ジンソク。 「UNDER19」出身チ・ジンソク、ミニアルバムの第1弾予告映像を公開…4月1日にリリース

BNPの基準値(正常値)、疑われる病気

ジンソク

血液検査BNP値について教えてください。 こんにちわ。 先日甲状腺の機能の検査のための採血でBNPが49でした。。 甲状腺のほうはまだ結果待ちですが、バセドウ、橋本病の抗体はマイナスでした。 TSHはやや低め、T3T4は正常でした。 先生にはこのことは特に何も言われませんでしたが、、自分で調べたら心機能の値とのことで心配になっています。 時々不整脈を感じることがあり、以前心電図・ホルター・心エコーもしたことがありますがいずれも異常なしで様子観察でいいとの診断でしたが、今回のことで何か心疾患があるのではないかと不安になっています。 このまま様子をみていい値なのかが心配です。 なにかアドバイスをいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします。 BNPは脳性ナトリウム利尿ペプチドのことです。 名称のとおり、利尿作用を有するホルモンです。 循環血液量が多いほど、心臓にかかる負担が大きくなりますから 心臓に何らかの異常がある際などにBNP値は上昇します。 主に心不全のマーカーとして用いられています。 ときどき不整脈を感じるとのことですが、 「心電図」、「ホルター心電図」、「心エコー」で異常がなければ ほぼ問題なしと考えてよいでしょう。 もし運動時に胸に何らかの違和感を覚えるということがあれば、 「負荷心電図」という検査が必要になります。 基本的には上述の4つの検査で異常がなければ心配無用です。 BNP値に関してはやや高値ですが、 心臓に関する検査で異常を指摘されたことがないようなので 現段階では問題ないと思われます。 仮に検査を受けられた時期がかなり前なのであれば、 再度検査を受けられてもよいかもしれません。

次の

血液検査BNP値について教えてください。

ジンソク

ANPは心房性ナトリウム利尿ペプチドといい、主として心房で合成・貯蔵され、血液中に分泌されるホルモンです。 水・ナトリウムの利尿、血管の拡張、の分泌抑制、循環血漿量の減少など多彩な生理作用を介して、生体の体液バランスならびに血圧調整に関与しています。 BNPは脳性ナトリウム利尿ペプチドといい、主として心室から血液中に分泌されるホルモンです。 強力な水・ナトリウム利尿作用、血管拡張作用を有しており、心室に負荷がかかると分泌され、交感神経系および系を抑制して、それらのホルモンと拮抗的にはたらいて心不全などの病態を改善させます。 ANP、BNPの検査で何がわかるのか? ANPの分泌は、心房圧による心房筋の伸展によって刺激されるため、ANPが高値の場合は、心房負荷や循環血漿量の増加を起こす病態が存在することを意味しています。 ANPは、心不全や腎不全などの重症度や治療効果を判定するときに検査されます。 その他、高血圧の病態把握、内分泌疾患のスクリーニング(ふるいわけ)などにも用いられています。 BNPも同様に、心不全の臨床的指標として非常に有用とされています。 BNPは、ANPに比較して変化率が大きいのが特徴です。 例えば、重症の心不全ではANPよりはるかに上昇するため、心不全の指標としてはANPより優れています。 また、心室機能の把握、心不全や心肥大の治療効果の確認、抗腫瘍薬、向精神薬の心筋障害の早期感知にも役立てられています。 高値…本態性高血圧、うっ血性心不全、慢性腎不全、ネフローゼ症候群、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症など• 低値…脱水状態、利尿薬の影響など•

次の

心不全や腎不全の重症度を測るANP、BNP

ジンソク

BNPの基準値(正常値)、疑われる病気 -生化学検査-これであなたも医の達人 BNPの基準値(正常値)、疑われる病気 -生化学検査- 健康・医療の総合情報サイト >もっと検査を知ろう>生化学検査>BNP みなさんの中には 「検査は医者にまかせておけば大丈夫」と思っている人も多いでしょう。 しかし、 「自分の身は自分で守る」時代です。 これから行われる検査が「どのような検査」で「どんな目的」で検査するのか知っているだけで、無用な心配は無くなり、いっそう自分の健康管理の向上につながると思います。 サイト内検索 アレルギー反応検査 甲状腺検査 腫瘍マーカー検査 最新記事、お役立ち情報をいち早くご覧いただけます。 別名: 脳性ナトリウム利尿ポリペプチド スポンサードリンク CLEIA法 : 18. BNPは心臓から分泌されるホルモンの一種で、心筋梗塞や心不全のような心臓に負担がかかった状態になると心臓(主に心室)から血液中に分泌されます。 つまり、このBNPの数値が高いということは、心臓に負担がかかっていることを意味します。 最近では検診やドックで測定されることも増えてきており、心臓病の早期発見が期待されています。 ちなみに心不全は左室肥大、虚血性心臓病、心筋症、弁膜症などの心臓病によって引き起こされることが多いですが、早期の段階では症状があまり出てこないことが多いので注意が必要です。 スポンサードリンク 心不全の病態把握や確定診断、治療効果の判定のとき 高値 心不全、心筋梗塞、高血圧、慢性腎不全、ネフローゼ症候群、クッシング症候群、 甲状腺機能亢進症など 低値 脱水状態、利尿薬の影響など BNPの正式名称は「脳性ナトリウム利尿ポリペプチド」といいますが、これは最初ブタの脳から精製されたことから「脳性」という名前が付いたそうです。 基準値は検査方法や測定方法、測定機器、用いる試薬、単位などにより値が異なります。 単に数字を見るだけではなく、測定方法や単位なども注意深く確認してください。 また、個人個人の生理的変動によってかなり左右される項目もありますので、少し値が基準値から外れていたからといって神経質にならないでください。 あくまで健康の目安として考えるとよいでしょう。

次の