる。 そこにさっと鏡を差し出し、の姿を映す。 は、本当によく似た神様だと思い、もう少しよく見ようと岩の隙間をさらに開けた。 その瞬間、力持ちの神様が、手を掴み、を岩戸の外に引き出し、そこに縄を張った。 これが神社で見られる「注連縄(しめなわ)」である。 そして、を映した鏡は三種の神器の一つ「八咫鏡(やたのかがみ)」である。 また、アメノウズメは、と共に天孫降臨する五柱(五人の神様)の一人でもある。 その降臨の道中で道に迷っていた時に、高天原から中津国までを照らす神様が現れた。 から「あなたは気後れしないから、あなたが彼の名前を聞きなさい」と言われ、名前を聞いたその神が、である。 アメノウズメは、そのの妻となり「猿女君」と呼ばれるようになった。 伊勢の猿田彦神社の境内に、猿田彦神社の本殿と向かい合うように佐瑠女(さるめ)神社が建っており、アメノウズメはそこで芸能の神として信仰されている。 今でも多くの芸能人が舞台祈願などに訪れるそうである。 【神格】 芸能の神、俳優の神、舞楽の神 【御利益】 芸能上達、武芸全般の守護 【別称】 天宇受賣、宮比神 ミヤビノカミ 、大宮能売命 オホミヤノメノミコト 、おたふく、おかめ 【系譜】 不明 【祀られている神社】•

次の

天宇受売命(あめのうずめのみこと) : 皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集

アメノウズメ ノミコト

また、中臣氏の先祖の天兒屋命(ノミコト)、(イムベ)の先祖の太玉命(ノミコト)、猿女の先祖の天鈿女命(ノミコト)、(カガミツクリ)の先祖の石凝姥命(ノミコト)、玉作(タマツクリ)の先祖の玉屋命(タマノヤノミコト)、以上の五部(イツトモノオ)の神をに同伴にさせました。 玉というのは勾玉。 勾玉は翡翠でできています。 翡翠は時間が経っても変異のないもので、しかも加工がしやすい。 だから翡翠の勾玉は単なるアクセサリーではなく、「金」のように変異のないもので、権力の象徴として代々伝わるものだったのでしょう。 この翡翠のアクセサリーを持っているものが「王」な訳です。 だから玉作りというのは大事にされ、特別視された。 それに翡翠のアクセサリーは貿易品としても人気があったから、儲かる。 いいことづくめだった。 複数の名前があるのも、それだけ特別視されたからでしょう。

次の