カセット ガス ホット プレート。 カセットガスホットプレート焼き上手さんα(アルファ)

焼き上手さんαの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

カセット ガス ホット プレート

カセットガス一本で2連泊キャンプ、ほとんど焼き上手さんで料理でもガス残量に若干の余裕がありました。 火加減の調整もとてもしやすく、風の影響を受けにくい構造なのでキャンプなど屋外での使用にもとても便利です。 寒い季節になるとCB缶は点火しにくい、火が消えやすいという問題も発生してくる可能性が考えられますが、テント内で使用する分には大きな問題はなさそうに思います。 寒い時期のキャンプで使用してみて問題などあるようなら追記いたします。 そのガスホットプレートを使い、キャンプでパンケーキ焼いたり、餃子焼いたり、ジャンバラヤ作ったり・・・と多彩に使っている様子を見て、私も欲しくなり買ってしまいました〜。 で、実際にキャンプに持ち出し、何度か使用しているのですが、これお世辞抜きでファミリーには本当に便利!! 何が便利かというと・・・ 後片付けが便利! 炭火での調理だと、まず炭の片付け、焼き台 焚き火台 焼き網の片付け・洗浄、乾かして袋にしまって〜と何かと大変。 焼き上手さんならプレートと蓋を洗って、本体についた油汚れを拭き取るだけでお片づけ終了! かなり手軽すぎて拍子抜けします。 食パンが一度に4枚焼ける広々プレート! ファミリーキャンプで使うにあたってめちゃくちゃ感動したのがこれ! 一度に食パン4枚焼けちゃう! 我が家は子どもが3人いるのですが、3人分いっぺんに焼けるので喧嘩にもならず平和な朝食タイムを過ごすことができます。 いっぺんに調理が可能なので、親も一緒にゆっくり食べる時間が取れるくらいに平和です。 おしゃれな料理もお手のもの! 焼き上手さんの何がすごいって、ちょっと高さのある蓋がついているので蒸し料理ができちゃうこと! 生米からパエリアも作れるし、アクアパッツァにおいては海鮮の旨味がぎゅっと凝縮される悶絶級の美味しさ。 見た目にも華やかな料理が、コツなんてほとんど必要なくとっても簡単に作れちゃいます。 めちゃくちゃ手軽なCB缶!防災グッズにもなる! 油に生姜の香りをつける 次にその油で麺を炒める 麺をいったん取り出し具材を炒める 麺をプレートに戻す 麺と野菜に日本酒 料理酒 をかけて軽く蒸し焼き 焼きそばソースをかけてかき混ぜる。 ソースは自作 オイスターソースと醤油 出来上がったら生卵を落とし入れ、絡めて食べると最高にうまい! 久々に美味しい自作の焼きそばが食べれました。 ジャンバラヤ 参考にしたレシピ 材料はカットしておく 軽く炒めたらスパイス パプリカ、クミン、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、カレーパウダー と塩コショウをし、さらに炒める エビも入れて炒める エビに火が通ったら貝 今回はホンビノス を入れ、料理酒 あれば白ワイン を振りかけ、蓋をして蒸し焼きに。 貝が口を開いたら、貝とエビを取り出し、あらかじめ炊いておいたご飯を入れ、蒸し焼きで出た出汁スープ、ケチャップと絡める。 ご飯に味が馴染んだら、貝とエビを乗せて完成! アクアパッツァ これは名前からは想像もできないほどにめちゃくちゃ簡単! オリーブオイルでニンニクを炒めて香りを移す 魚 今回は鯛 は下処理済みのものが便利。 切り込みを入れておく。 ニンニクを取り出し、鯛を入れ、軽く両面を焼く 両面を軽く焼いたら具材を入れ、白ワインを振りかけ、蓋をして蒸し焼きに。 今回はホンビノス、パプリカ 赤・黄 、ミニトマト。 ホンビノスの口が開き、野菜と魚に火が通ったら完成! 照り焼きチキントースト びっくりするほど簡単なのでぜひ! 用意するのは焼き鳥の缶詰 タレ 、スクランブルエッグ、マヨネーズの3つだけ! スクランブルエッグはシェラカップをフライパンがわりに作りましたが、こびりついて洗うのが大変なのでオススメしません。。 スクランブルエッグで土手を作って、焼き鳥の缶詰のせて、マヨかけただけ! パエリア 参考にしたレシピ 先に野菜をカット パプリカ ニンニク 鶏もも肉 先に野菜を炒める パプリカとチキンを取り出し、お米と玉ねぎを炒め合わせる。 お米が透き通ってきたら、トマト、サフランとオニオンスープの素を入れておいたスープを投入。 取り出しておいた具材を戻して、蓋をして弱火で炊き上げるて完成!今回、貝は身崩れたホタテの貝柱を圧着したホタテステーキをカットして使用。 ラージメスティンとの相性もバッチリ!プレートを外して煮炊きもできる!! 焼き上手さんを使ってラージメスティンでご飯を炊いています! プレートを外せば五徳が出現!! なんと焼き上手さん一台あれば、これからの季節はお鍋料理も楽しめます。 今回はラージメスティンでご飯を炊きました。 安定性もバッチリ!細かい火力調整も可能なので、焦げ付くことなく美味しく炊けます。 スポンサードサーチ.

次の

カセットガスホットプレート焼き上手さんα(アルファ)

カセット ガス ホット プレート

ホットプレートって1台あれば料理が食事の幅がぐっと広がりますよね。 ホットケーキ(パンケーキ)はもちろんですが、焼肉や焼きそば、お好み焼きなんかを、テーブルの上で焼くことが出来て、家族も大喜び!って感じです。 私もホットプレートを使ってみんなと楽しく食事したいな、と思うこともあるのですが…私が住んでいる家って古いので、台所の電力バランスを考えないとすぐにブレーカーが落ちてしまいます。 ですので、普通のホットプレートはかなり使いにくい、ということに。 なんと、その名の通り、電気ではなく、カセットコンロのホットプレートだということです。 まず、定価については、15,000円(税抜価格)と「う~ん、ちょっと高いかな?」というイメージを持ちました。 「まあ、カセットコンロでホットプレートが使えるのならいいのかな?」と思いながら、amazonや楽天をチェックしてみると… なんと、定価よりも大幅に割引されて販売されていました。 日によって価格が上下しますけど、 大体、9,000円前後で販売しているショップがありました。 15,000円の商品が、10,000円を切る価格で販売されているのであれば、いいな、と素直に思いましたね。 ですので、私がチェックしたタイミングでの価格と、あなたが今チェックしようとしているタイミングの価格が違う可能性が高いです。 今現在の価格をしっかりと確認したいのであれば、あなた自身の目で、amazonや楽天の商品ページに行って確認してみてくださいね。 どうでしたか。 私がチェックしたタイミングだと、amazonのほうが若干安い状態でした。 まあでも、楽天ポイントをたくさん持っているなら、楽天で購入したほうがお得感がありますし、これは、人それぞれでしょうね。 あ、価格を比較するときには、送料に気をつけてください。 安く見えるショップでも、送料が必要なショップの場合、送料分高くなってしまう可能性がありますから。 それでも、amazonランキング上位に来るぐらい、売れまくっています。 カセットコンロ方式のホットプレートだから使い勝手がいい 一番の理由は、やっぱりカセットコンロ方式のホットプレートだから使い勝手がいいことでしょう。 普通の、電気のコンセントを刺して使うホットプレートでも確かにいいですけど、消費電力がむちゃくちゃ気になります。 いや、電気代をどうこう言うつもりはありません。 それよりも深刻なのが、「ブレーカーが落ちる」ということなのです。 そりゃあ、最近建てたばかりの新築の家やマンションなら、台所でかなりの電力を消費してもブレーカーが落ちない構造になっているでしょうけど、一昔前の家だと、電力を使いすぎると容赦なくブレーカーが落ちます。 ですので、ホットプレートを使うときって、電力のバランスをいちいち考える必要があり、気軽に使うことが難しいのです…。 楽しくホットプレートで焼きながら食事を楽しんでいるのに、突然ブレーカーが落ちたりしたら、楽しさも半減しちゃいますよね。 もちろん、家で使うこと以外、例えば、屋外でバーベキューなどを楽しみたい場合も、かなり手軽に使うことができちゃいます。 カセットボンベさえあれば、何時間でも使用できますしね。 プレートを外して、普通のカセットコンロとしても使える また、ホットプレートのプレート部分を外すことで、普通のカセットコンロとして使うことも出来ます。 ホットプレート以外にも、鍋料理なんかにも使うことが出来るのは嬉しいですね。 ちなみに使える鍋の大きさは、土鍋8号までが目安とのことです。 (小さい鍋の場合は鍋底が17cm以上) たこ焼き器(たこ焼きプレート)もセットできちゃう!? 後、別売りのたこ焼き器(たこ焼きプレート)をセットすることで、たこ焼きを作ることも出来ます。 ということは、家族や友人たちと、たこ焼きパーティー(タコパ)も開催できますね。 しかも屋外でもOKという、嬉しい仕様です。 ちなみに、専用のたこ焼きプレートの名前(型番)は、「 イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF」です。 楽天やamazonで販売されているので、合わせて購入すると送料がお得になることがありますよ。 プレート部分はもちろん、フッ素コートで強い上に買い替えも可能。 そうそう、当たり前ですけど、ホットプレートですので、プレート部分はフッ素コートされています。 油なしでもこびりつきにくく、洗うのも楽ちんです。 また、このプレートは、端の方に油が流れて溜まりやすい構造になっていますので、そういう意味でも嬉しいですね。 ヘルシーな料理を楽しむことが出来るでしょう。 いくらフッ素コーティングされているからと行っても、何十年も持つわけではないですから。 汚れが目立ってきたり、フッ素コーディングが剥がれてくるときは必ずやってくるでしょう。 そういうときに、新品のプレートに交換できるのはとても嬉しいですね。 私がチェックしたタイミングでは、amazonでは取扱されていませんでしたが、楽天にはありましたよ。 意外とお手頃価格なのもいい感じです。 このホットプレートのレビューの書き込みが一番多いのは、やっぱりamazonでした。 そりゃあまあ、amazonランキングの上位にいるから、当たり前なのかもしれませんけど。 ということで、レビューを詳しく見ていくと… ・ブレーカーやコンセントを気にしなくてもいいのが嬉しい ・アウトドアで大活躍 ・大きさ、火力に満足 ・普通のカセットコンロとしても使えるので便利 といった口コミが目立っていますね。 やはり皆さん、カセットコンロ方式のホットプレートという所に魅力を感じていて、実際に使ってみても良かったと感じているようです。 私も、ブレーカー云々に関しては本当にそう思いますよ。 とにかく、ホットプレートの欠点は、その消費電力、特に一昔前の家でのブレーカー落ちなどが怖い、ということだったと思います。 コンセントも必要ないので、わざわざ電気を引っ張ってきて…みたいなことをする必要もありません。 アウトドアでも大活躍できるでしょう。 これを使えば、食事の幅も広がること、間違いなしです。 みんなでワイワイ、楽しく焼きながら食べるような事ができますよ。

次の

ホットプレートはコードレスがいい! イワタニのカセットガス式「焼き上手さんα」が最高すぎる

カセット ガス ホット プレート

ホットプレートって1台あれば料理が食事の幅がぐっと広がりますよね。 ホットケーキ(パンケーキ)はもちろんですが、焼肉や焼きそば、お好み焼きなんかを、テーブルの上で焼くことが出来て、家族も大喜び!って感じです。 私もホットプレートを使ってみんなと楽しく食事したいな、と思うこともあるのですが…私が住んでいる家って古いので、台所の電力バランスを考えないとすぐにブレーカーが落ちてしまいます。 ですので、普通のホットプレートはかなり使いにくい、ということに。 なんと、その名の通り、電気ではなく、カセットコンロのホットプレートだということです。 まず、定価については、15,000円(税抜価格)と「う~ん、ちょっと高いかな?」というイメージを持ちました。 「まあ、カセットコンロでホットプレートが使えるのならいいのかな?」と思いながら、amazonや楽天をチェックしてみると… なんと、定価よりも大幅に割引されて販売されていました。 日によって価格が上下しますけど、 大体、9,000円前後で販売しているショップがありました。 15,000円の商品が、10,000円を切る価格で販売されているのであれば、いいな、と素直に思いましたね。 ですので、私がチェックしたタイミングでの価格と、あなたが今チェックしようとしているタイミングの価格が違う可能性が高いです。 今現在の価格をしっかりと確認したいのであれば、あなた自身の目で、amazonや楽天の商品ページに行って確認してみてくださいね。 どうでしたか。 私がチェックしたタイミングだと、amazonのほうが若干安い状態でした。 まあでも、楽天ポイントをたくさん持っているなら、楽天で購入したほうがお得感がありますし、これは、人それぞれでしょうね。 あ、価格を比較するときには、送料に気をつけてください。 安く見えるショップでも、送料が必要なショップの場合、送料分高くなってしまう可能性がありますから。 それでも、amazonランキング上位に来るぐらい、売れまくっています。 カセットコンロ方式のホットプレートだから使い勝手がいい 一番の理由は、やっぱりカセットコンロ方式のホットプレートだから使い勝手がいいことでしょう。 普通の、電気のコンセントを刺して使うホットプレートでも確かにいいですけど、消費電力がむちゃくちゃ気になります。 いや、電気代をどうこう言うつもりはありません。 それよりも深刻なのが、「ブレーカーが落ちる」ということなのです。 そりゃあ、最近建てたばかりの新築の家やマンションなら、台所でかなりの電力を消費してもブレーカーが落ちない構造になっているでしょうけど、一昔前の家だと、電力を使いすぎると容赦なくブレーカーが落ちます。 ですので、ホットプレートを使うときって、電力のバランスをいちいち考える必要があり、気軽に使うことが難しいのです…。 楽しくホットプレートで焼きながら食事を楽しんでいるのに、突然ブレーカーが落ちたりしたら、楽しさも半減しちゃいますよね。 もちろん、家で使うこと以外、例えば、屋外でバーベキューなどを楽しみたい場合も、かなり手軽に使うことができちゃいます。 カセットボンベさえあれば、何時間でも使用できますしね。 プレートを外して、普通のカセットコンロとしても使える また、ホットプレートのプレート部分を外すことで、普通のカセットコンロとして使うことも出来ます。 ホットプレート以外にも、鍋料理なんかにも使うことが出来るのは嬉しいですね。 ちなみに使える鍋の大きさは、土鍋8号までが目安とのことです。 (小さい鍋の場合は鍋底が17cm以上) たこ焼き器(たこ焼きプレート)もセットできちゃう!? 後、別売りのたこ焼き器(たこ焼きプレート)をセットすることで、たこ焼きを作ることも出来ます。 ということは、家族や友人たちと、たこ焼きパーティー(タコパ)も開催できますね。 しかも屋外でもOKという、嬉しい仕様です。 ちなみに、専用のたこ焼きプレートの名前(型番)は、「 イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF」です。 楽天やamazonで販売されているので、合わせて購入すると送料がお得になることがありますよ。 プレート部分はもちろん、フッ素コートで強い上に買い替えも可能。 そうそう、当たり前ですけど、ホットプレートですので、プレート部分はフッ素コートされています。 油なしでもこびりつきにくく、洗うのも楽ちんです。 また、このプレートは、端の方に油が流れて溜まりやすい構造になっていますので、そういう意味でも嬉しいですね。 ヘルシーな料理を楽しむことが出来るでしょう。 いくらフッ素コーティングされているからと行っても、何十年も持つわけではないですから。 汚れが目立ってきたり、フッ素コーディングが剥がれてくるときは必ずやってくるでしょう。 そういうときに、新品のプレートに交換できるのはとても嬉しいですね。 私がチェックしたタイミングでは、amazonでは取扱されていませんでしたが、楽天にはありましたよ。 意外とお手頃価格なのもいい感じです。 このホットプレートのレビューの書き込みが一番多いのは、やっぱりamazonでした。 そりゃあまあ、amazonランキングの上位にいるから、当たり前なのかもしれませんけど。 ということで、レビューを詳しく見ていくと… ・ブレーカーやコンセントを気にしなくてもいいのが嬉しい ・アウトドアで大活躍 ・大きさ、火力に満足 ・普通のカセットコンロとしても使えるので便利 といった口コミが目立っていますね。 やはり皆さん、カセットコンロ方式のホットプレートという所に魅力を感じていて、実際に使ってみても良かったと感じているようです。 私も、ブレーカー云々に関しては本当にそう思いますよ。 とにかく、ホットプレートの欠点は、その消費電力、特に一昔前の家でのブレーカー落ちなどが怖い、ということだったと思います。 コンセントも必要ないので、わざわざ電気を引っ張ってきて…みたいなことをする必要もありません。 アウトドアでも大活躍できるでしょう。 これを使えば、食事の幅も広がること、間違いなしです。 みんなでワイワイ、楽しく焼きながら食べるような事ができますよ。

次の