ビジネス 用語。 【用例あり】業界頻出のカタカナ語・ビジネス用語辞典【100選】

ビジネス用語「イシュー」の意味と使い方

ビジネス 用語

まずは、ビジネス用語集【日本語編】から。 あくまで新人社員に向けてあるので、知っている用語もあるかもしれませんが、復習としてご覧ください。 お店で若いアルバイトに「領収書の宛名は前株で」と伝えたら、そのまま「前株」と書かれたというビジネスマンもいるぐらいです。 「まえかぶ・あとかぶ」と読み、株式会社という名称が頭につくか(前株)、語尾につくか(後株)を表しています。 領収書に宛名を書いてもらうときに、よく使います。 確かに新入社員のときは、いきなり言われても理解できないかもしれません。 仕事を発注する製品やサービスを購入する際に、複数の業者に見積書の提出を依頼することを意味します。 複数の業者の見積もりを比較して、もっとも条件の良い業者に依頼するために、行われます。 また、業者への交渉のためのツールとしても使われます。 女性は正直あまり使いません。 「ケツ」とは「締め切り」を意味します。 「ケツはどこ?」の場合、「締切はいつ?」と翻訳しましょう。 中には口ぐせのように使う人も。 「取り急ぎ」とは、「ひとまず急いで」を指します。 メールの文面でも「取り急ぎ、ご連絡まで(ひとまず、急いでご報告しました)」というように使われます。 まちがっても投げつけることがないように。 要するに「送信しておいて」という意味です。 ビジネス用語集【カタカナ語編】 つづいては、日本語よりもさらにまちがえやすいカタカタ語。 現代では、より多くのカタカナ語が使われるようになりました。 誰も教えてはくれないのに、知っていて当たりまえのように使われます。 この機会にしっかりと覚えてしまいましょう。 わりと近年よく聞かれるようになったビジネス用語です。 「結果にコミットする」とは「結果を約束する」ということ。 「ユーザーの動向を調査して…」などと使われたりします。 「あの案件フィックスした?」は、「あの案件決定した?」ということ。 日本語のほうが言いやすいですけどね。 リ・スケジュールの略で「リスケ」。 意味は「予定を組み直すこと」です。 決まっていた予定を組み直す必要があるときに、よく使われます。 「この案件はペンディングで」と言われたら、いったん保留だと理解してください。 カタカタ語で言うとカッコいいですが、やっぱり日本語のほうが言いやすいのは否めません。 主に、スケジュールが厳しいときに使われます。 比較的使いやすいカタカナ語かもしれません。 ビジネス用語は知らないと恥!頭に入れておこう ビジネス用語は、世間では「社会人は知っていて当たりまえ」という感覚で使われます。 恥をかかないためにも、こういったビジネス用語は、しっかりと頭に入れておくことをオススメします。 一度覚えたら、日常的に使って慣れておくといいでしょう。

次の

コンピテンシー

ビジネス 用語

【共通】ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語 ビジネス横文字・カタカナ語【1】コミット 英語でいう 「Commitment」の略です。 「結果にコミットする」のライザップ ビジネス横文字・カタカナ語【】コンセンサス ビジネス横文字・カタカナ語【】コンバージョン 達成したい目標のことです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】CTR クリック率のことです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】シナジー 相乗効果のことです。 なにかとなにかがお互いにはたらき合って、いい効果をもたらすことをシナジー効果といいます。 ビジネス横文字・カタカナ語【】アジェンダ 英語の「agenda」からきています。 議題のことです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】マイルストーン ビジネス横文字・カタカナ語【】ブラッシュアップ 考え直すこと ビジネス横文字・カタカナ語【】ユーティリティ 使いやすさのことです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】フォーマット ある決まった書式のことです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】ハザードマップ ビジネス横文字・カタカナ語【】マンパワー 人力でどうにかすることです。 あの部署はマンパワーでなんとか回している ビジネス横文字・カタカナ語【】コンプラ コンプライアンスの略で、企業の守らなくてはならい法令のこと。 ビジネス横文字・カタカナ語【】エビデンス 英語の「evidence」そのままに「証拠」のことです。 例文 その説明に、エビデンスあるの? ビジネス横文字・カタカナ語【】スケール この企画をスケールするためには、より多くの予算が必要だ ビジネス横文字・カタカナ語【】インバウンド ビジネス横文字・カタカナ語【】ローンチ なにかを始めることです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】シュリンク ビジネス横文字・カタカナ語【】ペンディング ビジネス横文字・カタカナ語【】コモディティ ビジネス横文字・カタカナ語【】プライオリティ 優先順位のこと。 ビジネス横文字・カタカナ語【】スキーム 計画のこと。 ビジネス横文字・カタカナ語【】インプレッション ビジネス横文字・カタカナ語【】コアコンピタンス ビジネス横文字・カタカナ語【】セグメント なにかの部門のこと。 ビジネス横文字・カタカナ語【】ブレスト Brain Storming」の略で、 ビジネス横文字・カタカナ語【】ABC分析 ビジネス横文字・カタカナ語【】ARPU ビジネス横文字・カタカナ語【】MTG 「あえて略称にするなよ」と思いますが、会議のこと、ミーティングのことです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】CRM 「Customer Relationship Management」の略で「顧客関係管理」という意味です。 : 顧客との中長期的な関係を築いていくための経営を目指すこと。 「お客様第一主義」だとか「顧客ファースト」という言葉に近いです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】リマインド 忘れないように再度連絡することです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】アテンド 参加することです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】レスポンス 反応すること 「レス」と略して「レスがほしい」なんてよくいいます。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】チュートリアル 指導のことです。 書籍の教材なども「チュートリアル」といいます。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】コンテンツ なにかしろのモノのことです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】レセプション レセプションパーティーなんて言いますよね。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】エスカレーション 上司に相談することです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語【】ブランディング ポジションをとることです。 例えば、マクドナルドは「安くておいしい」のブランディングができていますし、ルイ・ヴィトンは「高級カバン・バッグのお店」のブランディングができています。 営業・マーケティングでよく使う横文字 ビジネス横文字・カタカナ語【】インセンティブ 成果報酬のことです。 ビジネス横文字・カタカナ語【】デジマ デジタルマーケティングの略です。 デジタルマーケティングとは、 アプリ・システム系でよく使う横文字 クラウド リテラシー ITリテラシーといえば、どれだけITに詳しい、精通しているかということです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語を【4】VBA Visual Basic for Applicationの略で、エクセルを制御するときに使うプログラム言語の1つです。 VBAを駆使することで、エクセルの性能をフルに活用することができます。 VBAを用いてできることとしては、Excelの処理の自動化です。 VBAを使わなければ、手動で何千回も繰り返さなければならない処理をプログラムで自動で処理することができます。 Java や C言語などの本格的なプログラム言語を学ぶ前に、普段身近に使っているExcelの処理をプログラムから動かしてみることができるのが最大の長所になります。 VBAの利用方法については、ドットインストールのに書いてあるので、ご参照下さい。 【関連記事】 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語を【2】AISAS AISASとは『 Attention, Interest, Search, Action,Share の頭文字』を取って作られた造語で、 電通が提唱した購買行動プロセスを説明するモデルの1つを指す言葉です。 具体的には、あるモノを売り出す際に注目すべきステップを表す言葉になります。 マーケティングの世界においてよく議論される言葉でもあります。 AIDMAがネット社会到来前の概念であるのに対し、AISASはネット普及後における新しい概念になります。 Interface とは「人の世界とモノの世界の接点」を指します。 つまり、User Interfaceとはユーザとデジタル機器の接点となっている画面のことをいいます。 アプリのアイコンがその代表例です。 UXとはユーザーが特定のサービスを使ったときに得られる経験・満足度のことで、アプリの場合は、アプリを使うことによって得られる効果のことです。 「よいUXには、よいUIが必要」とよく言われますが、わかりやすく使いやすいデザインをしていなければユーザは満足しないということを表しています。 お客さまの満足度を上げるためには、デザインも多いに大事だということです。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語を【7】LT LTとは「Lightning Talk 稲妻トーク 」の略で、5分程度のごくごく短い時間で行うプレゼンのことを指します。 IT系のフォーラムや勉強会でよく使われる言葉です。 通常、5分間のプレゼンを何人ものプレゼンターが順番に発表していきます。 5分間の内に自己紹介やアイスブレイクに使う時間も含まれているので、実際にプレゼンに充てられる時間は3分程度と考えていいでしょう。 いわずもがな発表時間が非常に短いのが特徴で、厳格なところでは所要時間が過ぎたら容赦なくプレゼンが終了となります。 所要時間になるとドラが鳴るのが一般的で、短い時間の中に内容を凝縮しどれだけ室の高いアウトプットができるかが要になります。 ちなみに、タイムキーパーとなり制限時間の終了時にドラを鳴らす女性スタッフを「ドラ娘(むすめ)」と呼ぶそうです。 なぜ女性に限定しているのかは定かではありませんが、もし男性スタッフにも名前を付けるとしたら「ドラ男(おとこ)」と言ったところでしょうか・・・ ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語を【8】Cookieトラッキング いわゆる「 追跡型広告」に使われている技術であります。 例えば、ついさっきまでAmazonでアディダスの新しい靴を見ていたときに、次に開いた別のWebサイトにも同じ靴が広告として表示されるということを経験した方は多いかと思います。 これは、インターネットユーザの閲覧履歴を元に、そのユーザが興味を持ちそうな広告を配信する「追跡型広告」と呼ばれる広告の手法で、この時に使われている技術がクッキートラッキング」と呼ばれるものです。 Cookieとは、ブラウザを介してWebサイトにアクセスした訪問者のパソコンやモバイル端末にファイルを生成し、一時的に保存します。 このCookieを追跡することで、ユーザの直前の行動を読むことができます。 最近では、Apple社がデスクトップ版Safariで、Cookieトラッキングされることを防ぐ「 Intelligent Tracking Prevention ITP 」の導入を表明したことが話題にあがりました。 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語を【9】ゲーミフィケーション ゲームが持つ遊びや競争の機能を取り入れてユーザを引きつけ、特定の成果を出すのを促進しようという考え方のことです。 最近では教育の現場で使われることが多く、英語教育用のゲームが最もわかりやすい例かと思います。 ただ「勉強をしろ」と言われたのでは中々やる気にならないところも「ゲームをやりながら勉強をすることができる」となると捗るものです。 ゲーミフィケーションとは、そういった考え方のことを指します。 コミュニケーションを促進する手段として また、その他にもチームビルディングやグループワークでもゲーミフィケーションの考え方は取り入れられることがあります。 就職活動のグループワークでも面と向かって議論をするのではなく、その業界のビジネスを模倣したゲームをプレイさせることを通して協調性や判断力を見るというスタイルも増えています。 最近ではリアライブ社主催の『』などは就活にゲーミフィケーションを取り入れたいい例だと言えます。 また、会社の社内研修でもゲーム形式でワークをすることでロジックとして教えるよりも大きな成果を上げることができる場合もあります。 といった具合に、ゲーミフィケーションは最近注目されている言葉の1つでもあります。 例えば、Skypeなどオンライン上で英会話が勉強できるだとか、英単語のアプリで隙間時間に効率的に勉強することができるといった仕組みのことです。 代表的なサービスに、 「」、 「」、 「」があります。 【関連記事】 ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語をEdTechの特徴 これらの大きな特徴としては、以下の3点が挙げられ、新しい教育の方法として注目を集めています。 また、「EdTech」領域の中でも、楽しんで学ぶ「ゲーミフィケーション」や、個々の生徒の進捗に合わせて学習内容や学習レベルを調整する「アダプティブラーニング」が注目を集めています。 現状として、マネタイズに成功したサービスはまだまだ少数になりますが、今後2020年までにどれだけマーケットが成長するか期待されるところです。 WE系でよく使う横文字 WEBマーケティングとは、Web上で特定のサイトへユーザーを集客したり、ユーザーに特定の行動(多くの場合が購買行動)をとってもらうための施策のことをいいます。 具体的には、SEO やリスティング広告、アドネットワーク広告やアフィリエイト広告などがあります。 1つ1つ説明します。 具体的には、アクティブユーザを増やすためにWebサイトの品質を向上させたり、TwitterやFacebookで宣伝することで自然流入する利用者を増やす施策のことです。 検索結果で上位に表示されれば、新しく流入する利用者も増えます。 有名どころとしては、Yahoo! JAPANプロモーション広告やGoogleAdWordsなどが挙げられます。 こちらはWeb広告の一種なので、お金を払って特定のワードを検索したユーザに広告を表示します。 ユーザーが検索したキーワードに連動して表示するため「検索連動型広告」とも呼ばれます。 ターゲットが絞り込まれているため、すべてのユーザに無差別に表示するテレビCMやエキナカ広告よりも効率よく集客することができます。 有名どころとしてはGoogle AdSenseが挙げられます。 複数の広告媒体の中から、広告掲載ページに訪れたユーザの趣味趣向に適した広告を選択し表示します。 ユーザの趣味趣向の特定には、CookieというWebブラウザ内に蓄積される一種の来歴情報を参考にします。 サイト運営者が広告主の商品やサービスを紹介することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みのことをいいます。 有名どころとしてはA8. netやAFBが挙げられます。 広告主は、販売サイトにユーザが動員されたり商品が購入されたりと一定の成果が確認された段階で成果を支払うので、最も無駄のない広告ビジネスの1つになります。 ユーザが広告主の求める行動を取ることで、その行動をするきっかけを作ったアフィリエイターに報酬が支払われるというシステムとなっています。 Webマーケと一口に言っても、様々な種類の手法や仕組みがあります。 最後に ビジネスでよく使う横文字・カタカナ語をお伝えしました。 いかがだったでしょうか。 「なんでこんな言葉まで、横文字にするんだよ」って思うかもしれませんが、郷に入っては郷に従えということで、なんとなく意味だけ知っておくと役に立つかと思います。

次の

【ビジネス用語集】日本語からカタカナ語までまとめて解説

ビジネス 用語

「エビデンス」の英語表記・発音 「エビデンス」は、英語では「evidence」と表記します。 「evidence」は通常は「エ」に強いアクセントを置いて発音しますが、日本のビジネスシーンにおいては「デ」に最も強いアクセントを置いて発音することが多いです。 「evidence」の変形としては、以下の用語が挙げられます。 evident(形):「明白な」• evidential(形):「証拠の」• evidently(副):「明らかに」「確かに」 「エビデンス」の辞書的な意味とは? 社会で働く上で、「エビデンス」を耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「エビデンス」という単語自体は中学校・高等学校で習う初級英語ですが、その意味を詳しく知らない方も多いでしょう。 「エビデンス」は辞書的には、以下のような意味とされています。 『証言』 「evidence」の原義である、 「外から見えるもの」というニュアンスを理解することが重要です。 「エビデンス」のビジネスシーンでの意味とは? ビジネスシーンの「エビデンス」は、辞書的な意味とほとんど変わりません。 しかし、ニュアンスが若干違うため、ここからはそのニュアンスの違いも含めて詳しく解説していきます。 意味:「証拠となるもの」 ビジネスシーンでの「エビデンス」は、 「証拠となるもの」という意味で用いられます。 注意しなければならないのは、「証拠」ではなく「証拠となるもの」であるという点です。 例えば、ビジネスシーンでは以下のようなものも「エビデンス」と呼びます。 会議の内容をまとめた 『議事録』• コールセンターでの顧客の話の 『録音』• 雇用契約した際の 『契約書』 何か問題が発生した際その問題の解決のために用いられたり、自分の意見を通したい際に用いられるのが「エビデンス」です。 企業においても「エビデンス」が明確にされていなければ、様々な問題に対応することが困難になってしまう可能性があります。 そのため、「エビデンス」をとることはビジネスにおいてとても重要なことです。 医療分野で使われる「エビデンス」とは? 「エビデンス」が使われるのは、何も一般企業だけではありません。 医療分野、教育現場など様々な分野で適切な治療・教育をする指標として使われています。 ここからは、医療分野で使われる「エビデンス」について詳しくご紹介していきます。 看護で使われる意味:「根拠」 看護の世界では、Evidence Based Medicine(エビデンスに基づいた医療)といった医療活動が重要視されています。 Evidence Based Medicineとは、むやみやたらに治療を施すのではなく、しっかりと「エビデンス(根拠)」に基づいた治療を行うことによって、より大きな効果を期待できる医療活動方法です。 看護などの医療分野においては、通常のビジネスシーンで使われる「証拠」よりも、適切な医療を施すための「根拠」という意味で使われることが多いです。 「エビデンスレベル」の意味:「医学的根拠」 「エビデンスレベル」とは、主にがんなどの腫瘍に対する治療のガイドラインの指標のことを指します。 ガイドラインは以下の5つの推奨度に分かれています。 行うことを強く勧める• 行うことを勧める• 行うことを検討してもいいが、科学的な根拠がない• 科学的な根拠がないため勧めることができない• 行わないよう勧められる 上記の5つの指標を決定するために、エビデンスレベルが利用されます。 効果が期待できる質の良いエビデンスが存在すれば、「1」を推奨することができますが、悪い効果が出るであろうエビデンスが見つかれば「5」を推奨するという仕組みになっています。 教育分野で使われる「エビデンス」とは? 教育分野は、以前では、教師の経験と知識によって指導方法を決めることが普通でした。 しかし、医療分野と同様に、近年では教育分野においても「エビデンス」を重要視する考え方が普及してきています。 海外においてはすでに、Evidence Based(エビデンスに基づく)教育方針が採用されている地域もあります。 今後は日本でも、効率よく子供たちに教育をするためのエビデンスを元にした教育制度が整えられていくでしょう。 「エビデンス」の類語とは? 「エビデンス」の類語としては、主に以下の2つが挙げられます。 「ファクト」• 「ソース」 ここからは、上記の2つの類語について詳しく解説していきます。 「エビデンス」と「ファクト」の違い 「ファクト」とは、 「事実」のことです。 「ファクト」は単純に事実のみを表しますが、「エビデンス」はその事実の上に何かの事象が重なって根拠になっているため、この2つの意味は若干異なります。 少し複雑ですが、以下の図を見れば大まかな違いは掴めるはずです。 「エビデンス」と「ソース」の違い 「ソース」とは、 「起源」「源」のことです。 「ソース」は、主に情報の出どころを表す際に使われます。 これだけ聞くと、「エビデンス」と意味が変わらないと考える人もいるでしょう。 しかし、「ソース」は議事録や録音した音声など、記録したものを表す際に使用することはできません。 そのため、「ソース」は「エビデンス」より狭義の意味であり、主に情報の出どころを表す際にのみ使用されるという理解で問題ありません。 「エビデンス」の使い方・例文とは? 「エビデンス」のシーン別の使い方・例文は以下になります。

次の