公認会計士試験 科目。 公認会計士試験の試験科目について解説します

公認会計士の「試験科目」と「勉強内容」とは?【わかりやすく解説】

公認会計士試験 科目

しかし、その分資格を取ると高給で安定した生活を送ることができます。 大学の選択は公認会計士になるという夢に近づくための選択の一つになります。 実は、手厚い国家試験対策講座を開いていたり、多くの合格者を輩出する組織が大学にあったり、金銭面で援助が出たりと、公認会計士になるための環境が整っている大学がたくさんあります。 この記事では、公認会計士の仕事の内容や生活、おすすめポイント、公認会計士試験の難易度や合格率などをご紹介します。 そして、公認会計士合格者の大学別ランキングや、国家試験に合格するためのおすすめ大学5選もお教えします! ぜひ大学選び、夢選びの参考にしてください。 公認会計士はどんな仕事をしているか知っていますか!? 日本には沢山の企業が存在します。 そして、それぞれの企業で守るべき法律があります。 財務諸表というその会社の経営に使用した内訳をそれぞれ確認して違法な会計をしていないかをチェックすることが主な公認会計士の仕事です。 この確認作業の事を 監査と言います。 この仕事には 会計に関する広い知識と、 第三者の視点が必要です。 そのために、公認会計士になるためには国家試験である公認会計士試験を合格する必要があります。 そして、この資格を持っている人以外は財務諸表等の監査業務はできないことになっています。 会社の経営者は業務内容や会計などを株主や支援者に対して報告するのが一般的です。 そこで報告する内容は、公認会計士によって監査されたものになります。 会社の経営がうまく行っているように利益を水増しして財務諸表に書いている会社が存在する可能性があり、それを見つけなければなりません。 企業の業績やお金の使い道が正しいものか、ふさわしいものかを見極める公認会計士は経済の安定に不可欠です。 公認会計士のオススメポイント 給料の高さ まず筆記試験では会計に関する様々な分野の知識が問われます。 必修科目は「財務会計論」「管理計算論」「監査論」「企業法」「租税法」の5科目で、選択科目は「経営学」「経済学」「統計学」「民法」です。 選択科目から1科目選択して受験をします。 受験科目は合計6科目になっています。 試験は2段階試験となっており、短答式試験を合格した後、論文式試験を合格することによって国家試験に合格することができます。 試験に合格した後には2年間の実務経験と実務補助という経験をして、その後、晴れて公認会計士の資格を得ます。 出題される教科や内容も多いことから、5000時間の勉強時間を要する試験だとも言われています。 粘り強く勉強することと やる気が必要な試験かもしれません。 公認会計士試験の難易度・合格率 税理士試験には受験資格が存在します。 多くの受験資格になりうる条件が存在しますが、そのうちの一部をご紹介します。 ・大学・短大・高等専門学校を卒業し、法律学及び経済学に属する科目を一科目以上取得した者 ・大学3年次以上で、法律学及び経済学に属する科目を一定数取得した者 ・司法試験合格者 ・公認会計士試験短答式試験合格者(平成18年度以降の合格者に限る。 ) ・日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者 このようなたくさんの条件のうちのいずれか1つに該当する必要があります。 これは大きな違いですね。 公認会計士試験は誰でも受けることができるのです。 業務の違い.

次の

公認会計士の勉強法とは?各科目の勉強法・勉強時間から独学での合格可能性まで解説

公認会計士試験 科目

Contents• 公認会計士試験は全部で9科目!合格までの道のりは? 公認会計士試験の試験科目には必須科目と選択科目があり、試験形式は短答式試験と論文式試験の2段階選抜という形になっています。 つまり、論文試験は先に短答式試験に合格していないと受けることができません。 また、短答式試験に合格しても、1回の合格で受験が免除されるのは2年間だけです。 そのため、何年もかけてゆっくり受かればよいというわけにはいきません。 しかも、合格基準点は科目ごとに設けられているため、1科目でも基準点に満たないものがあると、合格できないという厳しい面があります。 試験科目数が多く、勉強しなければいけない範囲が広いうえに、どの科目もまんべんなく基準点を上回ることを要求される点が、公認会計士試験の難易度を上げています。 関連記事: 近日公開「公認会計士の試験は10%台の合格率!目指すべき点数は?」 公認会計士の試験科目の認知度はどれくらい? 試験科目の概要がわかったところで、次にどれくらいの人が公認会計士の試験科目数を知っているかアンケートを取って確認してみました。 【質問】 公認会計士の試験科目が9科目あることを知っていましたか? 【回答数】 知っていた:26 知らなかった:174 調査地域:全国 調査対象:【年齢】20歳以上の男女 調査期間:2017年03月07日~2017年03月14日 有効回答数:200サンプル 知らなかった人が圧倒的多数 今回のアンケートでは、公認会計士の試験科目数が9科目であることを知らなかったと答えた人が全体の約9割を占めました。 たくさん受ける科目があることは知っていたが、調べたことがなかったので具体的な科目数までは知らなかったから。 特に理由はありませんが、制度・内容に関して調べていなかったためです。 難しい資格とは把握していますが、科目数はわからないです。 公認会計士を目指したことがないから詳細がわからないという人が多いのは仕方がないところですが、公認会計士試験の認知度自体が低いこともうかがえました。 一方、知っていると答えた人のコメントは以下の通りです。 大学の時に会計士になりたい人が多かったので、その時に色々情報をもらったりしていた。 以前簿記の専門学校の講師をして、会計士の受験を考えたため。 知人が受験したことがあったため、聞いた事がありました。 アンケートの結果から分かるように、正確な受験科目数は、具体的に受験を考えた人でないとわからないもののようです。 そこで、以降の段落で試験科目の種類と効果的な学習方法を一緒に紹介します。 <PickUP> 必須科目を詳しく紹介 必須科目は「財務会計論」と「管理計算論」「監査論」「企業法」「租税法」の5科目で、「財務会計論」は計算部分の「簿記」と理論部分の「財務諸表論」からなります。 必須科目のうち「財務会計論」と「管理会計論」は、短答式試験においては別の科目としてカウントされますが、論文式試験においては2つを合わせて「会計学」として扱われます。 また、「租税法」以外の必須科目は、短答式・論文式両方に共通した試験科目ですが、「租税法」は論文試験のみの試験科目です。 一方、選択科目は「経営学」「経済学」「民法」「統計学」の4科目で、論文式試験の際に1科目だけ選んで受けることになります。 つまり、短答式試験では「財務会計論」「管理計算論」「監査論」「企業法」の4科目、論文式試験では「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」と選択科目のうちいずれか1科目の合計5科目を受けることになります。 そのため、受験科目はのべ9科目という計算になりますが、実質は必須科目5科目と選択科目1科目の計6科目です。 ですから、早めにどの科目を選択するかを決めておいたほうが効率よく学習できます。 選択科目を詳しく紹介 先の段落で述べた通り、選択科目は「経営学」「経済学」「民法」「統計学」の4科目です。 選択科目が関係するのは論文式試験のみで、4科目の中から1科目を選んで受験することになります。 それぞれの科目の特徴と学習のポイントは次の通りです。 経営学 受験者の約8割が選択していることもあり、基礎的な部分からの出題が多く、難易度としては他の選択科目よりは低めです。 財務論の部分で数学的な知識が必要にはなりますが、あまり高度なことは問われません。 分散や期待値の算出、一次関数の計算はできるようにしておいたほうがよいでしょう。 経済学 経済学は社会科科目だと思っている人も少なくないようですが、公認会計士の試験の選択科目では数学に近いものだと考えたほうが無難です。 出題範囲が広く、微分に関する知識が必要になります。 微分についてしっかり理解できていないと解けない問題も出てくるため、数学が不得意な場合はおすすめできません。 また、経済学を得意とする人しか受験しないため、小さなミスが響きやすい科目でもあります。 民法 民法は条文が多く、適用範囲が広いため、覚えることが多く、学習に時間がかかります。 法律科目に強い人にはおすすめですが、民法を得意としている人しか選ばない科目ということもあり、ちょっとしたミスが大きく響きやすい科目でもあります。 ただ単に条文を覚えるのではなく、判例や適応例と共に条文を理解することが大事です。 統計学 勉強すべき範囲は少ないものの、計算内容は高度です。 暗記するような項目が少ないため、一度得意科目にしてしまえば楽に対応できます。 成功すれば他の受験生に差をつけやすい科目と言えますが、細かいミスをすると、致命傷になりやすい科目でもあります。 選択科目はどれを選択すればいい? 公認会計士の試験では、試験科目のうち選択できるのは1科目だけです。 しかし、どの1科目を選ぶかが合格のカギを握っていると言っても過言ではありません。 なぜなら、選択科目4科目はそれぞれ必要とされる学習目安時間が大きく異なるからです。 経営学や統計学は200~250時間程度で済むのに対して、民法は450時間前後、経済学は500時間前後かかります。 そのため、実際の試験の際にも、4科目の中では経営学を選ぶ受験生が最も多いという結果になっています。 経営学と同じく学習目安時間の短い統計学ですが、かなり専門性が高く計算の難易度も高いため、よほど得意な人以外は避けた方が無難です。 資格を取得した後さまざまな場面で活用できるという点でも、選択科目は経営学を選ぶのがおすすめです。 会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。 会計業界に特化しており、会計事務所、税理士事務所をはじめとして、公認会計士事務所、コンサルティング会社、一般企業の財務・経理などの求人情報を中心に公開しています。 異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。 総合転職サイトとは違い、独立開業を支援している企業や資格学校への通学を考慮してもらえる企業など、会計業界ならではの視点で求人を探すことも可能です。

次の

【公認会計士試験に強い大学5選】難易度や大学別合格者ランキングも!

公認会計士試験 科目

公認会計士の試験科目概要 公認会計士の試験は、短答式試験と論文式試験の2つに分かれています。 それぞれで受験しなければいけない科目が決まっていますが、論文式試験では自分で選択できる科目が含まれています。 短答式試験の試験科目は、 財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4科目。 しかし、財務会計論は簿記と財務諸表論から成っているので、実質5科目となっています。 いっぽう、論文式試験は 会計学、監査論、企業法、租税法、選択科目(経営学、経済学、民法、統計学から1科目)。 こちらも、会計学が簿記及び財務諸表論、管理会計から成っているため、実質7科目の受験になります。 短答式・論文式試験の共通の科目は、簿記、財務諸表論、管理会計論、監査論、企業法の5科目で、 勉強のウエイトは自ずとこれら5科目に集まるでしょう。 試験の内容は計算と理論に分かれており、計算が入ってくる科目は簿記、管理会計論、租税法、経営学(選択科目)、経済学(選択科目)、統計学(選択科目)です。 計算は慣れが必要なので、公認会計士試験の過去問を何回も解いて対策しておきましょう。 しかし、理論も疎かにしてはいけません。 理論を覚えておけば計算に迷った際も正しい方法を選べるので、理論も並行してしっかり理解・暗記しておきましょう。 公認会計士の試験科目構成 短答式の試験科目 財務会計論、管理会計論、監査論、企業法 論文式の試験科目 会計学、監査論、企業法、租税法、選択科目から1科目 公認会計士の受験出願資格と科目免除 公認会計士試験は数年前に受験要項が変更となり、年齢・学歴問わず受験することが可能になりました。 さらに、現在の公認会計士試験制度では、 短答式試験に合格した場合には向こう2年間が受験免除という扱いになり、論文式試験から受けることができます。 論文式試験でも、各科目で一定の要件を満たして高得点をとった場合、向こう2年間が受験を免除される「 科目合格制度」が用意されています。 社会人などなかなかまとまった勉強時間が取りにくい人でも、段階的に勉強して合格を積み上げていくことで、公認会計士の資格をとることができるでしょう。 ただし、免除期間は2年間なので、その点には注意が必要です。 短答式及び論文式試験の共通科目 公認会計士試験の短答式は必須科目のみ、論文式は必須科目と選択科目の2つで構成されています。 両方に共通する試験科目は「財務会計論(簿記と財務諸表論)」、「管理会計論」「監査論」「企業法」の5科目。 つまり、 租税法を除いた必須科目が該当します。 財務会計論 財務会計論は、簿記、財務諸表論、企業等の外部の利害関係者の経済的意思決定に役立つ情報を提供することを目的とする会計の理論で、計算と理論の両方が出題されます。 短答式および論文式の両方において、 財務会計論は他の科目の2倍の配点が設けられているため、 公認会計士試験の合否に大きく影響してくる重要科目と言っていいでしょう。 管理会計論 管理会計論は、原価計算、企業等の内部の経営者の意思決定及び業績管理に役立つ情報を提供することを目的とする会計の理論で、財務会計論と同様に計算と理論の両方が出題されています。 監査論 監査論は、金融商品取引法及び会社法に基づく監査制度及び監査諸基準その他の監査理論です。 監査論は、公認会計士の独占業務である 会計監査に直結した科目なので馴染みは薄いですが、勉強し甲斐があります。 企業法 企業法は、会社法、商法(海商並びに手形及び小切手に関する部分を除く)、金融商品取引法(企業内容等の開示に関する部分に限る)、監査を受けるべきことと組合その他の組織に関する法律に関する問題が出題されます。 会計とまた違った知識が求められるため、対応できるようにしっかり対策しましょう。 論文式のみで必要な受験科目 公認会計士試験の論文式は、短答式と共通する4科目に加え、「租税法」と選択科目が設けられています。 なお、選択科目は「経営学」「経済学」「民法」「統計学」の中から1科目。 科目によって計算が必要なのか理論だけで良いのかが異なるため、事前に選択するものを決めて対策しておくことが重要です。 租税法 租税法は、法人税法、所得税法、租税法総論及び消費税法、相続税法その他の租税法各論で、計算と理論の両方が出題されます。 税理士試験の税法と比べると難易度は下がりますが、 出題範囲が非常に広い点に注意しておきたいところです。 経営学(選択科目) 経営学(選択科目)は、経営管理及び財務管理の基礎的理論で、計算と理論の両方が出題されます。 他の選択科目よりも学習しやすいことから多くの受験生が選択しており、 迷ったら経営学を選ぶと良いでしょう。 経済学(選択科目) 経済学(選択科目)は、ミクロ経済学、マクロ経済学その他の経済理論で、計算と理論の両方が出題されます。 経済学部出身や、数学が得意な受験生はおすすめかもしれません。 民法(選択科目) 民法(選択科目)は、民法典第1編から第3編を主とし、第4編及び第5編並びに関連する特別法を含みます。 法学部出身の受験生や法律関係の資格取得者が選択することが多いです。 統計学(選択科目) 統計学(選択科目)は、記述統計及び推測統計の理論並びに金融工学の基礎的理論で、計算と理論の両方が出題されます。 統計学は、公認会計士試験合格後もキャリア形成の際に役立つ知識になるためあえて選択する受験生もいますが、 専門性が高く計算も難しいものが多いです。 そのため、計算が得意な人や、統計学の学習経験者が選択すると良いでしょう。 公認会計士試験の科目免除 公認会計士試験には「科目免除」が設けられ、短答式試験及び論文式試験で所定の要件を満たした場合、 2年の期限付きで受験科目が免除になります。 場合によっては少ない学習負担で公認会計士試験合格を目指すことも可能な制度と言えるでしょう。 ここでは、ケース別の公認会計士試験科目の免除についてまとめてみました。 短答式試験 対象者 免除科目 短答式試験合格者 全科目免除(2年間) 司法試験合格者 全科目免除 税理士 財務会計論 税理士試験の簿記論及び財務諸表論の合格者 財務会計論 大会社・国・地方公共団体等で会計・監査に関する業務を通算7年以上行った人 財務会計論 会計専門職大学院の学位取得者 財務会計論、管理会計論、監査論 公認会計士試験では、短答式試験合格者に対して2年間の猶予期間が設けられています。 例え短答式合格した年に論文式が不合格であった場合でも、合格後2年間は短答式免除で論文式に向けて集中して対策できるのです。 社会人でも短答式と論文式を分けて対策しやくなったことから、公認会計士を目指しやすくなったと言われていますが、現実を見ると 社会人合格者まだまだ多くはありません。 また、短答式試験に合格していなくても、一定の資格を持っている人は試験免除の対象です。 例えば、弁護士などの司法試験合格者は、一次試験の立ち位置である短答式試験は全科目免除となっています。 とはいえ、二次試験となる論文式試験では法律以外の科目を受験する必要があるため、入念な対策が必要でしょう。 「一部科目免除」については、税理士だけでなく 簿記論と財務諸表論の2科目合格者も財務会計論が免除。 財務会計論は 他の試験科目の2倍の配点が振られているので、免除になった場合は公認会計士の合格率を大きく伸ばすことができると言えるでしょう。 最後に会計専門職大学院、通称アカウンティングスクールの卒業生は、企業法以外の全てが免除となるため、短答式合格は非常に容易となります。 というのも、短答式の企業法は毎年平均点が高く、 合格基準となる得点率70%前後を超えることは難しくありません。 ただし、科目免除になる条件は修士号の学位取得をした後になってしまうため、それを待たず在学中に公認会計士試験に合格してしまう人が多いようです。 論文式試験 対象者 免除科目 論文式試験科目合格者 合格した科目(2年間) 司法試験合格者 企業法および民法 税理士 租税法 不動産鑑定士試験合格者 経済学または民法 公認会計士試験は、短答式に合格できれば論文式試験突破も見えてくると言われるくらい、 短答式試験のハードルが高いことで有名。 しかしながら、論文式試験もしっかり対策する必要があるでしょう。 公認会計士試験の論文式には科目合格制度が設けられており、 合格した科目については2年間の免除が設けられています。 一度合格した科目は次回受験しなくて済むので、より合格に近づくことができますね。 ただし、税理士試験のように「永久科目合格」とは違い、 あくまで2年間のみという点に注意しましょう。 税理士および不動産鑑定士も1科目免除が受けられるので、その分他の試験科目に時間を割けるメリットがあります。 受験に必要な科目内容まとめ 公認会計士の短答式試験は1日、論文式試験は3日間の日程で実施されます。 特に、論文試験は3日続けてのスケジュールとなるため、集中を切らさずに取り組めるように準備していきましょう。 最後のまとめとして、公認会計士の試験科目を形式別にまとめたので、参考にしてみてください。 公認会計士短答式試験 試験科目 企業法 管理会計論 監査論 財務会計論 配点 100点 100点 100点 200点 公認会計士論文式試験 1日目 試験科目 企業法 管理会計論 配点 100点 100点 2日目 試験科目 会計学:午前 会計学:午後 配点 100点 200点 3日目 試験科目 企業法 選択科目 配点 100点 100点.

次の