コロナ インタビュー。 医療崩壊「福岡は目前」 日本医師会・横倉義武会長インタビュー|【西日本新聞ニュース】

コロナ禍機に量から質へ 安全や文化・自然重視―タイ観光庁総裁インタビュー:時事ドットコム

コロナ インタビュー

TBS系情報番組の「あさチャン!」「ひるおび!」などのTBSの番組で2月17日、報じられた。 その番組内容によると、感染者を取材したのは「あさチャン!」の男性ディレクター。 このディレクターが2月15日に偶然乗り合わせたタクシーの運転手が、新型コロナウイルスの感染拡大の契機になったと見られている屋形船の新年会参加者だったという。 車外に移動し、カメラを回して取材を始めたところ、運転手は前日に新型コロナウイルスの検査を受けたと証言。 運転手は無症状で、検査結果が陽性だった場合は連絡があると聞いていたが、連絡がなかったために仕事をしていたという。 ところが、取材中に運転手の携帯電話に保健所から連絡が入り、検査結果が陽性だったと判明。 運転手はディレクターから距離を取るように離れながら驚いた様子で「仕事をしています。 テレビのインタビューを受けています」などと電話で状況を説明していた。 感染拡大が続く新型コロナウイルスをめぐり、メディア関係者が取材中に感染者と接触していたことがわかった。 TBSの広報担当者によると、男性ディレクターはTBSの関係会社の社員だったという。 取材後、男性は相談窓口に連絡し、感染者と接触したことを伝えたが、「無症状なので検査できない」として検査は受けていないという。 2月17日時点で、男性ディレクターの体調に変化はないが、男性は当面の間、自宅待機としているという。 「ゴゴスマ」では一連の経緯を伝えた後に「新型コロナウイルスに感染しても症状がなく、日常生活を送っている人が浮き彫りになった」と結んだが、それだけでなく、感染の可能性があっても検査を受けられない人が多数いる現実も明らかになった。

次の

小池百合子緊急インタビュー 本誌に語ったコロナ第二波への備え

コロナ インタビュー

続きです。 (テレコム企業は5Gで我々を傷つけたくないでしょう?特に自身は) ピラミッドに戻ってきます。 テレコム企業はこのカルトに所有されているんです。 このスマートテクノロジーでテレコム企業のやっていることは、AIによる人類支配に決定的に重要なものなんです。 で、テレコム企業には多くの人たちがいますが、このインパクトについて全く無知なんです。 見ているのはドルだけです。 そのトップに行けば、絶対的にわかってますよ、何をしようとしてるのか、その理由もです。 彼らが求めるからです。 人類を精神的に支配することをです。 では、5Gのすることは?細胞を毒すことです、電磁波によって。 細胞が毒されるとエクソソームを放出します、免疫反応としてですね。 で、連中はCOVID-19検査をしますね。 中国での最初の都市はどこでしょうか?5Gが導入されたところです、ウイルス流行直前にです。 武漢です。 で、このロックダウンが進行中に、私へのコンタクトや、ネット上の掲示板を見たわけですが、5Gが素早く展開しているわけです。 このロックダウンと同じ時期にですよ。 (その時期にはすべてが停止しているはずなのにですね?でも一夜にしてタワーを作ったと) なぜなら、カルトにとって重要なものですからね。 5Gをどこにでも作りたいからです。 そして、世界中にタワーが展開されていると同時に。。。 もちろん人々は抗議できません。 隔離されてますからね。。。 イーロン・マスクは、彼をサイコパスとは呼びませんが、それでは不十分だからです。 この男はスーパー・サイコパスですよ。 彼は知ってるからです、このインパクトのことを。 彼は毎週、低軌道の衛星を打ち上げ、地球の5Gにビームを送っています。 彼は既に数万の許可(?)を得てるんです、そのゴールのための。 彼の求めるのは4万2千(?)です。 既に世界の天文学者コミュニティは文句を言ってます、もはや夜空を見れないと。 衛星のためにですよ。 これらが地球の5Gにビームを送るからです。 そして、このロックダウンのあいだに、彼はFCCから許可を得たんです、連中が5Gをテストも無しに展開することを許可してるんですが。 カルトに所有されてますからね。 彼は米国での数百万本の地上アンテナの許可を得たんです。 衛星と電磁波でつなぐためのです。 私はこれを数十年書いていますが、連中は5Gによるテクノロジー的サブ・リアリティを作っているんです。 連中の呼ぶスマートグリッドですよ。 これで地球を覆うわけですね。 連中は、人間の心をAIにつなぐサブ・リアリティを作っているわけです。 年さえ指定してますよ、2030だと。 すべてがそうなると。 それが起こってるんです。 (彼はロックダウンの間にその許可を得たんですね?) そうですよ。 で、これを見ましょう。 中国のシナリオを見てみましょう。 でも最初にこれです。 5Gとは周波数の範囲です。 一つの周波数ではありません。 「ここ」から始まるが、「あそこ」に行きたいのです。 皆さんが、私のサイトに行けば、一連のビデオがあり、ニューヨークドクターというものです。 ニューヨークの医師のもので、線を踏み外したビデオを作ったんです。 彼が働いていたのはICUです。 ニューヨークの病院ですね。 これがこのビデオで言うこととしては、「見てみろ、これはCOVID-19ではない。 言われたものではない」と。 「我々は言われた、ここに来る患者の肺の問題を解決しろと。 COVID-19感染病にかかってるからだと。 それは今見ているものではない」と。 「そういったものは見てない」と彼は言うのです。 彼は言います、「こんなものは見たことが無い」と。 この肺はまるで、3万フィートの上空に行き、客室の加圧が無くなり、酸素が無くなり、緩慢な死を迎えているようだったんです。 彼の言ったもう一つのアナロジーとしては、何の装備も無しにエベレストのてっぺんに置いたようだと。 そうすれば肺はこんな状態になるだろうと。 彼は言いました、「何が起こってるのかわからないが、これはCOVID-19ではない。 感染病ではないんだ。 こんなものは見たことがない」と。 ところで、これをテレコム企業は認めてるんです。 60Ghzの5Gは、人間の体と血液を停止させてしまうんです。 もし60GHzの電波にさらされれば、十分な酸素を吸収できなくなります。 通りで倒れるわけです。 この症状、結果というのは、ニューヨークの医師の言うことと全く一致するわけです。 「こんなものは見たことが無い」と。 ところで、連中はまだ十分な死亡者数を得ていません。 しかし彼らはモルグを作ってますね、サッカー場をモルグにしたりと。 多くの国でです。 準備してるんですよ、多くの死体のための。 不釣り合いですよ。 数字の改ざんだけでは埋められません。 もしこれらのモルグを作っておいて、数字が減少したら?完全な馬鹿者ですよ。 ではなぜこんなことをしてるんでしょう? 起こるとは言いませんよ。 言いたいことは、これは監視する必要があると。 5Gを展開すればするほど、より大衆の健康に影響します。 そして健康に影響すればするほど、連中は言うわけですCOVID-19のせいだと。 もし連中が60Ghzの放射を開始すれば、多くの人間が酸素不足で死ぬでしょう。 それをやれば、モルグを一杯にできますね。 そして言うわけです、「ウイルスのせいだ、もっとロックダウンが必要だ」と。 ですから、これを監視する必要があるんです。 以上1:08頃まで。

次の

医療崩壊「福岡は目前」 日本医師会・横倉義武会長インタビュー|【西日本新聞ニュース】

コロナ インタビュー

コロナウイルス感染拡大は、インフルエンサーマーケティング市場にも大きな影響を及ぼしている。 その象徴ともいえるサービスをトレンダーズが「#おうち配信」という名称で。 同社でディレクション・インフルエンサーのキャスティングを担当する城井あす香氏に、サービスの概要や、コロナウイルスの感染拡大がインフルエンサーの活動や企業ニーズにどのような影響を与えたかについて、お話を伺った。 (聞き手:ExchangeWire JAPAN 野下 智之) トレンドと活動制限の間で生まれた新サービス -「 おうち配信」のサービス概要と提供開始の背景についてお聞かせください インスタグラムのLIVE配信は以前から活用されていましたが、コロナウイルス感染拡大の影響も受け、ユーザー視聴数は拡大を続けるという現象が起こっております。 また一方で、仲の良いインフルエンサー同士によるコラボ配信も増えており、幅広い世代から人気を集めています。 企業のマーケティング活動やインフルエンサーの活躍の場に制限があるこのような状況下でインフルエンサー同士のつながりを活用して、ユーザーの方に商品理解を深めていただくことできればということを思いつき、「 おうち配信」というサービスの提供を開始しました。 - 「 おうち配信」を利用する広告主はどのような企業を想定していますか? 既にインスタグラムに注力をしている美容、飲食系の企業などです。 これらの企業からは既に多くのお問い合わせをいただいております。 インフルエンサー同士だけではなく、企業アカウントとインフルエンサーとのコラボを可能としています。 両者での掛け合いも可能なところをメリットに感じていただけています。 また、二人での配信は一人の時よりもコミュニケーションにも余裕ができます。 インフルエンサーは、ユーザーからの投稿に対し余裕をもって、コメントを返すことができるようになります。 -配信時間はどのくらいを想定しているのでしょうか? 概ね30分から60分を想定しております。 インフルエンサー同士が、雑談をしながら進行していくというのが、主なフローになります。 インフルエンサーマーケティングは4大プラットフォームに定着 -ここ最近のインフルエンサーマーケティングのトレンドについてお聞かせください 認知から購入までの施策を短いスパンで回すことへのニーズが高まっている中で、Twitterにおけるインフルエンサーの活用が増えています。 また、TikTokで「 PR」を使ったキャンペーンを自由にできるようになりました。 Instagram、Twitter、YouTubeそしてTikTokの4大プラットフォームにおけるインフルエンサーマーケティングが定着しました。 より分かりやすく訴求を行うために動画を活用した案件が増加しています。 企業側が重視するインフルエンサーマーケティングの効果指標にも変化がみられています。 単なる「フォロワー数・エンゲージメント数」だけではなく、インサイト情報やインプレッション数、ユーザーへの購買意向アンケートなど、目的に合わせて多様な効果指標を活用されるようになりつつあります。 InstagramではストーリーのみではなくLIVE配信も活発に活用されており、ブランデッド広告など広告との連動も仕様が色々になったことにより、インフルエンサーのみではなくクリエイターとしてのニーズも高まりつつあります。 コロナ禍で生まれる新たな企業ニーズと商機 -コロナウイルスの感染拡大により、世の中が大きく変わりつつあります。 また、タレントやアーティストなどのSNS開設が増加をしています。 これまでSNSでのPRがNGだった事務所からも相談が来るようになりました。 一方で、企業もこの動きに注目しており、起用ニーズが高まりつつあります。 企業側の声と、インフルエンサーの声との掛け合わせというのは、今までなかった新しいコンテンツですので、幅広く色々な企業にお使いいただければと思っております。

次の